teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


過去の今日のTHE BEATLES

 投稿者:J.BOΦWY  投稿日:2017年 7月27日(木)23時14分31秒
   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓┌─――――┐
 ┃ THE BEATLES HISTORY ┃|  July 27|208
 ┃    ザ・ビートルズの今日の出来事   ┃|7月27日|
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛└─――――┘
 1962(昭和37)年(金) ニュー・ブライトン・タワーボウル・ルームでライブ
 1963(昭和38)年(土) ウェストン・スーパー・メア,オデオン・シネマにて公演
********** http://www.thebeatles.co.jp/contents/index2.htm
 http://www.beatlelinks.net/forums/showthread.php?t=17076
 http://beatlesdiary.web.fc2.com/day/007/0727.html
 http://www.beatlesagain.com/bhistory.html
 楽曲資料https://beatlesdata.info/
 歌詞充実http://tsugu.cside.com/index.html
*******************************************

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃ THE BEATLES on film and television  1963 ┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
‡(sat)27 July 1963『8mm Home Movie』Dezo Hoffman spent a day with The Beatles around this time, filming them with (in silent colour 8mm) on the beach at Brean Down, in go-carts and victorian bathing outfits. Parts of the film were later used in the 1995 'Real Love' promo video.
********************************************
 http://www.tvtalkin.esy.es/fab4tv/1963.htm
********************************************
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃ Late Summer 1961 St.John's Hall, Liverpool ┃St. John's Hall Bootle
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 Late Summer 1961 St. John's Hall Bootle
 Photographer: Dave Forshaw
 Lewisohn places this photo among February 1961 listings but it can't be from any of the dates in that month. George has his Gretsch Duo Jet which he bought in July 1961 and their hairstyle is that of later 1961. After returning from Hamburg in early July 1961, The Beatles played St. John's Hall on the following dates. This photo could be from any of these dates.
 (thu)13 July
 (thu)20 July
‡(thu)27 July
 (thu)03 August
 (thu)10 August
 (thu)17 August
 (thu)24 August
 (thu)31 August
 (fri)08 September
************************************************************
 http://www.beatlesource.com/savage/1961/61.08.XX%20st%20johns%20hall/61.07-09stjohns.html
************************************************************
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃ The Savage Young Beatles 1950s 1962 ┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
‡(fri)27 July 1962 The Tower Ballroom, New Brighton
 Photographer: Arthur Miller
 Photographer: Mike McCartney (last photo)
 写真◆It isn't certain that the photos of Pete featured on this page are from this date. I'm just guessing.
 写真◆Andy Babiuk implies that George had a photo taken with Joe Brown's Gibson guitar after this show. Mike McCartney says this photo is this date.
************************************************************
 http://www.beatlesource.com/savage/1962/62.07.27%20tower%20club/62.07.27tower.html
************************************************************

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃ Summer 1963 UK Tour“THE BEATLES SHOW” ┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 No.27 (mon)22 July 1963 Weston-super-Mare, England, Odeon Theatre (1)
 No.28 (tue)23 July 1963 Weston-super-Mare, England, Odeon Theatre (2)
 No.29 (wed)24 July 1963 Weston-super-Mare, England, Odeon Theatre (3)
 No.30 (thu)25 July 1963 Weston-super-Mare, England, Odeon Theatre (4)
 No.31 (fri)26 July 1963 Weston-super-Mare, England, Odeon Theatre (5)
‡No.32 (sat)27 July 1963 Weston-super-Mare, England, Odeon Theatre (6)THE END. Odeon Theatre
  The Beatles 1963 Weston Super Mare Odeon Programme (UK) £150.00
  An concert  programme with orange tinted cover produced specifically for The Beatles’ residency at the Odeon Theatre, Bournemouth that took place between 22nd and 27th July 1963. The programme measures 20cm x 26.5cm (8 inches x 10.5 inches). A fan has written the set lists on the first page and there are two small scuffs on the front cover. The condition is very good.
  https://www.tracks.co.uk/product/b25116-beatles-1963-weston-super-mare-odeon-programme-uk/
************************************************************
 https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_the_Beatles%27_live_performances
************************************************************

 ┏━━━━━━━━━━━━━┓かみばやし さとる      朝日文庫
 ┃ 『この日のビートルズ』 ┃上林 格 P.288 本体680円+税 朝日新聞出版
 ┗━━━━━━━━━━━━━┛  2013(平成25)年11月30日(土)第1刷発行
 No.43 P.241 1968年07月29日「"2人"のJude」◎♪Hey Jude♪レコーディング開始日◎
 ┏━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃ 『この日のビートルズ』 ┃上林 格 P.288 714円(税込) 朝日新聞出版
 ┗━━━━━━━━━━━━━┛2013(平成25)年11月7日(木) 朝日文庫発行
  人類がまだ月面着陸を夢見ていた1960年代、英国出身の4人の若者が世界を席巻した。
  ポピュラー音楽史の記録を次々と塗り替えただけではなく、
  文化、思想、生活スタイル、あらゆる分野に強烈な影響を与えた。
  語り継がれる20世紀最高のファブ・フォーの「この日」にこだわってみました。
 ┌─――――――――――――┐
 |1968(昭和43)年 7月29日(月)|「♪HEY JUDE♪セッション始まる」
‡|2007(平成19)年 7月27日(金)|甲虫日記更新日 No.004
 └─――――――――――――┘
♪HEY JUDE♪は、ビートルズのシングルのなかで最大級の成功をおさめた曲だ。
1968年8月26日にアップルレーベル初のシングルレコードとして英米でリリースされると、ビルボード誌の全米チャートで9週連続1位に輝くなど世界中のチャートを総なめにした。同年だけで、500万枚以上の売り上げを記録している。7分11秒という曲の長さもポップ・シングルの常識を超えていた。当時は3分を超えてはならないというのが慣例だった。39年前の7月29日、アビー・ロード・スタジオで4人全員がこの曲のセッションを開始した。この時に6テイクが録音されたが、完全バージョンの3テイクは、曲の長さがそれぞれ6分21秒、4分30秒、5分25秒と短かった。ジョンがアコースティック・ギターを担当、ポールがピアノというライブ形式のラインナップだった。このテイクはいったん破棄され、
3日後に別のスタジオで36人編成のオーケストラを起用したレコーディングが行われる。曲の後半4分で聴くことができる手拍子と♪Nah nah nah♪のバックボーカルは、報酬を倍にして協力を求めたオーケストラ・ミュージシャンらが参加したものだ。ポールがジョンの息子ジュリアンに捧げた曲として知られている。ジョンとオノ・ヨーコの関係が表面化して2人が同棲するようになると、シンシアが離婚訴訟の手続きをとりはじめ、ジョンとジュリアンは別居することになった。ジョンとシンシアのつきあいを最初から知るポールにとって、ジュリアンの将来は気がかりだった。この別離の際にも、ポールは赤いバラを1本たずさえて5歳のジュリアンと母親を元気づけようと車で彼らの自宅へ出かけた。片道1時間の運転中にジュリアンのことを慮りながら、♪ヘイ・ジュリアン♪と歌いはじめた。♪ヘイ・ジュリアン♪は「ヘイ・ジュールズ(ジュリアンの愛称)」と変わり、ポールは慰めと励ましをテーマにした歌詞を即興でつくった。♪ヘイ・ジュールズ、悪くとるんじゃない、悲しい歌でも悲しくなくするんだンジョンも同じ5歳のとき、心に深い痛手を負う。幼少のころから叔母夫婦の元で育てられていたが、そこへ行方不明だった船乗りの父親が突然現れてジョンを連れ去り、父と母のどちらをとるか過酷な選択を迫った。ジョンは母親を選び、母親がジョンを連れ戻したが、母親はすでに別の男性と同棲していた。叔母夫婦は、母親にはジョンを育てる環境にないと判断して再び引き取ることにした。母の名はジュリア。この心の痛みは、後にソロ作品♪マザー♪にストレートに表現されている。「父親は死んだも同然だった」というジョンは、ジュリアンに対してどう接すればいいのか戸惑い、また自分が父親であることを恐れていたのかもしれない。ジョンとポールは思春期に母親を失うという共通点はあるが、ポールには父親がいた。ある日、ポールとジュリアンが仲良くじゃれ合う姿を見たジョンが「どうやったら(息子と)あんな風にできるんだ」とポールに真顔で耳打ちしたこともあったという。「ジュールズ」は、歌詞を肉付けする作業に入ってから、力強く聞こえるという理由で「ジュード」に変更された。しかし、ポールは自分がつけた歌詞に最後まで自信をもてないでいた。「最終的なものじゃないよ」とジョンにみせた歌詞の中に♪the movement you need is on your shoulder 君に必要な動きは、君の肩の上にのっかっている♪という一節もあった。ポールは単なる穴埋めとしか考えていなかったくだりだが、ジョンはそこを「すごいよ」とほめた。この時、自分の作品がいい出来なのかどうか、自分では判断できないのが自分だということを知った、とポールは回想している。80年9月の月刊プレイボーイのインタビューでジョンは、「ヘイ・ジュード」は「ヘイ・ジョン」という意味で「これは僕に向けられた曲だ」と発言している。ジョンの解釈によれば曲の中に出てくる「go out and get her」という歌詞は潜在的には「go ahead, leave me」と言っていることだという。「her」とはヨーコを指し、意識のレベルではポールは僕に去ってほしくなかった、パートナーを失いたくなかったからだ、という解説だった。ジュリアンはこうしたいきさつを、1987(昭和六十二)年にニューヨークのホテルでポールと偶然出会ったときにじっくりと聞かされる。1996(平成八)年にはロンドンで行われた競売で♪HEY JUDE♪のレコーディング用楽譜類を2万5千ポンドで落札した。自分の人生から避けて通れない曲だと悟ったのだろう。2000(平成十二)年、父の20周忌を前にジュリアンは長い声明文を発表した。異母兄弟のショーンに対して深い愛を表してはいるが、ヨーコを厳しく非難。自分の父親に対しては「父のだらしなさと愛と平和への態度にものすごく腹をたてていました。父の言う愛と平和は家庭には全くなかったのです」など辛辣な批判を浴びせている。
 ◎『この日のビートルズ』の次回の更新は、8月8日です。この日はなんの日でしょうか? お楽しみに。
 ◎お知らせ『パスト・マスターズ(2)』1998.3.11発売 EMIミュージックジャパン
***************** https://www.amazon.co.jp/dp/4022617802
 https://dot.asahi.com/1satsu/tyosya/2013110700049.html
 http://doraku.asahi.com/entertainment/beatles/070727.html
********************************************************

http://shogo.r-s.co.jp/index.html

 
 

レンタル掲示板
/13