植草事件の真相掲示板

植草一秀さんを応援する人たちの掲示板です

ここは植草さんを勝手に応援する副管理人が設置しました。
植草さんを信じ、植草事件に疑念を持つひとの意見の場です。
応援は大歓迎ですが、植草さんに直接回答を求めたり要望するための場所ではありません。

-投稿の最低条件-
?植草さんの著書「知られざる真実ー勾留地にてー」を読み、理解していること
?植草さんにご迷惑をおかけしないこと
?実名投稿歓迎、固定ハンドル要、捨てハン、複数ハンドル出入り禁止。
?転載掲示板ではありません。他webからの文章紹介はリンクを貼ってください。
   転載する場合は200字程度までとし、それ以上は不採用。
?植草さんに関係ないと思われる投稿は掲載しないことがあります。



★植草一秀さんのブログ阿修羅ビデオニュース・ドットコムNPJ
東京朝日読売毎日産経日経検索デスクウィキペディア
神州の泉雑談日記「日本の天命・日本人の使命」

植草事件の真相ホームページジャンプ





[14653] 山尾議員は不倫していないだろう。私の推測通りだ。「民進党不倫幹事長」との攻撃目論見を外されたアベ政権。

投稿者: 青トマト  投稿日:2017年 9月 8日(金)23時58分26秒   通報

先ずは、山尾さんの記者会見全文を掲載します。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170907-00000105-mai-pol
<民進党>離党届提出の山尾氏、読み上げた文書全文
9/7(木) 21:15配信

 離党届を提出した民進党の山尾志桜里元政調会長(43)が読み上げた文書全文は以下の通り。

 本日発売の週刊誌報道に端を発し、国民の皆様、愛知7区地元有権者の皆様、ともに闘ってきた同士でもある子育てに奮闘するお母さんをはじめ応援いただいてきた皆様、同僚議員、自治体議員、民進党の党員・サポーターの皆様に、大変なご迷惑をおかけする事態になってしまいました。

 本当に申し訳ありません。

 今回の事態を受けて、本日離党届を幹事長に提出してまいりました。

 この週刊誌に記載のある倉持弁護士には、憲法問題や共謀罪、雇用問題など極めて幅広い政策分野において、政策ブレーンとして、具体的な政策の立案・起案作業や質問・スピーチ・原稿などの作成作業をお手伝いいただいてきました。

 こうした政策立案や質問作成などの打ち合わせと具体的な作業のため、倉持弁護士とは頻繁にコミュニケーションをとってまいりましたし、こうした打ち合わせや作業は、二人の場合もそれ以上の複数人である場合もありました。打ち合わせ場所については、双方の事務所や会食の席上である場合が相当多数回ありますが、同弁護士のご自宅の場合もありました。

 また、本件記事記載のホテルについては、私一人で宿泊をいたしました。

 倉持弁護士と男女の関係はありません。

 しかし、誤解を生じさせるような行動でさまざまな方々にご迷惑をおかけしましたこと、深く反省しおわび申し上げます。



 そのうえで、このたび、民進党を離れる決断をいたしました。

 まずは、冒頭に記載しましたとおり、国民の皆様、地元有権者の皆様、支援者の皆様、民進党同僚議員、自治体議員、党員・サポーターの皆様に改めておわびを申し上げます。

 また、とりわけ前原・民進党新代表には、新しい執行部を立ち上げるタイミングで、多大なご迷惑をおかけすることになったこと、先日の党大会で、党再生のために結束を誓い合った仲間の皆様の思いに、水を差す形になってしまったことに、心からおわび申し上げます。

 私は、民主党・民進党に育てられ、職責を果たすためのたくさんのチャンスをいただき、落選中も含めて支え続けていただきました。私自身、約10年前に政治の世界に挑戦を決めたときから現在にいたるまで、この国に必要な2大政党制の一翼を担う使命を負っているのは民主党・民進党であると確信し、離党を考えたことはこれまで一度もありません。感謝の気持ちでいっぱいであるのと同じだけ、苦しく・悲しい思いがあふれます。

 民進党が掲げてきた理念、取り組んできた政策への思いは今も変わりません。

 しかし、まもなく始まる臨時国会、国会論戦の場に、今回の混乱を持ち込むことは、民進党、そしてご支援いただいた皆様にさらなるご迷惑をおかけすることになると判断し、離党する決断をいたしました。

平成29年9月7日 衆議院議員 山尾志桜里

(以上転載)


今回の文春による山尾さん攻撃は、

明確に、総選挙に打って出て、延命を図ろうとしているアベ政権の目論見においての、民進党が新体制を整えて選挙に臨んでくることへの恐怖と危機感によるものだ。

特に山尾幹事長の登場に恐怖したと考えられる。

それで、急遽、山尾さんの常日頃の行動を監視し、彼女の行動的特徴を拾い上げていたのだろう。

それで、ブレーン倉持氏との政策練り上げの為の会合や飲酒癖を収集したと考えられる。

その上で、

「彼女を倉持氏との不倫関係にでっち上げて、今井絵理子の不倫関係の事例の記憶が新しい国民の意識に上塗りするのだ。そして、民進党幹事長は不倫幹事長として宣伝しまくって、民進党に選挙戦を戦えなくしてしまえ」

との戦略を立てたのであろう。

さて、ここにアベ政権側のミステイクが起きたと考えられる。

山尾幹事長が決定されて、確定してから、(それまで隠しておいて)、この「でっち上げ不倫記事」を出すべきであったのだ。

しかし、先に出してしまった。

結果、山尾さんは幹事長にはならず、その上、離党してしまった。

これでは、不倫だ!といくら喚いても、民進党は痛くも痒くもない。

山尾さんは、もう民進党の人ではない。

山尾さん一人を攻撃しても、何にもならない。

倉持さんの奥さんが留守の時に彼の家で密会した、なんて邪推しているが、密会場所に自宅を選ぶとは普通では考えられないね。テレビドラマではそういった場面も出てくるかもしれないが、そんな殺風景でロマンの無い場所で不倫するか? 貧しい推測ぶりだな。

資料なんかの関係でこの場所を選んだだけだろう。

だいたい、ホテルだってそこに宿泊したのは山尾さん一人だったんだ。

まあ、そんなところで山尾さん一人を攻撃しても、政治効果としては空しい。

民主党の小沢幹事長を冤罪で告発したが、民主党政権の誕生を阻止できなかったことと同じになった。

動いたのが検察とマスコミの違いはあるが、よく似ている。

初めに私が文春報道(記事なんか見ていない。くだらないから)の二人が車に乗っている写真を見たとき、これは創作でっち上げだな、と思った。

倉持氏が運転して運転し、山尾さんが助手席に乗っているのだが、安心したような嬉しそうな顔をして乗っている。

安心して嬉しそうなのは、心の許せる同志の間柄だからであり、

不倫に向かうのであれば、堂々と助手席に嬉しそうな顔をして乗ったりしない筈だ。

恐らく、後ろの席に乗るだろう。又は助手席であっても顔は隠し気味で椅子は倒し気味に乗るのではないか。

「これは、通常の行動の写真を上手く使って、不倫場面にでっち上げようとしたな」と思った。

素人の一般国民は騙せるだろうが、事情通は騙せないよ。

私は冤罪に関心があって、昔から調べて来ている。冤罪の造り方にはパターンや公式がある。

かつて、森村誠一氏が731部隊の書物に掴まされた日露戦争時のロシア軍の病室写真をのせてしまって、それを指摘されて叩かれたことがある。

私は、この本が出たときに、直ぐにこれに気付いた。日本陸軍の病院の様子にしては古すぎる、おかしい写真だ、どうしてこんな写真を使ったのか?と思ったのだった。その後、しばらくして指摘が出た。

山尾さんが離党した以上、彼女への不倫攻撃をしても政治的効果はまるで無いことになるだろう。

どうするのだ?

先々において、山尾さん側から、そして倉持さん側から訴訟を起こされたら、どうするのか? 文春は?

今回の報道は、政治的攻撃なのだ。

それほどにアベ政権は追い詰められている。

そして、アベを担いでいる限り、政権は不安定から離脱出来ない。

止む無く苦し紛れに総選挙に打って出たい。その為に、なりふり構わぬ民進党新体制への攻撃に出たのだが、

これを、見事にかわされてしまったのだ。

山尾さんの政治生命は切れない。やがて復活することになる。

謀略は焦って慌てて仕損じたと私は観測する。

参考に、小林よしのりブログから

https://yoshinori-kobayashi.com/13950/
山尾氏の「公」の言葉が見事!

小林氏は、

「私」の部分で何があろうと

と言っているが、山尾さんと倉持さんの二人は、頭が固い二人だから、不倫なんかしない。

心が通じ合ってもしない。

淫乱でも色狂いでもない堅物なのだ。