teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


過去の今日のTHE BEATLES etc

 投稿者:J.BOΦWY  投稿日:2017年 4月30日(日)10時46分2秒
   ┏━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃ 『この日のビートルズ』 ┃上林 格 P.288 714円(税込) 朝日新聞出版
 ┗━━━━━━━━━━━━━┛2013(平成25)年11月7日(木) 朝日文庫発行
  人類がまだ月面着陸を夢見ていた1960年代、英国出身の4人の若者が世界を席巻した。
  ポピュラー音楽史の記録を次々と塗り替えただけではなく、
  文化、思想、生活スタイル、あらゆる分野に強烈な影響を与えた。
  語り継がれる20世紀最高のファブ・フォーの「この日」にこだわってみました。
 ┌─――――――――――――┐
 |1964(昭和39)年 5月 2日(土)|「バカンスのススメ」
 |2010(平成22)年 4月30日(金)|甲虫日記更新日 No.073
 └─――――――――――――┘有名人のバカンスの過ごし方といえば、今も昔もお忍びスタイルが基本らしい。「その

頃僕らは有名になっていたから、誰にも行き先を知られずに飛行機に乗るのは不可能だった」「1964年」を振り返るジョー

ジの言葉から、英国のポップ・グループとして初の「全米制覇」を成し遂げたビートルズ人気のすさまじさが伝わってくる

。64年5月2日、ビートルズは3週間を超える長期休暇に入り、4人はガールフレンドや妻を連れだって海外旅行に出かける。

それに先立ちマネジャーのブライアン・エプスタインは、とある会社に依頼して4人のプライベートを重視する「完全極秘

ルート計画」をつくらせた。初の主演映画『A HARD DAY’S NIGHT』の撮影を終え、いくつかのテレビとラジオ番組の収録

を済ませると、若い男女8人は二手に分かれて国外に脱出する。旅行中、8人は「コード・ネーム」を使うことになる。ポー

ルはミスター・マニングで、リンゴはミスター・ストーン。その同伴者はミス・アッシュクロフトとミス・コッククロフト

。この4人組はロンドンのルートン空港からパリを経由してリスボンに着いた。ホテルで一晩過ごすと翌日はカリブ海のプ

エルトリコに飛び、さらに英国領バージン諸島に向かった。この複雑な経路はマスコミを避けるためだった。別の一行、つ

まりレスリー夫妻にミスター・ハーグリーヴスとガールフレンドのミス・ボンドの4人組は、専用機でアムステルダムに向

かうと、次にバンクーバー経由ホノルル行きの飛行機に乗った。だが、一行がホノルルに着く頃にはマスコミに情報が漏れ

ていた。最終的な行き先タヒチへの接続便を待つため2日ほどホノルルに滞在したが、その間、マスコミの容赦ない張り込

み取材のターゲットになった。「どうしてそんなに急いでハワイを去るのですか」と、あるリポーターに聞かれたミスター

・レスリーことジョン・レノンは、「休日だっていうのにいつも顔面にマイクを突きつけられたらどう思う?」とつっけん

どんな答え。「どのくらいタヒチに滞在する予定ですか」と聞かれたミスター・ハーグリーヴスことジョージ・ハリスンは

「1時間ぐらいかな」と、こちらもそっけない。マスコミから逃れて、ようやくタヒチに着いた4人は、予約していたヨット

で一晩過ごし、翌朝からセイリングに出かけた。ところが、港を出ると荒れた水路に入ってしまった。塗装したばかりの船

のペンキのにおいとディーゼル・エンジンの煙のにおいとで、ジョージとシンシアは船上で何度も吐いてしまった。夕方、

次の島に到着。ぐっすり眠って翌朝目を覚ますと、別天地の景色が眼前に広がっていた。穏やかな海面の向こうにはココヤ

シの島も見える。「島民5、6人がカヌーをこいで、静かな海の上を滑っていき、ぼくは心を奪われた」ジョージは「まるで

この世のものとは思えなかった」とも回想している。泳いだり潜ったり、島から島へとセイリングを楽しんだ。ヨットには

コナン・ドイルの作品集がそろえてあった。シャーロック・ホームズのストーリーがすべて収録されたマニア向けの分厚い

本もあった。半分は英語の本で半分はフランス語で書かれたものだった。ジョンは約3週間で英語の本は読破した。ジョン

は時々、65年に発表されることになる2作目の著書『スパニアード・イン・ザ・ワークス』を書いていた。ジョージに「fly

を別の言い方でいうと?」などと問いかけてみて、言葉遊びを楽しんでいた。
 ◎せっかくのバカンスでポールが遭遇した災難… 次のページへ
シンシアとパティは変装に使った長い黒髪のかつらを持っていた。ジョンとジョージは、そのかつらと現地で購入したダー

ク・グリーンの防水コートを着けて、島の人々を改宗させるために海から出てきた伝道師役を演じ、8ミリ映画もつくった

。バージン諸島のセント・トーマスに向かったポールとリンゴの一行もクルー付きのヨットを借りた。「別世界に来たよう

だ」。感激したポールは相当はしゃいだようだ。海に潜ってヤスで魚を捕まえる遊びに興じるが、海中で獰猛(どうもう)

なバラクーダに遭遇して慌てて逃げた。裸足で海岸を歩き回って足にとげが刺さった。強烈な日差しの下、大胆に振る舞い

すぎて、ひどい日焼けをした。通路を挟んでカーテン1枚が仕切りだったリンゴとモーリーンの部屋には、ポールの悲鳴が

一晩中、聞こえてきた。童心に帰ったポールだが、天職の曲づくりは忘れなかった。月がすべてを照らすカリブ海のロマン

チックな夜が、ポールの創作意欲をかきたてた。「ハッピー・デイズ」という名のヨットの船室で、現地で買ったアコース

ティクギターでつくった曲が♪Things We Said Today♪だ。ポップ・スターと女優という仕事の性質上、なかなか一緒の時

間が持てないでいるガールフレンドのジェーンとの関係を題材にした。曲の展開はマイナー調ではあるが、「2人が離れば

なれのときは、きょう2人で話したことを思い出そう」と前向きなメッセージを発している。タヒチでバカンスを楽しんで

いたジョンとジョージだが、海の上で3週間も暮らすと、さすがに飽きたらしい。最後はニュージーランド経由でロサンゼ

ルスに向かい、ビバリー・ヒルズやサンセット・ストリップの有名人の邸宅回りをして都会の空気を吸った。彼らが休んで

いる間もビートルズは活躍していた。英国ではテレビ特別番組「アラウンド・ザ・ビートルズ」やビートルズが出演したニ

ュー・ミュージカル・エクスプレス誌の読者投票コンサートの模様が放映され、BBCはラジオ番組『FROM US TOU YOU』

を放送した。米国では4曲入りEP盤1枚とシングル♪Sie Liebt Dich♪が発売され、エド・サリヴァン・ショーで彼らのイン

タビューがビデオ・クリップとともに放映された。ロンドンに戻った4人がワールド・ツアーについて記者会見を開いた5月

30日、米国のビルボード誌では、1年半前のデビュー・シングル♪Love Me Do♪が第①位に輝いていた。
「この日のビートルズ」の次回は5月17日です。この日はなんの日でしょうか? お楽しみに。
 ◎お知らせ ⇒ 長期休暇のなかでポールが作った曲「Things We Said Today」は、1964年7月に発売されたアルバム「ハ

ード・デイズ・ナイト」に収録されている。
 ◎ハード・デイズ・ナイト 2009年09月09日 EMIミュージック・ジャパン
***************** https://www.amazon.co.jp/dp/4022617802
 https://dot.asahi.com/1satsu/tyosya/2013110700049.html
 http://doraku.asahi.com/entertainment/beatles/100430.html
********************************************************


 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓┌─――――┐
 ┃ THE BEATLES HISTORY ┃| April 30|120
 ┃    ザ・ビートルズの今日の出来事   ┃|4月30日|
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛└─――――┘
********** http://www.thebeatles.co.jp/contents/index2.htm
 http://www.beatlelinks.net/forums/showthread.php?t=16988
 http://beatlesdiary.web.fc2.com/day/004/0430.html
 http://www.beatlesagain.com/bhistory.html
 歌詞充実http://tsugu.cside.com/index.html
*******************************************
『HELP!』 CD 1987/4/30(thu) https://www.amazon.co.jp/dp/B000064SWG
『RUBBER SOUL』CD 1987/4/30(thu) https://www.amazon.co.jp/dp/B000006ZAN
『REVOLVER』  CD 1987/4/30(thu) https://www.amazon.co.jp/dp/B000006ZAM

        ┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛
        ┛ Playback of recently recorded titles ┛Studio 3 (control room only)
        ┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛2:30-6:15pm
 ┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛
  ┛THE BEATLES 1969 Recording Sessions ┛Studio 3
 ┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛7:15pm-2:00am
 ┏━━━━━━━━━┓
①┃ ♪LET IT BE♪  ┃overdub onto take 27
 ┗━━━━━━━━━┛No.4 アビイ・ロード第3スタジオ。この日にジョージのリード・ギター(レズリースピーカーに

通した物)が第27テイクにオーバーダブされる。 「オーバーダブを排除したアルバム」がコンセプトの「ゲット・バック

」であったが、唯一この曲のみオーバーダブされた物が収録されている。
  Recording of single version lead guitar solo for ♪LET IT BE♪.
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
②┃ ♪You Know My Name (Look Up The Number)♪  ┃overdub onto take 30
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛No.4 アビイ・ロード第3スタジオ「レット・イット・ビー」のギ

ターソロのオーバーダブの後、ジョンとポールはこの古いテープを引っ張り出し二人で1本のマイクを使ってこの曲の風変

わりなボーカルを第30テイクに録音する。マル・エヴァンスがスコップでジャリをいじる音や、手拍子などもここでオーバ

ーダブされた。この時点で曲の長さは6分8秒であった。この日の内にモノリミックスも作成されている。
  John and Paul record vocals and sound effects for ♪You Know My Name (Look Up The Number)♪.
 ┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛
  ┛ THE BEATLES 1969 Mono mixing  ┛Studio 3
 ┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛7:15pm-2:00am
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
②┃ ♪You Know My Name (Look Up The Number)♪  ┃remixes 1-3, from take 30
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  Producer: Chris Thomas
  Engineer: Jeff Jarratt
  2nd Engineer: Nick Webb
 ‡1969(昭和44)年 4月30日(wed)
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓1996/03/18(mon) JP、UK
③┃ 『THE BEATLES ANTHOLOGY 2』 ┃1996/03/19(tue) US
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━┛ ◎Disc two◎
 13.♪You Know My Name (Look Up the Number)♪ 17 May 1967 ? 30 April 1969 EMI Studios 5:43
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓1996/03/18(mon) JP、UK
③┃ 『THE BEATLES ANTHOLOGY 2』 ┃1996/03/19(tue) US
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━┛ ◎Disc two◎
 13.♪You Know My Name [Look Up The Number]♪ 67.5,6.& 69.4. 発表されたのは1970年、シングルLet It BeのB面と

してだったが、ベーシック・トラックのレコーディングは1967年に始まっていた、ジョン作のビートルズ史上、最もおかし

な曲。公式テイクよりも長い5分42秒バージョンで、 公式テイクでカットされたパートもすべて聴くことが出来るという、

これは実に嬉しいテイク。出だしのパートの後スカ風のリズムに転調するパートは初登場、後半の鳥の笛に合わせて歌われ

るパートのボーカルは全然違う。他にも細かく聴くと、楽器やボーカルが公式テイクと微妙に違う部分がいっぱいある。

こういうテイクこそいっぱい発掘して欲しい。
*********************************************
 ①https://beatlesdata.info/14/06_letitbe.html
 ①https://en.wikipedia.org/wiki/Let_It_Be_(song)
 ②https://beatlesdata.info/16/15_youknowmayname.html
 ②https://en.wikipedia.org/wiki/You_Know_My_Name_(Look_Up_the_Number)
 ③https://en.wikipedia.org/wiki/Anthology_2
 ③http://www.geocities.co.jp/Broadway/5266/beaAlb21-2.html
*********************************************

 モノクロ映像◆『Roundup』Interview (1964) The Beatles  https://youtu.be/Dm8frWeoBA0
‡Theatre Royal, Glasgow, 30 April 1964.
 
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃ THE BEATLES Live 1961 ┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
‡(sun)30 April 1961 Hamburg, Germany, The Top Ten Club ※27 March~2 July 1961
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃ THE BEATLES Live 1962 ┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
‡(mon)30 April 1962 Hamburg, Germany, Star-Club ※13 April~31 May
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃ Spring 1964 UK Tour ┃THE BEATLES SHOW
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━┛
‡No.4 (thu)30 April 1964 Glasgow Odeon Cinemas
************************************************************
 https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_the_Beatles%27_live_performances
************************************************************
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃ The Savage Young Beatles 1950s 1961 ┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 (mon)27 March 1961 The Top Ten Club, Hamburg, Germany 136 Reeperbahn
 (sun)02  July 1961 The Top Ten Club, Hamburg, Germany 136 Reeperbahn
 As with the previous Hamburg visit in 1960, specific date information apparently does not exist. Sometime

during this visit, Paul's Rosetti "bass" was allegedly smashed. As a result, he played piano and/or simply

sang during performances. It has been reported that he would play Stu's Hofner bass upside-down but no photos

seem to exist.
 As a result, it was during this trip when Paul pruchased his first now-famous Hofner "violin' bass at a

local Hamburg Steinway music shop. It became the second Beatles' guitar pruchased in Hamburg that would become

a world-famous Beatles' icon.
 (thu)22-(sat)24 June 1961 It was during this Hamburg visit that The Beatles (without Stuart) made their

initial recordings with Tony Sheridan
‡(sun)30 April 1961 Although he was only "sitting in" with the band, these were Stuart's final days as a

Beatle. A letter written 31 April 1961 by Stuart, to his mother, announcing his leaving the band can be seen -

here. This might narrow the dates of these photos to March through maybe early May 1961.
************************************************************
 http://www.beatlesource.com/savage/1961/61.03.27%2007.02%20top%20ten/1961topten.html
************************************************************

 ┏━━━━━━━━━┓
 ┃ 『HELP!』 ┃
 ┗━━━━━━━━━┛
 Parlophone PMC 1255; PCS 3071 - August 6, 1965
 Mobile Fidelity MFSL 1-105 - January 1986
‡(CD) Parlophone CDP 7 46439 2 - April 30, 1987
 Capitol CLJ 46439 - July 21, 1987
 ┏━━━━━━━━━┓
 ┃ 『Rubber Soul』 ┃
 ┗━━━━━━━━━┛
 Parlophone PMC 1267; PCS 3075 - December 3, 1965
 Mobile Fidelity MFSL 1-106 - June 1984
‡(CD) Parlophone CDP 7 46440 2 - April 30, 1987
 Capitol CLJ 46440 - July 21, 1987
 ┏━━━━━━━━┓
 ┃ 『Revolver』 ┃
 ┗━━━━━━━━┛
  Parlophone PMC 7009; PCS 7009 - August 5, 1966
 Mobile Fidelity MFSL 1-107 - October 1986
‡(CD) Parlophone CDP 7 46441 2 - April 30, 1987
 Capitol CLJ 46441 - July 21, 1987
****************************************
 http://www.beatlesagain.com/btlps.html
****************************************
 音源◆The Beatles At Home- The Silver Beetles Era (1960) https://youtu.be/irDcoXGaAsY
‡April/June 1960
 Matchbox [0:00]
 Some Day [1:01]
 One After 909 [2:35]
 Cayenne [4:01]
 Hallelujah, I Love Her So [6:30]
 You'll Me Mine [9:04]
 I'll Follow The Sun [10:51]
 

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃ GETBACK  The Beatles Store  Since 1982 ┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
‡2008(平成20)年4月に原宿のロックの殿堂ロックンロール・ミュージアムB1Fに移転して再び原宿に戻って営業。
************************** http://getback.tv/
 http://getback.tv/html/company.html
 https://beatlesdata.info/14/12_getback.html
 https://en.wikipedia.org/wiki/Let_It_Be#Get_Back_albums
*********************************************


 ┏━━━━━━━━━━┓┌─――――――――――――┐『愛の世代の前に』
 ┃ 『VOICES』 ┃|1980(昭和55)年 7月29日(火)|  Hall & Oates
 ┗━━━━━━━━━━┛└─――――――――――――┘https://en.wikipedia.org/wiki/Voices_(Hall_

%26_Oates_album)
‡1989(平成元)年4月発行 会報第34号【MEMORIAL MUSIC】
 http://shogo.r-s.co.jp/fanclub/backnumber/backnumber034.html
 ♪Diddy Doo Wop♪音源◆https://youtu.be/pLO23JNnK04
 
 フル音源◆https://youtu.be/YVBXVhYb8Uc
 
 フル音源◆https://www.youtube.com/playlist?list=PLK8QBxjn1Pn-5moe8FsWpbicopShgrTNU

http://shogo.r-s.co.jp/index.html

 
 

レンタル掲示板
/1