teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Love Is losing game.

 投稿者:NORi  投稿日:2014年11月22日(土)08時59分16秒
編集済
  「Losin' you」EP
https://soundcloud.com/the-homework/losin-you-ep-1
 
 

new shit!!

 投稿者:NORi  投稿日:2013年 4月29日(月)21時15分43秒
編集済
  オマエの魂燃やしに来たぜ。


EL MATADOR
http://www.youtube.com/watch?v=mlPLy7_mmtM
 

昼まで踊りあかそう

 投稿者:NORi  投稿日:2012年11月 1日(木)19時45分51秒
  Electric Carnival
http://www.youtube.com/watch?v=90fl7AGxLaw
 

fill in the『blank』

 投稿者:NORi  投稿日:2012年 7月22日(日)21時21分42秒
  いつでも会えるし
いつかまた必ず会うんだろうな
と思っていた親しい友人が去年亡くなった

久しぶりに対面すると
友人は横たわったまま
話しかけても応えはなかった

涙を流したり
思い出を振り返ったり

亡くなったからといって
記憶が無くなるわけでもない
日々の生活が変わるわけでもない

それでも何かが無くなったんだろう

これは
自分の心の穴を埋める歌
これは
友に捧げる歌
 

R.I.P

 投稿者:NORi  投稿日:2012年 7月22日(日)21時19分43秒
編集済
  夢で逢おう 約束はできないけど
旅立つ君を前に サヨナラは言わない

心にぽっかり隙間が空いたままで
いつもと同じ変わりばえのない日々が続いてる

書きかけのstory 終わりは始まり


巡り巡り巡る季節の中で
出会いと別れを繰り返し

眠り眠り眠る夢の中で
君とまた会おう 空白を埋めにいこう


未だに君が死んだなんて気はしないけど
いつもと同じ変わりばえのない日々が続いてる

溢れるmemory 終わりは始まり


巡り巡り巡る季節の中で
出会いと別れを繰り返し

眠り眠り眠る夢の中で
君とまた会おう 歌を聴かせてあげる


in memories of H.Tokumo
http://www.youtube.com/watch?v=tK9MGO0mmtU&feature=plcp
http://www.youtube.com/watch?v=r50Ck4XwV_Y
 

kid A

 投稿者:NORi  投稿日:2010年 4月18日(日)00時18分26秒
編集済
  自分達名義のCDがディスクユニオンで発売開始しました!

自分はギターを弾いていて、サウンドプロダクション、作詞の提供をしています。
サンプル音源がホームページで聴けるのでチェックしてみて下さい↓
http://www.open-records.info



ディスクユニオン取扱い店舗↓

・お茶の水駅前店
・新宿本館地下1F 日本のロック・インディーズ館
・下北沢店
・池袋店
・オンラインショップ
http://diskunion.net/portal/ct/detail/IND4875


とにかく2010年4月現時点での力みや気負いのない全力が詰まった作品なので、
ぜひとも1枚買って聴いて欲しいっすね!!



最近清志郎と誕生日が一日違いだと知ってなんかうれしかったです!
 

EARTH

 投稿者:NORi  投稿日:2010年 2月26日(金)23時08分42秒
編集済
  現在世界でもっともヘヴィな音楽のひとつで、音源でも楽しめるものを聴きたい人はぜひ。


US Amazonで試聴できます。
http://www.amazon.com/House-Unholy-Church-Misery/dp/B002AF4XK6/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=music&qid=1267193004&sr=8-1


ジャケットもCDの盤面もまんまブルーノートのレコードパロってます。

CHURCH OF MISERY 『HOUSE OF THE UNHOLY』
 

許されざる者

 投稿者:NORi  投稿日:2010年 2月26日(金)22時55分9秒
編集済
  『インビクタス』 監督:クリント・イーストウッド


アパルトヘイト(人種隔離政策)反対運動の指導者ネルソン・マンデラが
解放された後、南アフリカの大統領に就任してからの物語。


30年自分を投獄した人種を赦す、ということを考えてみても
ぜんぜん想像つかないっすね。


印象に残った言葉は、

「危険を恐れるなら、指導者としての資格はない」


「我が運命の支配者はわれなり、
 我が魂の指揮官は私なのだ。」



少しでも誰かを指導したりする立場にいる人は、観れば特に心に残るものがあると思います。
別にラグビー好きでなくても楽しめます。


途中からモーガン・フリーマンがマンデラ本人にしか見えなくなりました。
あとスクービードゥのアフロの人がひとりで観にきてました。
 

NOT HERO, ANTI HERO

 投稿者:NORi  投稿日:2010年 2月12日(金)01時12分9秒
編集済
  『父親たちの星条旗』 監督:イーストウッド


都合のいい真実がいかにしてメディアに英雄(シンボル)に仕立てられ、
担ぎ上げられ、いいように国のプロパガンダに利用される様を描いてます。


別に反戦を謳ってる映画なわけでもなんでもないのに、
戦争ってほんとにロクでもないなと心から思わせてくれます。
(グロい描写で、とかでは全くなく)


しかも見終わった後には清々しい気持ちにさせてくれる映画の力がすごいです。
(それだけの映画が多い中で)



犠牲になった真実は、後になってから遺族に伝えられるわけですが、
自分にとってのヒーローは、身近な場所にいる稀な人達のことです。
 

Local one

 投稿者:NORi  投稿日:2010年 2月 3日(水)23時03分24秒
編集済
  先日降り積もった雪で、街がツイン・ピークスの世界観のようになっていてキレイです。


とある片田舎の町で起こったミステリー事件の解決を主軸に進んでいく
USトンデモ連続TVドラマで、今自分の住む町ではそれ同様の、
デヴィッド・リンチの映画ばりに不可解でおかしな殺人ミステリー事件が現実に起こってます。



世界は謎(ミステリー)や、見落としがちだけど素敵なことに案外満ち溢れてもいて、
ただそれに気付くか気付かないか、それだけの差の運命のような気がします。
それがなかったことになってしまう前に。



コーヒーとドーナツ食べたくなってきた。
 

レンタル掲示板
/10