植草事件の真相掲示板

植草一秀さんを応援する人たちの掲示板です

ここは植草さんを勝手に応援する副管理人が設置しました。
植草さんを信じ、植草事件に疑念を持つひとの意見の場です。
応援は大歓迎ですが、植草さんに直接回答を求めたり要望するための場所ではありません。

-投稿の最低条件-
?植草さんの著書「知られざる真実ー勾留地にてー」を読み、理解していること
?植草さんにご迷惑をおかけしないこと
?実名投稿歓迎、固定ハンドル要、捨てハン、複数ハンドル出入り禁止。
?転載掲示板ではありません。他webからの文章紹介はリンクを貼ってください。
   転載する場合は200字程度までとし、それ以上は不採用。
?植草さんに関係ないと思われる投稿は掲載しないことがあります。



★植草一秀さんのブログ阿修羅ビデオニュース・ドットコムNPJ
東京朝日読売毎日産経日経検索デスクウィキペディア
神州の泉雑談日記「日本の天命・日本人の使命」

植草事件の真相ホームページジャンプ





[14968] ウーマン村本さんの認識間違い、別に驚かない。この程度の認識の人は多いだろう。彼の反戦平和への思いに意味があるおではないか。

投稿者: 青トマト  投稿日:2018年 1月 3日(水)10時06分48秒   通報

http://blogos.com/article/268834/

先に紹介した北方領土の問題でも日本人全体でどれ程の正確な認識があると言えるだろうか?

沖縄の帰属についても、本土?の人と沖縄の人との間には大きな違いがある。

もしも、沖縄が…仮に…スペインのカタロニアが将来において独立したとして…同様に日本から独立したとすれば…

尖閣は沖縄の領土とするか…日本の「飛び地」とするか…数ヵ国の共同管理とするか…。

これらについて、米軍の軍事支配が退いたあとの国際的課題として考えて置く必要があるのだ。

領土問題というと直ぐに軍事対決を思い起こすのは時代錯誤なのだ。

資源と地域の国際共同利用の道を探るのが未来思考なのである。

鳩山政権時代の尖閣共同管理思考プランが先行して正しかったのだ。

その後、やっと米国の軍事国際的横暴の躓きが顕著となり、それを体現したのがトランプ政権なのだ。

彼は口数は多いがオバマ政権と違い、新しい戦争は始めていないのだ。

ポツダム宣言の「日本の領土は四島に限る。後の諸島は連合の合意による」との言葉は廃棄されてもおらず、死んでもいない。

従って、沖縄も尖閣も北方諸島も、日本は国際的協調によってのみ道を拓いて行く他はない。韓国との領土問題も同様である。

日本は明治以来の秀吉的対外膨張は挫折し、米国も同時代の対外膨張は挫折し失敗した。

ソ連は解体した。米国のUSA体制も不必要となる筈だ。

従って、今後、中国がモンゴルのような大帝国にはなり得ない。今、世界が市場として必要としている姿に過ぎないからだ。