新着順:210/8903 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

原子力機構の事故の論調 気になること

 投稿者:rappp  投稿日:2017年 6月 8日(木)08時00分25秒
  通報
  朝日記事の見出し

作業員4人 内部被曝
肺から最大2.2万ベクレル 国内最悪

ずさん管理 重い被曝
ビニール破裂「想定外」

対外排出へ治療
「長期の健康観察必要」

「もんじゅ廃炉任せられぬ」
「気の緩みある」
原子力機構 渦巻く不信

これらの見出しでは
プルトニウムという文字が一度も出てこない!
プルトニウムを吸引して、今後肺がガン化していくことが心配なのだ
”対外排出へ治療” 何を排出するのかすら書かない
どこまでできるのかが問題、有効な排出法はないように思う?

ずさん管理
「想定外」
「気の緩みある」
という文字が並ぶ
きっちり管理されてないことが問題と主張している
そういう問題はあるだろうけれど
そもそも、きっちりした管理ができないプルトニウムだから
こんな事故が起きるのではないか?
記事には、その視点がない!

もう一点
政権の問題となる言動が噴出している
この事故もその一つだが、政権の責任という視点がない
逆に、問題となる言動の乱発で
問題点を希薄化する手法が使われている気がする
法案を大量に提出し、審議なく強行採決する手法と同じ臭いがする
 

新着順:210/8903 《前のページ | 次のページ》
/8903