teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


何件まで、いけるのかな?

 投稿者:赤パッチ雁  投稿日:2014年 2月27日(木)11時02分1秒
  これがPart1の掲示板と認識して、書き込んでます。

Part2も、900件に近づき、最近の板木氏の書き込みスピード(1日2~4件)や、僕のいっちょ噛みのペース(1日1~2件)からすると、あと20日か1か月ほどで、リミットと言われてた1000件に達しそうです。

でも、Part1の掲示板が、このように1000件を超えて書き込みできる、ということは、Part2の掲示板も、1000件よりも多く書き込みできるのかな?
そうなら、僕が、Part1の時にやった集計も、まだ暫くやらなくて済みそう!!
 
 

百田尚樹

 投稿者:木下です。  投稿日:2014年 2月 2日(日)09時58分38秒
  去年の9月に百田尚樹の講演会に行きました。「永遠の0」にしろ「海賊のよばれた男」にしろ、「こんな日本人がいたということを書き残さねば」と思ったそうです。「日本人は普通の人が偉い」というのを聞いたことがありますが、名もない人の中にすばらしい人がたくさんいるということでしょうか。当時の人の苦労があって、今の私たちがいる。その事に感謝して、また、日本人であることを誇りに思う。とまあ、こういう主張ですが、納得、納得。
話はちょっと変わりますが、国を守るということは、右翼、左翼関係なくあたりまえのことだと思いますが、今の日本は基本的なことが欠落しているように思います。これ以上書くのはじゃまくさく、ややこしいので、福田氏とは会ったときにでも話をしたいですね。
 

お引越しました。

 投稿者:浜上メール  投稿日:2011年 3月 2日(水)10時17分3秒
  千法会1977-珠玉の時代は、下記アドレスに移転しました。
引き続き、新しい掲示板での皆様の投稿をお待ちしています。

千法会1977ー珠玉の時代・プレイバックpart2

http://8242.teacup.com/senpokai1977_2/bbs

http://8242.teacup.com/senpokai1977_2/bbs

 

千法会1977-珠玉の時代・プレイバックPart2へ

 投稿者:浜上メール  投稿日:2011年 3月 2日(水)10時14分35秒
  2007年3月23日開設以来、早4年。
おかげさまで遂に、投稿数1,000達成(間近)です。
これも、一重に皆様方の積極的な投稿のおかげです。

予告どおり、新掲示板(BBS)移行しますので、次回から新アドレスでお願いします。
また、新アドレスを、是非お気に入りに。

千法会1977ー珠玉の時代・プレイバックpart2

http://8242.teacup.com/senpokai1977_2/bbs


さて、1,000件の投稿で上位投稿者は?
誰だと思いますか?(暇に任せて数えたく思います)

・・・私の予想、
第1位は、数々のハンドルネームを持つ男・赤パッチこと雁金氏ではないでしょうか?
第2位は、西村氏かな?

また、ベスト投稿や最もくだらない(最も下品)な投稿など。

過去の投稿を振り返って見るのも面白いかも。<o:p></o:p>


次回の飲み会のネタにでもしましょう。

http://8242.teacup.com/senpokai1977_2/bbs

 

次は999件目 浜上氏よろしく

 投稿者:赤パッチ雁金  投稿日:2011年 3月 2日(水)09時05分59秒
  イーグルスよかったですか。最近の曲は知らないですが、昔の曲なら、ぐっときそうですね。でも、大人向けのコンサートだから、総立ちで、立ちっ放しっていうことはないですよね?

隣のお姉さまと一献行きましたかぁ。複数ですか? 盛り上がりましたか?
「お姉さま」というだけあって、年上の方なんでしょう。若ければナンパになるんでしょうが…。←この部分は、女性陣には失礼ですね。すみません。

女性で50台とか60前後で、こういう若かりし頃のミュージシャンのコンサートに行く人は多いようです。以前書き込みしました(?)が、長女とユーミンのコンサートに行った時もそんな感じの女性グループが多かったのを記憶してます。
さらに、今のアイドルのコンサートを追っかけしてる女性もいますね。娘と一緒に行っているうちに、自分がはまってしまうとか。前の職場にも、そんな女性がいましたよ(といっても、SMAPなんで、嵐や関ジャニほど若向きではありませんが)。

昨日書き込みしましたように、東京へ行ってきました。そのお土産代わりに、今、話題の東京スカイツリーの写真を添付します。雨が降っていたので、上の方は、たびたび雲に霞んでいました。真下に行くと、すごい迫力でした。昨日、単独の電波搭としては世界一の604mに達した日で、記念になりました。あと30mで完成!
 

イーグルス行って来ました!

 投稿者:西村  投稿日:2011年 3月 2日(水)01時54分16秒
  すごく良かったです。客層は、老若男女とりまぜて、色々でした。たまたま隣り合ったお姉さまが、すごい気合い入っていて、圧倒されそうでした。席は、ステージに向かって、右側のスタンド席で、実物は豆粒ぐらいでしたが、オーロラビジョンで、やっとわかる程度でした。ちなみに曲目は、新旧とりまぜて、20曲ぐらいでしょうか!ホテルカリフォルニアは、3曲目ぐらいで、休憩をはさんだ2部構成でした。呪われた夜とか、テイクイットトゥザリミットなど名曲やら新曲をまじえながら、あっという間に時は過ぎて、アンコールはテイクイットイージー、デスパレイドで締めくくるというパターンでした。そのあと、お隣のお姉さまと意気投合して、梅田に飲みにいきました。  

奈落の底に行く前に

 投稿者:赤パッチ雁金  投稿日:2011年 3月 1日(火)12時50分45秒
  西村氏は、今日、イーグルスのコンサートに行くんですね。感想を聞かせてください。

ところで、木下氏の一喝はありましたが、自分がまいた種とは言え、どんどんベクトルが下ネタ方向に下がっていくので、ちょっと歯止めを。
ちなみに、今は、厚生労働省へ向う「のぞみ」車中です。

女性が就く職業は、女○○とか、女性○○呼ばれることが多いですね。
件の女医しかり、最近アカデミー賞で耳にすることが多い女優、女弁護士、女性運転手、女性パイロット(発想が貧困なので、最後の2つは、往復の交通手段で思いつく程度です)等々。女流棋士ってのもありますね。
総じて男性職場に、女性が進出したケースが多いようです。

一方、職業名そのもので、女性に限定しているものに、看護婦、助産婦、保健婦、婦警なんかがありましたが、男女雇用機会均等法の流れで、看護師、助産師、保健師、女性警察官と変わってきてます。(デジタル浜上氏が、ブログで、看護婦のことを書いてますね)
でも、主婦はそのまま。主夫がかなり少数派なので、看護師のような統一名にしにくいのかもしれませんが。
私の職場が人権推進課なので、自分や相手の配偶者を指す言葉にも気を使います。研修などのオフィシャルな場では、奥さんやご主人、旦那さんはNGで、妻・夫(自分の配偶者を指す時だけ)、パートナー、おつれあいなど、話し言葉であまり使わないフレーズを勧めてます。

性別とは別に、子ども限定の観点から、ちょっと前では「こども店長」、子役、ちびっ子相撲なんか(ボキャブラリーのなさを露呈してます)がありますが、身長差の蔑視になるので、「ちび」は使われない傾向にあります。
ちなみに、我が家は、全員165cm以下のちびっ子一家。目下の脅威は、小六の次女が150cmを超え、長女を上回ってしまったこと。160cm強の長男と私の威厳は、今や風前の燈です。かなりヤバイ。
 

なし

 投稿者:木下  投稿日:2011年 3月 1日(火)09時19分7秒
  アホか!
とゆうてええもんやら。
 

病気を笑う その2

 投稿者:リチャード  投稿日:2011年 2月28日(月)17時22分31秒
  (前回までのあらすじ)
「前立腺触診」を武器に飲み会に臨んだ岡ひろふみであったが、お蝶夫人こと野度鎮子の「女医触診」に一蹴され失意に沈む。しかし、宗方コーチの叱咤の声に再び立ち上がるのであった。「岡っ!病気を笑えっ!」

前回考察した触診事件から導き出される二つ目のテーマ(つづいてたん?)は「病気はご近所さんである」ということである。

まあ以前から、風邪とか捻挫とかは近所付き合いしておりましたが、大部分の病気は遠くの山のかなたに居るもんやと思ってました。前立腺肥大とか噂に聞くぐらいでね。
今やご近所どころか現在同居中のひとも居られるかもしれません。飲み会したら、みーんなひとつやふたつ病気ネタを持ってる。そんな年齢なのですね。
ご近所ならば、その付き合い方も考えなければならないのである。

タイトルを「病気を笑う」としましたが、もちろん「病人を笑う」ではない。
「病気を」というより、病気や検査の苦痛や不安にアタフタおろおろ結構情けない「病気の自分を笑う」が正確ですね。
笑いを武器に病気と闘うとかそんな大層なことでもなく、笑えてる間はまだ自分を客観視し自分自身を保つことができている、という程度のお話なのですが、この先もっと強力なヤツが出現した時に、「そのときの自分」をネタに笑うことができるのかどうか。
浜上氏が入院中、ブログで病院日記を書いておられましたが、その冷静さは見習いたいものである。

ちなみに現在腫瘍マーカーの結果待ちであるが、結果次第では宗方コーチに再度登場してほしいものである。
「岡っ!病気を笑え!」

前後編にわたって長々書いたわりに、よう分からん話になってしもた・・・。
 

イーグルス

 投稿者:西村  投稿日:2011年 2月28日(月)14時57分36秒
  何やら、上品な話題で盛り上がっていますが、私も東京時代に、お尻に出来物ができ、たまたま診てもらったのが、比較的若い女医さんでして、恥ずかしい思いをしたことがあります。四つん這いで、お尻を出して。それと、東京へ行く前にも、腸の検査で、お尻からバキュームを入れたときも、看護師さんにお尻を見せています。これも恥ずかしく、つらかったです。
ところで昨日、石蔵氏から突然電話があり、新大阪からある駅までの所要時間を尋ねられました。息子さんの受験のようです。本人は、4月から異動があるようです。
明日イーグルス行ってきます。コンビニでチケット買えます。
 

JOYさん

 投稿者:浜上メール  投稿日:2011年 2月28日(月)12時54分55秒
  最近、女医さんは多いようです。
私が入院していた病院の若い先生たちは半数以上が女医さんでした。
私の主治医は、30前ぐらいの女医さん、その人についている研修医(2年目と1年目)2名とも女医さんでした。毎日、3人の女医さんに入れ替わり診察を受けていました。

実は、ここ数年なかなか、息子の切れ味が悪くなってきて、前立腺肥大ではないかと心配しております。女医さんに、下の話の相談しにくく、結局入院中は出来ませんでした。

ところで、女医さんもそうですが、看護師さんも。
腎臓の検査で次の日の朝まで絶対安静でベッドの上でおしっこをしないといけなくなりました。
でも、尿意はあるもののベッドの上では出ません。
結局、以前も経験あるのですが、ち○ち○をつままれで、するすると管をいとも簡単に入れられました。
また、私は経験ないですが便秘で指を突っ込まれるのもちょっと、屈辱的ですね。
まぁ、雁金氏と違い、あっちの方は未経験です。
 

なし

 投稿者:木下  投稿日:2011年 2月28日(月)09時15分18秒
  おまえら、アホか!
と、思わず小声で叫んでしまいました。
 

病気を笑う

 投稿者:リチャード  投稿日:2011年 2月27日(日)15時46分49秒
  1月半ばから約1ヶ月の間あれやこれやと体調が悪く、前立腺炎・尿路炎・気管支炎を立て続けに患い、行きつけの診療所では「炎の男」として有名になりました。(うそですが)
だもんで、先日の飲み会で、初めて受けた前立腺の触診ネタを持ち出したのです。私としちゃ結構ショックだったんで。
ところが皆さん「それがどーした顔」で、つまりその程度の検査は珍しくもなく、みんな経験済みだったのですね。

結局赤パッチ氏の「女医触診」から座はヒートアップしていったワケなのですが(なんてげひんなをぢさんたちでせう)、このことから次の二つのテーマが浮かび上がって来るのである。

一つ目は、触診してもらうのに若い女医さんのほうがいいかどうか、である。
わたしゃそんな恥ずかしいこと絶対いややと思うのでありますが、先日のT谷氏やH下氏、K下氏の食いつき方を目の当たりにすると全く否定することも難しいのではないか。皆さんはいかがであろうか?
次回同期会の公式テーマとして各位の意見を聴いてみたいものである。

それにしてものどちんこ野郎の「女医率」異常に高くないですか?
絶対いややと思いつつ、なんか口惜しいなあ・・・。
 

前立腺触診 その2

 投稿者:「のどちんこ」雁金  投稿日:2011年 2月24日(木)17時36分9秒
  その1の続きです。

3番目の話題。
リチャードU氏の書き込みにあった、前立腺触診のネタです。4年ほど前、トイレで大の方の用を足すと、なぜか便器内が赤い! さては、オンスか!?(下ネタです) という訳はなく、胃の辺りの痛みも前からあり、下血かもしれないので、駅前の総合病院へ行ってみました。
胃と大腸両方の検査が必要とのこと。絶食が必要なので、胃カメラの予約だけして、その日は終了。
後日、胃カメラを初体験し、胃潰瘍は特になく、小さいポリープが一つあったのみ。でもそれを胃カメラに付いている小さいアームでつままれるのは変な感じでした。

そして、本題の前立腺触診の話題へ。
大腸ファイバー(カメラ)をお尻から入れることになったのですが、あたったのが30才前後の女医さん。女医さんに恥部を見られるだけでも恥ずかしいのに、お尻からファイバーを入れられるのは、精神的にきつかったですね。でも、それより身体が大事なので、忌避することなく受診。
女医さんだけでもきついのに、ファイバーは大腸の中をミミズが這うようで(食事中の方には、失礼ですが)、気色悪いことこの上なし。2度としたくないです。
さらに、前立腺も診ておきましょうと、女医さんに軽く言われ、触診を受けました。ハイ、触診と、前立腺マッサージです!!(先日の集まりでは大受けし、T谷氏からは、タダで風俗行けたみたいで羨ましい、と言われました) こっちも大丈夫ですね、と言われ、一連の診察で悪いところはなかったのですが、その後のひと月ほどの間は、処女を無理矢理奪われた女性のように(そんなん分かるんかい!)、傷心状態でした。

以上、その1とその2の2回にわたり、長々と書いてしまいました。リチャード氏からの提案が何かあったはずなのに、何だったか。うーん、思い出せない!?

(おまけ)先日、尿路結石みたいな違和感があり、気になったので、泌尿器科を受けた際にも、前立腺マッサージを体験。前回ほどの衝撃はありませんでした。人間慣れは恐いですね。
 

前立腺触診 その1

 投稿者:「のどちんこ」雁金  投稿日:2011年 2月24日(木)17時19分15秒
  自虐的ですが、リチャードU氏のご用命があるので、今回に限り、ハンドルネームを変えます。
今日は、兵庫県北部の和田山への出張帰りの道中で書き込みしてます。

「のどちんこ事件」は、今思い出しても、息がしにくいなど苦しかった反面、笑ってしまう体験でした。詳しくは、3年ほど前の掲示板(創設間もない頃だったかな?)を見てください。この時、2週間ほど毎日通院しましたが、たまに女医さん(この書き込みのキーワード!)にあたりました。のどちんこを診られたといっても、俗称なので、自分の恥部を見られたわけではないですが、こう書いてみると、T谷氏ご期待の下ネタ風ではありますね。

去年の夏、揚げ物をしていて、油を左手にかける大火傷をしてしまいまいたが、翌朝まで一晩アイシングしたら、大した水脹れにもならずに済みました。でも傷後の問題があるので、「のどちんこ事件」の時にかかった、職場の県庁からも近い、神戸大学附属病院へ。ところが、システムが変わっていて、紹介状がなかったら、初診料に4500円が加算されるとのこと。高度先進医療や重症者受け入れなどの機能分担のためだと思いますが、火傷ではもったいないので、大学病院の近所で皮膚科を探すことにしました。
すると、すぐ近くにあったので行ってみると、エステを併設した皮膚科でした。T谷氏が喜びそうな風俗系ではなく、まっとうな女性向けエステで、皮膚科治療と連動させるシステム。
と言っても、火傷治療には関係ないのですが、診察待ちの患者には、妙齢の女性が多く、女性専用車両に間違って乗ってしまった感じでした。さらに、院長(医者は一人だけですが)が、バラエティによく出演する西川先生似の女医さんでした。
残念ながら、この至福の通院(2日に1回)は、3週間ほどで終わってしまいましたが。今度皮膚科にかかる病気になったら、また行こうというのが、密かな楽しみです。
 

タイトルを

 投稿者:リチャード  投稿日:2011年 2月23日(水)20時07分3秒
  そんなにてきとーに決めてええのか浜上氏、と思いつつもタイトルそのものがそんなに大事なことでもないかあ、と自分のくすぐりが招いた結果であることを棚にあげて納得した次第であります。

ちなみにさっき「千法会」で検索したら、くず教授の「メタボ予備軍」ばなしと赤パッチ氏の「のどちんこが腫れたとき」の話が上位に来ますね、なぜか。
以前読んだときにはさほどでも無かったのですが、この「のどちんこ」の語感が妙にウケてしまい、ひとりでクツクツ笑ってしまいました。これから赤パッチ氏をのどちんこ氏と呼びたいと思います。

と、そんな個人的な感想を書きたかったのではなく、今回は、先日集まったときに卒業30周年記念行事としてコーラス部の結成をのどちんこ氏に提案しようと思っていたことを書きたかったのであります。彼は超有名コーラスグループの一員ですから(一万分の1とはいえ)。

ところが、あのときは前立腺の触診のネタで盛り上がってしまったため、すっかり忘れてしまったのでした。(このネタものどちんこ氏の持ちネタであった・・・)
だからして、あらためて提案しようと思ったのですが、こうして書いてるうちになんかどうでもよくなってきました。(ま、一応聞いといてください)

どう考えても触診ネタの方がおもろい。
 

お礼

 投稿者:浜上メール  投稿日:2011年 2月22日(火)09時07分6秒
編集済
  19日の夜はありがとうございました。
皆さんと楽しいひと時を過ごせました。久しぶりにたっぷり呑みました。
まだまだ、本復ではありませんが、徐々に体と相談しながらと思っています。

ところで、次回同窓会の企画の話がなかなか出来ませんでしたね。
前回同様、土曜の昼ごろから集まり1次会、2次会というのが現実的かも知れません。
主婦の方たちもおられるので仕方ないかも。
出来るだけ遠方の方たちに参加してもらいやすい日程を組みましょう。

ところで、たまに会合で利用するところで「コミュニティ嵯峨野」という施設があります。
JR嵐山駅のとなりの研修・宿泊施設で安価な料金で利用出来ます。
嵐山・嵯峨野・保津峡など観光にもってこいの場所です。
次回も含めて検討の材料に提案させていただきます。

http://www.com-sagano.com/


新しい掲示板のアドレス
http://8242.teacup.com/senpokai1977_2/bbs  ・・・です。

尚、見にくいかも知れませんが、1977_2 (いちきゅうなななな アンダーバー に)

とアンダーバーが入りますので注意下さい。

 

浜上氏、ありがとうm(__)m

 投稿者:西村  投稿日:2011年 2月22日(火)00時00分1秒
   浜上氏、早速にPart2を開設していただき、ありがとうございますm(__)m  これでまた、「大人の遊び場」が続けられますね!(なんかイヤらしい響きですけど)。
 それはさておき、19日(土)は、浜上氏を囲んでの会で、キヨ隊長、浦井、雁金、木下、竹谷、桧下の各氏に西村の8名が梅田に集まりました。はからずも、病気やストレスの話題に流れがちでしたが、50歳すぎると、何かと出てくるものですね。
 さて、今年の同窓会についてですが、6、7月ごろ、京阪神地域で二部制でということ以外、具体的には決まっていません。有馬等で一泊やら、大阪で日帰りやら、いろいろ案は出ていますが。一泊は、還暦すぎでも良いのでは、との声もあります。ご意見・ご希望があれば、書き込んでください。
 

新しい掲示板の開設

 投稿者:浜上メール  投稿日:2011年 2月21日(月)13時39分23秒
  「千法会1977ー珠玉の時代・プレイバックpartⅡ」

 あたらしい掲示板の名前を決定いたしました。(少し早いですが)

名前は、リチャード氏のご提案に従い、

「千法会1977ー珠玉の時代・プレイバックpartⅡ」

                      とさせていただきました。
(百恵ちゃんネタでくすぐられては・・・)

・・・・で、とりあえず新たらしいアドレスは下記のとおりです。
尚、1,000件目にもあらためて案内を載せます。

http://8242.teacup.com/senpokai1977_2/bbs
 

1000件目は・・・

 投稿者:リチャード  投稿日:2011年 2月19日(土)10時48分32秒
  赤パッチ氏、1000件目は「浜上氏の中締めとpartⅡへのリンク」に決めておいたらいかがでしょうか?
掲示板の引越しを知らずにアクセスした場合も、必ず読めますから。

決めとかんと、中国系アルメニア人吸血鬼のネタとかつい書いてしまいそうな自分がコワい。
タイトルは、浜上氏に敬意を表して百恵ちゃんネタでどうすか。
1.「千法会1977ー珠玉の時代・プレイバックpartⅡ」
2.「千法会1977ーわたしあなたのママじゃない!partⅡ」
3.「千法会1977ーイミテーション・ゴールド  卒業30年でメッキも剥げて・・・」
あ痛たっ!書いてて心が痛い。3番目かなり自虐ネタや。
 

あと18件

 投稿者:赤パッチ雁金  投稿日:2011年 2月16日(水)12時56分21秒
編集済
  イーグルスは、ビートルズ後世代の我々には、大きなインパクトがありましたね。番組SONGSの録画は、まだハードディスクに残してますので、ご希望があれば、どうぞご用命を。
コンサートは行ってみたいですが、チケット代がそこそこするので・・・。

私がこの書き込みを入れたら、あと18件で1000件到達ですか。流れに任せますが、1000件目が誰の書き込みになるか、楽しみです。
遅くとも今年中(3月中ぐらいでしょうか?)には1000件を超えるでしょうから、卒業30年(!!)を踏まえて、「千法会1977ー珠玉の時代(とき)Ⅱ 卒業30年のリ・スタート」なんてどうですか?
 

イーグルス・お礼

 投稿者:浜上メール  投稿日:2011年 2月15日(火)17時13分35秒
  雁金氏、DVDありがとうございます。
イーグルス自体の活動期間も短かったんですね
「ホテルカリフォリニア」を観て(聴いて)、いかに偉大な曲であったわかりますね。
「ホテルカリフォリニア」しか知りませんけど・・・。

ところで、
掲示板981件ということであと残り「19件」になりました。
ぼちぼち新しい掲示板を用意しようと考えています。

掲示板の名前、どうしましょうか?
このまま、「千法会1977-珠玉の時代(とき) PartⅡ」とか、
まったく違う名か、提案あれば言って下さい。
 

(無題)

 投稿者:西村  投稿日:2011年 2月13日(日)00時14分50秒
   先日、雁金氏からNHKのSONGS、EAGLESのDVDを受領し、早速鑑賞させていただきました。ドン・ヘンリー、グレン・フライの最近のインタビューに、最盛期のホテル・カリフォルニアやテイク・イット・イージーといった名曲のビデオが流れ、最後は最近のデスパレードのライブで締めるという、満足の内容でした。今年3月1日には、京セラドームで来日コンサートがありますが、チケットがとれて余裕があれば、行きたいですね。

 今年は、他にもTOTOやホール・アンド・オーツといった大物が来日するようですが、往年のロックファンとしては、うれしい限りですね。

 彼ら還暦前後のアーティストたちが頑張っているので、何やら元気づけられる気がします。
 

宿帳

 投稿者:木下  投稿日:2011年 1月19日(水)10時05分24秒
  当時の宿帳では、最初の宿泊者の年齢は19歳となっています。
雁金氏や中川氏でした。
自分にも19や20の頃があったのが、不思議な気がします。
あのころとあまり変わっていないようでも、
変わっているのでしょうね。(外見はさておき)
 

木下家の宿帳

 投稿者:赤パッチ雁金  投稿日:2011年 1月18日(火)12時49分55秒
  イーグルスのダビングの件、順次やりますので、お待ちのほどを。ハードディスクのハイクオリティモードで録画したので、DVDに落とす時、1倍速のダビングになってしまうため、少し時間がかかりそうです。

ところで、私から話題を振りながら、イーグルスのアルバムをどこで聞いていたか、自分自身あいまいです。「寺井氏宅など」と書いたのは、そのためです。
1回生~2回生にかけては、寺井氏、木下氏、檜下氏宅でよく泊まらせてもらったので、あいまいになっているのだろうと思います。木下宅で聞いたのは、矢沢永吉やロッド・スチュワートなんかが多かったように思いますが・・・。

木下家に泊まらせてもらった時には、宿帳を書きましたね(以前、木下氏に聞いたら、「まだあるで」とのことです)。2回生の終わり頃、その宿帳で宿泊回数を集計して、多い順に並べたら、私と作田氏と故 中川氏が競っていたように記憶しています。家(大東市)へ帰る方が近いのに、理由なく木下氏宅に泊まったことも、たびたびでした。その節は大変お世話になりました。

(寺井氏への追伸)
3回生の北海道旅行は、なかなか得難い経験だったように思います。知床半島一周の前に泊まった羅臼の民宿では、トドの肉を食し、知床半島では、カムイワッカの滝で天然露天風呂に入浴。知床半島一周の船中では、寺井氏はダウンでしたが、私は多少元気だったように記憶してます。なお、以前に書いた話題と重複していたら、ご容赦を。
 

そうですか

 投稿者:木下  投稿日:2011年 1月18日(火)09時44分4秒
  あっ、そうですか。
寺井氏の家では、ビートルズをよくきいていた
記憶がありますが。
 

私の記憶でも寺井邸です

 投稿者:檜下メール  投稿日:2011年 1月18日(火)03時33分3秒
  寺井氏が「血中のアルコールを薄めねば!」と言って大量の水を飲みながら・・・。
浜上氏と全く同じコメントです。
きっと山際氏に聞いても同じコメントだと思います。
 

いやいや、寺井邸です!

 投稿者:浜上メール  投稿日:2011年 1月17日(月)09時57分23秒
  寺井氏、こぶさたです。
いやいや、「ホテルカリフォルニア」は、寺井邸に間違いありません。
木下邸の記憶は全く無いのですが・・・。
寺井邸に泊まった翌朝、2階の部屋ふとんの上で聴くというのがパターンでしたよ。
木下邸でも聴いていたのかも知れませんが、私の記憶の中の「ホテルカリフォルニア」は、寺井邸です。

雁金氏
急ぎませんので、コピーお願いします。(次回、会った時にでも)

西村氏
30周年企画、賛成です。
遠方組の人たちが来やすい日程(早めに日程だけ決めるか)がいいですね。
企画内容は、またみんなで相談しましょう。
雁金氏の言うとおり大阪近郊で1泊(遠方の人の宿泊兼ねて)もありですね。

私の体調は、完全復活といは言いにくいですが、何とかやっています。
ご心配なく!(お酒も呑んでます)
 

なつかしい

 投稿者:木下  投稿日:2011年 1月17日(月)09時16分17秒
  イーグルス、確かに僕の家です。
もともと牛谷君のアルバムを借りてきいていたのですが、
我慢できず買いました。
そういえば、矢沢永吉も還暦をすぎましたね。
レコードはあの頃のまま、残っています。
 

木下邸ですって!

 投稿者:寺井です。メール  投稿日:2011年 1月16日(日)01時17分59秒
編集済
  大変ご無沙汰しております、寺井です。
昔「忙しいというのは『心を亡くす』と書くんや。」と教わった記憶がありますが、
ほんまに昨年、一昨年と仕事で色々とありまして、まさか1年半以上も帰阪せず、
書き込みもしてないとは思いませんでした。浜上氏、入院されているのに気づかず、
大変失礼しました。でも元気になったとのこと、ほんまに良かったです。
他の皆さんもほんまに元気そうやねぇ。その行動力に感心、脱帽です。

私自身は昨年4月に転勤になり、7年間の単身赴任をようやく解消したものの、
新しい職場が充実していたおかげで3ヶ月で6Kg痩せ(社会人になって以来体重が
減ったのは初めてでしたが)、ベルトを切って短くするという初めての体験をしました。
やはり「最高のダイエットは体を壊すこと」というのを実感しました。(トホホですね。)

ところで、学生時代イーグルスの「ホテル・カルフォルニア」を擦り切れるまで
聴いていたのは、「木下邸」ですって!
今から考えたら、夜遅うまであんなに大きなボリュームでレコード掛けてて、
よう近所から文句言われへんかったなぁ、と妙な感心をしております。
(実は言われてたりして、、、。木下氏、すんません。)
先日のNHK「SONGS」は私も見てました。最近は齢のせいか、70年代や
80年代のポップスを耳にしたりすると思わず涙が出そうになり、顔を引きつらせて
我慢して周りの女子高生から「何やこの変なおっさん」という顔をされています。

山崎先輩やらほんまに懐かしい名前を拝見すると、また「変なおっさん」になりそう
ですが、近々周年記念的な行事が企画されるとの由、なかなか帰阪できませんが
是非誘って下さい。(その前にこまめにチェックせなあきませんね。浜上氏、会社の
メールに送信してもらえると大変助かります!)
それでは次はいつになるか分かりませんが、また頑張って書き込みするようにします。

P.S.雁金氏、遅い反応ですんませんが、積丹半島一周の記憶は鮮明でっせ。知床半島
船酔い一周もよく憶えております。貧乏旅行でしたが、今から思たら一番「贅沢な」
旅行でしたね。
 

レンタル掲示板
/34