teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:62/262 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

がんばっている二人にエール!

 投稿者:bottaメール  投稿日:2009年 3月 5日(木)01時12分12秒
  通報
  造形家の川埜龍三氏(32)と奥様の西夏さん。
コンピュータを使った作品やマケットをつくっても作品を業者に作らせる現代アートが増えてきた中で
「作家の手づくり」にこだわり、海外で作品を発表するならキューバと考えていたそうです。
2009年に開催される第10回ハバナビエンナーレ(2009年3/27-4/30)への参加を求め、
昨年の暮れに2人でキューバへ乗り込み、参加許可を取り付けました。
ハバナビエンナーレは25年の歴史あるイベントで、世界44カ国からのアーティストのみならず
美術関係者が首都ハバナに集まります。今回、日本の参加は予定されていませんでしたが、
2人がキューバと交渉し、日本人3名(川埜氏を含む)の参加許可を取り付けたのです。

革命50周年で世界的にもキューバが注目される中、偶然にも日本キューバ外交関係樹立80周年
という節目の年に展覧会が開かれることも分かり、「日本キューバ外交関係樹立80周年関連行事」
として公認されることとなりました。

今回、川埜氏が企画したテーマは「アジア的なもの、キューバ的なもの そして 日本的なもの」だそうです。
川埜氏は期間中、作品の展示だけでなく、同地の研究機関、美術学生との文化交流会も企画しているそうです。

頑張り屋の2人には、いつも驚くばかりです。
今回の展示に関する費用は全て出品作家が負担ということで、
より彼らの活動が価値あるものとして成功できるよう
協賛金を集めている2人に、是非、皆様のご協力をお願いいたします。

下記サイトで協賛金の募集をしてます。
キューバに向け出発まで、あまり日にちもありませんが
よろしくお願いいたします。

「アジア的なもの、キューバ的なもの そして 日本的なもの」オフィシャル・サイト
http://www.ryuzo3.net/habanabi/index.htm
川埜龍三オフィシャルサイト
http://www.ryuzo3.net/

http://www.type-kura.com

 
 
》記事一覧表示

新着順:62/262 《前のページ | 次のページ》
/262