新着順:167/8754 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

貧困と階層の固定化を阻止するためには

 投稿者:風太  投稿日:2017年 4月 4日(火)02時28分14秒
  通報
  生活保護世帯の大学進学支援策を検討 超党派議員連盟
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170403/k10010934801000.html


>大学などへ進学した人は、生活保護の対象から外れて世帯への給付額が減額される今の制度の見直しや、

>進学後の生活費や学費を支援する奨学金の拡充などを検討することにしています。


この部分が重要です。

これはつまり、生活保護世帯の子どもは、高校を卒業すると働かなくてはならず、専門学校や大学に行く事が制度上認められていないということです。

もし反して進学をしようとしたら、家庭を出て自立して進学をしないとならないという困難が待ち構えているという事です。

これではたとえ向学の志の高い子供であっても、たまたま生まれた家庭が貧しいという理由だけで進学の道を妨げられることになります。

ゆえに日本では生活保護を受給している世帯の子どもの大学や専修学校への進学率は、全体の進学率(73%)の半分以下にとどまっているわけです。

たとえどこかの国の首相のようなぼんくらでも、とりあえず大学に進学できるのに、貧しいというだけでハードルが高くなる。

人が資源の日本でこんな現実があるのです。

貧困の連鎖を、実は制度上も後押ししているという事になります。
?
 

新着順:167/8754 《前のページ | 次のページ》
/8754