新着順:55/9587 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

金をばら蒔き無為無策。揚げ句のはてに訪問先イスラエルで靴を型どった容器に入ったデザートを出され、現地で「侮辱では?」と報じられる。

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2018年 5月 9日(水)14時17分54秒
  通報
  https://blogs.yahoo.co.jp/panaponnniwa/16286226.html

トランプ大統領に在韓米軍削減さらには撤退を示唆されて、有効な対応の返事が出来なかったとのこと。

https://johosokuhou.com/2018/05/08/4509/
革靴のデザート?!

思い出します。イラク戦争後にブッシュがイラクを訪問したときに、イラク人記者が靴をブッシュ目掛けて投げつけたことを。

この時、靴はわずかにブッシュを外れてしまいましたが。

アベは、「これ、何だろうな?」と疑問に思ったのでしょうかね?

私は、軽く見られての「悪ふざけ」と解釈するのですが…今後、アベ首相には靴型の食器が食事に提供されるのでしょうか? 日本でも?


先の投稿で、先走った、米軍の極東からの撤退後の「集団的安全保障の構想と機構」を書きました。

http://9123.teacup.com/uekusajiken/bbs/15217

日本の 国際政治への大幅な遅れから考えて、この構想は朝鮮二国に中国とロシアが参加した型から提案される公算が高いと考えられます。

一般的に、天木氏も含めてのことですが、中国とロシアの今までの軍事拡大を脅威と見なす見解が多いのですが、

これは、防衛的な思惑であり、侵略を目指してのものではありません。

ネオコン軍産支配の米国による包囲網への対抗から発生したものであり、

今後、日本が軍備拡大を押し進めて、憲法改悪の自衛隊明記から始まって海外軍事行使を認めることになれば、中国はさらなる軍備拡大を強いられることになり、朝鮮半島はますます日本から距離を置くようになるでしょう。

従って、9条堅持によって改憲目論見を放棄した上での、今後の極東安全保障構想への参加を準備して公表しなければなりません。
 

新着順:55/9587 《前のページ | 次のページ》
/9587