投稿者
 メール
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL


大日本帝国は二度死ぬ。一度目は軍閥悲劇として、二度目はアベ喜劇として。

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2017年 1月21日(土)00時16分40秒
  マルクスの表現を使わせて頂きましたが、この表現、実に的確で美しいと思います。

大日本帝国は死にきっていなかったので、ようやく平成30年に死ぬでしょう。

平成天皇の御偉業が達成されることになると私は見ているのですが。

大日本帝国は昭和20年当時の政権指導者達によって降伏したのですが、それは天皇を錦の御幡として仰ぐ「方便」を使っての降伏であり、やむを得ない方法ではありましたが、

言い換えれば、大日本帝国の論理でもって、自己否定をしたということでした。

と、書くと論文調になってしまいますが、

当時の指導者達、昭和天皇をはじめとする人達は、彼らの意識としては大日本帝国を離脱しました。降伏の選択によって離脱していました。

しかし、どうでしょうか?

当時の国民一般は?  兵隊達は? 職業軍人達は?

「天皇陛下の御命令だから降伏したんだ」と思い、

それで終わっちゃったんですよ。

「どうして大日本帝国は負けて…終わったのか?」と考える機会を失ったのです。

「天皇の御命令だから」

では駄目なのであって、

「何故、天皇は降伏を選択されたのか?」と考えなければならなかった筈ですが、

この、「何故?」を発生させず、上意下達、無思考に国民を催眠術にかけていたのが大日本帝国イデオロギーであったのです。

ですから、今に至るまで、大多数国民が夢から覚めていないのです。

中国は日本軍蛮行を大宣伝してケシカランとか、米国は憲法を押し付けてケシカランとか韓国は少女像たててケシカランとか、このように考えるのは終戦時の時間が止まったままの状態なのです。

昭和天皇の御命令に従って降伏した。だから、自分達の意思と思考はそこには無い。

自分が無いから、日本国民の“自分”は終戦時のままなんだ。

ネトウヨだけでなく、アベやイナダや日本会議や神社本庁だけでなく、日本国民の大多数の多くが、天皇皇后両陛下とは異なって、

敗戦と大日本帝国崩壊を自分自身で認識していないのだ。

例えれば…亡霊なんだな。

だから、これは保護者の米国が離れて行けば裸で国際社会に放り出される。

トランプ政権で米国は保護者ではなくなってゆく。

そして、日本国民の大多数は、ようやく敗戦を意識する。

半世紀以上遅れて、大日本帝国が崩壊していたと意識する。気付くんだ。

もしもアベが憲法改悪をやれば、喜劇として大日本帝国崩壊を再演することになるでしょうな。

でも、

やっと成仏できる時が来た。遅いな…。
 

メディア現場からの訴え~室井佑月さんの提言

 投稿者:風太  投稿日:2017年 1月20日(金)06時18分12秒
  右傾化するテレビで孤立、室井佑月が金子勝に弱音!「どんどん仲間がいなくなる」「右のやつらが羨ましい」
http://lite-ra.com/2017/01/post-2850.html

室井 悔しいけど、安倍さんは攻め方がうまい。

『報道ステーション』『NEWS23』「朝日新聞」とかメディアは名指しで攻撃されると、その恐怖が周りに伝播する。

でも左側の攻め方って、メディアを批判はするけれど、特定ではなく全体としてのメディア評になっている。

だから、怖くもなんともない。

こっちも、名前を具体的に出して攻めることも必要だよ。

ネトウヨや、ネトサポのやり方、向こうのやり口を真似すればいい。

嘘、デマ、ヘイトなどの卑怯な攻撃に対して、こっちも同じように集中攻撃する。

ネトサポのように組織化する。

対抗するにはそれしかないんじゃない。

左翼の人って、そんなの格好悪いとか、頭悪そうなんてよく言うけど、それじゃ勝てない。

見せしめみたいに、ヘイトや嘘を拡散すると、こんな風に追い詰められるんだ、潰されるんだ、という恐怖を与える。

それは向こうがやっていることだしね。

卑怯な奴には卑怯な手段。

私たちだって名前を出してギリギリでやっている。

だからこれからは、きちんとメディア名や個人名をあげて批判しようと思ってる。

「メディア全般がダメだ。安倍政権に懐柔されてる」なんていう、今までのやり方だと、誰も怖いと思わないんだよ。


以上本文より引用。

私はもっともな指摘だと思います。

詳しくはリテラに掲載されていますので一読をされてみてください。
 

世界では通用しないネトウヨ史観

 投稿者:風太  投稿日:2017年 1月20日(金)05時37分18秒
  あのアパホテルチェーンの元谷CEOの書物がホテルの客室に常備されている問題が、ついに欧米のメディアでも報じられ始めています。

元谷CEOといえば安倍総理を支える安晋会の副会長という御仁。

その彼の思想信条がどういうものだかが今回の騒動で明白となり、そしてその彼が支えているのが安倍総理なのです。

そしてそんな安倍政権の支持率が67%と報じられる日本。

この構図は日本の正体を知るうえで大いに参考になると、海外ではみられること間違いなしでしょう。

いまはまだ人ごとの様にこの騒ぎを見ている人たちも、

いずれ日本という国が世界からどのように見られているか、実感を持って知るときが来ると思います。

その時に日本人はどう動くのか。

ネトウヨの様に自分は悪くないのに理不尽に攻撃されていると井の中の蛙のまま、偏狭なナショナリズムに走るのか。

それとも冷静に自らの歴史を見なおす方向で対応しようとするのか。

この選択次第で日本の明暗が決まるのです。
 

腐りきったメディアの壁を破って、生活と国民経済の復活を目指す行動を実現した英米国民。日本の今後の出遅れ。

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2017年 1月20日(金)01時55分18秒
  http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/1001861/1026314/111323928
植草先生投稿文

さてさて、我がトヨタ自動車はメキシコでの工場建設を計画していたが、トランプ次期大統領のコメントに対し、割合に素早い反応を示した、

GMは動きが遅いのだが、やがてトランプさんが倒されないかぎり追随してゆくのではないか。

トヨタがメキシコ進出を深めようとしていた背景にはTPPの発効が実現されるとの読みがあったのではないか?

ところが、英国でのEU離脱以来、情勢は急展開した。

英国の動きは私も読み違えていたが、この英国の動きの背景には、英国によるドイツ主導のEU運営を混乱させて英国の主導力を高めたいとの思惑が旨く行かずに戦略的に失敗に終わったからではないだろうか?

この動きは顕著な表面化したものではなかったので判り難くて、これが私の読み違いの背景をなしたのではないかと考えていますが、現実の動きはそうなっている。

ウクライナ紛争の失敗。

シリア政府打倒の失敗。ISIS壊滅化への動き。

ロシアと中国の連携の強さを背景にしたウクライナと中東でのロシアの巻き返しの成功。

これにより、EUへの中東難民送り込みによる混乱の拡大化を造り出す事が失敗に終わった。

こうなっては、英国はEUに残留すれば、独仏のEU主導に従う事になり、独自性を放棄させられて行くことになる。

従って、EU離脱は英国民の意思の選択だけではなく、英国指導層の選択するところともなったのではないだろうか?

英米の連携は第二次大戦以前のはるか昔からのものであり、英国のEU離脱と米国の独自路線の選択、国際的な軍事的経済的介入策からの撤退志向は同じ流れのものであろう。

さて、このような動きの中で、我が国の政治は、経済よりも遥かに遅れて国際的な動きの後に従ってゆくものになるだろう。

トヨタよりも経団連は遅く、政権の動きは躓き続けるだろう。

アベ政権は、その本質的時代錯誤性により時代に耐えがたく、分解に向かうのではないだろうか。

様々な情報を見ると、アベは韓国に激怒して駐韓国大使を復帰させようとしないとか、

反対に、イナダの靖国参拝を怒っているとか、

矛盾した報道が流れてきているが、

これらは、アベ政権の対応が混乱していることの表れではないか。

日本国民の国際的動きに対応できない島国的保守性が臆病な遅延的思考放棄追随性として危機的時代に表面化して足踏みを繰り返すといった事態がまたまた引き起こされるに至った。

明治近代は嫌でも清算されるだろう。
 

今後の日本における政治指導者はエリートでは担えなくなります。米国でもトランプ叩き上げマッチョが登場の時代となりました。

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2017年 1月19日(木)01時44分9秒
  明治近代日本は思い違いをしてきて今に至っています。

日本の鉄道は時間通りに運行されます。

日本の近代学制は大変に整備されたものであって、東大と京大を頂点にしてエリート養成の学制が整備されてきました。

これは、自然発生的な学問研究の高まりによって形成されたものではありません。

従って、例えれば日本の学制と学問傾向は、

論語読みの論語知らずなのです。

戦前では、これに加えて、陸軍と海軍の士官学校と大学がありました。

これらは無くなりましたが、他の学制は残ったのです。

今では、これらのエリートは官僚組織や大企業幹部として影に控えて、アベのような傀儡人物を操るようになりました。

これは、彼らの能力では対応できなくなったからであって、誤魔化しの方法で、操り人形を使って、マスコミを虚偽報道機関として利用して、国民を騙し続ける他に何も出来なくなったのです。

アベノミクスが典型例なのです。

明治以来の近代学制ではエリート指導者の養成は出来なかったのです。

それは中国歴代の科挙制度と同じで、寄生勢力を養成したに過ぎないのであって、中国官僚が王朝を救ったためしは無いのです。

いよいよ日本も、誤魔化しが効かなくなった。

霞ヶ関エリートと受験選抜エリートでは何も切り開けない時代を迎えた。

植草先生のようにエリート教育そ受けたが弾圧で鍛えられた人とか小沢一郎議員のように冤罪捜査を受けて国民が騙された人でなければ真の活躍が期待できない時代がついに到来しました。

これからは、

叩き上げマッチョが率いる時代なのです。

ちなみにトランプさんが好きなミュージシャンは、ボンジョビとエアロスミスだそうです。

納得。

付け加えですが、鎌倉幕府 からはじまる幕府政権とその指導者達は、自然発生の政治闘争によるものであり、明治国家体制と律令体制はイデオロギーかぶれによる人工政体であり、養成された指導者エリート達は試験管の中で培養された虚弱品種に過ぎなかったのです。

これが判っていた私は、巻き込まれずに逃れる道を選んできました。
 

パク・クネ大統領後の韓国の動きを示唆する評論を目にしました。また、トランプ政権の重要閣僚に予測されているボルトン氏が在沖縄米軍の一部を台湾に移転とか。

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2017年 1月19日(木)00時44分49秒
  http://www.sankei.com/world/news/170117/wor1701170012-n2.html

さて、韓国のこれからの動きですが、少女像問題は、単なる歴史的実像問題ではないのです。

これからの日韓関係を占う動きと見なすべきでしょう。

日韓離反が進行すると考えられるのです。

ネトウヨの人達は離反を日韓の歓迎するのでしょうか?

ネトウヨが実はアベ政権を窮地に追い込んで行くべき使命を担っているのが本当であれば日韓離反は歓迎でしょうね。

企業家ネトウヨは政治情勢を分析研究なんかしない出来ない人達なのでしょうね。

日本人は右脳国民が大半のなでしょうか?  右翼というよりも右脳の見なすべきか?

無能とは言いませんけどね、遠慮して。

紹介したブログでは、韓国次期大統領有力候補の殆どが親北朝鮮とのことです。

韓国が北朝鮮との協力関係を進めれば、朝鮮戦争の休戦状態の意味が薄れて朝鮮半島の統一機運は自然に高まって行くでしょう。

さらにこれは、中国の朝鮮半島への影響力の拡大となるのです。

これは、トランプ政権の中国との覇権協力路線にも合致してゆくことなのです。

一方での台湾への沖縄米軍の一部移転は、実現に至るか否か全く判らないものではありますが、

台湾を巡っての米中開戦なんか有り得ません。

さらに、台湾が米軍の駐留を認めるかどうかは全く判りません。

下手をすれば占領されかねないし、すくなくとも台湾は米国と戦って敗北した関係ではなく、フィリピンのように米国の植民地的地位にあったわけでもないので、危険な米軍駐留を選択する可能性は高くはないと考えられます。

台湾の立場・地位は日本やフィリピンや沖縄とは違います。

このボルトン発言の意味するものは、太平洋の覇権を米中で分かち合うとの思惑が顕著に表れたものと言えるでしょう。

もしも、沖縄からさらに台湾にも米軍が展開するとなれば、尖閣諸島一帯の問題は日中だけの問題ということではなくなり、台湾と米国の関与が深まり、日本の海洋進出は阻害される動きとなるでしょう。

このボルトン発言もトランプ政権の覇権についての対中国協力の思惑によるものと考えることが出来るのです。

 

トランプ大統領就任を阻止するためにソロスが色革命を画策しているとの情報が出る。

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2017年 1月18日(水)22時12分46秒
  http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201701180000/

思い出されるのがケネディー大統領の暗殺であり、何年か後での弟のロバート・ケネディー司法長官の暗殺です。

これ等の事例から、トランプ大統領もウォール街と軍産勢力から戦争継続拡大路線の継続を妨害させないために暗殺されるのではないか?と懸念されるわけです。

トランプさんは防弾チョッキを着けていることが多いのではないかと私は観察してきています。

背の高い彼ですが胸幅も不自然に大きいからです。マッチョと言うには不自然だ。

それはさておき、ケネディー大統領の時代とは米国は大きく違ってきています。

米国は、かつての日本に例えれば、敗戦が確定した状況のマリアナ沖海戦の敗北つづくサイパン陥落であります。

後は、どう始末をつけるか?

といった状況なのです。

仮にトランプ排除となったとしましょう。

ケネディー大統領の後ではベトナム戦争拡大から米国経済転落の始まり、レーガン政権から再軍拡でブッシュ政権で本格軍国路線、これで米国経済地獄行き確定。

これからは、再復活を目指すか、破滅貧窮地域への転落確定か?といった事態であり、

米国民の全体的な知的水準から推測すると、転落に甘んずることはなく、路線対立を国内で戦うことになると考えられます。

そう考えると、トランプ暗殺は、米国内の路線闘争の始まりとなり、軍も民間も金融も明らかな分裂闘争に踏み込むでしょう。

実際、小規模なこの事態になっていると考えられ、今後、トランプ大統領はカリスマ化する可能性が高いと見ています。

毛沢東や金日成やド・ゴールといったところか?

日本にとっては対岸の火事騒ぎであり、韓国の混乱ごときではありません。

豊臣政権から徳川幕府に至る過程に似たスペイン旧教勢力後退から英蘭新教勢力台頭の時代に似た状況を迎えているわけです。

豊臣の終焉は今まで続く明治体制の終焉に重なることになるでしょう。
 

譲位情報の流出は不思議です

 投稿者:夢たまるメール  投稿日:2017年 1月18日(水)16時36分3秒
  国会でも未論議で、国民に選ばれたわけでもない有識者による未公開の会議のまとめも未確定の状況で、政府関係者によると、とか宮内庁関係者によるとなどの扱いで、真剣に慎重に結論を見出すべき神聖な天皇家の譲位の結論めいたことが、スクープとして報道だけが先行していますが、このような情報を漏らしたのは誰なのでしょうか?
決まるまでは国家機密の問題で、特定秘密保護法には違反ではないのでしょうか?
 

ネトウヨ系オーナー達

 投稿者:風太  投稿日:2017年 1月18日(水)03時19分32秒
  あの社長がど派手で有名なAPAホテルを経営するAPAグループCEOの元谷会長の著書に、南京虐殺を否定した文言があり、

しかもそれを客室に置いてあったという事で、ホテルへの批判が高まり、特に中国のSNSで大炎上する騒ぎになっています。

おそらくAPAホテルグループを利用してきた中国や韓国の利用客は、今後利用することを控えるようになるのではと思います。

しかしAPAホテル側はこの動きに対して、あくまで本を客室に備えるというやり方はやめないようです。

中国などアジア方面からの利用客増で業績を伸ばし、ホテルを増設してきたAPAホテルグループですが、五輪を控えて大きな打撃になりそうです。


一方健康食品や化粧品で成長してきたDHCですが、こちらも今ネットで大炎上しています。

DHCが提供する自主制作番組は、ネトウヨ系文化人総出演というわけで、また会長のコメントもネトウヨそのままという酷さです。

あの問題の東京MXの「ニュース女子」も、同社がスポンサーになっています。

DHCの製品は特に中国人には大変人気があり、観光客は競って商品をお土産にしていたぐらいです。

今後同社の売り上げに大きなマイナスになるのは必定と思います。


日本国内でだけ通用?する旧大日本帝国時代の悪行の歴史の改ざん行為は、国際社会ではまったく通用しません。

今回の騒動でも現場の苦労を顧みないオーナー史観の押し付けが、これから先両社にどのような悪影響を及ぼすのか。

今回の騒動がある種の試金石になると私は見ています。
 

67%が真実ならば~解散総選挙を打ってみろ!! 支持率高いんだろ! 今しか無いじゃないか。韓国と揉めている最中で選挙やれるのか?嘘ばかり吐きやがって!!

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2017年 1月18日(水)01時11分20秒
  総選挙やるなら、慰安婦像選挙とでも名付けてはどうだい?

韓国への反発を国民に訴えて選挙やったらどうだい?

そうしたら国際的なヒンシュクをかうだろうな。

トランプ政権だって日韓の不和を不愉快に思って口だしをすると思うよ。

真珠湾での和解の精神はどうした?と言ってくるだろうさ。

トランプはオバマの真珠湾慰霊を否定しないだろうさ。

さあ、67%支持率で解散総選挙やってみろ!!33%野郎めが。
 

安倍晋三、後は、坂道ころがる 雪ダルマ

 投稿者:gigi(管理人)  投稿日:2017年 1月17日(火)23時35分35秒
  渡邉義明先生のメッセージです。
是非お読みください。
http://yoshiaki-watanabe.cocolog-nifty.com/blog/2016/12/post-2c58.html

渡邉先生、本文よりタイトルを拝借しました。
 

67%は滑稽。遂に、上げ底政権になったか。

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2017年 1月17日(火)01時37分8秒
  大本営発表の本格復活なんでしょうよ。

大本営発表 「我が軍は、南太平洋上において、敵機動部隊と輸送船団に対し、猛烈な攻撃を加え、その67%を壊滅させ海の藻屑と為せり。」

実際状況  「アベ艦隊は、政権運用において、国民からの無視・無関心に遭遇し、67%の不支持の調査結果を突きつけられたり。」

といったところでは?

大日本アベ帝国の宣伝機関に転落したマスコミはこれ又、国民からの67%の不支持を獲得しているのではないかな?

泥棒は正反対の嘘を吐き…。
 

安倍政権支持率67%(JNN)

 投稿者:風太  投稿日:2017年 1月16日(月)19時46分28秒
  要するに、安倍総理の為に官民挙げて盛り上げが行われているという事。

マスコミは政権のしたことの検証は全く放棄。

安倍総理にとって宣伝になることは大きく報道。

そしてじわじわ進む破滅の足音。

庶民が感じる不安の当て馬には中国の脅威と韓国への蔑視。

それに協力するマスコミ人は恥を知れ。

このままだと間違いなく日本は全体主義破滅国家への道を進むことになる。

国民は作られた空気に乗せられているだけ。

この空気は裸の王様。

でもそのことを指摘する勇気のある大手メディアは一つもなし。

危険です。

いずれ化けの皮がはがれると甘く感じてはいけない。

トランプ政権になり重しが取れた安倍総理は暴走する。

彼を後押ししている勢力は理性で動く集団ではない。

彼らを動かす力は信仰心。

この力がかつての日本を破滅へと導いた。

今の流れはかつての流れにそっくりではないか。

?
 

金持ちや裏金のみ目当ての政治屋のジレンマ

 投稿者:rappp  投稿日:2017年 1月16日(月)12時36分7秒
  下の引用のお断り
数値は正しそうなので引用させてもらいました
創価系に対する敵意みたいなものが感じられますが
私の嫌悪は、そんなものに限定はされません
念のため


金持ちは他からの収奪によってのみ成り立つ
多くから収奪しないと金持ちにはなれない
よって、金持ちは常に少数派である

政治屋が多くの裏金を懐に入れるためには
他の政治屋を排除しなければならない
よって、主要ポストにいる政治屋は常に少数派である


金持ちや主要ポストの政治屋は
必然的に少数派である
決して多数派にはなれない
 

富を平等に分配したなら、あなたの資産は3倍にはなる

 投稿者:rappp  投稿日:2017年 1月16日(月)09時52分15秒
  ピケティによると
TOP10%が保有する資産は
全体の70%程度です

全体の資産100を100人に分配すれば
平均、一人頭1です
平等に分配するならこうなる

現在は
TOP10が資産70を盗っている
残りの資産30は90人で分けなければならない
貧乏人たちは、平均、一人頭0.3の資産になっている

平等になるならば
貧乏人の資産は今の3倍になる!

いや、貧乏人の資産はかなり少なく、貧乏人の比率はかなり多い
よって多くの貧乏人の資産は5倍にはなるのだろうか

しかし、今、こうなることを嫌う大多数を占める貧乏人たちは
体制の先鋒・安倍君が良い、というのである?
(実際は安倍政権の支持率は地を這うほど低いのだろうが・・・私は、安倍政権の支持率は20%前半と推測しています
 

資産の分配 搾取と抑圧

 投稿者:rappp  投稿日:2017年 1月16日(月)09時47分3秒
  資産推測

主に米・フォーブス誌が報じた世界の億万長者番付より個人資産額を抜粋。
池田大作 1兆8,000億円【創価学会】(海外ではカルト指定団体)
孫正義  1兆7,800億円【ソフトバンク(yahoo SBI証券)】
柳井正  1兆7,600億円【ユニクロ(GU)】 創価系
三木谷浩史 6,200億円【楽天】祖父が創価の大幹部 文春報

なお、パナマ文書で明らかになったのは
パナマのタックスヘイブンすら、匿名性が特質だということ
タックスヘイブンは金持ちたちの天国
暴力組織のマネーロンダリングが良く言われるけれど
これは誤魔化し
マネーロンダリングや資産を隠し持つ代表は
資産トップの者たちや、主の政治屋だろう
タックスヘイブンによって、隠し持つ資産、政治屋たちの裏金の授受は、金輪際表面化しない

よって、上の資産は、これらの2倍の4兆円ぐらいか?

安倍君の資産も政治屋としては異常値?

・防衛予算過去最高
ロッキードの過去の言「我々は儲けの15%を買収に充てる」?
・対外援助70兆円にはなってる
これが大きな旨みであることは、フイリピンへの1兆円支援でもうかがわれる
(北)朝鮮への対外援助も巨額なのだ
・安倍首相が国会の所信表明演説で「海上保安庁、警察、自衛隊の諸君」に「心からの敬意を表そう」と呼びかけたことに対して
自民党の議員は一斉に立ち上がり、拍手は10秒以上も続いた
金の集中とムサシによる開票・集計の在り方の異常さが連想される
・ゴルフ会員権も8個持っている、国会議員では最高数保持

生産物の横領、ピンハネによって金持ちが生まれる
金持ちたちの資産は、金持ちたちが生産できたものではない
彼らの資産は不労所得である



これが搾取

更に問題なのは
搾取には抑圧がつきものであること


日本の自殺者は日に100人近くにもなる
多くは生活苦からだろうか
冷蔵庫に食料皆無で餓死していた親子もいた

厚生労働省によると、日本の子どもの貧困率は 16.3%で、
過去最高を記録している
貧困率の高さは
メキシコ
トルコ
に次いで日本が来る
主要国中、世界第三位の貧困率

電通のように、若い女性の社員が追い込まれ自殺に至ることもある
精神を病んでいる人たちが掃いて捨てるほど生まれている

教育現場は抑圧の最先端ともいえる、ファシズム花盛りだ?

基本的人権は蹂躙されている
健康で文化的な生活は、多くの人に保証されていない
 

トランプ政権になっても米国は、基本的に日本の軍備拡大増強と覇権創出思惑を許さないと考えられます。米中併存による覇権維持が基本だから。

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2017年 1月16日(月)00時05分45秒
  http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/197461
菊池寄稿論文

菊地さんのこの論文では、短く的確に米国のトランプ大統領を迎えての国際戦略が語られていると思います。

米国が国際的な軍事冒険の泥沼に足を取られて、しかも、生産拠点を経費の安い低開発地域に移して来たことにより、実質経済国力を衰退させて来たわけです。

それは、戦後に国家運営戦略を放棄して盲目的に米国に追随してきた日本が一足遅れて辿った運命でもありました。

ただ、日本は武装放棄を選択させられ平和国家として軍事行動を放棄できたが故に、軍事的理由で国力を衰退させることはなく、経済分野での対米盲従により国力を衰退させてきたのです。

これは戦後ドイツとは全く異なるところです。

これは最近では、アベノミクスによる国富移転、経済破壊としての事例として現れていることは誰の目にも明らかになっていることです。

この米中並立による覇権維持はアジア地域で顕著でありますが、これに覇権二国が無視できない勢力として出てきているのがロシアで、厳密には三国による覇権維持になります。

欧州と中近東では、EUと独自路線の英国が加わって、五勢力覇権となるわけです。

このような動きから見ると、昨今の日韓問題として急浮上した慰安婦少女像問題は、急進派戦前回帰政権としてアベ政権の歩みを止める作用として働いてゆくものと考えられるのです。

切っ掛けはアベの真珠湾慰問であったのですが、これに止まっておけば良かったものを、何と、軽はずみにもイナダ防衛相が真珠湾からの帰国直後に靖国参拝をしてしまって、これをアベが黙認したので、韓国国民を刺激して、問題の蒸し返しとなりました。

アベはイナダに自分の代理としての役割も込めさせて参拝を黙認したのではないのか。

この蒸し返しは、今後の日韓対立のアベ政権が継続する限りの永続問題となるのではないか。

日韓対立は日本が戦前回帰のアベ政権の存在を許し、橋下徹のように原潜保持を目指したりすれば、日本の頭を押さえるには好都合の国際関係ツールとして使われると考えられます。

日本の戦前回帰志向は、米国も中国もロシアも歓迎しなくて彼らを不安にさせるのです。勿論のこと韓国も同じであり、日本の国内と見なされている沖縄でも同様なのです。

トルコがテロ事件を頻発させられているのは、その国家運営政策のもたらしたものであり、日本も違った形で混乱と衰退を深めて行くと考えられます。

米国と中国とロシアそして韓国や国内の沖縄を不安にさせない国策の選択が必要で、その為にはアベ政権の一刻も早い退陣が必要なのです。

日本国民が政治的「成人」に変わらなければなりません、

開国以来成し遂げていないこの課題を実現する以外に日本が生き延びる道はありません。

ただ天皇陛下を有り難がっていてもそれだけではダメでしょう。

戦前だって戦中だって有り難がっていたが、この今の有り様を招いている。

反省がなければダメであり、日本人の生活振りは無反省の進歩しない繰り返しであって、空しいハッピーエンドであり、それがドラマや楽曲にも現れていて四畳半文化の生活スタイルで終わっている。

だから、アニメの他は詰まらない。アニメは空想世界だから国際的にも受ける。

日本人は空想に生きるだけでなく、現実にも強く生きなければ生き延びないでしょう。

はっきり言えば、日本人は頼りないのです。話していても意見がはっきりしなくて気分でどうにもなるので雲を掴むようでこちらは不安になる。

それに比べると、外国人は覚悟が決まっている。生死もイエス・ノーもはっきりしているので対しやすいのです。

日本人も社会生活と国際生活を家庭生活の甘えに同視することなく、覚悟の決まった生きざまに生まれ変える時代に追い込まれたと思います。

私の気分は、「オラ、こんなザマいやだー」「気分は国内離脱の未来移住ダ~」
 

少女像

 投稿者:rappp  投稿日:2017年 1月14日(土)00時00分22秒
  「20年間の水曜日」より

雨が降っても、雪が降っても
病に臥していても
日本大使館前
水曜日12時

少女像撤去
内政干渉?
イヤイヤ
もっとも根源的な思いを土足で踏みにじる行為
日米両政府が沖縄にやっていることと相似な行為

 

慰安婦問題を突き詰めていけば困るのは日本の方です

 投稿者:風太  投稿日:2017年 1月13日(金)12時07分2秒
  戦時中前線を拡げつくした日本軍は、前線基地の付属施設としての慰安所を各地に作りました。

そこで働かされていたのが日本人慰安婦と韓国朝鮮人慰安婦などです。

韓国朝鮮人慰安婦の中には、女衒に騙されて連れてこられた婦女子も多くいたと言われています。

いくら朝鮮半島地域内での強制連行が確認されていないとしても、騙されてきた人たちをそのまま働かせたのは軍なのです。

慰安所の設営に関与していたのが軍や内務省管理売春)だったのですから責任は多大です。


この事実を否定する人たちは、あの頃を美化したい人たちなので、この恥部に触れられたくないのでしょう。

日韓政府で決めたことでも、旧慰安婦の人たちが受け入れなければ、また国際社会が認めなければ問題は解決しません。

私はこの問題は日本側の責任ある立場の人が、旧慰安婦の人にじかに会って謝罪しないといつまでも引きずり続けると思います。
(それでも難しいかもしれません)

この目に見える形での謝罪を旧慰安婦の方たちがご健在の内に行わなければ、さらに引きずり続けることになるかもしれないのです。


日本の上層部は、あの当時兵士の性欲を押さえる為には娼婦をあてがうという考え方が常識だったのです。

その証拠に敗戦時に日本政府は、占領軍兵士の日本人婦女子への犯罪を防ぐためとして、国内に米兵士用の慰安所を創設しています。
(GHQ側から旧慰安所と同様のものを要求されたという話もあります)

特殊慰安施設協会(SAA)この団体は全国になんと5万5千人もの米軍兵士相手の慰安婦を集めて、兵士の性処理に当たらせていたのです。
(別に右翼団体の作った施設もありました)

将校向け、白人兵士向け、黒人兵士向けなどと区分けし、それぞれに日本人女性を従事させていました。

ただしこのようなやり方は当時の米国社会では受け入れられず、短期間でGHQ指令で解散させられたのです。

その為働かされていた女性の中にはその後街娼になり、いわゆるパンパンと呼ばれる女性になったわけです。

米軍基地の置かれた街には必ずこの施設があったおかげで、戦後も長きにわたりその地には青線地帯と呼ばれる売春街として残りました。


この現実をすっかり忘却し、今更きれいごとを言っても世界では通用しません。

むしろこの問題で慰安婦はデマだとか、自発的な売春婦だとか強弁を続けていると、さらに触れてほしくないこれらの問題も暴き出されます。

これらの施設の中には、高級将校向けの秘密施設もあり、そこではこの問題をなかったことにしたい人たちにとり一番触れてほしくない立場の女性も働かされていたのですからね。

もはやもともと娼婦だからという言い分では、片づけられない問題なのです。

今無関心で、マスコミの振りまく情報で韓国の怒りを軽く考えている人たちも、このままだと驚くべき過去の現実を知ることになります。
?
 

再び「成人の日」混乱について。お上(自治体や国)が余計な世話を焼くから子供(新成人)が反抗して暴れて一人立ちしないんだ。

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2017年 1月11日(水)23時42分4秒
  https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%B4%E5%85%B5%E6%A4%9C%E6%9F%BB
徴兵検査

上の情報からすると、徴兵検査に合格した若者は1月10日に入営したとの事。軍隊に入ったとのことだ。

そして、戦後の成人式の始まりは、昭和21年の埼玉県蕨市での式典とのこと。↓

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E6%88%90%E4%BA%BA%E5%BC%8F
成人式

そして、後に国がこれに影響されて1月15日を成人の日と決めたとのことだ。

なぜ、1月15日としたのかな?

戦前の兵隊入営の日、1月10日の記憶によるのではないのか? しかし、10日そのものでは戦前軍隊を思い出すので具合悪いから、近い15日にしたのか?
もしかして、そうなのかも?

終戦の翌年に蕨市が青年に希望を与える為と考えて式典を行ったのは解らないでもないが。

しかし、これは基本的に成人本人と家族の問題であって、自治体とか国が出るべきではないだろう。

戦前は徴兵によって国民を駆り出す必要性により、成人の観念が男子の徴兵と結び付いていた。

そして、今では戦後の混乱も納まって時間の経過が長いのだから、

成人の自覚は、その個人と家族が係わる問題とすべきだろう。

ここにおいて、いつまでも行政がお上のように、若者に祝ってやるとか訓辞を垂れるとかすることは、

それは、子供扱いするということであり、

子供扱いされた青年つまりは成人は、反発して暴れたりするのである。

放っておけば、自分達で自覚するのである。

馬鹿な親が息子や娘に過保護をして、反発させて不良化させるのと同じだ。

要は、親が馬鹿、自治体・ 国が馬鹿ということだ。

暴れる成人男女を自覚が足りないなんて的はずれな評論・感想が虚しく飛んでいるが、馬鹿げている。

大人を子供扱いすれば、当の本人達は面白くないから暴れるだろう。

今でも空しい式典だから出席しない若者も少なくない。

私も自分の事例では、行く意味が見いだせなくて気分は全く乗らなかったが、行かないと回りがうるさいので面倒だから学生服のままで出掛けた。

当時の学生はブレザーコートを持っている者はごく少数。

終わり次第に直帰。中学時代の同窓生は殆どが勤労青年で大学生は殆どが出席してこない。

勤労青年に付き合って、その後の二次会合に出ても共通話題を見つけるのが困難で、相手がどう思うか考える余裕もなく、直帰で、その後に音楽喫茶にでも出掛けたのだったか?よく覚えていない。

この日を有効に使えたという思い出はない。中途半端で迷惑な思いをした。

後の世代に詰まらない思いはして貰いたくはないという思いだ。
 

韓国の慰安婦像問題。これ、アベ政権にとって甘くない事態と考えます。真珠湾慰霊からイナダ靖国参拝の流れから中国での慰霊の問題になるかも?

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2017年 1月11日(水)00時49分30秒
  日本は外交官引き上げの強硬姿勢まで取り、韓国は慰安婦像を増大させるとか。

互いに大人げないとして冷静な評論をしても無意味と言えましょう。

韓国民としては、アベは真珠湾で慰霊をしたのだから、慰安婦問題についても謝って欲しいと言い出すでしょうね。

韓国は日本から迷惑被ってるんだよ、対等の姿勢を取ってくれよ、と言いたいのでしょうね。

これは、中国でも内心としては同じような要求を言いたいのではないでしょうか?

中国の国土で戦争をやって中国国民に多くの損害を与えた事について謝って欲しいと思っているでしょう。

しかし、アベは真珠湾で本気で慰霊したのか? 空念仏でも唱える気分だったのではないのか?

そのように韓国民や中国民は思っているでしょう。

だって、真珠湾から帰国して直ぐに靖国神社にイナダが参拝したのだから。大日本帝国体制の精神で祀りをしている神社に参拝したのだから、真珠湾と靖国神社の対比に日本人は違和感が薄いのであろうが、

外国は、韓国・中国・米国は違和感を抱くだろう。

真珠湾慰霊の本気度が疑われているのだろう。

「本気ならばこちらも何とかしてくれよ」ということではないのか?

像なんてものはプラカードや幟や看板のようなものであろう。要するに、訴えなのだ。

まあ、アベは本気ではなかったのだろう。真珠湾慰霊の旅が。

日本は旧軍人と遺族に軍人恩給と遺族年金を支給してきている。

これを見て、日本から被害を受けたとの思いが強い外国人は、

じゃあ、私達にも何らかの誠意があってもいいんじゃあないか、と言い出すことになるのだ。

要するにだ。

日本人(日本国民)は、自分達の事だけを考えて生きていては、国際社会を生きることは出来ませんよ、ということなのだ。

国際社会は、外国は、御隣りさんなんだから。

御隣への挨拶と気配りは大事でしょう。

近所付き合いが悪く、自分勝手で、他人との付き合い方が片寄って、無神経で自己中心の家であると、

御近所は見ているでしょうね。

相手が自己中心的であるとは、自分が自己中心的であることの鏡でしかないのだ。

はっきり言えば、「自分が悪いんだ」よ。
 

成人式が荒れて…存続も?疑問視されてきつつある? 他の国はあるのか? これって、兵体検査の名残では?

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2017年 1月10日(火)09時52分52秒
  https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%B4%E5%85%B5%E6%A4%9C%E6%9F%BB

女子は晴れ着を着て嬉しがっているようですが、もともと精神年齢が高いので、子供が産める年齢に達したら「成人」と見なしてよいのでは?

男子は戦前では20歳で徴兵検査を受けて、それが成人の年齢として何となく考えられるようになったのではないのか?

戦後に徴兵検査は無くなったが、自治体が祝うという式典になって名残が残ったのでは?

江戸時代は武士においては元服であり、年齢ははるかに低かった筈だ。

成人達は回りが勝手に式典に呼ぶのであるから、「御客様気分」であり、酒も入れば「無礼講気分」ともなり、女子は宿泊先で自分で着物が着れなくなって、着付け師を呼ぶ事態ともなる有り様だ。

元々が、自主的な式典出はないから、考え直して祝日廃止も検討して良いのではないか?

私の体験は学生服を着てのものであって、勤労者の人達はそれなりに楽しそうにしていたが、学生は社会に出ていない事から自分を精神年齢が低いと見なして気後れしていて、顔見知りに挨拶だけしてサッサと帰宅した。
 

泥沼に嵌まり込んで脱け出せなくなった観のある「アベ外交」

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2017年 1月10日(火)00時40分11秒
  http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/1001861/1026314/111135661

植草先生の仰有る通りであり、動けば動くほど深みにめり込んでゆく。

泥田に突っ込んでいってアクセル踏み込んでタイヤを空回りさせ続けて、より深くめり込んでゆく自動車のようだ。

オバマ大統領に呼びつけられて真珠湾慰霊に行ったのか? 又は自分から頼みこんだのか ?

その真実を私は自分自身で掴むことは出来ないが、

とにもかくにも、真珠湾でオバマ大統領から、「和解による平和の達成」のメッセージを貰い受けたのだから、

とにもかくにも、これにしたがって、

帰国直後にイナダに靖国参拝なんかやらせなければ、韓国での新たな慰安婦像設置の動きなんか発生させることは無かっただろう。

要するに、アベ達は真珠湾慰霊も「和解」も自分達の愚行でぶっ壊した訳だ。

泥田でタイヤをブンブンとブン回して、泥に車体を沈めて来た訳だ。

こう考えてくると、真珠湾慰霊の旅は罠だったのか?

とすら疑えてくるのだ。

まあ、これは考えすぎだろう。

アベの軽薄外交が何らの成果を上げず、自分を袋小路に追い込んでいっているのだ。

脱出口は見つかりそうもないな。

考える力を持っていないのだから、お手上げだ。
 

オバマ大統領に呼びつけられていた安倍首相の真珠湾慰霊訪問 (天木氏)…?

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2017年 1月 9日(月)00時15分44秒
  http://天木直人.com/2017/01/08/post-5873/

オバマ大統領に呼びつけられていた安倍首相の真珠湾慰霊訪問

(転載)

 そう思っていたら、発売されたばかりの週刊アエラ(1月16日号)に、ホノルル滞在のフリージャーナリストである津山恵子という記者が、見事にその事を証明する特集記事を書いている。

 真珠湾訪問はオバマ大統領のトランプ包囲網だったと。

 安倍首相はそれにつき合わされたのだと。

 間違いなくこれが真相だろう。

 津山記者はその記事を次のように締めくくっている。

 「・・・オバマ氏が、真珠湾と安倍首相、さらには日米関係を巻き込んで、『平和』と、『和解』を訴えたことは、トランプ氏に侵されない『レガシー(遺産)』作りととらえて間違いない。真珠湾の合同訪問
は、『オバマの世界』のクライマックスでもあり、終幕でもある」と。

(転載以上)


さてさて、天木氏と同様に私も驚きはしました。

が、唐突な真珠湾訪問! しかも、前もって何の予定的な報道も無くて、突然に発表がされました。

その事と、アベに同行したイナダ防衛相が帰国直後に靖国神社に参拝した事が、アベとイナダのオバマへの面従背腹と解釈可能である事。

この二つをもって、アベがオバマから強要された事は考え得る事ではあります。

事の真相は明らかではありませんが、

アベが面従背腹であっても、オバマに従って真珠湾慰霊を行った事は、動かしようはなく、

アベの今後の行動を縛りつけて行くものです。

それにプラスして不気味な出来事として、韓国との間に慰安婦像を巡っての対立が再び激しく巻き起こってきました。

これらの動きは、偶然のものだろうか?

いや、アベ右翼政権を警戒しての国際的包囲網が造られているのではないか? と私は疑っているのです。

アベの動きを封じようとする国際的な動きが存在するのではないか?

しかし、アベは自分を取り巻く国際的動きがトランプ大統領が誕生することにより、自分に不利になりつつあることを自覚していない様子で(本当はどうだか判りませんが)、共謀罪だの日本会議についての本の出版差し止めだのと独裁政権気取りで威張り散らしています。

トランプ大統領就任を待たずして、トランプ氏はメキシコへの自動車工場建設を巡って日本に厳しく要求を語って来ております。

もうすぐに、日本は経済的にも政治的にも苦慮させられることになり、今までの路線の転換を迫られることになるでしょう。

近代日本は司令塔が存在しませんから、右往左往してもたつくでしよう。

自分から路線転換出来ない日本は、追い詰められて仕方なく方向転換してゆくことになるのでは?
 

平成天皇の御時世下を陛下御在位の時を共有して生きて想うこと。陛下は御苦労だけを生きられたのか?

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2017年 1月 2日(月)01時40分46秒
  昭和天皇の時代を生きられた方が語っていた言葉を思い出す。

「陛下(昭和天皇)は御苦労だけを生きられた」

私は戦後の早い時期の生まれであり、昭和天皇の御在位の時期を生きた時間の方が長いのです。

が、しかし、平成天皇には強い思い入れがあります。

それは、昭和天皇の崩御から平成天皇の践祚の時期に、ほぼ天皇の意義を認識し始めたからでもあり、

さらに、それにより平成天皇と共に歩んでいる想いが芽生え、陛下をお慕いさせて頂いて生きて来ているのですが、

それにより、

陛下は、御在所である日本国の国難に心を悩まされただけでなく、この国難が払拭される日の目を見られる事無く、先の事を御心配されつつ、御高齢により、今まで守り切って来られた古き時代からの「天皇の座」を途切れさせる事無く、正常な機能を確保しつつ運行を継続させるために、生前退位により壮年天皇に受け継がせる方法を模索せざるを得ない時にまで至られたのです。

このことが、私の目には痛ましく(天皇御自身の想いはもっと高度でありましょうが)、国民の一人として、誠に申し訳なく、不甲斐ない日本国民の有様を国民の同胞として、陛下に陳謝申し上げたくて堪らない気分で毎日を生きています。

今上天皇が天皇の座に就かれた時、私は、漠然とこう思ったのです。

「今上陛下の御在位の間には、日本も米国の支配を脱して経済的にも政治的にも独り立ちする端緒を掴んで雄々しく歩みだすだろう」

そう、漠然とです。

しかし、結果は裏切られたものだった。私の認識は主観的で甘かった。私の頭で日本を見ていた。日本は私ではなかった。

陛下が天皇の座に就かれた御年齢が高かった(このことが生前退位の動機の一つにもなっているでしょう)事もあり、空しく時は流れて、直前の不動産総量規制から空しく日本経済はバブル崩壊から立ち直る事無く、最悪の空洞右翼アベ政権による対米売国経済政治政策による日本破壊テロリズムが吹き上げる最低最悪の事態を迎えて、

+原発爆発だ。これも常々、周りに原発廃棄を訴えて来ていたが、誰もが怪訝な表情を浮かべるだけだった。

政治的に全く訓練されておらず、戦前には優秀有能な兵隊としてのみ訓練された強兵にして弱民として育て上げられた日本国民は、国を運営する知力と行動力を持たず、

空しく、平成の28年間をバブル崩壊から引きずり、ようやく、米国のトランプ政権の誕生により、若葉の芽生える条件を国際情勢から外部から提供されるに至ったのです。

私の漠然とした想い、平成の御代に日本は立ち上がるだろう、との想いは見事に裏切られ外されたが、

それにより、私の日本社会観と日本社会の由来としての日本歴史観は鍛えられたのです。

指揮官は不在でも世界最優秀の日本兵、将校よりも将軍よりも兵隊が優秀。

でも、兵隊は情勢判断はできない。判断力は幼稚園レベルだ。家畜やペットと変わらない。

これ、日本人の在り方そのものでしょう。

戦後は、経済界のトップが跡継ぎだけで、又は学歴卒業証書だけで学力無しの阿呆達でも、中卒・高卒・三流大卒の現場労働者勤労者が兵隊・下士官として優秀だから、保たれて来たのが日本社会なんだ。

兵隊・下士官には情勢判断が出来ない。

日本に将校や将軍や貴族は居ない。

従って、天皇は孤立し、兵隊や下士官の労働者・勤労者は路頭に迷う。

阿呆の経済政治トッ屁は、無駄飯食って痴呆症を患う。

この事態を招いた日本近代の思想的行動的病巣を摘出できたのは成果ではあったが、

しかし、陛下に対しての、まことに申し訳ない気持ちを消し去る事は不可能だ。

今上陛下の最後の最後のウルトラ大回転である生前御退位により、明治以来の日本近代史における天皇利用の歴史に終止符が打たれることを切に願い、その日の来たんことを、その日を迎える日に接する事を切に願って、今後の毎日を生きんと決意しています。

平成天皇と皇后陛下、ご苦労様でございます。お許しくださいませ。いや、御存分に。

二日には一般参賀に御出ましでしょうが、御口を封じられたとか。

愚かな不忠の逆賊共は、相応の運命を招くことは免れないのが哀れであります。
 

イナダ防衛相の靖国参拝を米国政府も米国マスコミも批判したようだ。やはり、イナダの勇み足とアベの容認であるようだ。二人は信用を落とした。

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2017年 1月 1日(日)02時24分39秒
  http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/international/international/1-0353240.html

二枚舌外交と見られてしまうだろう。

実際に二枚舌外交だ。

真珠湾慰霊の直後に問題ある祀り方をしている靖国神社に参拝しては、これはまずいだろう。

イナダとしては、真珠湾慰霊をしたが真珠湾攻撃は間違いではなかったと暗に言いたいのであろうし、英霊に慰霊の旅の言い訳をしたかったのではないだろうか?

それをやってしまうと、真珠湾慰霊をやった意味が無くなってしまうのだが、この簡単なことがアベとイナダには判らないようだ。

こんなことを直後にやるのならば、始めから真珠湾慰霊なんてやらなければよいのだ。

支持率を上げたいのと、オバマの怒りを解きたいからだろうが、

もがけばもがくほど、ロープが体にからまってくる。

やはり二人は本心では真珠湾慰霊なんかしたくなかったのではないのか?

慰霊を自己保身の政権維持に利用しようとしたことがそもそもの間違いなのであり、不純な動機が後で失敗行動を引き起こすことになるのだろう。

はじめから真珠湾に行かなければ良かっただろうに。

無理をするからいけないんだ。
 

現在の日本の政治権力と経済権力は、「蛸が自分の足を食べる」行いでその場しのぎをしてきているのでは。

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2017年 1月 1日(日)00時53分24秒
  http://www.p-mania.com/diary/diary2/diary2_002.html

「蛸の足食い」については、自滅に繋がる行為と捉える説があるようです。

電通については、社内から自殺者を出したので権力側はかばいきれなくて、

むしろ政権のマイナス運営への国民の不満と批判をかわすために国民が叩くターゲットとして利用してやれとの事になったのでは?

これも一つの苛め構造ではないかな。

私の知るところでは、電通の事件以来、一般の企業でも残業を出来るだけしないように無理な努力をしている事例が出てきているようです。

電通のようにマスコミと世間から叩かれてはたまらないからでしょう。

政権と財界は、仲間内でもどこか大きな失敗をやらかすと、国民の投石の的へと追いやられるので、それを警戒して戦々恐々としているのではないですか?

学校の苛めと同じではないですかねえ。

日本の社会は血流が止まって腐りかけてきていると私は見ているのです。

蛸が自分の足を食っている有り様ですよ。

自滅してゆくでしょうね。自民党とマスコミと官僚機構は。

国民から浮き上がって、萎んだ浮き輪のようになって行くのではないかと考えています。

プスー…と空気が抜けてね。
 

電通がおかしい

 投稿者:風太  投稿日:2016年12月31日(土)01時49分39秒
  電通のブラック企業ぶりは今に始まったことではありません。

今から40年以上も前の1971年には、「電通公害論」  猪野健治著が出ているくらいです。

ところがここにきて急に電通がマスコミ各社の総攻撃を受けている。

ついには社長が辞任に追い込められた。

私はどうにもこの流れが不可思議でならないのです。

あの電通がこんなにもマスコミの総攻撃を受けて社長が辞任に追い込められるなど、本来ありえないことです。

この裏には、マスコミ各社をすでに手中に収めた官邸による最後の仕上げとして、電通がターゲットにされている様な気がしてならない。

新聞各社とテレビの東京キー局をすでに抑えている官邸は、ここで広告代理店の電通を抑え込むことで言論統制が完成するのです。

なにやらこの妙にまともな一連の動きの背後で、とてつもなく大きな動きが起こっているような気がしてなりません。

要警戒です。
 

真珠湾慰霊から帰って直後に、イナダさんはどうして靖国参拝をしたのでしょうかね?理解に苦しむ行いですが、背景にアベの影ありでしょうね、

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2016年12月30日(金)03時19分12秒
  イナダ御姉様、彼女一人の思いでの行いとは私は見ていません。

アベ首相の想いも込めて靖国参拝をしたのでしょう。

早速、中国と韓国は反発のコメントを発しました。

いかに頭が回らない二人でも、両国が反発してくることは想定できたでしょう。

ではなぜ、真珠湾慰霊の後で、波風を立てたのかな?

一つには、真珠湾慰霊訪問により、オバマ大統領に服従したわけではないと表明したかったのではないか?

もう一つには、真珠湾慰霊について、靖国の英霊達に言い訳をするつもりであったのかも?

本当は本気では行きたくなかったが、情勢に追い詰められて行かざるを得なくなった、無念だが、行った。英霊にはこれを御理解を頂きたいと思ったか?

産経新聞のイナダ姉さんへのぶら下がり記事が出ていて、そこでは、真珠湾慰霊をしたのだから靖国参拝も諸外国は理解してくれるであろうとイナダ姉さんは語っているのですが、そうはならなかったよね。

結果、波風を立ててしまった。

イナダ=アベでしょう。

そうでなければ、アベはノーコメントなんて言わない筈だ。

イナダの行為はアベの行為なのでしょう。

オバマに心ならず服従したが、本音は頭を下げたくはなく、真珠湾攻撃は正しいのであり、したがって、靖国の英霊への慰霊も当然の事だ。

まあ、そのように考えていてもおかしくはないのではないか?

しかし、靖国神社の祀り方は、時代に合っていない。

アベとイナダがオバマと共に合意した筈の「和解」の精神から大きく外れている。

何と、いまだにだよ!!

新撰組も上野彰義隊も西南戦争の西郷軍もオオウレッパンドウメイも祀っていないのだ。

駄目だろう!これは。

勿論、諸外国 の戦争被害者も祀っていない。

簡単に言えば、終戦の敗戦で破産が明らかになった明治維新体制そのままの明治維新正義史観で祀りがなされているのだ、

これは、和解ではない。時代錯誤の化石だ。

和解の精神で、敵味方なく総ての日本近代史にからむ内外の総ての戦争参加者と被害者を祀るのであれば、戦犯を合祀しても筋が通るから、諸外国も文句は言ってこない。

例えば、人数の問題は別にしても、南京占領時の中国人被害者も祀り、朝鮮独立運動で倒れた人物達も祀れば、和解となり、日本国憲法の精神に沿うものとなる。そこで戦犯も祀ればよい。チャーチルもルーズベルトもスターリンもヒトラーもムソリーニも祀るべきだ。

戊辰戦争や西南戦争の賊軍扱いを解いて祀るべきなのだ。新撰組も彰義隊も祀らなければならない。

靖国神社の本殿の直ぐ横に小さいが総ての内外の戦争関係者と被害者を祀る社がある。この在り方を本殿で行うべきである。

それが、敗戦で破産が鮮明となり現実となった明治維新体制から離脱して進歩に踏み出した戦後日本における靖国神社が歩むべき道であった筈である。

真珠湾慰霊の後で古くさいカビ臭い靖国参拝なんて、実行者のイナダも裏に潜むアベも…ケチ臭いぜ。喜劇だぜ。
 

真珠湾訪問で献花のアベ。なぜか?当然か?苦しそうな苦い顔つき。

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2016年12月28日(水)02時48分4秒
  何故か女防衛相が御供して…。

それにしても、意外だったアベの表情。

今日、オバマ大統領とアリゾナ記念館に行くそうだが、どんな表情をするのか?

慰霊とは言っても、死者の霊への挨拶なのだから苦しい表情では相手も喜ばないだろう。

苦しそうな表情の訳を考察してみる。

一般的な御葬式への出席のほうに固い沈痛な表情に努めた積りもあるのでは?とも思うのだが

しかし、無理をしていることが表情にでたのではないのか?

誠意が感じられないのだ。

本気で慰霊なんか考えてはいなくて、オバマ大統領への御機嫌取りで本気ではない行動を取ったので、不自然に固くて苦い表情になったのではないのか。
 

アベ政権は、今上天皇が崩御された直後(喪の期間)に憲法を改悪するだろう。不動産総量規制と同じ売国亡国に。それを防ぐ為さん

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2016年12月28日(水)01時22分16秒
  その危険性を感じられて、今上陛下は、戦前御退位を強く希望されておられるのだろう。

御崩御の後では喪に服する期間があって、その間には大嘗祭が行われない。

皇位継承された天皇がおられても、大嘗祭を実行されない天皇には実質的地位が伴わないと考えられる。

この空隙期間は禍を発生させやすい。

不動産総量規制はこの時期に発せられた。

今後の考えられる最大のものは、アベ政権の「憲法改悪実現」だろう。

生前御退位が実現されれば、今上陛下が御存命の間に次の陛下が大嘗祭を実行されて天皇の実質的地位を継承されるので、

実質の天皇の地位が途切れる事はない。

ここにおいては、禍は発生しないだろう。

今上陛下は、昭和天皇の御崩御における御経験から、深く御考慮されたのであろうと考えるのです。

アベ政権の亡国への暴走を抑える為に、今上天皇は生前御退位による天皇の実質的地位の継承を守ろうとされておられるのだろう。
 

漂流するアベ政権。天皇陛下の御希望を黙殺してきて、一方でロシアと米国に右顧左眄。中国と握手する前に座礁か?

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2016年12月27日(火)01時13分31秒
  天皇陛下は、お誕生日に先立つ記者会見において、災害に触れられるときに、真っ先に「東日本大震災」について触れられるのです。この震災からの復興が日本において真っ先に取り組むべき事と訴えておられると考えられます。

しかし、お誕生日の一般参賀においては、参賀に訪れた人々に対し、糸魚川の大火事について触れられただけでした。

他の災害については一般論的に述べられたのかもしれませんが、又は、全く触れられなかったのかもしれません。

肉声で語る時に、御遠慮をなされたのかも知れません。

毎日新聞の大スクープについて天木氏をはじめとして、多くの方々の注目が集まっています。

記事は少し長いものですが、重要なものなので全文を消されないうちに転載しておきたいと思います。

管理人様、御容赦ください。

陛下は生前御退位の御希望について、昨年に既に秩序正しく政権に対し訴えておられたものを、政権は黙殺してきたことが明らかになりました。

天皇の御希望の御言葉は「詔」であり、これに対し黙殺で応えることが、如何なることであるかを、人々は身をもって知ることになるでしょう。

安倍政権は、漂流し、ロシアや米国に右顧左眄し、天皇に対しては、非礼をもって対応するという迷子の流氷のような有様です。

流氷は海水に溶けて無くなってしまいます。

漂流は針路を見失った、羅針盤を失った難破船にも例える事が出来ます。

乗組員や乗客、政権や国民は、飢えて干上がるのです。



http://www.kunaicho.go.jp/page/kaiken/show/7
天皇陛下お誕生日に際し(平成28年)

天皇陛下の記者会見

(一部転載)

東日本大震災が発生してから5年を超えました。3月には,福島県,宮城県の被災地,そして9月には岩手県の被災地を訪問し,復興へ向けた努力の歩みとともに未いまだ困難な状況が残されている実情を見ました。その中で岩手県大槌町では,19年前に滞在した宿に泊まりましたが,当時,はまぎくの花を見ながら歩いたすぐ前の海岸が,地震で海面下に沈んで消えてしまっていることを知り,自然の力の大きさ,怖さをしみじみと思いました。



この5年間,皆が協力して復興の努力を積み重ね,多くの成果がもたらされてきました。しかし同時に,今なお多くの人が困難をしのんでおり,この人々が,1日も早く日常を取り戻せるよう,国民皆が寄り添い,協力していくことが必要と感じます。

(転載以上)


http://mainichi.jp/articles/20161224/ddm/001/040/139000c
憲法と歩む/1(その1) 宮内庁長官 おことば案、昨秋官邸に 昨年末公表見送り

毎日新聞2016年12月24日 東京朝刊

 天皇陛下の退位の意向について、風岡典之・宮内庁長官(当時)が2015年秋、官邸に対して正式に伝えていたことが明らかになった。陛下のおことば原案を文書で示し、同年12月の天皇誕生日に合わせた記者会見での公表を打診したが、官邸との調整がつかず、公表が見送られた。


 原案は公表を前提とした文章形式になっており、象徴としての公務をどのように考えるかが記され、そうした公務は天皇しかできないため公務ができなくなれば退位するという内容。「摂政では対応できない」とする意向も盛り込まれていた。宮内庁は15年4月の参与らの集まる会議でおことば原案を提示しているが、この時は箇条書きで要点を記したものだった。宮内庁はこの時点では官邸に正式には伝えていないという。

 陛下は10年7月に参与会議で「80歳までは天皇を務める」として退位の意向を示された。81歳の誕生日を迎えた14年12月の記者会見では、それまで言及していた「従来通りに公務を続ける」という趣旨の発言がなくなった。宮内庁元幹部は「陛下の高齢が進んで緊急性が高まったため」と説明する。これを受け15年からおことば案の検討に入り、安全保障関連法の成立後の15年秋に官邸に伝えた。

 15年12月の公表が実現しなかった理由について宮内庁側は「宮内庁は12月で何も困らなかった。受け入れ側の態勢だ」として官邸側の事情と説明する。政権が16年夏の衆参同日選を検討していたことが背景にあると見られる。ただ、10年に陛下が意向を示してからしばらく動きがない。退位をめぐる有識者会議の関係者は「宮内庁がきちんと伝えなかった。陛下がSOSを発していたのに政治が受け止めていない」と批判する。

 内閣法制局の関係者は、宮内庁がおことば原案を官邸に正式提示する以前、内閣法制局側に水面下で相談があったと明かす。通常は、宮内庁が官邸に伝えた後に官邸が法制局と協議する。この関係者は「安倍晋三首相の支持層につぶされてしまうことを恐れ、正面から持ち込めなかったのだろう」と指摘する。

 小泉政権時代の女性・女系天皇の議論では、宮内庁と官邸の関係者が非公式に集まり勉強会を開いていたが、今回はなかった。首相を支持する保守派は女性・女系天皇に反対し、退位反対も多い。宮内庁幹部は「小泉(純一郎)さんと安倍さんでは状況が違う」と述べ、安倍政権との関係が背景にあったと示唆した。

   ◇

 天皇は民主主義のなかで、どのように憲法とともに歩んできたのか。その役割を考える。



.
 

漂流するアベ政権。宮内庁長官 おことば案、昨秋官邸に 昨年末公表見送り

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2016年12月27日(火)00時49分25秒
  http://www.kunaicho.go.jp/page/kaiken/show/7
天皇陛下お誕生日に際し(平成28年)
天皇陛下の記者会見

(転載)

東日本大震災が発生してから5年を超えました。3月には,福島県,宮城県の被災地,そして9月には岩手県の被災地を訪問し,復興へ向けた努力の歩みとともに未いまだ困難な状況が残されている実情を見ました。その中で岩手県大槌町では,19年前に滞在した宿に泊まりましたが,当時,はまぎくの花を見ながら歩いたすぐ前の海岸が,地震で海面下に沈んで消えてしまっていることを知り,自然の力の大きさ,怖さをしみじみと思いました。

この5年間,皆が協力して復興の努力を積み重ね,多くの成果がもたらされてきました。しかし同時に,今なお多くの人が困難をしのんでおり,この人々が,1日も早く日常を取り戻せるよう,国民皆が寄り添い,協力していくことが必要と感じます。

(転載以上)

陛下は災害について触れられるとき、真っ先に「東日本大震災」について語られるのです。

これからの復興を真っ先に考えるべきと仰って居られると考えるべきでしょう。

あちらこちらで毎日新聞の大きなスクープについて語られています。

重要な情報なので新聞社のページから消されないうちに、念の為に敢えて転載させていただきます。

管理人様、御容赦のほどを。

http://mainichi.jp/articles/20161224/ddm/001/040/139000c
憲法と歩む/1(その1) 宮内庁長官 おことば案、昨秋官邸に 昨年末公表見送り

毎日新聞2016年12月24日 東京朝刊

 天皇陛下の退位の意向について、風岡典之・宮内庁長官(当時)が2015年秋、官邸に対して正式に伝えていたことが明らかになった。陛下のおことば原案を文書で示し、同年12月の天皇誕生日に合わせた記者会見での公表を打診したが、官邸との調整がつかず、公表が見送られた。


 原案は公表を前提とした文章形式になっており、象徴としての公務をどのように考えるかが記され、そうした公務は天皇しかできないため公務ができなくなれば退位するという内容。「摂政では対応できない」とする意向も盛り込まれていた。宮内庁は15年4月の参与らの集まる会議でおことば原案を提示しているが、この時は箇条書きで要点を記したものだった。宮内庁はこの時点では官邸に正式には伝えていないという。

 陛下は10年7月に参与会議で「80歳までは天皇を務める」として退位の意向を示された。81歳の誕生日を迎えた14年12月の記者会見では、それまで言及していた「従来通りに公務を続ける」という趣旨の発言がなくなった。宮内庁元幹部は「陛下の高齢が進んで緊急性が高まったため」と説明する。これを受け15年からおことば案の検討に入り、安全保障関連法の成立後の15年秋に官邸に伝えた。

 15年12月の公表が実現しなかった理由について宮内庁側は「宮内庁は12月で何も困らなかった。受け入れ側の態勢だ」として官邸側の事情と説明する。政権が16年夏の衆参同日選を検討していたことが背景にあると見られる。ただ、10年に陛下が意向を示してからしばらく動きがない。退位をめぐる有識者会議の関係者は「宮内庁がきちんと伝えなかった。陛下がSOSを発していたのに政治が受け止めていない」と批判する。

 内閣法制局の関係者は、宮内庁がおことば原案を官邸に正式提示する以前、内閣法制局側に水面下で相談があったと明かす。通常は、宮内庁が官邸に伝えた後に官邸が法制局と協議する。この関係者は「安倍晋三首相の支持層につぶされてしまうことを恐れ、正面から持ち込めなかったのだろう」と指摘する。

 小泉政権時代の女性・女系天皇の議論では、宮内庁と官邸の関係者が非公式に集まり勉強会を開いていたが、今回はなかった。首相を支持する保守派は女性・女系天皇に反対し、退位反対も多い。宮内庁幹部は「小泉(純一郎)さんと安倍さんでは状況が違う」と述べ、安倍政権との関係が背景にあったと示唆した。

   ◇

 天皇は民主主義のなかで、どのように憲法とともに歩んできたのか。その役割を考える。


.
 

陛下の発言の機会を奪う安倍政権

 投稿者:風太  投稿日:2016年12月26日(月)18時10分6秒
  報道によれば宮内庁の西村次長は、陛下の新年の感想を取りやめにしたそうです。

これは陛下の意向ではなく、(次長らの発案で)陛下に了承を得たという報道です。


宮内庁では、陛下に生前退位の意向があることを認めた前長官が異例の時期に退任させられ、

後任の長官は陛下の発言をなかったことの様に触れ回っていた次長が就任。

さらには後任次長には、安倍政権とも近いと言われる西村元警視総監という警察官僚が就任するという異例の展開。


今回の新年の感想の取りやめには、安倍政権にとって都合の悪い発言をされては困るという官邸の意向が働いたと思われます。

安倍総理らとの会食を拒んだことへの、安倍総理からの意趣返しかもしれません。

このまま安倍総理とその取り巻きにやらせておくと、日本は再び崩壊への道を進むことはほぼ間違いなさそうです。


発言を封じられた陛下の心情はいかなものか。

私は本当に腹立たしさではらわたが煮えくり返るようです。
 

無差別大量殺人 更に合理化する米

 投稿者:rappp  投稿日:2016年12月25日(日)18時07分13秒
  トランプ氏「核能力を強化」

核は、無差別大量殺人兵器である
よって、トランプが言うのは、もっと無差別に大量の殺人ができるようにしたい、ということ


このような考え方を発信できる、というのは異常状況
日本も同様、安倍自公維新政権で異常状況になっている

私たちは、発せられる言葉の本質を鋭く捉えられなければならないと思う
このような発言は許してはならない!!
 

安倍総理の進める積極平和主義とは死の商人の論理だった

 投稿者:風太  投稿日:2016年12月25日(日)11時59分5秒
  安倍政権下日本は、南スーダンへの武器禁輸決議に棄権しただけに留まらず、核兵器禁止条約の交渉開始決議にも反対しました。

人類史上唯一の被爆国なのに、安倍総理以下政権を主導する者たちにはその意味がまるでわかっていないようです。

安倍総理の進める「積極的平和主義」とは、平和(武器のない社会建設)に対して積極的なのではなく、

軍事による他国への威圧により相手を屈服させるという幻想にもとずいた死の商人の論理に基づくものであることが、この一連の行動で明白になったと思います。

国民はこの積極が付いた似非平和主義に惑わされていますが、もうじきその結果どうなるかがはっきりするでしょう。

今まさに我々は戦争がどうして起こったのかを実地で学ぼうとしています。

しかもそれは現実に起ころうとしていることです。

あの時に止められなかった戦争、そしてまた再び止められないまま日本は焦土への道を歩み始めています。

一人の思慮の無い指導者と、その取り巻きの無責任な連中と、無関心を選択する無知な国民の為に。
?
 

不正社会日本 勇気ある告発 自分自身へのこだわりを大切にすること

 投稿者:風太  投稿日:2016年12月25日(日)03時53分6秒
  http://netgeek.biz/archives/62151
http://hiranokeiko.tokyo/

問題の東京五輪で当初世間の注目を集めたのはエンブレムの盗作問題でした。

そのデザインを描いたのは、多摩美術大学教授の佐野研二郎氏でした。

そしてデザインの盗用が明らかになり、改めて公募が行われ、現在のエンブレムに決まったのです。

しかしその佐野デザインをエンブレムに選んだ経緯はブラックボックスのままでした。

それが先日選考委員の一人で佐野案に最後まで反対し続けていた平野敬子さんの告発で内実が明らかになりました。

やはり佐野案決定は出来レースであり、大きな利害が絡んでいたようです。

この告発で平野さんは、業界だけではなく、電通や博報堂や経産省まで敵に回すことになります。

案の定マスコミはこのことをほぼスルーしています。

そういうわけで一応ここに紹介させていただきました。


東京五輪は総費用が2兆円にまで膨らむ勢いです。

その内側ではこのような不正がまかり通り、予算がバブルの様に膨らんでいることは間違いないことでしょう。

それを糺すのは平野さんの様な個人の仕事へのこだわりです。

真面目に自分自身の仕事をこだわりを持って行っていれば、このような不正にも流されずに踏みとどまれるわけです。

このこだわりを無くせば、社会は自滅していきます。


今の日本政治には仕事へのこだわりではなく、自己の保身のみで政が決まっています。

このまま無責任な政治が安倍晋三総理の下続くようだと日本は崩壊します。

それを食い止めるのは国民一人一人がそれぞれの現場でこだわりを持つことではないかと思います。

そして選挙でもそのこだわりをもって一票の権利を行使すれば、政治の世界でも安倍晋三総理の様な無責任は通用しなくなるでしょう。


大切なのは自身のこだわりを大事にして事なかれ主義を追放することです。

?
 

「オスプレイ」は「無茶プレイン」。自衛隊で使い始めたら、墜落事故連続で自衛隊員の殉職者が何人も出るだろう。

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2016年12月22日(木)22時29分41秒
  このオスプレイと言う機体を見て、私は先の大戦末期に日本が開発した「剣」という名の機体が頭に浮かぶのです。

http://www.military.sakura.ne.jp/ac/ki115.htm
中島 特殊攻撃機「剣」(「藤花」)

http://www.ne.jp/asahi/airplane/museum/nakajima/turugi8.html
キ-115「剣」誕生秘話(8)

私は若いころには航空ファンでした。

それで、当時の情報から得ていたものとして、「剣」は特攻専用機として開発されたものと考えていたのですが、その後の情報の広がりから考え直してみると、どうもそうではなかったようです。

しかし、物資不足の当時の日本が「無理やりに」頭をひねって造り上げた機体であるようです。

「無理やり」。そうなんです。

この「無理やり」とはオスプレイの設計計画にも言える事なのです。

剣には降着装置が無いのです。離陸は出来ますが、着陸は胴体着陸なのです。何と!

オスプレイのようなようなヘリコプターを一般飛行機のように使って兼用させる発想は、何十年も前から存在していた記憶が微かにではありますが、覚えています。

しかし、実用化されてはいなかったのです。

無理だからです。後で少しばかり詳しく書きますが。

しかし、その無理を、敢えて承知して米国はオスプレイを実用化させたのでしょう。

それは、長距離を飛んで攻撃兵士や特殊工作員を世界中に送り込んで戦争をしたいという戦略を米国は立てていたからでしょう。

輸送機でそれはパラシュートを使って出来ないことではないが、兵士や工作員を撤収させるときに輸送機では敵地においてそれは出来ない。

人員だけでなく、兵器やその他の物資を投入したり撤収するためには、ヘリコプターの機能を備えた輸送機があれば好都合だ。

それで、無理な構造のオスプレイを、操縦士と兵士の損失が拡大する事を承知で実用化に踏み切ったのでしょう。

条件は異なるけれども、「剣」の事例に似ています。

トランプ大統領の登場により、米軍の海外展開による世界中での戦火拡大戦略は放棄されてゆくでしょうから、オスプレイはやがて米国で先に廃棄されてゆくのではないでしょうか。

冗談かもしれませんが、日本は独りで使い続けるのかも?

一度扇動されると、それから抜け出せないのが純情可憐の日本人だ。論語読みの論語知らずが日本人だ。原子力使って原子力使いの思想を知らないのが日本人だから。

度し難い阿呆だ。秀才バカボンだ。

そもそも、ヘリコプターの回転翼を水平方向にも使う為に共用しようとするのが無理な間違いなのであって、回転翼の構造が複雑化してコントロール機能を難しくさせるのであり、それにより操縦が難しくなります。

水平飛行を飛行機として行うのであるから、翼が必要になります。

ヘリコプターでは、翼が付いていてもそれは補助的なものです。

ヘリと一般航空機の二つの性能を兼ね備えた機体を得たいのであれば、

オスプレイのように基本的にヘリコプターに一般的航空機の機能を備えさせようとするのではなく、

翼と水平方向向きのエンジン(プロペラ付きの場合もあり)を備えた航空機に、

回転翼(ローター)を装備して、それを使って垂直離陸をして、水平飛行で不要な時はそれを機内に折りたためるようにするのです。

垂直着陸をしたいときには、その回転翼(ローター)を機体から出して着陸に使うのです。

回転翼に使うエンジンは水平飛行をする時には、その為の補助としても使えるようにします。

このように、ヘリと一般航空機の二つの装置を兼ね備えた機体を造って、このような要求には応えるべきであり、ヘリの機能だけで二つを共用させる事は無理なのです。

構造的に難しくなり、操縦技術も大変に難しくなるでしょう。

コンピューターであらゆる操縦条件を記憶して対処法も弾き出して、自動操縦させるまでに機能を整えさせるまでに至れば可能でしょうが、そこまでの技術の完成は難しいでしょう。現在の技術の到達水準では出来ない。

そんな無理なことは必要ないのであって、ヘリに一般航空機の機能共用を要求する事が無理なのです。

どうしても二つの機能を備えたいのならば、二つの機能を一つの機体に兼ね備えさせればよいのです。

無茶をやったのは、米国の無茶な対世界戦火拡大戦略の破滅戦略によるものです。無茶戦略が無茶プレインを産み出したのです。

失敗作に過ぎません。


 

信じられないくらい高額な(裏金示唆の)欠陥兵器オスプレイ

 投稿者:rappp  投稿日:2016年12月22日(木)10時33分12秒
  オスプレイの特質・能力


オスプレイを力学的にみるならば
左右2つの回転翼のバランスが難しそうですね
これが低空飛行すると
大きなものだから、地上の障害物のため、左右で風圧が異なる場合が出てくるでしょう
操作のミスとかではなく、左右のバランスが微妙に異なるだけで事故になるように思います


次は良く研究されている人の評価です
長距離無給油飛行が出来ない
高速飛行が出来ない
搭載能力は脆弱、最大24人
垂直離着陸が出来ない
この人は「致命的欠陥寄せ集め機」と呼んでいます



オスプレイの熊本での活躍?は

転載の転載ですが
http://9123.teacup.com/uekusajiken/bbs

自衛隊は、オスプレイと積載量が同等で容積がより多い、つまりたくさん荷物を積めるCH-47Jという輸送ヘリを70機所有しているが、待機状態のままだという。

「もし、大規模輸送が必要なら、木更津の陸上自衛隊第1ヘリコプター団のCH-47Jを使えばいいのに、そちらに要請の動きもなかった。はっきりいって、昨日の作業なら、CH-47Jで十分対応できる」(前出・防衛省中堅幹部)


http://news.livedoor.com/article/detail/11433948/
オスプレイが運んだのは段ボール200個強だけ! 何度でも言う、オスプレイ投入は安倍政権の震災政治利用だ

そして、以前書いたように
安倍政権は災害支援を、ほとんど何一つやっていない!


オスプレイの被災地支援「効果的」
答弁書を閣議決定

支援?オスプレイは
広い場所に着陸し
段ボールを200個運んだだけ
ここからは陸路で被災場所に段ボールを運んだ

多くの場所は交通は寸断されてはいない?
オスプレイが着陸したのは交通の便が良い場所だったのでしょう
運んだ量は、トラック1台にもならない?



オスプレイの値段

平成27年度予算案では、オスプレイ5機の購入費用として516億円が計上されている。1機当たり約103億円だが、米軍の購入費用は1機当たり50億~60億円だ。日本は倍近い金を払おうとしていることになる。
・・・

ふざけた話ではないか。そもそも、オスプレイは必要なのか。これすら疑わしいからだ。必要もないのに、倍の値段で買うなんて、「用心棒へのみかじめ料か」と言いたくなる。

(日刊ゲンダイ)

1機当たり約103億円 これにはとんでもなく高額?な保守費用は含まれていない
この値段はクラウン1700台分
クラウンは3円/g

オスプレイは15000kgだから
700円/gである

この欠陥兵器はとんでもなく高い
死の商人の裏金の巨大さと、守銭奴達が、そこに群がりたい気持ちも分かるわけで



オスプレイ 飛行再開

日本政府、オスプレイ飛行を容認 点検後に全面再開
沖縄タイムス 12/18(日) 8:45配信

点検するなら欠陥の点検をしろ!

日本の領土で墜落させ
日本人は現場に近づくこともできない
おまけは、住宅地を避けたのだから”感謝しろ”だと!!!
 

米軍施設で半旗掲揚を確認の情報ありとのこと。オスプレイ墜落乗員の死亡が疑われている。それで不自然に飛行訓練を再開させたか?

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2016年12月21日(水)23時34分46秒
  http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/1001861/1026314/110740643

植草先生のこの御指摘情報が出所が掴めないのが残念だ。

私は、この掲示板への先の投稿で乗員の死亡への疑いを書いておいたが、現実に有り得る話である。

機体の損傷が激しい事から操縦士または他の格納室にいた塔乗員の大怪我や死亡が疑われるのです。

パラシュート脱出もあったようだが、成功したかどうかも疑われる。

それに加えて、

記者会見をした米軍司令部の報道担当者の話しぶりが極端な興奮ぶりであり、これを日本人の多くは傲慢姿勢と受け取っていたようだが、これを私は異なった受け止め方をしていた。

すなわち、大事故に至って慌てていて、それを出来る限り隠さなければならず、混乱を招くことを避けようとしてさらに慌てに拍車がかかっているのではないか?と思ったのだった。

報道担当の米軍人は、目つきが興奮してまるで酒乱のような異様性だった。

興奮が押さえ切れなかったのではないか。

この時点で、搭乗員の一人または数名が死亡または死を免れない重症だったのではないか?と私は疑った。

米軍の言い訳では、オスプレイの機体の欠陥ではなく、空中給油の失敗事故とのことだが、

しかし、オスプレイは構造上において飛行時の機体安定を保つことが、飛行条件の難しさにおいては大いに耐えがたいのではないのか?

空中給油を受けるときに飛行の安定を保つことが難しいのではないか、と私は疑うのです。

この機体の構造は、そもそも飛行安定が難しい構造だから落ちやすいのです。

安定性が高い構造であれば、とうの昔に民間航空機の構造に採用されていた筈なのです。

過去に聞いた話ですがB29が本土空襲をしたときに、迎撃した日本軍戦闘機の搭乗員の話として、B29の後ろから機関砲を撃とうとして後ろに付こうとしたが、相手の飛行による空気撹乱が大きすぎて自分の機体が大きく煽られて攻撃が難しかった、とのことでした。

オスプレイのような飛行安定の難しい機体で、空輸母機は大型の輸送機、その後ろでは空気は大きく撹乱する。オスプレイはそれより小さく、プロペラが大きく、撹乱空気でさらに不安定飛行となるのではないか。

戦闘機の空中給油映像を見たが、戦闘機はジェットエンジン推進そのものでプロペラはなくて力も強い。

気象条件が安定していてしかも供給パイプを大変に長くしてオスプレイに送るか、又は、先にオスプレイを飛行させて、後ろに飛行する給油機からパイプにポンプで燃料を強く押して送り込むとかの方法を採らなければ難しいのではないか?

従って、給油訓練の失敗事故とは、オスプレイの無理な機体設計計画による欠陥構造から起きている可能性が高いと私は疑うので
 

「胡麻の油と百姓は絞れば絞るほど出るものなり」アベ幕府の先輩が、江戸時代に居ました。

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2016年12月21日(水)03時03分50秒
  https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E5%B0%BE%E6%98%A5%E5%A4%AE
神尾 春央(かんお はるひで)

(転載)

人物評価[編集]

およそ半世紀後の本多利明の著作「西域物語」によれば、春央は「胡麻の油と百姓は絞れば絞るほど出るものなり」と述べたとされており、この文句は春央の性格を反映するものとして、また江戸時代の百姓の生活苦の形容として広く知られている(ただし、逆に貧農史観のイメージを定着させてしまったともいえる)。

また、当時の勘定組頭・堀江荒四郎芳極(ほりえ あらしろう ただとう)と共に行った畿内・中国筋における年貢増徴の厳しさから、「東から かんの(雁の・神尾)若狭が飛んできて 野をも山をも堀江荒しろ(荒四郎)」という落書も読まれた[2]。

(以上転載)

「ゴマの油と国民は搾れば絞るほど出るものなり」と、アベ政権の財務省・日銀。

あらゆるところから搾り取る。

金で払えなくなったら、命で払わせる。

即ち、自殺や過労死や事故死や困窮老衰で死んでもらって国費負担を軽くさせる。つまりは、これも命による税負担だ。

思うに、やはり日本は江戸徳川幕府の時代からの収奪形態が変わっていないことが解る。

江戸徳川幕府では商業経済活動に課税しなかった違いがあるだけのことだ。

このように搾り取られた経験があるので、アベ重税政権に国民は反抗しないのだ。

恨みながらも収奪を容認してしまう。

アベ幕府官僚はますますズに乗って重税をかける。

「払えるだけ払え、払えなかったら死ね。死んで国費負担軽減の御役にたて!」と言って鞭を振るうのです。

でも、江戸時代に百姓が重税に反発して百姓一揆を起こしても、その騒ぎで幕府政権が揺れるまで行ったことはなかった。

それが今にまで響いている。

徳川幕府が官僚幕府に変わっただけなのが、明治以降から今までの日本のスタイルなのです。

「国民よ、金で払えなくなった時には命で払え」。

それが、彼らの思いあがった国に寄生しての泥棒根性なのです。
 

何故いま、オバマ大統領は大統領選サイバー攻撃にからんでプーチン大統領への批判を語ったか? それは、アベシンゾーの軽さに向けてだったろう。

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2016年12月17日(土)23時20分10秒
  http://mainichi.jp/articles/20161217/k00/00e/030/179000c

米大統領
.
サイバー攻撃、プーチン氏を名指し批判

(転載)

 一方、ロシアとの関係修復を掲げるトランプ氏は、サイバー攻撃を巡るオバマ政権のロシア批判に反論。ツイッターに「もしロシアかどこかがサイバー攻撃していたのなら、なぜホワイトハウスは対応までにこれだけ時間がかかったのか」などと投稿した。オバマ氏は会見で、ロシアの行為に対する同様の懸念をトランプ氏にも持ってほしいとし、この問題は党利党略の争いにすべきではないと指摘した。

(転載以上)

プーチン大統領への米国側のこの手の批判は、今に始まったことではなく、初めてではない。

では何故、今? そして、しかもオバマ大統領の口から出たのか?

それは、アベ・プーチン会談によるものと考えられる。

そして、オバマの攻撃対象は、プーチンではなく、

アベなのだ。

私は、そう考える。

アベは、破廉恥にも、同盟国(日米同盟は日本国憲法よりも上位なんだろう。アベさんよ!)の元首でもない同盟の仮想敵国ともいうべき(私はロシアをそのようには見ていないが)ロシアの元首を、

今まで友達でもなかった相手を、なんと、ファーストネームで呼んだのだ。

勿論、相手のプーチン大統領は、アベをそのように呼ばなかった。

実に、破廉恥だ。

アベが今までオバマ大統領をファーストネームで呼んだことがあるか?

無いだろう。

現職の米国大統領を無視して、トランプ氏に会いにゆき、プーチン大統領にはファーストネームで呼びかける。

オバマ大統領が気分を害さない筈がないだろう。

しかし、アベは日米同盟の間柄の日本の元首だ。

オバマ大統領は直接にはアベを批判できない。直接批判をすれば、眠っている日本国民の目を覚まさせることになる。

それで、アベへの苦言、アベへの警告を、

プーチン批判という形で行ったのだ、と私は見るのです。

転載の最後の部分に注目してほしい。

「ロシアの行為に対する同様の懸念をトランプ氏にも持ってほしいとし、この問題は党利党略の争いにすべきではないと指摘した。」

ロシアの行為、これを、アベ政権の行為 と読み替えてよいだろう。

建前上はオバマの仲間ヒラリーの敵であったトランプに、同様の懸念を持ってほしいと呼びかけるのは不自然だ。

オバマは、トランプに親しい想いを持っているとは考えられるが、トランプが経済利益上で親しいプーチンに懸念を持てと訴えるのは、おかしいだろう。不自然だ。

プーチンのロシアがトランプの米国の仲間と考えれば筋が通るだけの話だ。

敢えて、「懸念」すべき対象を語る時、

それは誰か、何か、と考えると、

それはアベ首相、その政権、ということになる。

「アベ、そして安倍政権の軽さに気を付けろ! 相応に対応してやれ!」と言いたいのだろう。

そして、「アベよ、私と米国は君を不愉快に感じている」と感情をむき出しにしたと考える。

しかし、表面上は、露骨に言うことなく、他に例えて婉曲に、しかし辛辣に言ったと考えられる。

鈍い日本人の国民性では判らないのではないか?

「覚悟しておけ、実行してやるから」と私には聞こえるのである。

国際社会というものにも、例えは悪いが、ヤクザ世界の「渡世の仁義」と同様のものがある。

義理と儀礼と挨拶を欠く者は、存在を許されないのだ。

であるから、敵同士であっても、互いにこれを欠くことはない。

国際社会の世間を知らない孤島の田舎住民を抜け出せない日本の政治と政府は、アベなんかの風に吹き飛ぶ糞紙の千切れ切れっぱしのような痴態野郎をそのまま国際舞台に出演させているのだから、呆れ果てる有様だ。

今後、米国は日本に対して、厳しい姿勢を取ってくるだろう。

アベが日本の仮面なのだから、日本国民は殴られても文句は言えないのだ。

殴られるのが嫌ならその仮面を自分で外せよ! 日本人よ!
 

安倍外交って・・領土問題成果ゼロ、シリア問題で失態

 投稿者:風太  投稿日:2016年12月17日(土)00時38分29秒
  結局安倍総理は、プーチン大統領との会談では領土問題については何も得るものもなく、

ただ欧米が行っている経済制裁を無力化させ、中東のシリア問題でもロシア側に立つことを全世界に発信したように思えてならないのですが。
(ラブロフ外相は「シリア問題とウクライナ東部の情勢をめぐって、両首脳が意見交換をして、両国の立場はほとんどの点で一致している」としている。NHK国際部)

このラブロフ発言は大変な問題発言であり、安倍総理は違うというのならば直ちにしっかりとした否定コメントを出すべきですが。


そしてそれで得たものは、シベリアの天然資源開発にさらに踏み込むということです。

しかもロシア側の報道では、すべてロシア法の下にということになります。

要は安倍総理の背後にいる経済界が、先行して資源開発プロジェクトに投資している現状では、安倍総理はそちらを優先せざるを得なかったという事にもなります。

すでに先行している投資を人質にされて、いまさら席を立つこともできなかったということです。

元々ご本人があれだけ周囲に期待感を抱かせていたことも安倍総理の行動を縛りました。

あとはお得意のマスコミ操作で、どうやって無(成果ゼロ)を有(ここからスタート)にすり替えるかという事だけでしょう。


それにしてもお粗末な安倍外交でしたね。

国民はここまで露骨に安倍政権と霞が関の超低レベルが顕在化したというのに、それでもまだ安倍政権を支持し続けるのでしょうか。

プーチン大統領の前に安倍総理以下日本チームは完全敗北です。
 

もうそろそろ、アベ御輿担ぎを止める時期を考える時が来たのではないの?自民党さん。東條さんだって退陣したんだからさ。

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2016年12月16日(金)00時04分30秒
  東條首相は、マリアナ沖海戦の敗北、サイパン陥落の責任を取って首相の座を降りた。

東條首相は自分で考える力があった。

石原莞爾将軍から東條上等兵と言われた彼だが、それでも考える力はあった。大局的視野が無かっただけのことである。

アベは担がれて勘違いしている。

だから危険なんだ。

彼に運転ハンドルを握らせて放っておくと、自民党バスは崖下転落か塀に激突して訓練墜落オスプレイのようにバラバラ分解になってしまうよ。

どっちにしても、自民党は消え去るとは思うけどね。
 

アベ政権、一月衆院解散を見送り、とのことだが? はて、追い込まれてのことか?騙し嘘つき発言か? どこへ行く?アベ政権。

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2016年12月15日(木)11時31分0秒
  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161215-00000060-san-pol
首相、一月の解散は見送る方針

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161215-00000061-san-pol
首相、早期解散の見送りの狙いは?

共に産経の記事であり、産経らしく生真面目でありながら奥に突っ込めない 書き方がしてある。

さて、どうなんだろう?

元々は、ヒラリーの勝利に乗っかって、従属政権そのものの思惑で現政権をさらに磐石に固めようと考えていたのだろうが、

全く逆の展開になってしまって慌てた。

この例えは島津薩摩の武士道には申し訳なく、アベと島津薩摩と並べては月とスッポンなのだが、

関ヶ原合戦の東軍勝利で西軍にいて取り残されて逃げ道を失った島津勢が敵中に正面突破を図り、大多数が討ち取られながらも薩摩へ逃げ辿り着いた歴史的事件があった。

アベがこのような正面敵中突破の解散総選挙を打てるとは思えないが、何しろ正常な神経ではないから判らない。

戦前回帰の狂信ブリといっても、狂信の対象である天皇が戦前のようなカゴのトリではないのであって、自由に羽ばたこうとされておられるのであり、対応に四苦八苦している有り様だ。

対米従属故の復古ノスタルジーでしかなく、例えれば戦前大日本帝国支配下の朝鮮や満州に似た地位に現在の日本はある。

アベ首相は満州皇帝溥儀のようなものだ。

従って、後ろ楯が崩れれば…一人立ちなんか出来ないのだ。

ミャンマー(ビルマ)のオンサン将軍は後ろ楯の日本軍敗走の後に戻ってきた英軍に従って政治家として生き延びたが、

これは彼がビルマ人民のための愛国者でありつづけたから出来得たことであって、日本裏切りの棄民政権であっては、誰も支持してくれなくて、打ち捨てられる運命を招くだろう。

戦前軍部のように本土決戦を叫ぶ気力なんかも無い、

いまさら何を叫ぶのか?

アベノミクスをか?

もっと、日本を壊せ!と叫ぶのか? もう出来ないだろう。

真珠湾へ行って、実質陳謝謝罪の頭下げをやりながら、その一方で大日本帝国復活を叫ぶことは出来ないだろう。

たとえ純でウブな日本国民はそれを見逃しても、国際秩序は思い違いの異物の排除にかかるだろう。

 

生前御退位について、有識者会議が意見を進歩させる。

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2016年12月15日(木)02時36分27秒
  http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161214/k10010806491000.html
有識者会議 天皇退位容認が大勢 特別法制定が望ましい

(転載)

この中で、メンバーからは天皇の退位について、「明治時代に皇室典範を制定する時に否定したが、未来永ごう否定するという趣旨ではなく、当面の判断として、当時の政治や社会情勢に鑑みて望ましいという判断だったのではないか」などと、退位を容認する意見が相次ぎました。

また、退位後の天皇の地位について、「院政期に権力を振るった上皇は、権力を持つために退位して上皇になったのであり、これを現行憲法下の象徴天皇と結び付けるのは歴史解釈の飛躍だ」などという指摘も出されました。

さらに、退位を認める場合の法整備の在り方について、「時代時代で国民の意識や社会情勢なども変わりうるので、将来にわたって退位の要件を定めることは無理がある」という指摘や、「将来にわたる制度化をした場合、恣意的(しいてき)な退位や強制的な退位が可能となり、象徴天皇と政治の在り方を動揺させることもありうる」という意見が出されました。

そして、会議では天皇の退位を容認する意見が大勢となったほか、法整備の在り方についても、皇室典範の改正によって恒久的な制度を設けるのは困難だとして、政府内で有力視されている特別法の制定が望ましいという認識でおおむね一致しました。

(以上転載)

これを読む限りでは、大きな進歩が見られる。

明治国家の於いての皇室典範制定の歴史的限界の指摘。それからの離脱も考えるべきこと。今上陛下が上皇を目指されてはいないことを認識した事。

これだけでも、大きな進歩なのです。

しかし、現行の皇室典範と憲法の整合性について、どのように辻褄を合わせるのであろうか?言い換えればクリアするのか?

以下の関係になっているかだ。

http://www.jicl.jp/kenpou_all/kenpou.html 日本国憲法

第二条 皇位は、世襲のものであつて、国会の議決した皇室典範の定めるところにより、これを継承する。

http://www.houko.com/00/01/S22/003.HTM 皇室典範

第4条 天皇が崩じたときは、皇嗣が、直ちに即位する。


皇室典範の中に「特例」を設ける他にあるまい。

どのように理屈を捻り出すのか?

しかし、もしもアベ政権が来年一月に解散して二月に総選挙を計画しているならば、

アベ政権延命の為の総選挙実施の為に、年末の真珠湾慰霊訪問をして国民の好感を得ようとし、生前御退位の御希望に沿うように努める仕草を演ずることにより、これまた国民の好感を得る為に使おうとするかもしれない。

しかし、もしもそうであっても、アベ政権は行く道を定められて行くことになるだろう。

どのような理由があるにせよ、生前御退位を出来る限り早く実現し、陛下の御希望に沿わなければならない。

そして、天皇の地位が実質的に途切れる事が無いように、

今上陛下が天皇の地位に就いておられる間に皇太子殿下が大嘗祭を行われて、それでもって天皇の地位の交替、譲位が実現するという形が望ましい。

そうでないと、天皇の御力の空白の時期が生じて、よろしくないと考えられるのです。

昭和天皇においても大正天皇においても明治天皇においても、御即位時のこの空白時期が存在しています。

このうち、明治天皇において、それが最も長かったのです。

これについて、別の機会に論じますが、それは先に投稿したものの続編として提出いたします。

今上天皇については、この即位時期においての空白期間に、戦後日本経済破壊の決定打としての「不動産総量規制」が日銀により撃たれているのです。
 

年末に大事件連発、オスプレイ墜落次いで不時着、公明が自民に距離、アレッポ解放、露大統領訪日、天皇陛下生前退位に御一歩を。

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2016年12月15日(木)00時44分9秒
  http://www.yomiuri.co.jp/national/20161214-OYT1T50109.html?from=ytop_top
オスプレイ、沖縄での飛行当面停止…原因究明へ

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2016/12/post-94cd.html
オスプレイ墜落を「不時着」と伝える大本営NHK

http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20161214/5266471.html
都議会公明「自民連携見直す」

http://parstoday.com/ja/news/middle_east-i22729
最近解放されたシリア・アレッポは、シリア軍により完全に管轄

http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20161214/5251631.html
ロシア大統領来日で警戒を強化 連発

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161214/k10010806491000.html
有識者会議 天皇退位容認が大勢 特別法制定が望ましい


これ程までに重要事件が立て続けになることは珍しい。

オスプレイの墜落は、米兵の二名負傷は事実だろうか?

機体が完全大破であり分解してしまっている。

死亡者が出ていても不思議ではない壊れようではないか?

即死でなくても、その後の死亡は考えられるのではないか?

米軍の広報担当者のコメントが、「住宅住民への被害を避けたのだから感謝されるべきだ」との趣旨での強張ったものであったことから、私は考えてみたのだが、

空中給油との訓練中とのことだが、いずれにせよ訓練失敗で墜落に向かいつつあるものを、搭乗している米兵はパラシュート脱出を図り、操縦手達は機体を陸地に落としてしまっては県民の猛反発を発生させるので懸命に海上に不時着させようとしたが上手くゆかず、墜落大破とさせてしまったのではないか?

恐らく重症以上の症状、もしかして死亡ではないのか?

この操縦手達の努力を沖縄米軍の指導部は、「大いに気を使ったんだ(こんなに気を使って大変だったんだ)」と言いたいのではなかろうか。

元々がが無理な設計のオスプレイは、長大な航続距離の飛行能力を備えており、空中給油を使って、米国本土からでも世界の各地へ兵士や工作員を送り込めるのであって、沖縄や日本での基地は必要としなくてもよい。

尤も、途中で相手国の迎撃システムに見つかれば簡単に撃墜されてしまう。

しかし、攻撃行動においては海空の総合兵力をもって行うから、その上で効果を発揮するから、その時にはヘリコプターよりも航続距離が長いので使いやすいだろう。安全性は劣るのだが。

であるから、この機体は、そもそも米軍の展開が海外基地を縮小させてゆくことを目指して開発されたものであろうと考えられる。ヘリより速度が速いことも燃費節約に効果を生む為と考えられる。

この機体自体は、ミサイルや戦闘機には全く無防備であるから、護衛無しの軍事行動には使えない。

作戦目的地に近い基地を米軍が展開させている限り(沖縄やフィリピンその他)ではヘリコプターで十分であり、敢えてオスプレイを登場させたのは、米軍基地の海外展開を縮小させてゆく計画に沿わせるためのものではないのか。

とすれば、今回の墜落と直後の不時着は、沖縄からの撤退を考える上では、米国側にとっても好都合な事件ではないのか?

日本がオスプレイを購入する必要性は全くないだろう。

北朝鮮や中国の奥地軍事基地とか核施設に攻撃兵士を送り込んで破壊する計画なんか日本は立てないであろうし、現実的に不可能だ。途中で撃墜されてしまうし、その後に大戦争を発生させるからだ。

アベのお好きな海外派兵(実に妄想的でくだらん大国主義によるものと考えられるが)にも必要ではない。輸送機で十分だからだ。
 

韓国で起きている事と日本

 投稿者:風太  投稿日:2016年12月10日(土)08時07分39秒
  今の韓国は一般市民が体制を倒そうとしている市民運動の最高に盛り上がった状態になっている。

その対象は朴大統領のみにとどまらず、その背後にいるアメリカの傀儡と化した財閥にまで及ぶ。


前政権が結んだ米韓FTAなどにより、韓国の経済は格差が広がり若者の未来はすでに失われている。

ゆえに今回の市民運動は若者が主導し、それを他の世代が後押しする構図。

この動きはまさに市民革命が起きている状態。


この無血革命とでもいえる運動で財閥体制を打ち壊せれば、韓国は市民国家として生まれ変われる。

この流れは欧米で起きているハングローバリズムの政治変革の流れの一環だが、韓国のそれはさらに市民革命に発展しつつある。

問題はこの先韓国民はどのような体制を構築していくか。


韓国民が民主国家を建設するためには、市民の為のしっかりとした行政組織を作り、それを主権者国民がコントロールできる体制つくりが急務。

次期大統領にはそれを理解した良識のある賢明な人物が求められる。


日本では各メディアが朴大統領のお粗末ぶりを盛んに報じて、暗に日本の優位を喧伝しているようにみえる。

しかし私にはいまだに市民革命どころか現体制の問題点にすら気が付かないわが国の方がよほど問題と映る。

その原因には、韓国と異なり日本の場合は統治機構の背後に非公式の部分が存在しているところがある。

この非公式の部分が実質日本をコントロールし続けている。

したがって目に見える政治を幾ら変えようとしても、一向に変わらないために国民はあきらめてしまう。

このあきらめこそがこの国の最大の問題点。

韓国の場合は問題がはっきりと見えているゆえにストレートに国民の意思が行動に移れる。


日本は韓国など比較にならないぐらい深刻だと思う。
 

政治への危惧 大隅良典さん

 投稿者:rappp  投稿日:2016年12月 9日(金)10時26分52秒
  ノーベル医学生理学賞を受賞する大隅良典・東京工業大栄誉教授(71)

政治が感情に流されている
と警告しておられます

・現政治への批判
・そんな政治に流されて行く民衆への警告

そんな内容だったと思います

彼は、少ない研究費を嘆き
ノーベル賞のいくらか?を研究費として拠出したいと言っておられた
基礎研究の大切さも力説しています

IPS細胞の山中教授も
研究費の少なさに難儀しています

対GDPで義務教育費の占める割合は
日本は、統計の取れる国で最下位である

この裏では
軍事!予算5年増額 5兆円越えに
原発、危険を誤魔化し推進
カジノ計画実行へ
・・・


私腹を肥やすことのみにまい進する
亡国・売国の安倍自公維新政権
 

アベの真珠湾「奇襲慰霊」を文化論的に論じる。

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2016年12月 8日(木)01時58分33秒
  http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50367
トランプとプーチンにナメられて…安倍官邸「大パニック」実況中継
外務省と経産省が「責任のなすり合い」

(転載)

天国から地獄へ??ほんの数日前に「トランプに会った唯一の首脳」ともてはやされた安倍首相の外交戦略が、一瞬にして頓挫した。そのとき、首相官邸で起きていたことは。内実をレポートする。

(転載以上)

ヘドロ政権アベ首相の突然の「真珠湾慰霊訪問発表」については、多くの論説が出ています。

先に投稿した天木氏の見解も大変に優れていますが、彼は独特の節回しでお高いところから天木節を唸っていますが、彼は元々が外務官僚なので、アベの訪真珠湾の情報をどこかから得ることが出来ていたのでしょう。まあ、100パーセントの情報をです。

この訪問の計画を思い付き的に日本側のアベ達だけで発したものであるのか? 又は米国側のある勢力から導きがあったのか否か、それは判別できませんが…。

「慰霊」と言っても、それは「謝罪」の意味が含まれてしまうでしょう。

それに加えてアベは「戦争の惨禍を繰り返さない」との意味の発表をしたのですから、河野談話や村山富市発言と表面的とはいえ同一となったのです。

この発言は、今後のアベを規定し縛りつけて行くでしょう。

ちなみにオバマ大統領のヒロシマ訪問においての慰霊は、これはやはり「謝罪」を含んでいると理解されるべきものなのです。

アベの真珠湾訪問は、先々、アベではなくても日本の首相による南京と重慶への慰霊訪問に至ると考えられます。

私の目には、アベが手足を縄で縛られた姿に映るのです。

であれば、オバマの核廃絶に従わなければならなくなるのは必然であり、「日本核武装・その為の原発再稼働路線」の放棄をやがて迫られるでしょう。

意識的にか無意識的にか、アベは軍国路線と大日本帝国復活路線を骨抜きに放棄させられてゆくと私は観測しています。

先に投稿したように、もともとアベや官僚勢力や財界や日本国民一般には、思想なんてものが無いのであって、日本ではごく少数の筋を通す人達が思想的に考えて、悪い時代を除いての良い時代・平和安定の時代を造り上げて来たのですから、亡者的欲望に任せて生きる輩が国を率いている現在では、思想は無いのだから、アベは簡単に自分の路線とは真逆の行動に踏み込んで行けるのです。

TPPについて突っ走り、東京オリンピックに突っ走り、その前に原発堅持(再稼働)に突っ走り、

振り向いたり、一旦停止しての検討とか疑問反省とかが全くできない国民性、これは政権だけの問題ではない国民性についての文化的解剖報告を、ここで少し提示致しておきます。

私は、日本の精神風土について「ガラパゴス的有様」と今までも度々語って来ております。

ガラパゴスの独特な有様を見て下さい。

https://retrip.jp/articles/3992/
ダーヴィンも納得!独自の進化を遂げた動物たちで溢れる諸島、ガラパゴス

日本を訪れた外国人達の中で感受性の強い観察眼の強い人達の中で「日本は世界中のどことも違う」と発言する人達がかなりいるのです。

それだけ、日本の精神風土は独特なのでしょう。

私自身が、日本にいて違和感を抱くのですから、彼らはそうなんでしょうね。

ガラパゴスののどかな警戒心の薄い動物たちの有様、ユーモラスな、恍けたような、極楽的な有様は、アベだけでなく、日本の多くの国民の姿でしょうね。

ここで、恐るべき近未来の日本の路線転換が予測されるのです。

日本の精神風土では、予防的な路線転換は期待できない。

突っ走って、強固な壁に激突して、壊れて、それからはじめて新しいことを積み上げて再建が始まる。

米国のように、ロシアや中国のように自身で反省して国民が路線転換出来ないのです。

思想しないから、出来ないから。

古代や徳川幕府の時代のように、思想する有徳のリーダー達による指導支配に任せることが許されていた時代では問題は無かったのですが、明治維新以後では、無思想無徳の餓鬼達による無節操無政府の時代ですから、思想無しで狂人運転の暴走列車ですから、停止出来ないのです。

それで、国際的には、この厄介な日本という暴走列車を、何とか国際協調で誘導しようということになる。

この意味では、アベの真珠湾奇襲慰問は導きがあったことは考え得るのですが、実際あったかどうかは判りません。

先の三点であるところの、TPP、オリンピック、原発、これらは総て日本が独自で発想したものではありません。

独自発想のものではないから、いつまでも熱心に信心して取りつかれて手放せないのです。

外から来たものだから、取りつかれると背景の意味が判らないから、脱出出来ないのです。

そしていつまでもすがってしまうのです。

戦前の軍事頼りの軍国路線も同じです。欧米帝国主義の猿真似ですよ。

TPP、オリンピック、原発も背景知らずの猿的真似姿だ。

三つとも発生の背景があります。

ノーベル賞だって死の商人と批判されたユダヤ人ノーベルの贖罪?的思惑があったでしょうが、あくまでも全国際的な権威とは言いがたいものをガラパゴス的地方田舎日本島民は、有り難がってしまうのです。アホらしい姿です。

仏教だってインドではそれまでの宗教の背景があったのです。その後では終わって代られているものをいつまでも日本では内容を変えてしまって維持している。

儒教だって、本場中国では、人民の思想では道教と易経が精神のバックボーンでこの二つあっての儒教をいつまでも有り難がって、今でも教育において教師を聖職扱いだ。教師なんか職業の一つでしかないのに。

ユダヤ教だって、キリスト教を発生させて、イスラムを発生させた。これは発展と見做せることなのです。

日本には精神的発展とか成長が無い。

だからいつまでも天皇にすら目が向けられず、天皇利用の行動くらいしか思いつかない。

だから、激突崩壊と国際的誘導ではじめて再出発出来る。

やりきれないだらしなさだ。魯迅の嘆きとは異なった呻きを発するのを止められない。
 

/169