新着順:145/8753 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

トランプ政権に追従する安倍総理はユナイテッド航空の暴挙をどうみるのだろうか

 投稿者:風太  投稿日:2017年 4月12日(水)06時35分26秒
  通報
  日本政府がその意向を最も気にするアメリカで、ユナイテッド航空がとんでもない暴挙を行いましたね。

それが自社の従業員を運ぶために、旅客機の乗客から4人のアジア人を選んで排除したという事です。

その際アジア系の搭乗客で、翌日に患者への医療を抱えている医師を名乗る人物が降機を拒否すると、空港警備員を呼び暴行を加えて強制的に降ろしたそうです。

おかげでその乗客は口から血を流してボロボロにされていました。

ランダムに選んだ降機客と言いますが、選ばれた4人はすべてアジア系で、白人は一人もいませんでした。

この暴挙は大きな報道になっています。

そしてこれが民主主義を標榜するアメリカの本当の姿でもあるのです。

日本人、特に霞が関のキャリアや自民党の政治家たちは、自分たちは別待遇だからこの現実がわからないのでしょう。


私の知り合いでかつてアメリカに留学したことのある方がこう話していました。

「アメリカは素晴らしい国だが、同時に最悪の部分も併せ持っている。

自分は資金があったのでアメリカ留学時にさほど惨めな思いはしていない。

しかし多くの留学生、特に資金の乏しい人たちは、アメリカでは深刻な人種差別に直面したはずだと。

但し日本から来た霞が関の官僚らは別だ。

彼らはそういう醜い面は極力遭遇しないようにされ、常にお客様待遇でもてなされていたと。」

そうしてアメリカのイズムを植え付けられた官僚らが、のちにアメリカ様様という働きをするのです。


安倍総理も彼を支える官僚たちも、おそらくユナイテッド航空に搭乗しても、今回の様な目には遭わないでしょう。

しかし我々は常に遭わされる危険があるという事です。

そんなお客様待遇の安倍総理や霞が関が進める対米追従政策は、我々にとって災いを招くことにつながります。

日米原子力協定の下、米WHを押し付けられた東芝が実質上破たん状態になったのが象徴的です。

そして北朝鮮への米軍攻撃では、日本や韓国は深刻な被害を受けることになります。

世間ではフィギアスケートの真央ちゃんの引退報道で大騒ぎですが、それどころではないのです。
(この騒ぎ、財務省の情報隠蔽がバレたことにぶつけてきましたね)


 

新着順:145/8753 《前のページ | 次のページ》
/8753