新着順:35/8746 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

「艦首」ではなく、「艦橋」が正しいのです。米駆逐艦の衝突事故について、うっかりして表現を間違いました。

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2017年 6月18日(日)09時35分33秒
  通報
  船首の横側部分を破損したのは、コンテナー船の方でした。

米駆逐艦は航海や戦闘指揮の中枢部分であるところが大きく破損しているのであって、この部分は艦橋と言います。

事情はよく判っていましたが、艦の頭脳としての首の部分なので、艦首を使ってしまいました。

艦首とは軍艦においての船首の意味であるのです。

衝突事故としては、珍しい事例であり、艦橋が破損に至る事はまことに珍しい。

かつて日本海軍と米海軍が海戦を行った時に、日本軍の砲弾が米艦の艦橋に当たり、艦長以下多くの米軍乗組員が戦死した事がありました。

今回は互いの大きさにかなりの差があり、それにより珍しい破損となったようです。

船は、走行において船首部分で波を切ってゆく必要があり、高くして前に張り出して造ってあるのです。車とか飛行機とかにおいては、この必要はありません。

この部分が不運にも艦橋にぶつかってしまったのです。

被害を受けた米軍人達には誠に気の毒な思いです。

でも、実態を隠してはいるでしょう。

細かいコダワリと受け止められるかもしれませんが、軍事や兵器に全くの知識や関心が薄い読者も居られますでしょうから、詳しく陳謝致しておきます。
 

新着順:35/8746 《前のページ | 次のページ》
/8746