投稿者
 メール
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL


村上春樹氏、アンデルセン賞を受賞。

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2016年10月31日(月)23時52分12秒
  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161031-00000046-reut-ent

タイミングの良い受賞でしょう。

政治的意図も無さそう?

ボブ・ディラン氏のノーベル賞受賞よりは素直に喜べそうですが、如何でしょうか。

日本国中がまあ歓迎ムードなんじゃないですか。

一方はスゥエーデン、一方はデンマークで隣国関係ではありますが。
 

内閣府物品 「行方不明」

 投稿者:rappp  投稿日:2016年10月30日(日)21時30分53秒
  内閣府物品  64億円分が「行方不明」
検査員指摘「廃棄手続き怠った」

官公庁では
物品を廃棄する際、”廃棄処分”とするのは鉄則である
いかに時代遅れで、ゴミでしかないものでも、厳格に、”廃棄処分”手続きをする
そのように指導されている
「廃棄手続き怠った」というようなことは、金輪際あり得ない 


官公庁末端の部署でも
廃棄処理は厳格になされる!
「廃棄手続き怠った」 など、絶対起こらない、はず
64億円分だと??

「廃棄手続き怠った」は関係者の言い訳でしかない
考えられるのは
・購入したことにして、関係者が着服した?
・関係者とは、内閣府関係者と業者
・犯罪?
これが今の内閣府の状況?
・これはそのままうやむやにされるのだろう

再度言いたい
その時点でゴミでしかないものであっても、官公庁では、厳格に廃棄処分の手続きを取る!!
 

連合内に御用組合で無い第二の執行部を

 投稿者:sagakara  投稿日:2016年10月30日(日)08時43分22秒
  風太さんの投稿をヒントに次ぎの投稿を考えました。

連合が御用組合になってしまう理由は、自動車、電機、鉄鋼、電力のピラミッド構造の頂点の会社の正社員が執行部の構成員の大半になるからだと思います。

ピラミッド構造の下層からの連合の執行部入りはおそらく余り多く無いのではと思います。連合の組織に詳しく無いでの投稿ですが。

特に自動車、電機、鉄鋼は円高の中で国際競争に晒される部門だったので労使一体路線で生き残りを果たさないとならない労働組合でした。

自動車、電機、鉄鋼、電力の頂点の正社員が執行部の大半であれば御用組合にならざるを得ないと思います。

このような状況で反安倍の主権者を多く集めるには、連合内に御用組合で無い第二の執行部が秘かに出来きて自動車、電機、鉄鋼、電力のピラミッド構造の下層の組合員とも連携しながら、安倍政権に対峙する勢力を拡大できないかと思います。

自分の友人で電力の下請けをやってる人は原発容認で色々難しい面もありますが。
 

ディランさん、何で今ごろ「受賞うれしい」なんて?愚図っぽく? もしかして、彼、大統領選の盛り上げ役か?

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2016年10月29日(土)23時19分4秒
  彼がオバマ大統領と並んで写真をとっていたことがありますが?

オバマがノーベル平和賞で、ディランがノーベル文学賞とは、何か関係しているのでしょうか?

さて、彼(ディラン)が授賞式に出て、その後で、

ヒラリーまたはトランプのどちらかを「支持する」なんて余計な発言をしたりすると…

まあ、影響は大きいものがあるのではないでしょうか?

彼が、オバマと仲が良ければ(本当はどうか知りませんが)、ヒラリー応援発言をするかも?

しかし、誉め殺しもあるからねえ?

何やら臭う気がするのです。
 

ボブ・ディランさん、「受賞うれしい」発言。ここらあたりで、ノーベル賞もオリンピックも止めてしまう潮時なのではないでしょうか。陳腐化して面白味がもう無くなった。

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2016年10月29日(土)20時45分19秒
  http://www.afpbb.com/articles/-/3106112
ボブ・ディランさん、「(ノーベル賞)受賞、素晴らしいことだ。」

彼の作詞は大変に素晴らしいので、文学賞の受賞は不自然ではありません。

授賞式にも出席すると言っているので、

そうならば、もっと早くに受賞の喜びを口にしてくれていれば良かったものをと思うのですが、

今に至って…口にする事には、背景に何かがあったのでは?と勘ぐってしまいますね。どうしても。

彼に受賞させるのはタイミング的に遅すぎるし、大江健三郎さんの例だって遅すぎる印象が強いですね。

それに、贈る人選は明らかに片寄っている印象です。

まあ、勝手にやってくれ、ですけれども。

もう、打ち切るべき時ではないでしょうか。

オリンピックとノーベル賞の両方共に。

一方は、利権まみれの金儲け手段に成り下がって、醜いナショナリズム争いの疑似戦争に堕落転落してしまっている。

もう一方は、受賞対象の選択に偏りが激しくて、この傾向が改善される気配がない。

国際的に広範囲に認められる権威とは言えないにもかかわらず、受賞を名誉と考える人も多いので世界に混乱をもたらしているとも言えるので、もう止めて、賞与金 として出されてきた金額は今後は、世界の難民支援とか飢餓救済に充てると良いでしょう。

お騒がせ賞なんか無くてよろしい。
 

大川小 津波犠牲の原因は

 投稿者:rappp  投稿日:2016年10月29日(土)08時36分54秒
  津波犠牲「学校に過失」
大川小訴訟 14億円賠償命令

裁判は、すべて、最高裁の、したがって政権のコントロール下に置かれている

重要な裁判の露骨な判決を見るにつけ
この見方を確信せざるを得ない

では、どんな意図ゆえに
津波犠牲「学校に過失」
という判決を最高裁は出させたのか?


津波犠牲の責任は学校にある、という
果たしてそうなのか??


私は、この犠牲の理由を2点に絞ってみた

1、大川小の教職員は、多くが当時の避難方法に疑問を持ったのではないか
しかし、理解力が不足しているにもかかわらず、上に立って指示したい
管理職とそのごますり?が、ばかげた避難をやった
アホが上に立つ不孝を思う

2、民衆に重要なことは知らせない、何も考えさせない政策、これこそ、この悲劇の原因である
低能な管理職とゴマすりたちが、学校運営を主導するシステム?がこの悲劇を生んだ
津波がどのようなものであるか、そんな理解が深まらないようにしてきた体制の政策こそ、この悲劇の主原因である!
例えば、津波の恐ろしさを知らしめることは、原発推進にとって、とてもまずいことである
体制は、民衆に知識を与えない、論理的思考を排除させる
風向きを隠し、飯館村住民をひどく被ばくさせたのは、いい例ではないか



なお、判決「学校に過失」
このような裁判の判決で、”最高裁の関与がない”ということはありえない?
ならば、何を狙っているのか、どんなシナリオを持っているのか(過失なし、とすることも含めて)と考えなければならない
 

三笠宮様の御逝去。御立場と御思想について。

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2016年10月27日(木)23時37分46秒
  http://mainichi.jp/articles/20161027/k00/00e/040/162000c

この記事が少しばかり実態を語ってくれているようで、他のメディアでは、宮さまが一部の頑迷勢力にとっては不都合な存在と考えられていたことによるものか、人間像には触れていない。

この記事を見れば解っていただけるであろうが、宮さまは、紀元節を復活させる事に反対だった。

この事は、実に大変な事なのです。

オリエント史に深い関心を寄せられて研究を深めておられたことに関係していると思われます。

恐らくは、「天皇の起源」について深く関心を寄せられて、御自分のお考えをお持ちであったのだろう。

言うまでもなく、紀元節とは、

日本書紀と古事記の記述に由来して、人としての天皇の始まりと日本国の始まりを、

神武天皇の御即位に求めている。

言い換えればそれは、

日本書紀と古事記の絶対化なのだ。

神武天皇の前においては、はっきりとしない紀記の記述により、天皇と皇室の神武天皇より前の姿がはっきりとしない。

三笠宮様は、恐らく、戦前からこの問題についての疑問とお考えをお持ちであったのだろうと、私は推測する。

なにも戦後に突然に、時代が変わったので転換されたのではないだろう。

日本書紀と古事記の矛盾する記述に天皇の起源を求めない立場からすれば、天皇と日本国の起源としての紀元節を復活させる必要はない。

紀元節はむしろ、歴史学的にも思想的にも危険であるだけでなく、

天皇の御存在と意義にとっても危険である。

古代オリエント史に皇室の宮さまが自ら探究を深められた意義は大変に深いのだ。

恐らく、天皇と古代オリエントなかでもユダヤとの関係に深い関心をお持ちであったのだろう。

片寄った日ユ同祖論とか天皇の由来をメソポタミヤに求める見解すら存在しており、これらはまた、

「仏法に帰依する天皇」の観念と同類の、天皇の独自意義を捨て去る立場を招くだろう。

このような様々な危険を回避させたい思いから、宮さまは天皇と古代において関係性が深いと考えられた古代オリエントを研究されたのであろう。

紀元節復活への反対意思の御表明は、

天皇と日本の起源を、曖昧な記述の日本書紀と古事記に求めず、

そして、明治国家的な宗教観的盲信的天皇観の復活を阻止したいお考えによるものであったのだろう。

ここではっきりと私の考えを述べておけば、

日本書紀と古事記は、

当時の日本の政治体制の表明に過ぎないものであり、その体制が必要としたものであり、その体制とは、大陸と朝鮮半島の動乱による多数の亡命帰化人の入国と仏教の導入による新イデオロギーにより、日本の政治体制がそれまでとは違った中国大陸と朝鮮半島の政治体制に深く影響された体制が強行された時代であり、

それに都合のよい記述であり、ねじ曲げた記述も行われたと考えられ、そして、奈良の都の放棄からその存在意義が失われ、平安朝政治秩序の崩壊から、全く不必要かつ政治上の必要性としては「無」となったものに他ならない。

日本書紀と古事記は日本の政治において必要が無くなり、意味が無くなったのだ。

しかし、日本人は、この古代の政治動乱を意識として思想として捉え直す事をしてきて来なかったので、

天皇の起源由来も日本の起源由来も、全く判らず知ろうともせず、困ったときには、

宗教観で何者かに依りすがって、逃れようとして失敗をしてきたのです。

そして、天皇の名を持ち出して利用する時も、不味いことに、日本書紀と古事記の記述に天皇の権威を求めた。

そして、時の天皇の御言葉は…無視して来たのです。

これは、大きな過ちです。

天皇と皇室にとっては、それらは迷惑であり、国が失敗を重ねることであるから、それを正そうしての行いが、

三笠宮様の歩まれた道であったと考えられます。





 

差別意識を教育する「警察専用雑誌」

 投稿者:JAXVN  投稿日:2016年10月27日(木)18時28分28秒
  こんにちは。
リテラがこのような「警察専用雑誌」の事を紹介しています。「黙れ、このシナ人」発言も、「基地反対派は中国の回し者」という「ウヨク」の主張を鵜呑みにしたものでしょう。このような「教育」はかなり年季が入っている様ですね。

「土人」発言の背景…警官に極右ヘイト思想を教育する警察専用雑誌が! ヘイトデモ指導者まで起用し差別扇動(リテラ)
http://lite-ra.com/2016/10/post-2648.htm
http://www.asyura2.com/16/senkyo214/msg/931.html

一部抜粋
「『BAN』は警察官専用の『29万人のための総合教養情報雑誌』というフレコミで、警官の昇進試験の対策本を出版している警察の天下り会社が発行しています。警官ならば、直接購入もできますが、そのほとんどは各警察署の図書係を通じて購入するシステムです。たしか警察の図書係を通じて買うと、割引になるんじゃないですかね。各警察署で推薦、斡旋もしていますし、いわゆる警察の“推薦図書”“専用雑誌”ですね」(警察関係者)

 ところがその“警察推薦専用雑誌”の最新号、2016年11月号を調べてみると、とんでもない人物が寄稿していることがわかった。同号は「どうする沖縄 米軍基地の今後」という特集を組んでいるのだが、あの恵隆之介氏が寄稿しているのだ。

 恵氏といえば、沖縄出身のジャーナリストを自称しているが、元海上自衛隊で基地反対派に“デマ攻撃”を仕掛けてきた人物。たとえば、先の沖縄県知事選では“翁長氏の娘は北京大学に留学”“その娘の婿は中国太子党出身”などとメディアで語っていたが、当時、翁長氏の娘は「埼玉の小さな大学」におり、未婚だった。

 しかも、今回の機動隊による「土人」「シナ人」差別発言についても、恵氏はFacebookでこんな投稿をしていた。

〈昨年、翁長知事は国連人権委員会で「沖縄人は先住民、自決権を尊重せよ」と自己差別的発言をしました。要するに自らを一種の「土人」とアピールしたのです。
 今度は大阪府警の機動隊員が基地反対派左翼に「土人」と発言しただけで「差別」ですって?〉

「土人」の意味を強引にすり替えることで、かえって自身の差別意識をさらけ出している恵氏だが、恐ろしいのは、警察推薦の雑誌がこんなトンデモな言論を放つ人間を堂々と起用していることだろう。
 

また一つ、若い頃の奇妙な話を思い出しました。三里塚闘争の時に弾圧警察側が反対派農民に向かって、「反動分子め」と言ったそうなのです。

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2016年10月26日(水)02時54分33秒
  これは、当時の政治評論雑誌に載せられたルポルタージュに書かれていた情報なのですが、

この記事を書いた記者もこの発言に驚いて、解釈を書いていましたが、

当時の私は、警察権力と政府権力は「近代主義」の考えで居て、そして進歩を信奉しているのだろう、そして反対派農民は土地にしがみついている蒙昧な封建的な反進歩の連中であると考えていて、自分達はそれを排除して進歩を進めなければならないと考えているのだろうと思ったのです。

アベ政権のTPP盲信もこのような進歩信仰の故であって、彼らは日本の農家を封建的反動分子と考えていて、

「日本の農家なんか無くしてしまえ。産業と金融だけがあれば良いのだ」と考えているのでしょう。

大阪府警機動隊員の土人発言とシナ人発言も、自分達は進歩を進める立場で、反対派住民は進歩に抵抗する反動勢力と考えていて、「未開人」とでも考えていての事なのかもしれません。

思い違いと無知によるこの様な行いは悪性の妄想ですから排除しなければなりません。

勝手な思い上がりに過ぎない現象なのです。
 

この記事に驚きました。本当?

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2016年10月25日(火)23時24分31秒
  http://mainichi.jp/articles/20161021/rky/00m/040/002000c

「土人」という言葉に南方の裸に近い服装の現地人のイメージを持っていた人達が、

戦前から戦後のある時期まで日本本土の四島の住民の人達の中に居たようですね。この記事によれば。

しかし、本当かな?と思ってしまいますね。

私の回りにはそんな人達はいなかったね。全く。

誤解を恐れずに言えば、そんなことを言ったら無知を笑われただろうと思うのですがねえ。

何故ならば、沖縄と沖縄の人達をあまりに知らなさすぎる発言ということになるではありませんか。

「異民族」とまで思っていたのかも?今でも思ってるのかも知れません。

日本人一般と沖縄県民は血縁としては大変に近いと考えられて、異民族ではありません。

国としては琉球沖縄として独立した地位にあったのですが異民族と考えてはいけないでしょう。

しかし、この問題は、一般日本人が沖縄を馴染みのないものと見ていたことが理由をなしているとも考えられて、

琉球沖縄が独立した地位にあった事に由来しているのではないでしょうか。

背景は深いと考えられます。

私の回りに沖縄の人達に「土人」発言をする人なんか皆無であったのは、

その人達の皆が、沖縄が日本の県であるという明治時代以来の日本の姿を常識として知っていたからです。

しかし、そうでない人達もいたとするならば、それは明治国家の観念が行き渡っていなかった部分もあったということになるわけです。

「私がその沖縄人です」と答えられた人達は頭が混乱して黙ってしまったのかも知れませんよ。

「沖縄の人達って色の黒い顔立ちの違った南方系の顔つきと考えていたが、自分達と一緒じゃないか。では沖縄って一体なんなんだ?」と思って首を傾げたのかも知れませんねえ。



 

断固拒否してきた生き方だ

 投稿者:rappp  投稿日:2016年10月25日(火)14時46分5秒
  青トマトさんの投稿、強く感じるものがありました

87歳のオバアが右翼に暴行?
http://tanakaryusaku.jp/2016/10/00014682

特に感じたのは次の部分です

「心臓に疾患があり足も不自由、何より高齢であるため、聴取は自宅にしてもらえまいか」 ― 弁護団が名護警察署長と那覇検察庁名護支部に上申書を提出し、今朝まで交渉したが、聞き入れてもらえなかった。


暴行されたという右翼は、ボディビルなどで名の知れている屈強な男だったりして
まあ、そんなところだろう
それが、87歳のオバアに暴行された、と警察に訴える
なさけない奴、恥を知らない奴

 それを、まことしやかに聴取する警察
機動隊に倒され、胸への膝落としで肋骨を骨折させられたのには知らんふり、じゃあないか
なさけない、恥を知らない名護警察・警察官


 私は、このような生き方は断固拒否してきた!!

 

日本の諸悪の根源

 投稿者:rappp  投稿日:2016年10月25日(火)14時06分16秒
  太さん sagakara さんに同意です

現在日本の諸悪の根源

安倍自民党
野田君
連合
公明党
橋下君等維新
・・・

安倍君を除いては
甲乙付けがたい面があるのだけれど

裏切りや仲間を売ること
この害悪は巨大
何時の時代も
これが巨悪を支える大きな役割を演じてきた

上にあげた諸悪の根源の5つのうち
3つは、裏切りや仲間を売ること
で、己の益を追求する者達
 

連合内の有志が第二の執行部をつくる可能性

 投稿者:sagakara  投稿日:2016年10月24日(月)21時36分53秒
  風太さんの投稿のヒントで、連合の執行部が問題なので、各企業の労働組合の良心的な執行部が単独で動けば良いということですね。
連合内の有志が秘かに第二の執行部を作り、その第二の執行部が各企業の労働組合の良心的な執行部と連携して動くという道もあると思って来ました。

かつて経営側が第二組合の御用組合をつくり労働運動を潰したように、御用組合化した連合内に第二の執行部を作れる可能性はありますかね?隠密行動で秘かに各企業の労働組合の良心的な執行部と連携する。
 

ここが民進党の正念場です

 投稿者:風太  投稿日:2016年10月24日(月)13時28分28秒
  二つの国政選挙と新潟県知事選挙で、連合と野田幹事長がいかに国民に背を向けているかがわかりました。

新潟では民進党を除く野党が、連合の圧力を受けて民進党離脱で戦う米山候補を推して勝利しました。

かたや連合の圧力で満足な選挙も戦えなかった国政選挙では敗北です。


かつてと異なり、組合運動のセンターであるはずの連合は、いまや大企業組合の圧で与党を支持するまでになり、国民に背を向けた存在になりつつあります。

民進党はもうこういう輩とは手を切り、これからは個々の良識ある組合と是々非々でお付き合いをし、今のような連合とは縁を切るべきです。

少なくとも今の連合執行部は日本のリベラル勢力にとっては足手まといの存在でしかないのですから。


そしてそんな連合に媚びへつらう野田幹事長、彼には引退して消えてもらいたい。

今回の新潟知事選挙でも連合に追従し、最後まで米山候補応援を阻み続けたのですからね。

しかも野田幹事長の説得を振り切ってギリギリで米山候補の応援に行った蓮舫代表の行為に対して、

野田幹事長はなんと連合に謝罪したとか。


元々民主党政権を潰したのもこの人物ですし、中国との関係をおかしくした尖閣国有化をぶち上げたのも野田幹事長です。

民進党の心ある議員・党員の皆さん、野田幹事長はトロイの木馬なのかもしれませんよ。

獅子身中の敵は身近にいることを忘れないでください。


民進党は一日も早く彼らと決別し、国民本位の政党に生まれ変わってください。

新潟知事選挙結果でも明らかなように、野党が結束し、国民の要望に応える政策を打ち出せば不利と言われた戦いにも勝てるのです。

近々予想される解散総選挙でも、国民の希望にこたえる政策を打ち出せば私は勝てると思っています。

もはややることは一つ、国民の方を向く政治をすることです。
 

87歳の文子オバアに「七人の侍」の鎌を振るった老婆を見た。 人民の怒りと意志の体現者としての姿を見出した。

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2016年10月24日(月)01時30分17秒
  http://tanakaryusaku.jp/2016/10/00014682
【沖縄・名護発】87歳のオバアが右翼に暴行? 出頭を要請した警察の鬼畜

(以下転載)

 文子オバアはつい先ほど(午後2時)、弁護士2人に付き添われて名護警察署に任意で出頭した。

 地元紙などによるとオバアは今年5月、米軍キャンプシュワブ・ゲート前でカウンター街宣していた右翼の運動員の手を はたいた とされる。

 はたかれたとされる運動員から警察に暴行の被害届が出され、警察は受理した。

 車イスに乗った87歳のオバアが右翼の運動員をド突いたりできるだろうか? 右翼は反戦運動への嫌がらせで被害届を出したのだろう。驚きもしない。

(転載以上)


私が映画の「七人の侍」で最も強く印象に残っている場面は、

息子を野武士に殺された老婆が、捕虜となり縛られた野武士に鎌を握って黙って静かに近づ行き切り殺す場面なのです。

野武士は恐怖で叫び声をあげています。画面では、斬りつける場面は登場させてはいませんでした。

野武士の恐怖の叫び声で、それを表していたのだと思います。

この作品については、満足のゆく評論にお目にかかったことはありません。

評論として文章表現が出来なくても、この作品は人々に感動を与えます。

それは、人間社会の真実を見事に芸術として表現化しているからです。

現実の侍とか百姓とかをそこに見ては、いけないと思います。

侍の空しさとか、百姓の狡さや逞しさとか、そんなことは描き切れないものなのです。

だから、この映画は、そんなリアリズムを訴えて描いているのではない。

象徴的な映画なのです。

侍とは、指導者一般の属性として描かれているのです。この映画では。決して、侍と指導者を否定してはいない。

百姓は、人民の属性を描いています。

指導者は人民に奉仕して従うものであらねばならず、自らは空しくあらねばならない。

それを自分の意志で引き受けた者が指導者の資格を持つ者なのです。

映画の最後の侍の言葉「勝利者は百姓だ」は、

「勝利者は人民」の意味でしかないのであり、それ以外の解釈はあり得ないのです。

黒澤はニヒリストではないのです。

ですから、鎌を振るった老婆は、「怒る人民」であり、その行いは「人民の神聖な成敗」なのです。

私は、ここに、この場面に、この映画の「根底的な人民の正義と情熱」が描かれており、これがテーマであり、助っ人としての侍たちは、その最先頭に立っての実行者として描かれているのだと解釈しています。

文子オバアに、七人の侍の鎌振るい老婆が重なるのです。


http://d.hatena.ne.jp/yukutaku+j-movie/20140925/1411610163
七人の侍 黒澤明

(以下転載)

最初の一本は日本映画を代表するこの一本しかない。
映画が総合芸術ならこの映画がその頂点に立つだろう。

黒澤明監督「七人の侍」

今後、このような作品が日本映画界から生まれる可能性はとことん低いかもしれない。
時代と才能がマッチした奇跡の作品。
世界中の映画監督に影響を与えた。
しかも、芸術系の監督からエンターテイメント系の監督まで幅広く影響を与えている。

(転載以上)

青トマトのコメントとして、この映画の批評の次の部分はいただけない。それだけではない。多くの部分でいただけないのだが。

(以下転載)

そうして侍はどこにもいなくなった。
生活の中にも、映画の中にもほとんどいなくなった。
後はノスタルジーの中でのみ生き続ける。
きっと、それは幸せなことなのだ。
なぜなら、この映画が名作である一番の理由は「この映画を見て誰も侍になりたいと思わない事」にある。

(転載以上)

野武士のような盗賊の空虚政府権力に日本人民が収穫した稲を奪い取られてはいけない。

オバアの怒りは沖縄と日本の人民の怒りなのだ。
 

大阪府警機動隊の発言画像を見ましたが、まるで暴力団事務所に捜査に入るときのような汚ない言葉使いで…?アウトだろう、これは。

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2016年10月22日(土)00時08分22秒
  少なくとも、相手は暴力団でも犯罪者でもない「一般の抗議行動をしている市民」なのですが、

そのような捉え方をしていないのでしょうね。

ということは、指揮者や指導者が、

抗議者を犯罪者とか単なる暴徒と見なして、平の機動隊員達にそのように語っているのではないか。

暴力団や暴徒や犯罪者でないものを、それのように認識することは警備警察活動から逸脱している。

平隊員よりも指導部に責任を取らせなければならない。
 

土人、シナ人 根っこはおんなじ 

 投稿者:風太  投稿日:2016年10月21日(金)11時26分18秒
  大阪府警機動隊の若い隊員が思わず口走ったこの言葉、彼らに言わせたのは彼らを現地に送り込んだ連中です。

そしてその連中が常日頃考えていることが、つい出てしまったということでしょう。

戦前日本軍兵士がアジア各地で繰り広げた侵略行為では、常にこの考え方が根っこにありました。

相手を一段と低く見て、それを導くためだと称して自己の行為を正当化する。

あの若き隊員がいた現場には在得会のメンバーもいたようですが、いつのまにかあの隊員も同じベクトルになっていたのでしょう。


先日私は所用で新宿の大久保に行く機会がありました。

新大久保の駅を降りるとそこは外国人の若者でごった返していました。

中国人の留学生だと思います。

他にもインド・パキスタン系の人たちや、韓国朝鮮系の人たちや南米系の人たちも多数います。

多国籍言語が飛び交う中で、ほとんど日本語しか使えない私は、これではいかんと改めて気持ちを新たにし直しました。

日本人はこれからの未来、彼らとともに生きていかなければならないのです。

土人だとかシナ人だとかの言葉は、すでに死語の世界であり、次世代の若者がそんな言葉を使っているようでは日本は自滅です。

海外から来た人たちと普通にやり取りをし、また自分たちも海外へ出てそこの人たちとやり取りをしないと生きられないのです。

自分の殻に閉じこもり、一人優越感に浸っていられた時代はもう、とうに終わっているのです。


ただ残念ながら日本の現在の支配層やそれに引きずられた多くの人たちは、その現実から目をそらし続けています。

アメリカによるマインドコントロールで中国が怖いからアメリカに依存するという考え方です。

そして冥加金を納めて自己の殻の中だけで生きようとする。

しかしこの先それでは日本はどんどん衰退し、底辺の人々から貧困のなかで死を選ぶしかなくなります。

道は二つです。

勇気を出して自主独立の道を選択するのか、それともアメリカに媚びへつらい自滅の道をいくのか。

 

ボブ・ディラン、ノーベル賞を辞退するのか? サルトルのように?

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2016年10月20日(木)22時41分18秒
  http://normalchina.com/ボブディランはノーベル文・・・学賞辞退か?その理由/

ここでは、様々な辞退推測理由の意見が載せられています。

が、まだどう転ぶか判りません。

彼が迷惑に思っているのか、または、利用される事を承知で居るのか、判りませんが、

今更、ノーベル賞なんて詰まらないではないですか。

さすがに、サルトルとレ・ドクトです。

後者はベトナム人ですから日本人としてはさらに尊敬いたします。

日本人で辞退出来る人は居るでしょうか?

三島由紀夫がノーベル文学賞を貰えずに川端康成が貰ったから(自分が貰えると思っていたのだが)、あのような防衛庁突入の上での自決行為を行ったのだ、との説に接したことがありますが、案外それが実態だったのでしょうか?

自己顕示欲の塊の人でしたから。

とすれば、彼はノーベル文学賞に負けたということになるのですが…。

三島由紀夫を擁護したいという想いは無くはないのです。

彼は、当時の左翼の全共闘の世代の人達と早稲田大学であったか場所は忘れましたが、討論会を行いました。

この事は、本当に彼は左翼全共闘学生達を愛していて共感する意識を持っていたのだと思います。

しかし、鬼才と評される突き抜けた才能により文学者の名声を得てしまって、図らずも頂点に立ってしまったので、

その自分をコントロール出来なくなってしまった。

確かに、文学作品の出来としては、ノーベル賞を受けてもおかしくはないレベルですが、

くれる方には彼らなりの尺度と判断事情があるのであるから、期待することは無駄な事でしかないのです。

大人は、こんな賞なんか期待しないのです。

どんな分野のノーベル賞にもそれは言えます。

しかし、ディランが音楽家であっても文学賞を受けるのはおかしいことではありません。

彼は作詞家として素晴らしい人ですから。

しかし、贈るならば何十年も前に贈ればよかったものを、今のこの時代に送ろうとするには、何らかの意図があるのではないでしょうか?

http://matome.naver.jp/m/odai/2133507254006995101
ノーベル賞などを辞退した人達。
 

「土人」という言葉が今でもしかも若者が使うことが驚き。それも日本人と擬制的に考えられている沖縄県民に言ってしまっては!

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2016年10月20日(木)14時46分24秒
  http://dic.nicovideo.jp/t/a/土人

土人の言葉は、私のような戦後直後世代(団塊の世代と呼ばれますが)では、漫画の「冒険ダンキチ」を思い出すくらいでしかありませんが…。

いまさら、ピンと来ない言葉ではありますが、大阪府警の機動隊員が使ったとかで、どっこい、この言葉、アベ的日本会議風の右派のように生き延びていたのでしょうか?

「冒険ダンキチ」も南の島で現地人の上に立つとかいったストーリーだったかと記憶していますが、印象に残ってはいません。

しかし、考えて見ればですよ…

機動隊員の発言は…

沖縄の人達は日本人とは違う人達だ…との本心を露呈したと受け取られても仕方のない発言であり、

沖縄への日本の弾圧といった形となって、

アベ政権にとっては、まことに不都合な事ではありませんか。

しかし、戦前の南洋統治があった時代の南洋現地人の人達を、べつに蔑視する意味を込めて使ってはいなかったであろうところの現地人としての意味の言葉である「土人」を沖縄の人達に使うとはねえ。

思うに、この機動隊員も自分に与えられた暴力的任務を遂行するに当たって、相手を対等と見なしてはやりきれなかったのではないでしょうか?

相手は、勿論、犯罪者ではない。

それで、対等ではない者として敢えて無理な蔑視用語を引きずり出してきたのでは?

いいじゃないですか。琉球王国を無理矢理に潰したんだ。かつての日本は。

独立してもらうか、そうでなくても自治権をもってもらって、お互いに対等の立場に立てば、苦しい機動隊員の心理も発生致さなくなりますよ。
 

”土人が”

 投稿者:rappp  投稿日:2016年10月20日(木)11時41分42秒
  沖縄県警によると、発言したのは沖縄県警の要請で大阪府警が派遣した20代の男性機動隊員。18日にインターネットの動画サイトに「どこつかんどるんじゃ、ぼけ、土人が」と発言する様子が投稿された。

目取真俊(めどるましゅん) さんのサイト
http://blog.goo.ne.jp/awamori777/e/6ddb9c8b1b3299762b0163226762bb12

写真付きです
ファシズムの進行の中で、こんな表情の人間が生産されていく
そして、彼らはファシズムを押し進めていく
これが体制の綿密緻密なシナリオ


意識は、その者を取り巻く状況の中で形成される
当該者の”土人が”という意識は、幾分かは突出したものかもしれないけれど
大阪府警の中で形成された意識である

機動隊の暴力の例
押し倒し、肋骨へ膝を打ち付ける
さも自然発生的に見せかけてるけれど、これに代表されるのが機動隊の暴力の在り方
これで肋骨骨折させられた人、少なくとも1名

これらは
体制が、組織の目標を達成するために
綿密なシナリオの元に注入してきたものであろう

政権の、上の2つの対応は
やがて私達に向かってくる


松井君の”土人”擁護発言をどう見る

「ネットでの映像を見ましたが、表現が不適切だとしても、大阪府警の警官が一生懸命命令に従い職務を遂行していたのがわかりました。出張ご苦労様」
松井氏に対する批判の書き込みが相次いでいる。

(仮に)”表現が不適切だとしても”とは、不適切とは思っていない、という意味である
よって、次の言葉が続く
”土人”とののしるのは、”一生懸命命令に従い職務を遂行”していた姿である
 ”土人”とののしってくれて”ご苦労様” ということである

こんなのが良くマスコミに顔を出す悪影響ははかりしれない
”松井氏に対する批判の書き込みが相次いでいる。”
限られた人生、私なら、時間の浪費だから、こんなサイトは見ない

松井君のとんでもない発言
・これでも断罪されないと見くびってる
・この発言が、安倍君らに気に入られると見て言ってる、体制への点数稼ぎ
・松井君は、この言動を地でやれる輩

この言動にはムサシによる選挙不正が潜在する !


 

「米選挙不正と米露戦争の可能性」 田中宇

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2016年10月20日(木)02時19分0秒
  https://tanakanews.com/161018election.htm
(無料版)全文掲載

田中氏はここで締め括りとして、米国金融経済の隠された回復不可能の破綻の誤魔化し策として、世界での戦火拡大の可能な地域を選んでの米露戦争が引き起こされる可能性を語っています。

中東の他に危険な地域としては、ウクライナと朝鮮半島と南支那海が考えられますが、

ウクライナはロシアとウクライナ親露地域の努力により戦争拡大は不可能になっており、

朝鮮半島は中国とロシアの自制と警戒が第二次朝鮮戦争の勃発を阻止しています。
アベのロシア訪問も戦火の発生を押さえるのに一役買ってはいるようです。

南支那海ではフィリピンのドテルテ大統領が対米盲従を脱する政策を進めているので、戦争にもって行くのは不可能となりつつあります。

シリアとイラクとが危険と考えられます。

トルコは自国が体制崩壊を招くのは避けたいのでロシアとも友好関係を結んだと考えられます。

シリアでは米国等のシリア軍への大規模な誤爆を装った攻撃により、ISIS制圧が邪魔されて戦火が直ぐには収まりません。

イラクでの政府軍によるモスルのISIS制圧は、米軍等の空爆支援が本気とは考えられず、シリアでの戦争拡大が期待出来ない時(ロシアの自制とシリア支援により)には、イラクでもう一度の戦争拡大を引き起こす事を狙っているのではないでしょうか。

しかし、これは、第二次大戦末期と戦後の日本と、そして同様のナチスドイツの有り様に米国が似ていると言えるのです。

戦争により日本の国家財政は破綻。

闇経済と大インフレと預金封鎖、やがての新円切り替え。

ドイツは政府が無くなってしまったので全く別の政治体制で出直しとなりました。

米国がどうなるかは判りませんが、

恐らくは、自国の経済秩序崩壊から、体制崩壊の混乱は避けられないでしょう。

内乱?も有り得なくはないのでは。少なくとも秩序混乱の拡大は考えられます。

外国での戦争拡大策は上手くは行かないでしょう。

では、米国の混乱の辿る道のアウトラインはと考えると、

かつての日本の事例での「占領軍」にあたるものが居るか?ということなのですが、

それは「居る」でしょう。

彼らが「戦後民主化」の体制変革をやるのでしょうね。

それは、本体は米国の債権者と考えられますが、日本は債権を行使できますかねえ?対米盲従の継続では出来ませんねえ。

米国への債権者達は国際的に散らばって存在して連携して、米国を敗戦の終戦へと導くのではないでしょうか。

例えばロシアの連携者は中国だけではなく、他に有力な者達が居ると考えるのが自然でしょう。

ナチス政権はソ連軍により踏み潰されましたが、米国は大日本帝国のように対外膨張の無理押しに引き込まれて(米国は国内経済に専心すれば安泰だった)、自滅するのです。

次には、外部と国内の債権者によって、体制変革のプランの線路に乗せられるのでは、と私は考えています。

日本は、今は大日本帝国支配下の朝鮮の立場に居ます。

明治維新由来の近代日本と、その僅かながら前の南北戦争由来の近代米国は、共に体制転換を迎える時が来たと考えられます。



 

不正選挙は世界の常識    とりわけ日本は・・・

 投稿者:rappp  投稿日:2016年10月19日(水)11時26分33秒
  米選挙に使われる電子投票機は
不正操作などに弱く
紙による記録も残らないため
正確に集計できないとの懸念が根強い

それでも未だに広く普及しており
11月の米大統領選では4人に1人が電子投票機で投票することになりそうだ

2016年10月18日  田中 宇
ポリティコ(Politico/Morning Consult)の世論調査によると、共和党支持者の76%が、トランプを落としクリントンを当選させるための選挙不正が行われそうだと考えている。

不正選挙は世界の常識、と書いてきました
とりわけ日本は、重要な選挙すべてで
安倍君に関係の深い民間会社ムサシが
人材派遣
開票
集計
すべてを行う
監視は出来ない
これで不正がないと考える方がおかしい

この見方に対して
不正はない、ということすら言わないのが政権のシナリオ
しかし、掃いて捨てるほどある不正選挙疑惑すべてについて
不正はない事を示さないと不正疑惑をはらすことは出来ない、というのが論理


解散総選挙で、更なる自公維新の議員数増が画策されているように思います

私は
出口調査を、共産党、社民党 などで独自に行うこと
国連の選挙監視団の派遣
を強く求めます


 

ついに「不正選挙」に言及し始めたトランプ氏

 投稿者:JAXVN  投稿日:2016年10月18日(火)18時32分12秒
  こんにちは。
「米大統領選 トランプ候補 選挙戦で不正行為と主張(NHK)
10月18日 8時18分

アメリカ大統領選挙の共和党のトランプ候補は、来月8日の投票日に向けて不正行為が行われていると繰り返し主張し、アメリカのメディアはトランプ氏が選挙結果を受け入れない可能性があると指摘しています。
来月8日に投票が行われるアメリカ大統領選挙では、最新の世論調査の平均値で、民主党のクリントン候補が共和党のトランプ候補に対して7ポイント引き離しています。

こうした中、トランプ氏は17日、みずからのツイッターで、「投票日に向け大規模な不正行為が行われている。なぜ共和党の指導部はこの事実を認めないのか」などと一方的に主張しました。トランプ氏は前日にも「クリントン氏を勝たせたい不誠実なメディアによって選挙が不正に操作されている」と非難するなど、選挙戦で不正行為が行われているとする独自の主張を繰り返しています。

アメリカのメディアは、トランプ氏が女性をめぐるスキャンダルの批判をかわそうとしているという見方を示す一方で、たとえ選挙で敗北しても不正行為が行われたと主張して選挙結果を受け入れない可能性があると指摘しています。

16日にNBCテレビに出演した共和党のペンス副大統領候補は、「選挙結果は必ず受け入れる」と火消しに追われており、トランプ氏の真意をめぐって波紋が広がっています。

また、民主党のクリントン候補の陣営は声明で、「選挙は厳しいものだが自由で公正な制度だ。負けるのが怖いからといって候補者は投票を台なしにしようとすべきでない。トランプ氏の恥ずべき試みだ」と強く批判しました。」
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161018/k10010733411000.html?utm_int=news-international_contents_list-items_008

こちらに来られる方々なら、トランプ氏が今回の選挙の事だけを言っているわけでない事は察しがつくと思います。共和党は(身に覚えがあるから?)大慌てになっているようですし。

関連
ロックフェラーが不正選挙で小ブッシュを勝たせた
投稿者 シナリオ通りってことで 日時 2001 年 9 月 30 日 23:09:05:
http://www.asyura2.com/sora/bd14/msg/766.html
一部抜粋
【ブッシュの当選は、不正選挙のお陰?ロックフェラーの陰謀?】
世界権力の攻防の変遷と今後の展開について - 山本高安氏
ジョージ・ブッシュ新政権が1月20日に誕生した。大統領選が建国史上でも稀に見る大接戦となり、投票後でもフロリダ州では手集計をめぐって裁判で争われるなど混乱した結果、ようやく12月13日になってアルバート・ゴア候補が敗北宣言を出したことでブッシュ政権の誕生が決まった。そもそも全体の得票率ではゴア候補がリードしており、フロリダ州に限ってもマイアミデード郡での高齢者票の中でゴア候補に投票したつもりがパット・ブキャナン候補にカウントされているといわれているのが1万4000票にも上るなど、本来ならどう見てもゴア候補が勝っていたといえそうだ。明らかに“インチキ”選挙であり、ブッシュ候補を擁立したテキサスのオイル・メジャーの黒幕であるロックフェラー系の陰謀めいた“臭い”がプンプンする。
 

ヒラリーのメールを暴き続けているアサンジ氏に危機が迫っているようです

 投稿者:風太  投稿日:2016年10月18日(火)07時29分14秒
  ウィキリークスによれば、創始者アサンジ氏に最大の危険が迫っているようです。

彼が滞在する駐英エクアドル大使館から、イギリス当局によって連れ出されたという未確認情報もあります。

スプートニクによれば、それ以前の段階ですでに彼のネット接続が切断されたとか。

ウィキリークスの流すヒラリー情報などに、既得権益勢力が深刻な影響を感じているのかもしれません。

今回の米大統領選挙は、アメリカを支配し続けている既得権益勢力の姿をあぶり出し始めています。

アメリカ市民は自分たちの国の本当の姿に気が付き始めています。

それがどうみても問題児のトランプ氏の支持が下がらない理由になっています。

日本国民にとってもこのアメリカの動きは最大の関心を持って当たるべきことと思います。

大変大きな地殻変動が起きているのかもしれません。

アメリカ市民は生き残るためには一番必要な選択な何なのかに気が付き始めたのだと思います。
 

新潟知事選挙 B・ディランさんではないが、「風が吹いた」。アベ総理、来年早々の解散総選挙どうする? ニカイさん、「風向き」変わりませんか?

 投稿者:青トマトようなメール  投稿日:2016年10月17日(月)01時05分16秒
  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161016-00000083-jij-pol

驚きました。しかし、数日前から「勝利」は囁かれていたようです。

日本国民はやれるのかも? いや、やれるのでしょうね。

良き指導者がいればやれるのでしょう。

やはり必要なのは勇気でしょうね。

しかし、一方で、アベ政権は嫌味な天皇虐めをやっています。

天皇への尊敬の想いを本当に彼らが持っているならば、

「陛下には真に御不自由をお掛け致しておりました。御不満が生じないように直ぐに善処いたします、」と言うでしょう。

ところが、「宮内庁の奴等は天皇の言いなりに動きやがって!」と不忠に怒って、

「天皇の口を塞げ」とばかりに宮内庁に報復人事を反逆的にやらかしたのであるから驚かされるではないか。

彼らには、果たしてどんな風が吹くことやら?

http://news.livedoor.com/article/detail/12151972/
アベ政権が宮内庁幹部を更迭
 

日本での歴史上の大転換は、すべて外国からの大きな圧力的影響から起きています。実は神武天皇の「東制」と呼ばれているものから、先の戦後転換まで。

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2016年10月16日(日)09時58分52秒
  しかも、その時々に上手く対応できていないのが日本なのですね。

なんとかなんとか上手くやれたのが、神武天皇御即位後のしばらくの時代と、桓武天皇の平安遷都による平安時代の暫くの時代と、鎌倉幕府の元寇までの暫くの時代と、信長時代から秀吉政権の失敗を克服しての徳川幕府の時代であるわけです。

今後も…なんとか…で、なんとか…曖昧で終わらせてしまって行くように思えるのですが、どうなんだろう。

日本でも徹底的な言い換えればラジカルな人物は登場していますが、その人達の想いの総てを達成できる力を国民全体は持ってはいないのです。

後醍醐天皇と織田信長が、そのような徹底人物であったわけです。

後醍醐天皇の御事業は挫折、信長は影響を受けていたと考えられますが、徳川(実は新田の血筋)による幕府政治によって、後醍醐天皇の目指されたものは不完全ながら達成されて、数百年の安定を得たと考えられますが、

その安定を得るまでに、足利幕府の自動崩壊と戦国動乱の大きな被害を産み出していたのです。

これ、総て日本人のだらしなさによるものであり、最近のアベ自民公明政権の出鱈目な存在は日本人のだらしなさの表れです。

しかし、ガラパゴス的に安泰を生きてきているのでサングラスをかけて回りを見ているので、手におえません。

慶応大学のミスコンテスト同好会の女子学生暴行事件なんて、呆れた阿呆ぶりであり、日本の上層?階層の低能ぶりの表れですね。

石原慎太郎よりも彼らは酷いね。
 

トランプ大統領は日本にとりシンゴジラなのかも、でもその方が日本国民は覚醒するしか逃げ道はなくなるはずです

 投稿者:風太  投稿日:2016年10月16日(日)02時43分16秒
  トランプがもし大統領になれば、その日本への影響は計り知れないものがあると思います。

今までのような活かさず殺さず従属させるという関係ではなくなるはずです。

既得権益層と一線を引くトランプは、日本との関係をビジネスライクに考えてくるでしょう。

そうなれば日本もまたアメリカとの関係を考え直さなければならなくなるはずです。


1950年代から始まる軍産複合体の勃興と金融資本の支配で、70年代から徐々に衰退がはじまる米市民社会。

いまや中産階層は没落し、わずか人口の1%の支配層が99%の市民を上回る資産を支配する社会。

いくらきれいごとを並べ立てても、アメリカ国家は市民を搾取する装置に変わり果てているのです。

だからこそ民主党大統領候補争いでは最後まで若者の支持を受けたサンダースが猛追し続けたのです。

そして米既得権益層(1%の支配層)の支持を受けたヒラリーに対して、人格的にも大いに問題があるトランプが、膨大な量の非難報道を受けながらもいまだに踏みとどまっているのです。


私は表向きはトランプ支持など言えない雰囲気のアメリカ社会の中でも、本音はトランプに入れようとしている人は相当に多いのではとみています。

彼らはトランプを支持しているわけではなく、既得権益者らの推すヒラリーにNO!と言っているのです。

彼ら一般米国市民は、今のアメリカ国家のあり方に対してNO!と言っているのです。

したがってこれから先どんなにトランプが叩かれても彼らは選挙ではトランプに投票するはずです。

その結果次期大統領が誰になるか。

トランプになれば勿論のこと、たとえヒラリーが不正選挙で当選したとしても、日本は一層献上金の上積みを求められ、真綿で首を絞められるように食いつぶされていくでしょう。


かつて福田康夫総理の時、アメリカは日本に対して傾いた住宅公社支援を求めてきたことがありました。

その時は福田総理が首を投げ出して支援を蹴り、日本は救われたのです。

安倍政権ではどうなるのか、間違いなくいいなりになるでしょう。

そしてその結果は国民一人一人に対しての増税や医療福祉切り捨てでかえってきます。


そんな安倍総理は日ロの平和条約締結と領土問題前進を材料に解散をもくろんでいます。

これは私が以前指摘した通りの展開です。

鈴木宗男さんが野党共闘を裏切ったのも、私の考えていた通りの理由からでした。

しかしこの選挙で安倍政権を勝たせたら日本は大変な事態に陥ります。

アメリカ支配下のファシズムなど、最低最悪の茶番です。

でもそうなりそうな予感がします。


日本の民主主義は正念場を迎えています。

国民一人一人に主体性が求められてきます。

自分自身の価値判断の尺度すら持たない国民では、日本は潰されていくしかないでしょう。

その程度の国民では日本は守れないのです。
 

公共工事とはこういうものだということを学ぶ教材としての豊洲移転や五輪ボート会場選定

 投稿者:風太  投稿日:2016年10月15日(土)12時30分10秒
  豊洲問題はもうはっきりしています。

本来移転先としては不適当な化学工場跡地に築地を意図的に移転させたというだけのこと。

その裏にあったのは築地跡地とその周辺の再開発利権と、豊洲市場建設利権。


同じことは五輪ボート競技会場建設選定にも行われています。

ボート会場予定地候補は海の森の他に64年五輪のボート会場だった戸田の近くの彩湖。

それに宮城です。

その中で現場の支持が一番高かったのが埼玉県の彩湖でした。

海の森は海水でボートが痛みますし、浮力の違いもあります。

また会場予定地の近くには風力発電用の風車が並んでいるような常時風が強い場所です。

これは波が出てきて風と共にボート競技には最悪の立地条件です。

それでもここを会場に決定したのです。


比して彩湖は人造湖で海水による害はなく、風も穏やかで戸田にも近く、選手の多くはここを望んでいると聞きました。

宮城は遠すぎて問題外です。

でも海の森に決定したのです。

しかも今計画の見直しが行われていますが、小池知事は宮城に前のめりです。

宮城は小池知事のブレーンが強く推しているようですが、宮城だと復興予算や民間からの寄付金も流用できると読んでいるのでしょう。

そこにはアスリートファーストの精神はみじんも感じません。


海の森案も宮城案もすべては上の方の有象無象のご都合主義で選手たちや都民に負担を押し付けているだけのことです。

一番最適な彩湖については、五輪委員会の出した見積もりが異様に高くなっていました。

しかし競技団体が業者に依頼して出させた見積は桁違いに低かったそうです。

要するに海の森でいけばあとから予算を膨らませて関係者が潤うという構図です。

そのために都民のお金が無駄に使われるのです。


すべては石原時代に行われたことですが、石原慎太郎はええかっこしいだけの中身がすっからかんの人物で、

登庁も週に一回か二回程度で、夜は連日高級レストランで公費で会食、あとは遊びほうけていたわけでしょう。

だから丸投げされた都庁の役人と議会与党と業者がやりたい放題というわけです。

もちろん石原もそれで恩を売って息子を総理にとか考えていたのかもしれません。

石原は銀行もでっち上げ、結果数千億の損失を都に与えています。

あの威張り腐ったくそ爺は、都の調査に対してゼロ回答だったようですが、都民もあんな屑を知事にしたことを深く反省すべきです。

石原は都民に対しては都立病院を統廃合し、その他のサービスも大幅にカットし続けたわけですからね。

そうして無理やり浮かせた大切な公金も公共事業で一部の連中の懐に消えたわけです。

これが公共事業というやつの正体であり、有権者が人任せで無関心でいるとこうなるということです。


今回は野心家の小池知事が都議会自民党を敵に回すパフォーマンスで当選した手前、やるだけやらないと政治生命に関わるという事情が幸いしました。

そういう裏もあってその実態が明らかになりましたが、小池知事とて同じ穴の狢です。

我々はここは知事を道具に使いやれるだけやらせるしかないでしょう。

しかし1%も期待はしてはいけません。


でも私の周辺の人たちの中には、もう単純に「女性知事の小池さんに期待しています」と熱っぽくかたる人もいます。

そういう人には小池知事の過去の行いを説明するのですが、恋は盲目状態でお話にもなりません。(苦笑)

その方が政治を深く考えなくてもいいから楽ということなのかもしれません。

結局依頼心ばかり強く、主体性のないことに気が付いていない人には、どうしょうもないということでしょう。

でもこの事例は格好の教材にはなりますので、少しは学んでくれればと思います。

しばらくして小池知事が本性を出して、信者ががっくりきたところで私は再び同じことを言うつもりです。


みんな政治を自分たちの生活を守るためのツールだという意識が低すぎますね。
 

戦闘を衝突と言い換えて、自衛隊を「戦地」に行くのでなく「衝突現場」に行ってこい、と叫ぶ、勘違い男と意識朦朧女。

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2016年10月14日(金)03時31分19秒
  https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=118399

狂気もここまでくると、彼らを精神病院へ入院させる事を真剣に有権者国民は検討しなければならない。

このブログではユーチューブで民進党の大野もとひろ議員の実に鋭い逃さない追及により、

イナダとアベの狂気?ぶりがあぶりだされているので、ぜひ見て頂きたいのだが、

アベは勉強が解らなくてヒステリーを起こした子供の有様であり、

イナダは、目が虚ろで焦点が定まらず、鬱病?ではないか?との印象すら抱かせる有様だ。

どこかでこの光景見たな!

そうだな。学級崩壊を招いてしまったクラスの担任教師とその学校の教頭とか校長の有様によく似てるな。

教師なんてのは、一旦就職すれば、定年まで安泰だ。

性的に破廉恥な行いをしなければ、まずは自分から辞めければ、居座れば居座れる。

まあ、親方日の丸のスネカジリで教師は勤まる。

これで日本の教育が上手く行くはずがあろうはずはないのだが、それはさておき、

イナダとアベは、親方星条旗で日本の資産と国民の命は自分に与えられた報酬だろうから、

嘘を言って自衛隊を戦地に送っても良心が咎めないだろう。

「戦争で死ぬんじゃない。紛争のトバッチリを受けてたまたま死ぬんだ。交通事故の巻き添えを喰らうのと同じだ。公務上の死に過ぎない。」

「こちらが鉄砲撃っても、戦闘じゃないんだ。正当防衛なだけで、戦闘じゃなくて衝突だ。たまたまぶつかった交通事故のようなものだ。」

これでは、子供がまともに育つわけがない。「虐め」は「いたわり」だと言い替える子供が増えるだろう。

これでは、靖国神社に死亡隊員を祭れませんわねえ。

救急車を国民は用意して二人を乗せて、精神科医師の診察を受けさせるべきだろう。狂気を装った行いならば犯罪だから、告発して逮捕しなければならない。

既にそのような事例であると考える。
 

米国の馬鹿な戦争金融資本勢力。すぐそこに迫った金融システム破綻から発するUSA体制の分解を米国民に忘れさせようと、シリア、アフリカ、ウクライナ、東アジアで戦争拡大を計画。

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2016年10月14日(金)00時37分22秒
  http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201610130000/

まあ、そんなところだ。

手っ取り早いのは米国内を戦場にすれば、米国民は金融破綻も財政破綻も米国の分解も忘れるだろう。

自分の命と生活を守ることに必死となり、国の事なんかにかまっていられなくなるからだ。

先の大戦末期の日本国内と同じになる。

空襲を避けて闇食料の買い出しに必死となった。

ところが、米国の支配者は国内の資源と生産力はフル稼働させることなく、世界中に寄生して収奪に励んできた。

だから、国内を戦場とはしないのだ。ズル賢い奴等なんだ。

彼らは浪費が上回って、米国会社を「計画倒産」させるつもりなんだ。

御目出度い日本極楽島はせっせとジパングの名に恥じず、お金を盗賊に貢いできた。

盗賊は浪費して、計画倒産だ。

どうやって、計画倒産するかと言えば、隣近所(世界中の火をつけやすい所)に放火して、自分は会社を夜逃げしてたたんでしまうというわけだ。

残された会社は、空洞の空き家で金も財宝もスッカラカンで米国民は、夜空の野原に放り出されるというわけだ。

だから、陸軍参謀総長とやらは、近隣に火をつけまくるよ、と放火宣言をしたというわけだ。

日本のアベとかイナダとかいった何も判らない催眠術にかかった復古ロマンチストは、火付け放火の下働きをしてお手伝いに励もうというわけだ。

逸れも、自分達が日銀も引き込んで国民の財産をくれてやった相手が夜逃げするのを手伝う為にだ。

明治維新の終着駅はこれだった。

終着駅は体制破綻駅だった。もう先に線路は走っておりません。

乗客の国民の皆様、ここで全員降りて下さいませ。
 

“逃走”した石原元都知事の側近・浜渦氏「悪い奴は他にいる」。病気は利権中毒だろう。

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2016年10月13日(木)00時29分37秒
  一体、誰と誰が利権追求の真犯人達なのだ? ゼネコンと大企業が裏で絵を描いて夢見心地の政治家気分の半小説家の慎太郎を引き回したのか?

東京五輪もその類だったのではないのか?

五輪誘致なんて安易過ぎる発想ではないか。

戦後日本では戦争は出来なくなったので、壊して造る「土木建設」に公金を引き出して、税金を奪い取る大規模寄生中毒が止まらなくなったのではないのか。

清原君の覚せい剤中毒と同じ有様。

これが米国では「戦争中毒」なのだ。

https://gunosy.com/articles/Rf2ML
“逃走”した石原元都知事の側近・浜渦氏「悪い奴は他にいる」

(以下転載)

「9月、石原さんから電話があり、『なんでお前が代表で東京ガスと基本合意を結んだんだ』と質問されたから、『何言ってるんですか、石原さんが私にやれと言ったんじゃないですか』と答えました。東京ガスとの交渉は前任者の福永(正通)副知事がやって断られた。次に私が任され、困難な交渉を実現した」

なぜ、汚染が予想される土地に移転を決めたのか。

「私じゃない。都庁の役人が豊洲に移転候補先を絞り、石原さんに説明し、決まっていった。東京ガスの土地の汚染は知っていたが、築地の地下も汚れている。『基本合意』の時には、東京ガスが土壌をきれいにすることになっていた」

だが、結局は都が土壌汚染対策費として850億円を支出し、浜渦氏は05年7月、副知事を辞職している。

(転載以上)
 

小沢さん・山本さんが党名を「自由党」に。一方のアベ政権は解散総選挙の「無理心中」に国民を引きずり込む計画。

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2016年10月13日(木)00時05分57秒
  政治が動き始めています。いや、既にかなり動いて来ています。

日本で、そして、前から米国で。

魔女然としたヒラリーか、ジョーカー然としたトランプが大統領に就任するでしょうが、

魔女?は健康不安であり、既に影武者を疑う声すら出ていて、副大統領を誰にするかに注目すべきでしょう。

ジョーカー?は万能ですから、アット驚く大転換をやるには打ってつけの人物でしょう。

日銀は「白旗」を掲げたも同然で。打つ手なし「弾切れ」を表明したと言えましょう。

では、戦後日本の売国政治は日本国を敗戦処理に向かわせるのですが、

敗戦は、再出発でもあるので、それに向かっての動きが既に始まっているのではないでしょうか?

小沢山本党が、昔の党名を敢えて?引っ張り出してきた理由があるだろうと、考えて来ていたのですが、

保守層の思惑と動きに流動が生じて来ているのではないかと考えられます。

私のような全く保守とは無関係な人物には具体的な動きには無縁であり、それで「自由党」の党名にも違和感を抱いて、「昔の名前」なんて皮肉っぽく書いたのですが、

アベ政権と日銀の無理心中を、心中未遂の独り死亡に至らせる為に、

あたかも豊洲の空洞基礎の有様の如き、国家権力に国民の政治主権の支えが空洞な明治維新由来の近代日本政治機構では、宮廷革命のような暗闘によってのみ、時代の変化への対応が可能となるようです。

第二次大戦終結のポツダム宣言受諾の意思決定も、宮廷革命的に謀略的努力によって実現可能となったものです。

明治国家体制は、敗戦によっても自らを総括出来ない体制であったので、戦後に日本国民は新しい体制を自らで造り出す事は出来ませんでした。

しかし、明治維新体制が整う直前の蝦夷共和国において日本の民主政治体制は戊辰戦時下ではあったが小規模であったが実現していたのであり、その後の各地での憲法草案の発生時点まで遡って出直せば、日本国民の政治主権行使は今後において十分に可能なのです。

天皇陛下におかれては、昭和天皇の「人間宣言」以来の天皇神格化拒否いいかえれば「天皇の自由宣言」を主張する御立場を貫かれて居られるのであり、

天皇利用の明治宗教国家観念に囚われて身動きできずに売国奴に転落した自民公明官僚機構の断末魔の「無理心中」の荒縄から逃れる努力を我々国民は探らなければならない時が来たと言えるでしょう。

http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000085390.html
「生活の党と山本太郎となかまたち」→「自由党」に

(以下転載)

再び自由党という名前にした理由については「自由党の時が一番、政治理念がはっきりして、筋の通った活動ができた。保守層の票を獲得したい」と強調しました。

(転載以上)

http://www.uta-net.com/movie/4410/
昔の名前で出ています。

http://9123.teacup.com/uekusajiken/bbs/13923
小沢党首、「昔の名前で出ています」と、もしかして?なるのか?

 

二階氏 選挙「風吹き始めた」

 投稿者:rappp  投稿日:2016年10月12日(水)15時28分11秒
  .記者会見する自民党の二階俊博幹事長=7日午前、国会内(時事通信)
「風が今吹き始めている」 自民・二階氏、選挙準備促す
 自民党の二階俊博幹事長は10日、和歌山市内で記者団に、「選挙の風が吹いているか吹いてないかと言われれば、今もう吹き始めている。これだけだんだん風が吹いてくると、今、準備に取りかからない人がいれば論外だ」と語った。近く衆院の解散総選挙がある可能性を念頭に、同党議員らに選挙準備を急ぐよう促したものだ。(朝日新聞デジタル)


二階君の位置づけ
常に強者にすり寄ることでポストを得てきた人
安倍君の広告塔
自分もええカッコをしながら安倍広告塔の役割を果たしている
と見たら良いのではないか
裏がある場合もあるだろうけれど、可成り解散総選挙が濃厚な臭いがする

過去分

解散総選挙

解散総選挙という言葉が最近出てきました
この情報は政権が流していることを、まず押さえておきましょう


マイナンバーの記事が影を潜めています、しかし、この狙いは貫徹される
壊憲も影を潜めている、これは安倍自公維新政権の重要事項、やがて壊憲に邁進する

それを悠々と行うための下地作りが
解散総選挙でしょう
自公維新を圧勝させる


支配の根幹はムサシによる不正選挙
次回総選挙はもっと大大的にムサシを出動させるはず

この視点が、経過の中で顕在化してくるのかどうか、注目して欲しいと思います
 

アベ自民党の「万歳突撃」・「国と国民への自爆テロ」としての来年1月解散。陛下の生前退位御希望表明にも慌てたか!?

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2016年10月11日(火)00時36分13秒
  http://blog.livedoor.jp/jlj001/archives/52152207.html

さてさて、この本土決戦的万歳突撃は、米国大統領選挙の先行き不透明感に対するアベ達の不安の表明でもあるだろう。

一方で陛下は生前退位を希望しておられる。

アベノミクスの隠すことの出来ない日本経済社会の破壊作用は、年末から来年にかけてさらに顕在化する。

ここ最近において、米国の軍部をはじめとする戦争拡大勢力が、シリアにおいてロシアとシリアを相手にする戦争まで規模を拡げたいと動いているのは、背景として、米国の隠された経済破綻が救いようが無くなって(日本の国富をも食い潰してしまうので)、大崩壊を避けられなくなるから、それに対する米国民の不満・反抗を戦争危機によって逸らせてしまおうとの魂胆からであろうと考えています。

それで、朝鮮半島においても北朝鮮を挑発して米韓軍事演習をまたまた始めているのでしょう。

であるから、日本の属国政権のアベも不安で怖くて堪らないから、総選挙でも打たなければ、他に逃げる道がないのでしょう。

まともな政策を行う余裕なんか…もう無いのです。
 

小沢党首、「昔の名前で出ています」と、もしかして?なるのか?

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2016年10月10日(月)02時11分1秒
  http://www.asahi.com/articles/ASJB75PXQJB7UTFK019.html
生活の党「自由党」に変更検討 小沢氏意向、山本氏は?

アンケートの後で両院議員総会を開いて党名を決めるとのことであるから、党名はどうなるか今のところは判りません。

しかし、そもそも小沢さんがかつての「自由党」の名前を第一候補または叩き台として出して来た真意が私には判らなかったのです。

過去の党名を今更出してみても、「昔の名前で出ています」と小林旭さんが歌ってヒットした歌のような渋い魅力をアッピールするだけではないか?と考えて、

「小沢さん、一体どうしちゃったのかな?」と思ったりしたのですが、

しかし、もしかして?

と考え直しました。

「自由党」とは、私は好きなネーミングではありませんが、しかし、もしかして、

小沢さんにおいては拘りのある捨てがたいものであるかもしれないのです。

それは、民主党と合同する前の党名なのであって、

民主党との合同が、結果として自民党や官僚機構の保守反動売国利権勢力に潰されて崩壊した今であれば、

合同前の、元に戻っての出直しではじめようとの思惑を込めたものであるかも知れません。

小沢さんの真意は判りませんが、もしも今書いたようなものであれば、

新たな「合同」を目指してのものであるかも知れません。

党名がどうなるかは判りません。

私は「自由党」の名は廃案にしてもらいたいとは思ってはおりますが、そうなったらそれでよいでしょう。

ちなみに、日本共産党は解党して、小沢さんと山本太郎さんの率いる党と合同したら良いと思います。

そうです。マルクス・レーニン主義を党の主義から外して民主的共和的政党を目指せば良いのです。

この際、個人的にこの思想を持っていても構わないのであって、政党の思想を一元的なものとしなければよいのです。

旧社会党の多くが民主党に入ったようにすればいのです。

マルクス・レーニン主義を捨てきれず、政党の思想をこれで一元支配しなければ気が済まない人達は、別の政党組織を造れば良いでしょう。

まあ、小沢さんと山本さんの党の新しい名前なんか、何でも良いのであって、日本の政治を担うことの出来る政党が出来れる核となれば良いだけの事です。


 

2011年(福島第一原発の爆発)以後に、日本の人口がそれまでと違って、“極端に減少”。大量殺人的有り様ではないのか。

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2016年10月 9日(日)00時13分43秒
  https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=117892

毎年20万人台の減少です。

それまでは、僅かながらですが人口が増えていた年が多い。

ついでに皮肉を言えば、

原発爆発で人口が極端に毎年減って、

それに反比例して、

害虫のような自公政権が発生して、その後、害虫は異常繁殖してしまっている。

つまりは、この害虫は国民と国の財産を喰って繁殖を拡大させているということだな。

国民の免疫力が今のところは衰えて負けている。
 

天皇陛下のお気持ちとその年の全般的天候の関連性。

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2016年10月 8日(土)01時35分30秒
  一昨日6日(木曜日)のNHK夜のニュースをたまたま目にする機会があった。

私は自分からNHKニュースを選んで見る事はないのだが、たまたま流れていたのを目にしたので、何気なく眺めていたのだが、

今年の天候の大きな特徴であるところの、9月の日照時間の極端な少なさについて解説していた。

1980年代から今までのデータを出して説明が行われていたのだが、

今年の極端な日照時間と同じ年があって、それが紹介されていた。

それは、1988年だった。

時にはNHKも役には立つものだ。

1988年の9月の日照時間は、今年とほぼ同じだった。

これを見て納得した。

「やはり、そうだったのではないか。思っていた通りだったのではないか。」と思ったのだった。

思っていた事とは、

「今年の雨の多さと台風襲来の多さ、それによる日照時間の少なさは、天皇陛下のお気持ちと関連しているのではないか」と思ってきたなのだ。

即ち、天皇陛下は生前退位の御希望を表明されたのだが、それは日本の極近未来の有様への危機感と御自分の御高齢による対応力の危機感により、是非とも壮年天皇に地位を移譲し、天皇の御力の発現を実現させなければならないとの、

強い危機感を常日頃に抱かれるに至って居られる故ではないか、と考えて来ていた事なのだ。

1988年とは、昭和天皇の御崩御の前年であり、昭和天皇の御容態を天候が象徴していたと考えられる。

私は、当時を思い出したのだった。例年になく雨がよく降った年であり、作物の出来は悪く、当時の私は、「天皇の御容態を天候は示すものだな」と考えていたのだった。

昭和天皇は、御容態が宜しくなかっただけでなく、当時の日本の経済社会が崩壊の危機を迎えつある事を御心配しておられたと考えられる。

何しろ、御崩御の年1989の翌年1990には日銀による売国的日本経済破壊の核爆弾爆発とも言うべき不動産総量規制が発動されたのであるから。

今上陛下は、昭和天皇の1988年の御容態と同様ではない。

では、どこが同じなのかと言えば、

「抱かれておられる危機感」であろう。

これほどまでに天皇陛下がそして御傍について御同様に陛下の危機感を共有しておられる皇后陛下とごく陛下に近い皇室の方々の危機感をよそに国民は何食わぬ顔で悩み、そしてその悩みに負けて、国民の主権を奪い取り、国家権力を盗み取って国家財産を奪い取り、外国に貢いでいる売国奴共を駆逐しようとしない無責任の有様は、人としての地位を自ら捨て去ったところの家畜にも劣る転落堕落である。

これは、不誠実・不忠・不道徳の極みである。

有り難がって、お願いばかりして、自分たちは御返ししようとはしないではないか。

ご都合主義で有り難がっているだけで、本心をもって誠意をもって対応しようとは決してしないのだ。

だから、いつまでも解らない。文化財とでも考えている。

アホノミクスの鞭と刃による国民の困窮の姿は、いつまでも成人しない親不孝息子娘の放蕩三昧の挙句の野垂れ死にとか身投げに例えられよう。

その国民の姿の典型例として石原慎太郎がある。

ある意味で、石原慎太郎は日本国民の典型例であり、日本人の顔であるとも言える。

呆けた狡い老人の顔である。
 

豊洲問題、ますます真相が迷路? 石原慎太郎の迷走頭脳の如し。都が責任を他に擦り付け?

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2016年10月 7日(金)10時28分31秒
  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161007-00000003-mai-soci

意図的擦り付けなのか、はたまた杜撰なのか?

もう、豊洲移転は無理でしょう。

五輪をやってもやらなくても後で使えるような安普請の競技施設につくりかえるのが無難であり、完成していない豊洲市場は早く解体を決めた方が良い。

東京都銀行と同じような歩みとなってっきた。

石原耄碌都政の残骸だ。彼は惚けていると思います。

惚けは部分的に始まって拡がる藻のですから、一面を見れば正常な判断力を保持しているように見えるが、実はマダラ頭脳と考えて良い。

知事の時に既にどうだったのではないか。

彼の過去から現在までの暴言・放言もそれに由来する可能性が高い。

傲慢と無教養が惚けを招いたのではないか。この二つによって知性のバランスが崩れて孤立知性の病としての認知症に至ったのであろうと考えるのです。
 

スプートニク(旧ロシアの声)★ヒラリーはウィキリークス創設者アサンジ氏をドローンでの暗殺を企てたようです。

 投稿者:sagakara  投稿日:2016年10月 4日(火)21時47分44秒
  スプートニク(旧ロシアの声)2016年10月4日
ウィキリークス:クリントン氏はドローンを使ってアサンジ氏を排除したかった

まもなく10周年を迎えるウィキリークスがこの間公開された情報に関する統計データを発表。その中には真にセンセーショナルなものもある。
https://jp.sputniknews.com/us/20161004/2856958.html
ウィキリークス管理部によれば、ヒラリー・クリントン氏にはジュリアン・アサンジを排除する計画があった。

それによると、2010年11月、クリントン氏は米国当局と会談し、ワシントンを妨害するポータルを問題化した。

クリントン氏はその際、仲間らに、単純にドローンによってアサンジ氏を「除去する」ことは出来ないのかと尋ねたという。

彼女はまた、彼に米国領土で安穏と生きさせ、歩き回らせるには及ばない、と述べた。 現在これらのデータは検証が不可能になっているが、記者会見の中でクリントン氏の選対本部の代表はこの情報についてのコメントを拒否、

ドナルド・トランプ氏に話題を移した。 先に伝えられたところでは、ヒラリー・クリントン氏は国務長官時代にロシアで機密文書を忘れてしまった
 

解散総選挙

 投稿者:rappp  投稿日:2016年10月 3日(月)13時08分10秒
  解散総選挙という言葉が最近出てきました
この情報は政権が流していることを、まず押さえておきましょう

かつて、衆参同時選挙はある、と私は断定的に見ていました
経過は
参院選のみ
自公維新圧勝 壊憲発議の2/3確定
基本のシナリオは継続している!


マイナンバーの記事が影を潜めています、しかし、この狙いは貫徹される
壊憲も影を潜めている、これは安倍自公維新政権の重要事項、やがて壊憲に邁進する

それを悠々と行うための下地作りが
解散総選挙でしょう
自公維新を圧勝させる

白鳳だって、取り組みの手口を何場所にも渡ってシナリオ化している?

参院選
都知事選と
ムサシによる不正は加速した、と感じてきました


参院選直後の私の書き込み
・2閣僚落選
どうということない閣僚
沖縄と福島
不正選挙のカモフラージュで落選させた、と思う
落選させることで、従う者が増える、批判者はなくなる
私の確信


支配の根幹はムサシによる不正選挙
次回総選挙はもっと大大的にムサシを出動させるはず

この視点が、経過の中で顕在化してくるのかどうか、注目して欲しいと思います

 

生前退位に「一代限り」の措置―特別立法

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2016年10月 2日(日)01時20分13秒
  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161001-00000016-jij-pol
生前退位の時期明記=政府、「一代限り」の措置―特別立法


(以下転載)

 特別立法で元号を使い退位時期を定める理由について、政府関係者は「新たに天皇が即位し、元号も新しくなれば、その特別法は効力を失う」と説明。具体的に「平成」とすれば、特別立法が今の陛下にのみ適用され、一代限りの特例措置との位置付けを明確にできるとみている。

(転載以上)

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160907-00000185-sasahi-peo
雅子さま「本格復調」 皇室ジャーナリストが実感した瞬間〈AERA〉

(以下転載)

近重:宮内庁の幹部がご公務の軽減を提案しても、陛下はかたくなに拒まれてきたと言われています。陛下には、天皇の仕事は天皇が務めるべきで、代理を立てるべきではないというお考えが強くあったのだと思います。「お言葉」の中に、摂政についてよく思われていない表現があったことからも、「象徴天皇」は、しっかりと務められる世代の方が務めるべきものだというお考えが伝わってきます。

(転載以上)

アベ政権は、生前退位問題に行く手を阻まれたくないので、時間をかけずにかわしてしまう方向に向かったようだ。

問題の先送りを選択したということだろう。

これは、陛下においても国民の我等においても、結構な事だ。

アベはかわして逃げようとした。しかし、それは陛下と我々においては好都合なのだ。

その理由とは、

この問題をアベに憲法改悪に利用されずに済む。
右翼評論では、今上天皇を憲法違反者と見做す者まで現れているので、天皇の御意志を憲法改悪に利用してゆくこともあり得る。
「天皇が違反しているのだから、国民も憲法を変えてしまおうではないか」と訴えることが有り得ることになる。

また、皇室典範そのものをアベが変えようとすると、憲法との整合性の問題に繋がって行く。
これも危険だ。

実際に生前退位が行われれば、一代限りの立法によるものであっても、「先例」となるのであって、その後も同様の立法を繰り返す事が容易となる。

このように考えると、

今上陛下の勝利、ということになる。

実際にそうなれば画期的な事となる。

要するに、今上陛下は、

「天皇」を正常に機能させて行きたいとの強い意志を発現されたのだ。

私は、「アベは負けた」と見るのである。

さて、アベ自民公明政権それは本質的に国民と国家に背いた私的利益追求の権力機構に転落した官僚幕府(末期鎌倉幕府と足利幕府と同類のもの)=(維新宦官馬鹿府)なのであるが、

もうすぐそこに、この体制の破綻が迫ってきている事を自覚しているようであり、

「衆議院解散」を年末から年初にかけて行って、この上さらなる烏合の大多数を確保して、その体制崩壊に備えようとしているのではないか。

自民党衆議院議員の真新しいポスターが、わが町でも突然に貼り出された。

民進党がレンポウ女性党首となって組しやすしと考えたのではないか?

自公は今のままでも圧倒的に多数派であるのに、それでも不安の御様子だ。

で、生前退位問題に足を引っ張られてはたまらないとでも考えたのだろう。

右翼評論家達は、このアベを厳しく批判するだろう。

一方、天皇陛下は生前退位を実現して、近くに迫った近代日本明治維新体制の大破綻とそれからの再生に出来る限り万全に近く備えたいとのお考えであろうし、その時において、「天皇」を出来る限り最大限に近く機能させたいとのお考えなのであろう。

悪と善との戦いが展開されるのだ。

国民も審判を受けることになる。
 

日銀 ETF買いでした

 投稿者:rappp  投稿日:2016年 9月30日(金)18時45分14秒
  今日の日銀は
ETFを733億円買いました

にも拘らず
日経平均は -243円

外人は日本株を売りたくてしょうがなかったようです
日銀が買っているのに243円も下げるということは
外人が遥かに多く売ってきたということ
彼らは益を出すのが目的
それと逆の事をしている日銀は、益を出すのは目的ではないということ

ETF保有高
16年末   11兆円
17年末   17兆円
18年末   23兆円
この数字の並び方がおかしいのは
毎年6兆円買い持ちが増えて行くだけなのです
そして、後2年と少しすれば
日銀の株の買い持ち23兆円
勿論巨額過ぎて売ることは出来ない、これは100%確実
もう一つ確実なのは、日本は歴史上例外の無い斜陽の国
日銀の持ち株は暴落を免れない

確定した絶望への行進
こんなことをやってる国は
安倍自公政権の日本以外ない!!
政権べったりのマスコミ!
羊の大軍!!
 

日銀の資産 毀損は急速

 投稿者:rappp  投稿日:2016年 9月30日(金)09時24分1秒
  何と、証券関係者も怒り出した

日銀資産
7兆円 16年3月

 年間6兆円のETF買いだから
 
ETF保有高
16年末   11兆円
17年末   17兆円
18年末   23兆円
今までと同じペースで株価下落として
18年末の評価損 10兆円!!
 資産7兆円しかないのに10兆円の損失だぞ
 会社ならとうの昔に破産じゃあないか

同様に、年金破綻に向けてまっしぐら

日銀と年金が買い支えまくる市場は
基礎が良くないわけで
外人は売る
外人の売りを受けてきたのが年金と日銀
というか、外人はこんな不健全な日本市場からは逃げたい
その逃げ場を、日銀、年金が提供してやってる
、という形

このカネは私達が出していく
 

国民の政治無責任国家である日本は、米国により戦争参加と経済破綻の地獄へと引き込まれることになった。

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2016年 9月30日(金)01時00分15秒
  http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201609290000/

ゲスの極みではなく、

これを、

無責任の極みと言う。

米国が行う戦争の武器弾薬の補給を担わされて、産業界は潤うとでも勘違いしているのではないか。

戦争で米国の産業と経済は破綻したのですが、それが判らないようなのです。

愚かと評する他にないが、こんな奴等に国民は従ってはいけませんよ。
 

アベセイケンの仕事は、米国の財布として日本国財産を使うこと。米国に命令されて、キューバにもトルクメニスタンにも「投げ銭」。人の金だから痛くない。

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2016年 9月30日(金)00時47分38秒
  キューバやトルクメニスタンだけではありませぬぞ。

何せ、米国が海外援助しない分をアベセイケンが引き受けていると考えて良いでしょう。

そうです!

汚倫ピックの山兆円への「怒り」への扇動は、米国命令によるアベの国富投げ銭さらにインチキ・アベノミクス(年金破綻招き+日本金融機関の経営破綻危機招き)から目を逸らさせる為の、

策略と疑うことが出来る。

森を叩いてアベを逃がす。

いっそのこと、海外援助するならば北朝鮮にやったらどうですか?

いや、最後に米国は、日本にそれを命ずる可能性は考えられます。

かつて、米国は日本に韓国経済を浮上させるために日本に韓国への技術援助や資金援助を命じたのです。

韓国の自動車業界の自立化は日本の自動車メーカーの援助によってなったものです。

韓国のその他の産業自立化への日本の産業界の貢献は、その決め手となったものでした。

米国はベトナム戦争敗北後においての世界的規模での東側共産圏の政治経済の攻勢に対抗するために、朝鮮半島では韓国を経済的に強力化して北朝鮮に備えて対抗させようとしたのです。

しかし、韓国自身には経済自立活性化の力はなかったのです。

それで、米国は、

自分自身の経済力もベトナム戦争の戦費で疲弊していたので、

日本に、「おい、韓国に面倒見てやれや」と命じたであろうと私は考えています。

日本の産業界は、自分を脅かすようになるであろう相手を育てる愚を行いたくはなかったでしょうが、政治を米国に支配されているから、抵抗の仕方なんかできなくて、応じたということでしょう。

日本人は抵抗精神なんか無い弱虫優雅民族なのです。日本人に抵抗の金玉なんてないのです。あるのは自己満足の大日本帝国の妄想でしかないのです。

自己満足は妄想の覚醒剤だからなかなか止められません。

中毒なのです。アベセイケンの日本会議は、覚醒剤中毒患者の群れです。

米国に韓国経済援助を命じられた時に、「それは出来ない」と殺される覚悟で産業界も政界も言うべきだったのです。

又は、見返り要求すべきでした。在日米軍の半減化を要求しても良かったのです。

今後は、北朝鮮を安全な国へと誘導して、朝鮮半島の平和化、つまりは朝鮮戦争を終戦とするには、北朝鮮への膨大な支援が必要とされます。

米国は支援なんかしません。

日本の傀儡政権に命ずるでしょう。

韓国も中国も金銭支援はしないでしょう。

朝鮮半島の平和と引き換えに、日本は貧窮国家に転落して、経済的にも中国と朝鮮半島に命じられて従う地域に転落するのではないでしょうか?

無責任四島土人集団の人でなし部族の自己責任的末路なのかも知れません…が、そうであってはいけませんよねえ、皆さん♪
 

五輪費用 最大3兆円超 の国民負担

 投稿者:rappp  投稿日:2016年 9月29日(木)21時24分29秒
  9・29朝日夕刊 一面メイン記事

五輪費用 最大3兆円超
都調査チーム 見直し提言
変更 森氏「難しい」

変更 森氏「難しい」とは
変更して欲しくない、ということ
企業・金持ち・政治屋の取り分が減るからねえ
しかし、こんな見方もある
祭りなのだから、それぐらいは良い、とも言える
問題は、3兆円が、特定の者の懐を温めるためのもの、という性格が強いこと
幼児以上の国民の負担額、一人頭3万円だ


そして、以下はどうだ!!
風太さんに教えてもらったものである
この記事は知らない人も多いだろう
なにせ、虫眼鏡で見ても気がつかないかもしれないほど小さな記事だった?
いや、記事にすらならなかったのだろう

トルクメニスタンに、2兆2千億円もの資金を援助
トルクメニスタンは世界一の独裁国家である、右に出る国はない!
人口500万人
一人への支援金40万円になる
私たちの出す金額は、赤ちゃんも計算に入れて
一人頭2万円
5人家族なら10万円出してることになる

この2つの記事の紙数の違いは何なのだろう??

もう少し言ってみよう
安倍君による”対外援助” 70兆円
五輪費用3兆円が随分少額に見えるではないか
 

新聞記事見出しから政権の特質を考える

 投稿者:rappp  投稿日:2016年 9月29日(木)11時25分41秒
  年金トップの報酬 昨年倍増

GPIF理事長報酬3130万円
昨年度倍増、でも運用損5.3兆円

 年金の運用損は
この一年で
11兆円である!!
 今頃昨年度という誤魔化し

理事長の権限は大きいのだろう
そのポストに、うだつの上がらなかった低能力の御用聞きを入れる
報酬を上げてやったら何でも言うことを聞く?
これが現政権の常套パターン
安倍君の取り巻きも小物ばかりだね

年金は政権のポケットマネー ?
主要な株を買わせ、米国債を買って円安誘導
その謝礼は巨額?

年金のみが生活の糧の者が多いのに
何故怒らないのだろう
年金破綻の確度100%?
羊の大群!!

参考

カリフォルニア州の公務員の年金基金カルパース
年7,75%の運用益目標

 ハーバード大の基金ファンド
   運用益10%
    大抵のファンドはこれぐらいの運用益を上げている、と書かれていました

公的基金は運用益を出して当たり前
多くのプロが良い運用益を出そうとしてやっているんだから

対して、日本の年金
 公的年金、運用損5.2兆円=過去3番目の赤字―4~6 月・GPIF
たった3か月でだぞ!!
株の大損と円安誘導が目的のドル買い米国債買いの損失が主
少なくした、国内債券は益
なお、安倍君で株式運用比率を4倍にしたことも憶えておきたい

疑いようのないのは
年金の運用?は、運用益を出すのが目的ではないということ
運用益を出すのが目的ではないから運用損になってしまう!!




全体主義 まっただ中

首相の所信表明演説中、一斉に起立・拍手
自民、若手議員に指示か
野党には「自然発生的」と説明

この風景は国会には似合わない

裏金の集中のすごさが伺われる

仮に「自然発生的」であるならば、とても恐ろしい状況である
そうでなくとも、そんな状況を目指していると言える
全体主義 まっただ中
異なる意見は暴力的に迫害される状況
ファシズムの特質!!
 

宮内庁人事への関与について

 投稿者:風太  投稿日:2016年 9月27日(火)03時49分52秒
  山本信一郎次期長官は、NHKが陛下の意向を報道したときに、「そうした事実は一切ない」と再三にわたり完全否定した人物ですね。

後任次長の西村泰彦内閣危機管理監は、異例の人事で就任し、そのまま「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」に参加するわけです。

もうまさに青トマトさんの指摘通り、官邸が天皇陛下に露骨な圧力をかけたということになります。

私はこの動きを見ていて、徳川家康の朝廷への圧力に対して、譲位で対抗した後水尾天皇を思い出しました。

しかも安倍政権は絶対的権力者ではなく、国民の信託を受けて成り立つ内閣なのです。

その国民の9割は陛下の意向を支持しています。

もはや安倍政権は民意に背を向けているといっても過言ではないと思います。

民意を否定するということは、民主的手続きで成立した政権をも自己否定したということです。



写真は全国戦没者追悼式で、厳しい表情で安倍総理を見つめる天皇陛下

 

やはり、天皇と皇室への監視圧力強化目的だったか! 悪事は出来ぬ。25日は孝明天皇の月命日だ。バレたな。

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2016年 9月26日(月)01時43分59秒
  http://www.jiji.com/jc/article?k=2016092500057&g=pol
官邸、宮内庁にてこ入れ=お気持ち表明で不満

(転載)

宮内庁幹部の異動は春が通例で、風岡氏も当初は来年3月末まで務めるとみられていた。政府関係者は、退任が早まった理由について「お気持ち表明に関し、誰かが落とし前をつけないと駄目だ」と語った。
 陛下の生前退位のご意向が官邸に伝えられて以降、杉田和博官房副長官らは、退位の自由は憲法上認められていないと判断し、負担軽減策の検討を進めていた。そうした中で陛下のお気持ち表明の動きが表面化した。官邸は宮内庁に対し、「陛下が思いとどまるよう動くべきだった」(関係者)と辛口評価だ。
 宮内庁次長には、事務次官経験者が各省の顧問などを経て就任する例が多く、西村氏の「官邸直送」は異例。警察出身者の起用は22年ぶりで、同じく警察出身の杉田氏の意向が反映されたとの見方がもっぱらだ。西村氏は、来月から始まる「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」の事務局に宮内庁を代表して参加する。

(以上転載)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AD%9D%E6%98%8E%E5%A4%A9%E7%9A%87
孝明天皇(こうめいてんのう、天保2年6月14日(1831年7月22日) - 慶応2年12月25日(1867年1月30日)は、江戸時代の第121代天皇。在位は弘化3年2月13日(1846年3月10日)‐ 慶応2年12月25日(1867年1月30日)。諱は統仁(おさひと)。仁孝天皇の皇子、明治天皇の父。

http://www.jpreki.com/koumei/
「毒殺説」まで出ている。


そもそも明治国家体制は、孝明天皇の排除から出発している。

まったく討幕派に好都合な時に、35歳の若さで天皇が崩御されることは不自然であり、若い操りやすい天皇に入れ替えてしまえといった考えで動いたことが推測されている。

そうであれば、これは足利尊氏の北朝天皇を造り上げた事と同一の事柄であり、反天皇の行いでしかなく、

足利幕府が内紛から崩壊に至り、下剋上の戦国時代を招いたのは、天罰である。

大日本帝国が敗戦を招いて崩壊したのは、孝明天皇に対する反天皇の行いへの「天罰」であったと私は解釈できるのではないかと考えている。

孝明天皇排除の動き(それが存在したであろうと私は考えているが)は、同類を招くものであって、2・26事件を起こした将校達の間では、昭和天皇が不都合であれば、皇室から別の天皇を立てようとの考えが存在していた。

これは、天皇の何たるかを知らない反天皇の考えである。

玉音放送のレコードを奪って降伏を阻止しようとした近衛師団の反乱将校達も反天皇の行いである。

このように、同類が続出したのは、そして今また大日本帝国の亡霊のアベ政権が天皇を座敷牢に閉じ込めて置こうとするのは、

それは、明治国家の出発点が、

孝明天皇排除の反天皇行為であるからと考えられる。

そう、明治国家体制は、反天皇体制なのであり、その死に損ないである、戦後亜流民主体制は明治国家体制の衣替え体制に過ぎず、

それ故に、当然ながら、「反天皇」の体制であり、不忠体制であるに過ぎない。

またまた、天罰喰らうであろう。

さて、次の時の流れを見て頂きたい。

昭和天皇の崩御  1989年〈昭和64年〉1月7日)

不動産総量規制  1990年(平成2年)3月27日に、当時の日本の大蔵省から金融機関に対して行わ

         れた行政指導。1991年(平成3年)12月に解除されるまで、約1年9ヶ月続た。

今上陛下が、何を恐れられていて、対策を講じなければならないと、考えておられることが何であるかを、

我々国民は、感知しなければならない。

昭和天皇崩御の約一年後に、日銀はバブル破裂の引き金を引いたのだ。

これは、約半年以上の準備を経て実行されたものなのだ。

私は、バブル破裂の政策準備が進行しつつあるとの情報を、当時掴んでいたが、具体的に何であるかまでは知ってはいなかった。

2020年の東京オリンピックまで日米の無理な金融救出のバブル維持は続けることが出来ないだろう。

崩壊は、あと数年で確実に到来し、戦後日本の経済政治体制は確実に崩壊する。

その時と前後して、今上陛下の老齢化の進行が重なる事を、

陛下は避けたいとお考えなのだ。

戦後日本の政治経済秩序の崩壊と再生を、壮年の天皇でもって迎えたい、とのお考えなのだ。

昭和天皇の戦後直後の全国行脚、そして今上陛下の3・11後の東北行脚、その二つの事例から考えられて、次の「崩壊への癒しと再生への励ましの行脚」を、壮年の天皇で担ってもらいたいとのお考えなのだろう。

日本国民は、天皇にお世話ばかりしていただいて、天皇の御言葉に応える事なく、恩義に報おうとは決してしない者たちが殆どなのだ。

親のスネカジリの親不孝者息子娘たちであるのが、残念ながら実態だ。

それでも無私の天皇は、そのことをよくご存じの上で、次の崩壊において、そのような国民を励まされようとのお考えであろう。

単なるアベ政権への異議申し立てなんかでは断じてないのだ。

ましてや、早く引退したいからではない。

愛によるものである。愛がどうして判らないのか。

それが判らない、天皇知らずの不忠者政治権力の末路は、それは明らかである。

 

宮内庁長官の交代と新次長の就任は、もしかして「生前退位」を希望して主張されている天皇陛下と皇室の方々への強圧を目指す動きでは?と疑う。

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2016年 9月24日(土)00時36分34秒
  http://www.jiji.com/jc/article?k=2016092300219&g=soc

次長は、元警視総監だそうです。

実態を窺えないので、判断がつきかねますが、天皇陛下への応援となる動きなのか、又は、

表題に書いたような、強圧なのかも知れません。

「監視」を強め、自由を奪うことを目的とする動きかもしれないことを疑い警戒すべきではないでしょうか。
 

/175