新着順:54/8635 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

日本の政権は利権集団に乗っ取られた「利権幕府」にすぎない。

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2017年 4月 2日(日)02時35分48秒
  通報
  明治維新幕府と言えます。

明治維新体制は官僚をようせいしました。

これは、中国歴代王朝の科挙制度のようなもので、宦官的官僚が国政の実務を担い、身動きとれない硬直体制を形つくりました。

この体制に取り入って、これを利用して財と地位を得た者が利権集団を形成しました。

明治維新は裏切られた革命に反抗した革命志向実働部隊であった所謂不平士族の反乱が最終的な姿としての西南戦争で終わって、

硬直明治維新幕府体制となりました。

この経過の中で登場したのが、対西南戦争としての軍人直喩軍人勅諭であり、明治憲法であり教育勅語であるのです。

現在に至るまでの明治幕府利権集団にとっては、自分達の利権を保障してくれていて、国民の人権を押さえつけて、天皇の自由を拘束していた明治憲法と教育勅語と軍人勅諭が福音書であり、聖書であるのです。

ですから、これにすがり付きたい。

でも、これは失敗の繰り返しに過ぎないのですが、判らないのです。

考えないから判らない。迷惑な連中です。困った人達です。

交通妨害者ですから退いて貰うしかないのです。
 

新着順:54/8635 《前のページ | 次のページ》
/8635