新着順:65/8659 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

米国トランプ政権、軍産の逆襲で無茶な戦争に踏み込むのか? シリアに毒ガス使用の濡れ衣。北朝鮮に殴りかかりそう?

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2017年 4月 6日(木)23時28分5秒
  通報
  シリアのアサド政権が、自分に不利になる毒ガス兵器を使用するなんて有り得ないことは、子供でも判る。

韓国で大統領選挙を控えているのに、第二次朝鮮戦争に突入したら、ぶち壊しだ。

米国の気に入る韓国大統領の誕生に傾注するのが筋だろう。

シリアでISIS等の軍産傭兵勢力が壊滅寸前の有り様だが、これに救出の手を差しのべるのか?

先にロンドンとサンクト・ペテルブルグで大きなテロ事件が起こされたが、これらは軍産の逆襲ではないだろうか?

朝鮮半島で緊張が高まれば、軍産の手先であるアベ政権の救出には役立つであろうし、韓国で対北融和大統領が誕生することを阻む事はできる。

シリアでの軍産傭兵の救出の為にシリア政府軍とクルド軍事勢力とヒズボラとロシア軍協力部隊の進撃をくい止めたい思惑ではないのか。

しかし、これらは情勢転回を実現させるには既に難しいのではないか。

大々的に軍事力を動かせる状況を既に失っているのではないか。
 

新着順:65/8659 《前のページ | 次のページ》
/8659