teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


(無題)

 投稿者:もり  投稿日:2011年 3月31日(木)11時42分4秒
返信・引用
  今メールを送ってみたのですが、
皆さんアドレスを変更されているようでした。
連絡取ることしばらくしてなかったのが悔やまれます。
ぼくが連絡して届かず戻って来たのは、
外山さん、高橋さん、石橋さん、堤さん、吉田さんです。
皆さん司書補の方ですね。
照井さんはどうされているのだろう?
 
 

(無題)

 投稿者:もり  投稿日:2011年 3月31日(木)10時53分50秒
返信・引用
  タモさん…
沖野さん、写真を拝見して思い出しました。残念です…

あの講習で、話したことがある方もない方も、
ぼく以外のほとんどの方は東北の方でしたよね。
皆さんどうしていらっしゃるのでしょう?
ぼく連絡先わかる方連絡してみます。
で、この掲示板のことお伝えしますね。
そしていつか、ずっと先でも良いからいつか必ず、
あの講習メンバーで集まりましょう。
 

まさか、まさか

 投稿者:タモリ  投稿日:2011年 3月29日(火)20時33分27秒
返信・引用
 

のぞみちゃん、本当に無事でよかったです。

毎朝自衛隊の車や他県ナンバーの支援車、仮設トイレを大量に積んだトラックの列(これは昨日)、などを見るとがんばれ!がんばれ!と言わずにはいられません。

そんな中、今日悲しいお知らせを耳にしました。
2005年の司書講習で司書の方の運営委員だった、沖野さんを覚えていますか?
左後ろの若い男性です。
その沖野さんが今回の津波で陸前高田で亡くなっていたそうです。

今日司書講習で一緒だった千葉順子さんのお母様(図書館で昔から大変お世話になっているボランティアさんの代表。図書館はいまだ休館中)が図書館に別件で来ていてそのときに聞きました。
急いで順子さん(今は岩手日日の記者)に連絡を取ったところ、順子さんも山形の同期から聞いて、県警のホームページで確認したところ名前と年齢が一致。
陸前高田市の市職員だったそうです。

聞いても分からない人かなと思いつつ聞いたのですが、まさかでした。
本当にショックでしばらく鳥肌と動悸がおさまりませんでした。

本当に残念で、残念で…。
司書補もほかのみなさんも無事であることを祈ります。

 

 投稿者:もり  投稿日:2011年 3月26日(土)19時12分41秒
返信・引用
  いとうさん、のぞみちゃん(本当にお元気そうでよかった)、
いろいろなお話ありがとうございます。
こうしてお顔を思い浮かべられる方々のお話をうかがうと、
ニュースが伝える数字の向こうの出来事を身にしみて感じます。
なんて言ったらよいのか…
復興というのはきっと日本中でのことのようにも思いますし、
ぼくなんかが言えることではないようにも思いますが、
この困難は皆で乗り越えて行くもののようにも思っています。
ほんと、ぼく自身が落ち着いたらうかがいたい。東北。
 

被害状況

 投稿者:のぞみ  投稿日:2011年 3月25日(金)10時57分42秒
返信・引用
  近所の写真です。
ここはまだ、建物の形があるので良いほうです。
海側の堤防を乗り越えて津波がやってきました、
堤防は壊れてしまいました。
 

ご心配をお掛けしました

 投稿者:のぞみ  投稿日:2011年 3月25日(金)10時52分12秒
返信・引用
  みなさん、お元気ですか?
ようやく職場のネットワークが復旧しましたので、ちょっとお借りしています。

これが現実?夢でありますようにと毎日思っています。
3/11地震発生時は、勤務中で宮古短大におりました。
ありえないぐらいの揺れで、本はドサドサ落下し、
利用者と共に机の下に隠れるのが、精一杯でした。

余震が続くため、1時間近く外に避難しました。
地震から30分後「津波が押し寄せています」の防災無線…
ワンセグで津波を見て、怖さが増しました。

その後自宅に戻ったところ、自宅の目の前まで波に
さらわれて瓦礫の山。行方不明者多数。
あと一歩で津波に飲み込まれた人もたくさんいました。

祖父母も何とか避難してきて無事でした。
家族がそれぞれ仕事に行っていたため、なかなか連絡がとれません
でしたが、2日後全員無事だと確認できました。

祖父母の家は全て流され、集落もほぼ全滅、市内も家や家族を失った
方々がたくさんいます。家が残っただけで幸せです。
1週間近く電気がない生活をしましたが、水道はまだ復旧していません。

自衛隊やボランティアの皆さんのご支援のお陰で、物資も届くようになり
1日1日復興に向けてがんばっております。
ガソリン不足も数時間待って、2000円詰めれるぐらいです。
毎日毎日、出勤は徒歩か自転車です。
お陰で地震後3キロ近くやせました。


逆に内陸のほうが、物資不足だと聞いておりますが、
皆さん大丈夫でしょうか?
ご心配いただいた皆さん、本当にありがとうございます。私は元気です。

何とかこの困難を乗り越えていこうと思います。
皆さんもお体ご自愛くださいね。


 

一週間経ち…

 投稿者:管理人いとうメール  投稿日:2011年 3月19日(土)06時33分57秒
返信・引用
  地震から一週間過ぎましたが、全く外出しておりません。

ガソリン事情良くないので、我が家はジイジ、バアバが乗ってる軽油のハイエースが活躍しております。農業用に軽油はあるので。

買い物も秋田本店のスーパーが近くにあるから、バアバが買い出しに行ってくれてます。意外に商品あるらしい。


未だ余震が続く岩手県です。゜(゜´Д`゜)゜。
岩手県立図書館ホームページから県内図書館の被害情報がPDFでみれます。花巻図書館管内は今月末まで休館です。


我が家も旦那は自宅待機…。数日前から風邪で寝込み、昨日は病院へ行き点滴してきてました。


そんな中、ジイジの弟夫婦が福島から我が家に避難してきました車=3=3

私の叔父さんで、原発の影響で福島県田村市都路から二カ所避難所に移ったりしてて、我が家に呼び寄せました。放射線の検査受けてから来てくれたから昨日到着。

叔父さん、先週の地震の時はニュースになってる福島の原発一号機で修理だか、足場を組む仕事してたみたい汗汗

地震直前は屋上にいたらしい。けど、仕事終えて休憩室で地震に見舞われたと言っていました。

無事に岩手の我が家まで来てくれて安心しましたが、かなりびっくりな状況でした(>ω<)

家に帰っても、今度は退避の範囲内で避難所まで移動するのにも、荷物5分で準備して来たよ汗とおばちゃん言ってたよ。


犬も二匹一緒に家に着いたのが昨日夕方。

高速でも緊急車両扱いで来れたみたいだけど、知らなかったらしく下の道を来たみたい。結構陥没してる道路があり、スピード出せなかったってセダン

避難所は他の所よりは快適だったようだけど、色々な町の方々が集まったから大きい町のほうが優先的に食事配られたりとかあったから、役所の人に色々言って直してもらったりしたみたい。物資もずるい人は一度並んだのにまた並び、奪い合いみたいな感じで本性が出るねぇ…とか言っていた。大熊町の町長は避難所に来てくれたのに田村市市長は全く来ないとか温度差もあるらしい。


過酷な生活を続けなければいけない…この状況(´;ω;`)切ない…。

避難所の非常食もパンばかりで我が家に沢山持ってきてくれたよパン
炊き出しも大変なんだろうな。人数多いから。


復興まで時間はかかるだろうけど、皆さんがんばりましょう。

もりさん、いつも心配してくれて有難うございます。

落ち着いたら、みんなで集合しましょう。
 

タモさん

 投稿者:もり  投稿日:2011年 3月17日(木)15時12分28秒
返信・引用
  ご無事で何よりです。
弁償話、心温まります。
わが家は、午前中停電で、
この後再び停電です。
けれどもそのお話で体もぽかぽか。
 

湯目さん、のぞみちゃん

 投稿者:もり  投稿日:2011年 3月17日(木)15時09分22秒
返信・引用
  おふた方ともご無事だそうです。
たくさんの方が亡くなられておりますし、
行方不明の方もおられますし、
まだ何も解決してはいませんけれど、
ご無事の連絡何よりうれしいです。
 

改めまして無事です

 投稿者:タモリ  投稿日:2011年 3月17日(木)13時12分11秒
返信・引用
  改めましてタモリ無事です。ご心配ありがとうございました。

私は一関図書館の閉架書庫という名の金庫の中で片付けをしてました。
中は2階もあって、2階にいたのですが何せボロイので揺れてるな~と呑気にしていたのですが、
揺れの長さが尋常ではなく、閉まると中から開けられないことを思い出し慌てて出ました。

出たところで揺れで立っていられなくなり、よろめきながら書架にいる利用者に書架から離れ、おさまるまで何かにつかまって動かないように声をかけました。
カウンターでは女性職員と女性の利用者が手を握って怖くて動けなくなっていたようです。

2階の会議室や閲覧室にいた利用者は独自判断で机の下に避難し、エアコン工事の職人さんたちも全員無事でした。

揺れがおさまり外へ出たところ、増築した接合部分が一部落ちてきたり、はがれたり。
事務室の天井も一部落ち、床には段差ができました。
二階閲覧室も同様で、壁の隙間から外が見えています。
参考資料室の入り口付近と正面の大きな棚は倒れ、入り口を塞ぎ、翌日片付けに入ったところ読みかけの新聞が机に置いてあり、冷や汗がでました。

2日後にはなんと高田から「借りていた本を家に置いたまま家が無くなってしまって。弁償します。」と電話が来てこっちがビックリ!!もちろん弁償はしなくていいことにしました。

一関図書館は一昨日から電気が通り、やっと閉架書庫の片付けやらシステムも復旧したそうです。
私はガソリンを補給せずにいたのであと3日ぐらいしか車では出勤できません。
明日、今週初出勤の予定です。

湯目店主も無事だったそうで、安心しました。
みんなの無事を祈りつつ、今自分にできることをやっていきたいと思います。
 

レンタル掲示板
/19