植草事件の真相掲示板

植草一秀さんを応援する人たちの掲示板です

ここは植草さんを勝手に応援する副管理人が設置しました。
植草さんを信じ、植草事件に疑念を持つひとの意見の場です。
応援は大歓迎ですが、植草さんに直接回答を求めたり要望するための場所ではありません。

-投稿の最低条件-
?植草さんの著書「知られざる真実ー勾留地にてー」を読み、理解していること
?植草さんにご迷惑をおかけしないこと
?実名投稿歓迎、固定ハンドル要、捨てハン、複数ハンドル出入り禁止。
?転載掲示板ではありません。他webからの文章紹介はリンクを貼ってください。
   転載する場合は200字程度までとし、それ以上は不採用。
?植草さんに関係ないと思われる投稿は掲載しないことがあります。



★植草一秀さんのブログ阿修羅ビデオニュース・ドットコムNPJ
東京朝日読売毎日産経日経検索デスクウィキペディア
神州の泉雑談日記「日本の天命・日本人の使命」

植草事件の真相ホームページジャンプ





[14659] 「山尾スキャンダル?」…実は官房機密費の利用による大宣伝。

投稿者: 青トマト  投稿日:2017年 9月10日(日)20時47分31秒   通報

恐怖するアベ政権の必死の「でっち上げ」工作。

ご苦労様だが、山尾さんは不倫はしていない。自分を追い込むようなヘマをするアホな女ではない。

そんな女代議士は自民党に何人も居るだろう。自分たちの陣営のアホぶりを他人に当てはめることは、知恵の無いやつらのやることだ。

植草先生の事例と全く同じ。

手鏡で、階段の下からスカートの中を映しただって? 弾圧機構のお前らが普段にやってることだろうが!

電車の中で痴漢だって。これもお前たちが普段にやってることだろうが!

さて、この工作に連動してであろうが、NNNの調査?なるもので、内閣支持率が僅かに不支持率を上回ったと報じられている。

これこそ、でっち上げだろう。官房機密費をばら撒いたか。

いいよなあ、醜奸紙も珍糞も売れなくたって政府権力が潰さずに金銭支援してくれるんじゃないのか?

NHKと一緒だよな。こちらは税金のように国民から金を強制徴収してる。

この支持率かろうじて復帰?は「山尾叩き」と連動した工作だろう。

自民党政府権力の手先マスコミを使っての工作を暴いたのが、次の評論だ。


阿修羅に取り上げるに値する優れた評論が出た。

http://www.asyura2.com/17/senkyo232/msg/131.html
首相官邸が内調の手先「文春」を使って狙った「前川謀略」に続く「山尾スキャンダル」の狙い


しかし、残念ながら、山尾さんを叩いても、前原民進党には打撃とならんのだよ。

これは、俺が本掲示板で先の投稿で指摘したことだよ。

君達(アベ政権)は失敗した。

山尾幹事長が誕生して、動き出して、ある程度まで仕事を仕掛けたまたは仕事をやったときに、「でっち上げ不倫スキャンダル」をぶつけるのでなければならなかったのだ。

ところが、アベ政権は政治の素人だ。政治なんか彼等には出来ない。

それで、焦って小便を漏らした。

便器に小便を撃てなくて、床と壁にばら撒いたんだよ。

前原民進党には当たらない。

離党していて幹事長にはならなかった山尾に当てても、何の意味も無いのだ。

詰まり、的を外してるんだよ。

前原民進党は、悠然と進んで行くんだよ。

どうして、こんな失敗を仕出かしたのかと言えば、恐怖で焦った事と、政治力が無いからだよ。

素人だからだよ。

蓮舫党首の時にも同じような失敗を仕出かしてる。

二重国籍問題では蓮舫を攻撃出来なかった。

彼女が下りたのは、この問題によるのではなく、あまりに指導力が低くて、党内から不満が噴出したからだ。

アベ政権よ、自分達自民党男女議員のでっち上げでない本当の下半身事情の露呈を今のうちに警戒しておけ!

どんなに清廉潔白でも、どんなに警戒していても、「嘘でっち上げ」をやめさせることは出来ないし、それを阻止なんかできない。

植草先生や小沢一郎代表や佐藤福島県知事の事例から明らかだ。

世間常識で言うではないか。

「他人の噂に蓋はは出来ない」…こう言われてるじゃないか。蓋なんかしようとするな、と言ってるんだよ。世間ではそう言ってるんだ。

これが、世間での常識なんだよ。

敵は「風評被害」を相手に与えようとするんだ。

この行為自体は防げない。

元々が相手は善意ではないのだから。

であるから、攻撃された側を警戒が足りないとか、認識が不足だとか言う事は、期待が過剰というものだ。

痴漢に本当に遭遇した女性は、通勤電車や歩行時において、常に神経過敏になるものだ。

よって、電車内でもわずかに男性の手が触れても、それを痴漢行為と認識してしまうこともあり得る。

それによって、「この人、痴漢です」と叫んで、隣の男性を指さして、彼を冤罪に追い込んでしまうことが有り得る。

この女性には、悪意はない。

自分がそのような冤罪に遭遇しないように、私は満員電車内においては、両手でつり革と支柱を掴んで「ホールド・アップ」の姿勢で、女性客の傍にいる場合には立っている。

出来る限り、女性客の傍には立たなくしているのではあるが。

しかし、これは悪意無き一般女性の場合であって、権力側のでっち上げにはこれでは対応出来ない。

永久闘争を覚悟する他ないのだ。

政治とは、それを覚悟することだ。

聖人君主は存在しない。皆が自分と同じであり、優等生は存在しないのが実情だ。