植草事件の真相掲示板

植草一秀さんを応援する人たちの掲示板です

ここは植草さんを勝手に応援する副管理人が設置しました。
植草さんを信じ、植草事件に疑念を持つひとの意見の場です。
応援は大歓迎ですが、植草さんに直接回答を求めたり要望するための場所ではありません。

-投稿の最低条件-
?植草さんの著書「知られざる真実ー勾留地にてー」を読み、理解していること
?植草さんにご迷惑をおかけしないこと
?実名投稿歓迎、固定ハンドル要、捨てハン、複数ハンドル出入り禁止。
?転載掲示板ではありません。他webからの文章紹介はリンクを貼ってください。
   転載する場合は200字程度までとし、それ以上は不採用。
?植草さんに関係ないと思われる投稿は掲載しないことがあります。



★植草一秀さんのブログ阿修羅ビデオニュース・ドットコムNPJ
東京朝日読売毎日産経日経検索デスクウィキペディア
神州の泉雑談日記「日本の天命・日本人の使命」

植草事件の真相ホームページジャンプ





[14389] どうも政界やマスコミの動きが怪しい。共謀罪成立だけやらせてアベ珍ゾ~は使い捨てか?

投稿者: 青トマト  投稿日:2017年 6月19日(月)19時15分39秒   通報

http://biz-journal.jp/2017/06/post_19468.html
麻生太郎、次期首相か…自民党内で安倍首相「終焉」の動き加速

こんな記事がマスコミから出て来て、テレビでもアベ政権批判傾向のものをやっているとの事。

何故、共謀罪成立を焦ったのか?

その背景が読み切れないのです。

アベに汚い仕事を全部やらせて、後はまたまた自民党の売国国富移転勢力が担当する思惑とか?

それとも、やらせたい汚い仕事は殆どをアベと菅のコンビにやらせたから、彼らを国民の怒りの捌け口にして、自民党の天下を継続させて行きたいとか?

とにかくアベは日本会議風で古すぎるからもう使い物にならないから降りてもらう。そして、米中主導のアジア政治経済秩序に従属して乗っかるといった例えると吉田茂対米従属路線もどきを選択するとか?

麻生はもう歳だからドンとして振る舞ってこの路線を敷くとか?

こうなると共謀罪を将来において廃棄させることも難しくなるか?

何れにせよ、日本の政局は操られているわけであり、

問題は、その「糸」の思惑なのだ。

それを探る補助線として、第二次大戦の連合国包囲網がいまだ生きていると考えるとよいのではないか。

これは、あくまで考えるための補助線です。

米国・ロシア・中国・韓国・北朝鮮・台湾・豪州・ニュージーランド。

これらは、夫々が体制が変わったりしたものがありますが、

大戦での日本に対する戦勝国であるわけです。

加えて豪州とニュージーランドへの影響力を英国は失っていないと考えられます。

ドイツとイタリアは日本と同様の敗戦国ではありますが、欧州の事情はかなり日本の周りとは異なるのです。

フランスをはじめベルギーをはじめとして欧州諸国は近隣との協力関係を志向してきており、それによりドイツは近隣と肩を並べて歩んできている訳であり、ドイツの国富がEUの運営に役立っている訳です。

ところが日本は米国占領を実質的に無自覚に継続しました。

そのせいでアジア経済圏を中国や朝鮮半島と肩を並べて建設できず、国富を米国に移転させ続けてきている訳です。

中国やロシアや朝鮮半島の彼らの目には日本がどのように映るでしょうか?

「頼りないから宛にできないから対等には相手に出来ない」と思うでしょうね、彼らは。

そうであれば、彼らは、

「日本の事は、米国に任せよう。そして豪州やニュージーランドやその後ろにいる英国に任せよう」と考えるでしょうね。

日本を抱き込もうとすれば、余計なトラブルを引き起こしかねないからです。

となりますと、

仮にアベ列車が息切れで運行不能になった場合、今までの宗主従属政治担当勢力は、旧連合国によるアジア政治経済運営路線に黙って大人しく従ってゆく路線を歩むと考えられるのです。

まあ、これが相変わらずのぬるま湯的低迷政治経済を招くか、または、少しは這い上がることになるかは判りませんが。

しかし、私たちは近代日本の失敗を否定する立場だから、この明治近代化失敗路線の低迷的継続には見切りをつけて、

失敗を反省して、正しい開国路線を打ち建てる事を目指さなければなりません。

それは、やはり近隣との友好路線を目指す事でしょう。

日本経済は既に資源に頼らない経済体制なのですから、覇権を目指す必要はありません。

これ以上、どこの国が日本を侵略して従わせようとするのでしょうかね?

それは出来ませんねえ。

互いの力の均衡地点に日本と沖縄は存在していますから、それは出来ませんねえ。

今後、米国が軍事的経済的影響力を日本とアジアから後退させてゆけば、日本は米国に頼る姿勢から成長して旧連合国群と協調してアジア政治経済秩序の運営に参加する「大人の政治力」を発揮することを目指して、日々勉強に努めるべきでしょうね。