<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL


日本のドラマをあなどるな そこには確固としたメッセージがある

 投稿者:風太  投稿日:2021年 7月25日(日)04時07分44秒
  以下先日まで放送されていたドラマ「ドラゴン桜」のなかの一シーンです。
阿部寛演じる桜木弁護士が生徒に語り掛けるシーンにおける名台詞です


桜木 お前らがなんでバカなのか 教えてやろうか それはなあ お前らがモノを知らねえという事だ
教科書に載っている知識の事ではない 世の中の実態と知識を知らねえという事がバカなんだよ

桜木 お前ら今世界がどういう状況下わかるか 未曽有の危機だ
疫病天災それによる経済の麻痺 想像もしなかったことが次々とおきている
さらに戦争だっておきるかもな
かつての常識は通用しない もう何が起きたって不思議じゃあないんだ
そうなった時 お前らが住んでいるこの国は 何が一番必要になってくるか 分かるかお前

生徒 知らねえよ

桜木 カネだ 税金だ 国はなあ お前らにはバカのままでいてほしいんだ
それが本音なんだ 何も疑問を持たず 何も知らないまま調べないまま ただひたすら制度に従い働き続け
何も知らないまま 調べないまま カネを払い続ける国民であってほしい
それを別の言葉で言い換えると何だ そこのお前

生徒 答えられず

桜木 チッ 小橋 岩井

岩井 勤勉?

桜木 惜しい 馬車馬だ
国はお前らに ただひたすら黙々と馬車を引く馬車馬であって欲しいんだ その方が都合がいいからな
世の中は平等だ 国民は自由だ 差別なんかひとつもねえ そう刷り込まれてきた
だが実際はそうじゃねえ どんなに努力しても どんなに力をふりしぼっても
本質を見抜く力がなければ 権力者と同じ土俵にすら立てねえんだよ

生徒A それが何だっていうんだよ
生徒B そんなの国のせいだろ
生徒C おれたち関係ないし

桜木 だからお前らはバカだっていうんだよ
誰かのせい 国のせい 時代のせい 他人を叩き批判をして 文句を言って何が変わる
ルールを作っているヤツラはな この状況がおいしいから こういう仕組みにしているんだ
自分は関係ねえからなんていったら 一生騙されて高い金払わせられ続けるぞ

桜木 なぜ社会がこうなっているのか 誰がどんな意図でこの仕組みを作ったのか
本質を見抜き 自分なりの答えを出す力をつけろ その時初めて馬車馬は人間になれる
その為には勉強するしかねえんだ

桜木 勉強ってのはな この国で許された唯一の平等なんだ



日本のテレビではなかなかこれだけの事を言う事は出来ません。

しかしドラマの中では可能という事で、このような強烈なメッセージがドラマの中に込められていることがあるのです。

若い世代が視聴するであろう人気若手タレントが大挙出演するドラマの中で、製作者は実はドラマのテーマをこういう形で挿入させているのです。

他にもやはり先日終了したドラマ「イチケイのカラス」の中にも、このようなメッセージが挿入されていました。

日本のドラマなどバカバカしくて見られるかと見もしないで見下す人もいますが、それはどういうものでしょう。

私はこういうところから少しずつ社会の変革が進んでいるのではと思っています。

 

新型コロナは甘くはない

 投稿者:風太  投稿日:2021年 7月24日(土)08時16分29秒
  新型コロナには、自然免疫程度ではまったく対応できない!どれ程の多数感染でも集団免疫獲得は絶望的、変異の方が先に行くから(免疫逃避)。

日本政府が前のめりの、ワクチン接種が進んでも、それだけでも対応できない。

医療の受け入れ態勢増強や、市中感染者対策の為のPCR法による社会的検査(ウイルスの遺伝子配列分析も)と、陽性者の隔離保護も同時に行い、

感染が地域内で大流行することで、大きな変異が起こり変異種が生まれ(コロナのゆりかご)、それへのワクチン対応のいたちごっこに陥る事を防ぐ。

加えてコロナウイルスには深刻な後遺症の問題もあり、これは若者にも深刻な影響を及ぼすことになる。


このウイルスはもしかして人類に取り非常にやっかいで脅威なのかもしれないのかもしれません。


以下の動画で、小野昌弘インペリアル・カレッジ・ロンドン大学准教授による詳しい解説を見ることができます。

https://www.youtube.com/watch?v=3MXJ4OQEtAI
 

日本政府とマスゴミはコロナ新規感染者に占めるワクチン接種者の割合を公表すべき

 投稿者:MO  投稿日:2021年 7月23日(金)04時40分19秒
編集済
  以下のブログ記事が参考になったので、共有します。
イスラエルとシンガポールのデータによると、mRNAワクチンのデルタ株発症予防効果は
64~69%程度しかないようです。打っても打たなくてもほぼ効果が無いか、
むしろ打った方が症状を発症したり、重症化するというデータも存在するようです。
https://note.com/you3_jp/n/nb1fa5d48f32f

重要なことですが、mRNAを打ちまくったイギリスやイスラエルでコロナ感染者が
急増しているのは、ADE(抗体依存性免疫増強)の影響ではないかという疑念が湧きます。
今までmRNAワクチンが普及していなかった日本、または使用していない中国では感染者数はそこまで増加していませんでした。
ワクチンが出回り始めた日本では東京の新規感染者数が1日1900人に到達した通り感染急増の兆しが見えますが、
日本政府とマスゴミは、コロナ新規感染者に占めるワクチン接種者の割合を公表すべきです。



(参考)


藤野光太郎


@KFUJINO12345


英国を筆頭にEU諸国ではこの2ヵ月でmRNAワクチン接種率と新規感染者数の増加が比例している。下掲ツイート「効かないから」は「接種で増え始めたか?」と訂正する。容疑者はADE=抗体依存性感染増強。異常現象を横目に各国政府は暴走中。5000万回分の追加購入で「3回接種を」は本気か?

http://

 

元参院議員の浜田和幸氏のイベルメクチンメルマガ記事は貴重です。

 投稿者:sagakara  投稿日:2021年 7月17日(土)21時54分40秒
  浜田かずゆき の『ぶっちゃけ話はここだけで』
1.イベルメクチンの使用を中断したためにインドでは変異株が急増中
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ぶっちゃけ、大村智博士が開発した感染症の治療薬イベルメクチンが市場から追い出されようとしている。

実際には新型コロナウィルスに対する予防や治療の効果が立証されているにもかかわらずである。

欧米でも日本でもYouTubeなどから大村博士の対談動画やイベルメクチンの効果を紹介する情報が次々に削除されている。

本メルマガで以前にも触れたが、こうした動きの背後には「不都合な真実」を隠そうとする組織的な企てが透けて見える。

変異株として日本でも猛威を振るっているインド発のデルタ株であるが、インド弁護士協会(IBA)では5月25日、「イベルメクチンを使っていれば感染を防げたはずだ。イベルメクチンを使って治療効果を出していた医師や病院に対して使用禁止を促したWHOのインド人首席科学者スワミネイサン博士の責任は重大で訴訟に値する」との声明を出したほど。…………………………
元参院議員の浜田和幸氏のメルマガは貴重です。イベルメクチン大きな治療効果が出ているのにビッグファーマの儲けの為に使用を認めないらしく、大学生や若い人までコロナワクチン接種を推進しています。ワクチン接種が逆に変異ウィルスの発生原因になる可能性を
内海 聡医師の「コロナワクチンの正体」という本に書かれています。
https://twitter.com/touyoui彼のTwitterはトランプ大統領と同じく言論封殺を先日された模様です。本を読むと彼は娘がワクチンの薬害に遭い、ワクチン薬害運動を行っていた模様です。
近藤誠署「新型コロナとワクチンの秘密」こちらの本も勉強になりました。
どうも儲からないからと治療薬よりも危険なワクチンを全国民に全人類に打つという巨大な利権と化して人類におそいかかっているとも思えます。巨大なマッチポンプと言えます。
 

ワクチン接種と副反応<接種後死亡報告554例>【山岡淳一郎のニッポンの崖っぷち】

 投稿者:風太  投稿日:2021年 7月17日(土)19時33分26秒
  ワクチン接種と副反応<接種後死亡報告554例>【山岡淳一郎のニッポンの崖っぷち】
https://www.youtube.com/watch?v=Tzl1WxhCcnY


小島勢二名古屋大学名誉教授に山岡さんが尋ねる形でワクチン接種における問題点がわかりやすく説明されています。

ワクチン接種に前のめりな政府厚労省と、それに迎合する専門家達、そして国民には知らされない副作用の問題。

小島名誉教授は厚労省や専門家らのいい加減さと、ワクチン接種による副作用の問題を、実例を挙げて解説なされています。

スパイク蛋白を利用した新しいワクチンの隠された問題点を知るには非常に参考になる動画です。

視聴なされることをお薦めします。

特に高血圧の方は必ず視聴なされてください。

mRNAワクチンには、これから先どんどん問題点が炙り出されてくるのかもしれません。
 

付け加えて

 投稿者:風太  投稿日:2021年 7月17日(土)12時56分21秒
  政府のワクチン頼みのやり方は、間違っています。

それはワクチン接種後でも完全に安全とは言えず、現につい先日もオリンピック選手団の中から、ワクチン接種したにもかかわらず、検査陽性の方が出ているからです。

その方に感染力があったのかどうかはわかりませんが、いずれにしても完全ではありません。

ワクチン接種による集団免疫論は絶対的なものではなく、実は比較論から言って効果的と言われているに過ぎないからです。

過去にこれが完全に成功したのは、天然痘ぐらいです。

ですから同時に複数の対策も進行させる必要があるのです。

それが検査による感染者隔離策と、施設の換気対策や、特効薬の開発などになります。


日本の厚労省、その中でも特に医系技官連中が日本の対策を歪めてきたことは事実です。

そしてこの間も国公立病院統廃合や独法化による医療削減計画は着実に進んでいます。

こちらの方にも目を向けないといけないのですが、日本ではこれは殆どタブー視されています。

だから私は厚労大臣に共産党の小池さんでも起用しない限り、まともな対策は不可能だと思うわけです。


ワクチン接種にだけ前のめりになるという事は、それは多くの接種した人たちに危険リスクを背負わせることにもなります。

この国は国民にワクチン接種は強制ではないと言っておきながら、他の方策を否定しているのですから、これは強要と同等です。

じつに卑劣な政権が菅自公プラス維新政権という事になります。



余談になりますが、ワクチン接種が不安だとか持病の関係で難しい方は、自衛策を徹底させてください。

例えばマスクについては、ウレタンマスクは論外であり、最低でも医療用のサージカルマスクが適当です。

しかしこれも装着させるときは、鼻の部分と頬の部分に隙間を作ると効果が半減します。

簡単にぴったりと密着させるには、ウレタンマスクを上から被せることがお薦めです。

単独では意味のないウレタンマスクですが、密着させるために上から被せることで役立たせることができます。


一番良いのはN95タイプの医療用マスクですが、これはかなり息苦しくなります。

次善の策としてはユーロ規格のFFP2辺りならば、中国製の物が一枚15円から20円程度でアリエクスプレスで手に入ります(100枚で2000円位位)。

IOCのバッハ会長がしていたものです。

日本製のN95で割と楽なのが、ホギメディカル製のN95がお薦めです。

これだと軽くて装着後の負担も楽です。

価格的にも割安で、夏向きとも言えますので、一考の価値はあると思います。
 

新型コロナ対策への私見

 投稿者:風太  投稿日:2021年 7月17日(土)11時53分44秒
  コロナワクチン接種後の死亡者550人超を分析 既往症、常用薬などに注目
https://news.yahoo.co.jp/articles/e8cc4007def43c643695294e5d79bfc9015c3c3f


週刊ポストがワクチン接種後の副作用による死亡例を検証しています。

しかし個人情報保護の為に、なかなか実態には切り込めていないようです。

また政府厚労省は、唯一のコロナ対策としてなりふり構わずのワクチン接種にマイナスになってはいけないと、マイナス情報を殆ど公開していません。

その為に具体的な実態が全く表面化してきていません。


私は最終的にはワクチン接種による対応策が一番効果的なものであるとは思っています。

しかし今の政府厚労省のやり方には全く納得は出来ません。

立場上致し方なく接種を選ぶとしても、その後の副作用については、殆ど運次第という事になるからです。

当初補償も伴う接種だと強調していましたが、副作用が出ての後遺症は、認定されない限りは自腹になります。

そして認定は殆どないのが現実です。

接種会場で、接種直後に倒れても、その後の判定は不明というのが実態です。


その為に今は接種が順調に進む高齢者層や医療介護などの関係者層対象の接種ですが、この後の若者層には十分な接種が進むとは限らなくなります。

特に副作用の反応が大きいと言われる若者層にとっては、たとえ感染しても重症化リスクが低いのだから、接種はしない方が良いと考えるのが当然です。

しかしそれだけではこのコロナ対応は不十分なままで、結果的には感染力が強いデルタ種には対応できなくなると思います。



それでここにきて尾身政府分科会会長が急に、自粛頼みの対策の段階は終わった様な事を言い始めたのだろうと思います。

つまり前から一部のまともな専門家が提唱していた、世界では当たり前の対策を取るという事です。

それがPCR検査などを使った感染者隔離策です。


特に感染リスクが高い施設や事業所内ではこれを実施するしか方策はないと思います。

定期的に検査を行うことで、施設内のスプレッターを割り出して早期に隔離し、感染拡大を阻止するわけです。

そもそも検査に引っかからない偽陰性でも、逆に言えば感染力が低いからと引っかからないとも取れます。

こうして従来無駄だとか言われて、厚労省から否定されていた検査体制を充実させることで、感染リスクを大分抑え込むことができるはずです。

勿論感染者が急増している地域の特定には、下水採取によるウイルス検査も有効です。

これで感染者増が疑われる地域一帯でのPCR検査の実施で、エピセンター化を阻止することも可能です。


あともう一つの対策は、このコロナウイルスは飛沫感染で感染させることはすでにわかっています。

となれば例えば学校内での感染対策や、事業所内での感染対策や、飲食店内での感染対策で一番重要になるのは換気という事になります。

とくに小規模な飲食店の場合、密集した室内で、飲食をする場合には当然マスクを外しますから、感染リスクは高くなります。

これへの対策は徹底した室内の換気ですが、これがテナントで入店しているお店の場合はなかなか難しくなります。

路面店の場合はドアを開けて空気抜けをよくするなどの対策はかろうじて可能ですが、真夏や真冬になるとそれも難しい。

地下や二階以上に出店しているお店はさらに換気対策は難しくなる。

しかし日本には優秀なメーカーが存在し、冷暖房をしながらも喚起をするシステムはすでに存在しています。

となれば問題はこの方面への国からの支援になります。

国がメーカーや飲食店を支援し、効果的な換気システムを導入することで、学校や事業所内は勿論、特に重要な飲食店内での対策も充分行えることになります。

これによりせこい休業の強要よりも、息の長い先を考えた対策ができあがり、この対応は今後の新型ウイルス対策でも力を発揮できます。



姑息な対策しかしてこなかった根本原因は、要するに金がかかる割には目に見えた効果が望めないという事に尽きると思います。

だからわずかな支援金、しかも支給は先延ばしにして、お店が自主廃業するのを待つ政策が取られたとも言えます。

つまり政府厚労省は、飲食店などはとりあえず自滅してもらい、その後はほっておいても復活するだろうという事なのでしょう。

その為に半端なやり方で締め付けだけ厳しくとられてきたわけで、その挙句の西村大臣の口から出た本音発言です。


しかし政府厚労省や、この場合財務省が考えているより重大な結果を招くことになります。

それはテナントがどんどん大挙すれば不動産価格の下落につながり、結果の金融・銀行に与える深刻な影響です。

担保価値が毀損すれば、不動産業界だけにとどまらず、金融にも甚大な影響を与えることになるからです。


話が長くなりましたが、今政府厚労省そして財務省がするべきことは、ワクチンによる副作用の被害への補償をはっきりとさせること。

そして国産ワクチンの開発や新薬の開発に本腰を入れる事。

今までさぼってきた感染症対策の基本である感染者隔離策を徹底して行う為の検査体制の拡充。

さらには受け入れ医療体制、とくに高度急性期病床の人材や機材を充実させる政策変更。

そして学校や事業所や飲食店などの換気をはじめとする感染症対策に全力を挙げることです。



但し私の意見を言わせてもらうと、菅政権と、支える自民党・公明党・維新には、これらの対応策は無理です。

今年中に行われる総選挙で、立憲・共産・社民・国民などによる連立政権を樹立し、厚労大臣に共産党の小池さんを起用するぐらいの事をしないと、不可能です。

でも日本国民にそこまでの危機感があるかな? 苦笑

 

田村淳が訊いた、ワクチン接種後に起きた異変。

 投稿者:風太  投稿日:2021年 7月10日(土)23時38分15秒
  【新型コロナ】田村淳が訊いた、ワクチン接種後に起きた異変。
https://www.youtube.com/watch?v=XO8p0GiMrJ4


タレントの田村さんが、お父様がワクチン副作用で瀕死の状態になった、マーケティングアナリストの原田曜平信州大特任教授の体験談を聞いています。

この話は本来はテレビの情報番組などで取り上げるべき話です。


原田さんのお父様は、ワクチン接種後体に副反応が出て、その後状態が悪化しながらも、行政も医療もまったく冷たい対応でたらい回しにされたようです。

そしてようやく大学病院のERで治療を受ける事が出来(おそらく大学病院でなければ治療は無理)、現在は何とか回復に向かってリハビリ中なのだとか。

動画の中で原田さんが、お父様の体にできた湿疹などの状態を見せてくださっています。

回復期に入られても、いまだにあの状態とは驚くばかりです。


皆さん、万一ワクチン接種でこのような状態に陥られたら、即救急車を呼ぶべきです。

原田さんのお父様はぎりぎりで命だけは失わずに済みましたが、完全な回復ができるかどうかはわからない状態です。

特に高齢の方は要注意です。

行政の言いなりにしていたら、大切な人を失うことになります。
 

テレ朝報道ステーションの新ニュースキャスターにNHK大越元キャスターが就任とか

 投稿者:風太  投稿日:2021年 7月10日(土)13時09分52秒
  元NHK・大越健介氏が「報ステ」新メインキャスター 10月から

>6月30日にNHKを退局したキャスターの大越健介氏が、10月からテレビ朝日系「報道ステーション」(月~金曜・後9時54分)の新メインキャスターを務めることが9日、発表された。月~木曜日を担当する。
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6398208


大越さんがテレ朝の報道ステーションのキャスターに就任するとか。

早速ヤフコメあたりでは、ネトウヨ系が大歓迎のコメントを寄せまくりです。

彼らに言わせると、リベラル派の大越キャスターが、テレ朝の偏った報道姿勢を正してくれるという事のようです。(苦笑


私は、大越さんの報道姿勢について一番わかりやすく知るには、退社直前に担当したドキュメントを見れば一目瞭然と思います。

以下に参考として公式サイトを紹介しておきます。

あとは皆さんで評価してください。

パンデミック 激動の世界 (11) 検証“医療先進国”(前編)
https://www.nhk.jp/p/special/ts/2NY2QQLPM3/blog/bl/pneAjJR3gn/bp/pZN5qebJNK/

パンデミック 激動の世界 (12) 検証“医療先進国”(後編)①
https://www.nhk.jp/p/special/ts/2NY2QQLPM3/blog/bl/pneAjJR3gn/bp/pBQ5Oo2r5B/

パンデミック 激動の世界 (12) 検証“医療先進国”(後編)②
https://www.nhk.jp/p/special/ts/2NY2QQLPM3/blog/bl/pneAjJR3gn/bp/p6VB0erXd6/


これを見て非常に良く本質をとらえているとみるのか、それとも・・・

まあいかにも今のNHKの姿勢がよく表れているドキュメンタリーですねえ。

テレ朝の幹部が、大越さんをキャスターに据えた理由がよくわかります。

 

厚生行政の問題点について上先生の見解~外国特派員協会における講演

 投稿者:風太  投稿日:2021年 6月30日(水)15時45分11秒
 

下記は、YouTubeに公開されている上昌弘先生の外国特派員協会における講演会(政府がコロナ対応を誤った理由)における発言動画です。

https://www.youtube.com/watch?v=ldszZSRyoik

6月23日に行われた講演会ですが、厚労省及び関係する専門学会の内部事情に通じる上先生からみた、日本の厚労行政への視点です。

すべて賛同するものではありませんが、非常に納得できる点が多々あり参考にはなります。


なおこの外国特派員協会のサイトからは興味深い講演会を動画で見ることもできます。

https://www.fccj.or.jp/club-news-multimedia

安倍総理の国会における軽薄な発言の後始末で、公文書の改変を強要され、自殺に追い込まれた財務省職員の赤木さんの奥様の講演会の模様も見ることができます。

報道されていない重大な問題点にも触れられています。
 

立花隆という人の功罪

 投稿者:風太  投稿日:2021年 6月27日(日)11時19分0秒
  なんでも知の巨人と評されているらしい評論家の立花隆氏が亡くなられたとかで、マスコミが大きく取り上げています。


彼が名を上げたのは田中角栄を失脚に追い込むきっかけになった金権追及です。

その後アメリカからロッキード事件の火の手があがり、超法規的処置で嘱託尋問なる茶番が行われ、

ついには田中角栄総理はぞの座を追われ、病に倒れ、権力を失い、帰らぬ人になります。

世間では地検特捜が正義の味方ごとくマスコミに持ち上げられ、立花氏は一躍時の人になりました。


しかし私はこの人が大嫌いなのです。

確かに政治を金の力で操るというのは良い事ではありません。

その点は批判されて当然でしょう。

しかし立花氏のそれの本質は、日本社会の異端であった成り上がりの田中角栄という存在への嫌悪感と排除の論理が根底にあり、

それと戦後米隷属体制に対して自立の道を模索する田中角栄を潰そうとしていたアメリカの思惑が合致した結果の失脚劇であったと私は見ています。


金権腐敗追及は、一見するととても正しい事のように思えますが、逆の見方をすれば、

安倍晋三総理のような、生まれながらの権力者の家柄の人物に対抗するための手段であった変革の手段も、立花隆は否定していることにもなります。

そしてあれだけ目の敵にされていた悪の総本山の様な扱いの田中派が瓦解した後、岸派の流れをくむ安倍内閣が誕生し、日本はどうなったでしょう?


ますますアメリカの顔色ばかりを窺う非常に情けない隷属国家にさらに突き進み、経済力もここ数十年まったく停滞した状態です。

格差は進み、国民は活力を失い、国会は明治維新体制を信奉する極端な右派連中によりレベルダウンを極め、霞が関からは人材が離散しました。


そしてようやく田中角栄の志を受け継ぐ小沢一郎と鳩山由紀夫が政権をとると、またしても立花は的外れな小沢攻撃を繰り返していました。

この痴の巨人の正体は、やはり私の見立て通りの異端への嫌悪を根底にした屑だったという事でした。


こういう人物を持て囃していたのが、日本のリベラル派の限界です。

ここから変えていかないと、この国の未来は無いという事です。
 

厚労省の応援団?兵庫県尼崎市の「長尾クリニック」院長・長尾和宏医師の不可思議な言動

 投稿者:風太  投稿日:2021年 6月26日(土)12時35分55秒
  50人超のコロナ患者にイベルメクチン投与の現場の医師 厚労省が認めるも“ノータッチ”の医師会に苦言〈dot.〉
https://news.yahoo.co.jp/articles/9e58cc4a02b7dc6186c6c96914a5c631d805a33c



>私は第1波の昨年4月から、コロナ患者に携帯電話の番号を教え、24時間自宅療養者を管理できる体制をとってきました。

400人以上の患者さんに番号を教えて、「何かあったら夜中でもかけてきて」と伝えています。

実際、私の携帯電話には、患者さんから夜中にかかってくること
もあります。保健所に電話しても電話が通じないし、救急車を呼んでも運んでくれないからです。

発熱患者が保健所やかかりつけ医に電話相談しても治療が施されず、たらい回しにあっているような状況がいまだにあるわけです。

そもそも診療していないので薬が出るわけがないんですよ。  本来であれば、それを戒めるのが日本医師会の役割だと思うのですが、なんのメッセージも出していない。


長尾先生のクリニックは、医師の数20人でスタッフも多数いる、並みの病院以上の規模を持つクリニックです。

しかしこのクリニックは在宅医療専門のクリニックであり、中等症以上の患者に必要な入院設備はありません


従って一定の程度までしか診られず、問題はその後の中等症以上の患者にどう対応するのかです。

だから先生は経口で簡単に投与でき、重症化を防げるとされるイベルメクチンにこだわるわけで、動きの鈍い医師会を非難しているわけですね。


しかし私は非難の矛先が間違っていると思います。

本来は街のクリニックで対応する範囲を逸脱して、在宅で中等症以上の患者を診ること自体が異常なのです。

国の保健医療政策で、急性期・高度急性期病床がどんどん減らされ、今は名目70万床ですが、それを今度はさらに20万床も減らすのが国の計画です。

その為に国公立病院数はさらに統廃合していくことになっています。


これでは地域によっては、ER機能を持つ総合病院が消えてしまうところも出てきます。


長尾先生はこちらにはなぜかスルーして、医師会攻撃に余念がありません。


厚労省のやり方には何も言わないのに、不可思議ですね。

つまりこれは推測ですが、先生は国の医療費削減策に基本賛成であり、多くの患者は機材の揃った病院にかかる必要などなく、

街のクリニックの対応で十分
なのだと考えているのではないか。

そしてそれ様に動かない医師会に対していら立ちを持ち、そしてこのようなコメントをマスコミに発信し続けているのだと思います。


これにはネット右派系がもろ手を挙げて賛成の様ですが、馬鹿丸出しですね。

新型コロナの様な感染症では、特に中等症以上の患者は、人材や機材の整った設備を持つ急性期以上の病床に入るのが当然なのです。

それを在宅医療でとってかわるなどとんでもないことです。

こんな記事を喜々として取り上げる朝日新聞系のアエラも、墜ちたものです。
 

新型コロナ、問題の本質は国民の目から遠ざけられる

 投稿者:風太  投稿日:2021年 6月23日(水)03時00分34秒
  新型コロナウイルス問題の本質は、日本の保健医療がここ30年でどんどん脆弱化させられたという事です。

全国の保健所の数は半減し、しかもスタッフの数も大幅削減されました。

その為に地域の保健医療は、今回の様な感染症の拡大には、人手不足もあり対応不能に追い詰められていたという事です。

従って感染症対策の基礎的な部分、例えば感染経路追跡すら、感染拡大と共に難しくなっていったわけです。


また地域の中核となるべく総合病院も、医療費削減の影響を受けて、名目的にはある高度急性期・急性期病床は、その多くが使用不能状態でした。

つまり人手も機材も足らないまま、名目的な急性期病床でしかなかったという事になります。

だったら予算を付けてテコ入れすればよいという結論でしかないのに、政府厚労省・財務省は、決して予算を増やそうとはしませんでした。

そして驚いたことに、今度のコロナ問題を利用し、この困窮する地域の中核病院同士を統合させようと、いまだに医療縮小策を変えようとはしていません。

それどころか脆弱化して有名無実化した高度急性期・急性期病棟しかない中小の規模の国公立病院を、さらに統廃合させてしまおうとしています。

その為に地域から総合病院が消えてしまっても、それで構わないと考えているのが政府厚労省と財務省です。

表向きは小さな病院を統廃合して、大きな病院を作り、人材を集めて機能させようというのですが、実際はそれで地域から一つも残らず病院が消ててしまい、

いざというときには、かなり離れた病院に駆け込むしかなくなります。


そして今の騒動が収まっても、また新型ウイルスが猛威を振り始めたら、今度はさらに厳しい展開が鎌首をもたげて待ち構えているのでしょう。

それでも政府は、日本全土にある病院のコロナ患者受け入れ可能な高度急性期病床数を、約70万床から、50万床へとさらにカットすることを狙っています。

 

菅総理の心の内

 投稿者:風太  投稿日:2021年 6月22日(火)20時00分15秒
  「マスコミ報道で、今は国民も新型コロナの怖さや、自粛で苦しむ飲食業に同情し、五輪開催に批判的だが、

何が何でも強行的に開催さえしてしまえば、日本のメダルラッシュで空気は一変するはず。

そうなればしめたものであり、マスコミも五輪翼賛報道に一変し、次の選挙は大勝まちがいなしだわ。」by菅総理の心の声(推定)

しかしその後にくる新型コロナウイルスのデルタ株による感染拡大のツケは、すべて国民が背負う事になります。

とにかく大変なことにならなければよいなと、いまはそれだけです。
 

ワクチンを2回打って14日を経過しても、デルタ株に感染して亡くなった人がいるらしい

 投稿者:MO  投稿日:2021年 6月22日(火)06時05分41秒
  2週間前の数字ですが、イギリスではワクチンを2回打って14日を経過しても、デルタ株に感染して亡くなった人が26人いたそうです。

Eric Feigl-Ding
@DrEricDing
45% of all #DeltaVariant deaths in England in the past 1 week (June 8-14th) where among those fully vaccinated with 2 doses & post +14 days. Total Delta #COVID19 deaths up +31 in one week?of 31, 14 deaths in fully vaxxed. #Delta breakthrough concerning
https://twitter.com/DrEricDing/status/1407033868914499585
 

ウイルスがさらに変異した場合、現在のワクチンは有効でなくなる可能性

 投稿者:MO  投稿日:2021年 6月22日(火)05時52分37秒
  WHOの疫学者によると、将来コロナがさらに変異した場合、現在のワクチンは有効でなくなる可能性があるようです。

副作用リスクを賭して今のワクチンを打つ意味が分からなくなってきますね。

確率的に考えた場合、ワクチンを打てば打つほど副作用のリスクも上がるように思えますし。

WHO EPIDEMIOLOGIST SAYS THERE MIGHT BE IN FUTURE A "CONSTELLATION OF MUTATIONS"

THAT MEANS VACCINES LOSE THEIR POTENCY

© Reuters 2021

https://www.marketscreener.com/news/latest/WHO-EPIDEMIOLOGIST-SAYS-THERE-MIGHT-BE-IN-FUTURE-A-CONSTELLATION-OF-MUTATIONS-THAT-MEANS-VACCINES--35660909/

The World Health Organization is still concerned. At a briefing on Monday, epidemiologist Maria van

Kerkhove claimed that vaccines might one day be ineffective against a “constellation of mutations”

that might arise in the future.

https://www.rt.com/news/527194-who-covid-mutations-vaccines/
 

コロナ陽性者のウイルスのゲノム解析は進んでいない

 投稿者:MO  投稿日:2021年 6月20日(日)22時14分16秒
編集済
  FT紙によると、コロナ陽性者のウイルスのゲノム解析が完全に行われていないので、デルタ株が未検知のままヨーロッパ各地に拡散している可能性があるそうです。
ヨーロッパの先進国でもこの状況ですから、発展途上国の場合はなおさら分からないでしょう。
---
Some scientists fear the Delta variant may have already spread further but gone undetected given that less of the genomic sequencing needed to identify variants has been completed in mainland Europe. While the UK has sequenced more than 500,000 Sars-Cov-2 genomes, Germany, France and Spain have sequenced about 130,000, 47,000 and 34,000 respectively.
https://twitter.com/ftworldnews/status/1406599826914021379
----

日本でも水面下で感染が加速している可能性があると言っていますね。
----
7月に「第5波」の恐れ、インド型を懸念「水面下で拡大中と考えた方がいい」
https://news.yahoo.co.jp/articles/be096e596ba72a85a66e552a6218e99db0bc6825
----
 

安保土地取引規制法案の危険性に気が付かない愚かな議員達

 投稿者:風太  投稿日:2021年 6月13日(日)09時06分16秒
  安保土地取引規制法案が国会で菅総理の意向で成立しそうな雲行きです。

詳しい法案内容は、そちらを参照してもらう事にして、一番の懸念はこの法案が通ると、ネット右派の思惑とは違い、副作用が物凄く強いという事です。

それは対象地域の不動産取引に重大な影響を及ぼすことになり、これが不動産市場の暴落を引き起こすトリガーになりかねないという事です。

コロナ問題で、現在都市部のターミナル駅の駅前の路面テナントは、数十年間見たこともないテナント募集の貼り紙が目立つようになっています。

駅前のテナント、しかも路面店の場合は、退店が決まるとすぐに銀行が動き、次のテナントが水面下で決まるのが通例でした。

ところが今はそれが消えつつあり、次期テナントが決まらないままに退店が進むために、あり得ないテナント募集の貼り紙が目立つようになっているわけです。

ここに追い打ちをかける様な安保土地取引規制法が成立すれば、色々な制約が加わることで、たとえ都心部の最高立地の物件でも影響は深刻になります。

それがひいては担保設定している金融機関にも及び、ただでさえ厳しい金融不動産市況に重大で深刻な影響を及ぼすことになります。

しかも肝心の安保対策としては、ほぼ無効でしょう。

そもそも防衛省関連施設の近くに、海外の勢力などが拠点を置こうとしますか?いまはそれよりもネット空間での戦いでしょ。

アナログ的な手法を使うとしても、わざわざ怪しい外国人として行動するよりも、それこそお仲間のふりをして内部に入り込む方が効率的ですよ。

つまり本来の法の主旨には全く効果のない法律が出来て、肝心の経済に深刻な打撃を与えかねないという事になります。

こんな法案が自民・公明・維新・国民の賛成で国会で成立しようとしているわけです。

何とも言えない位ばかげていて、皆さんこんな政党、日本に必要なのでしょうかね?私はいらないと思います。

銀行やデベロッパーは大変な事になりそうです。
 

zakzak やはりワクチン接種者が変異ウィルスの発散者になる可能性も有ります

 投稿者:sagakara  投稿日:2021年 6月12日(土)16時51分41秒
編集済
  by夕刊フジ、
接種先進国の英国で感染再増加のナゼ ロックダウン緩和策がリバウンドを招いたか 専門家「感染対策なければ効果低下」
https://www.zakzak.co.jp/soc/news/210612/dom2106120006-n1.html?utm_source=coins&utm_medium=push&utm_campaign=COINs
 新型コロナウイルスをめぐっては、緊急事態宣言後のリバウンドが懸念されている。国を挙げてワクチン接種を急いでいるが、気になるのが接種先進国の英国で再び感染者数が増加傾向となっていることだ。欧米製のワクチンは高い効果が実証されているはずだが、何が起きているのか。……………
 

立憲民主党が国民投票法案に賛成で入管法改正に反対なのは、この政党が売国奴である証左

 投稿者:MO  投稿日:2021年 6月11日(金)22時50分28秒
  改憲を可能とする国民投票法案が成立しましたが、立憲民主党は反対しませんでした。
一方で、不法在留外国人の難民申請回数に上限を設けて、それを超過した場合に強制送還とする入管法改正には反対しました。私は入管法改正に反対する立憲の姿勢は、国民投票法案に自民と共同で賛成してる事実を誤魔化すためのカムフラージュだと思います。入管法改正というのは、実は管政権も反対だったのではないでしょうか?理由は一つしかなくて、それは外国人の大量受け入れが、国内の労働供給を飽和させて、一人当たりの賃金を下落させる政官財肝いりの政策だからです。本当に民主主義と非正規を含む一般労働者を守る意思があるのであれば、国民投票法案には反対で、入管法改正には賛成という立場をとるのが正しいでしょう。これをしないのは、立憲民主党がうわべだけの民主主義を唱える売国奴である証左です。
 

戦後最大の薬害に・早期のコロナワクチン接種の中止の呼びかけをお願いします。

 投稿者:sagakara  投稿日:2021年 6月11日(金)10時09分21秒
  https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4288754.htm
TBSニュース【独自】ワクチン接種後に190人以上死亡、遺族「詳細な調査を」
 新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるため全国各地で加速するワクチンの接種ですが、その陰で190人以上の人が接種後に死亡しています。「亡くなったのはワクチンが原因ではないか?」先月末、接種から数時間後に急死した兵庫県神戸市の女性の遺族や病院側がJNNの取材に応じ、胸の内を語りました。

 「今回は覚悟も何もないですから、いきなりでしたから。それがつらいですね、ほんとうに」(死亡した女性の夫〔74〕)

 先月28日、神戸市に住む73歳の女性は、
 

接種から数時間後に女性が急死…真相究明求める遺族「消去法でそれしかない」

 投稿者:風太  投稿日:2021年 6月10日(木)15時41分14秒
  【独自】接種から数時間後に女性が急死…真相究明求める遺族「消去法でそれしかない」(MBSニュース) - Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/articles/9026f11ceb8950241dec7822a23aded1b047b195

>新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるために、全国各地で加速するワクチンの接種ですが、その陰で190人以上の人が接種後に死亡しています。
>“亡くなったのはワクチンが原因ではないのか?”5月末にワクチン接種から数時間後に急死した兵庫県神戸市の女性の遺族や病院側がMBSの取材に応じて胸の内を語りました。

>実は国内でワクチン接種後に少なくとも196人が死亡しています。副反応を検討する厚生労働省の専門部会は、分析を行った139人について、
>『ワクチンとの因果関係が評価できない』としていて、これまでに死亡との関連性を認めた例はありません。
>多くの遺族が解剖を希望せず、詳細な検査が出来ないことや、たとえ解剖しても因果関係の特定は難しいからです。


政府はワクチン接種後の補償制度を強調していましたが、実際は200人近くはいる死亡者について、ワクチンとの関連性を認めた例は一例もないというのが現実です。

マスコミあげて、自己責任でのワクチンの接種を推進していますが、実際にはかなり多くの方々が、ワクチン接種後に亡くなられていることを自覚する必要があると思います。

一部の狂信的な人たちの動きや、デマサイトの存在は、ワクチンの真の問題点を国民の目から遠ざける為のカモフラージュなのではと、私は少し疑っています。

五輪開催目的での、何が何でものワクチン接種狂騒曲、その裏にはいろいろな思惑が存在し、一筋縄ではいきそうもありません。

マスコミ報道各社は、できるだけこのワクチンの副反応などの詳しい情報を、政府に代わって国民に送り届ける義務があると思います。

自治体も独自に情報を開示して、国民に自己判断をする為の材料を積極的に提供するべきです。

今現在接種が進んでいるのは比較的副反応が少ない高齢者層です。

この先副反応が強く出るとされる若い世代に接種が進むと、相当酷い副反応・アナフィラキシー例がどんどん報告され始めると思います。

しかし接種による集団免疫により、五輪開催を目指し、国民の生命を軽視する政権は、決して詳しいデータを開示などしないでしょう。

勿論万一の場合の補償も、ハードルを引き上げて無しにする算段だろうと思います。

最後に言うと、ワクチン接種には自分の命を守る為という側面がありますが、同時に国家を守る為という別の側面があります。

そしてこちらの側面こそが、税金を使っても接種を進める本当の目的です。


 

コロナワクチンデマ

 投稿者:風太  投稿日:2021年 6月 8日(火)22時35分34秒
  >コロナワクチンが不妊を引き起こす可能性があるという言説は、ファイザー社の元「Vice president」(日本では“元副社長”の訳で拡散)であるマイケル・イードン氏の発言として、日本のみならず世界中で広がっている。

>「ワクチンはコロナのスパイクタンパク質に対する抗体を生成することが期待されているが、スパイクタンパク質は、『シンシチン・ホモログ・タンパク質』を含んでおり、ヒトなど哺乳動物の胎盤形成に必須であるため、無期限に不妊症を起こす危険性がある」

>海外ではすでにファクトチェックされているこの言説。日本において震源となっているのは、「BonaFidr」という正体不明のニュースサイトの記事だった・・


どうやら世界中にこの手の似非情報が飛び交っているようです。

ただその為にこれらのワクチンの問題点が埋もれてしまっているとしたら、そちらの方が大問題です。


BuzzFeed News
https://www.buzzfeed.com/jp/kotahatachi/vakzin-fc-2?bfsource=relatedmanual
 

古いですがマッドマンさんのtwitterをのぞいたら堤未果さんの衝撃映像

 投稿者:sagakara  投稿日:2021年 6月 8日(火)20時51分49秒
  古いですがマッドマンさんのtwitterをのぞいたら堤未果さんの衝撃映像です。もう消えているかもしれません。
ちらのtwitterを見ていたらWHOの専属広告代理店でワクチン接種の推進をしている湾岸戦争の広告代理店として有名と言われるヒル・ノートン・ストラジテース社にたどり着きました。
二度あることは三度ある。20年ー30年のスパンで見ると堤未果さん達は語っています。
こちらのtwitterはコロナウィルス騒動に懐疑的なツィートがあり、月に一度二度注目して読んでいたら衝撃的な話に出会いました。
マッドマンtwitter5月22日https://twitter.com/madmanjapman
マッドマンさんがリツイート
介護福祉士あきら@theakira3315月22日
すげー話だよな。これがいまもコロナ渦で行われていて、ワクチンにからんでると
引用ツイート
付箋@KDystopia 5月11日
このことについて触れている唯一の気がする、ジャーナリストの堤未果さん。『WHOの専属広告代理店』
https://twitter.com/KDystopia/status/1391988371480748034
ナイラ証言でヒル・ノートン社への報酬14億円

 

自粛の出口は地域から進めるワクチンと検査

 投稿者:風太  投稿日:2021年 6月 6日(日)18時18分10秒
  政府が信じられなくても~自粛の出口は地域から進めるワクチンと検査【児玉×金子 新型コロナと闘う】20210602
https://www.youtube.com/watch?v=FZU_4AKJ1tg

児玉東大先端研名誉教授による、ワクチン解説が、一昨日YouTubeで公開されました。

わかりやすい解説なので参考になると思います。

ワクチン接種に関しての諸問題への中立的見地からのわかりやすい解説です。

児玉先生によるこの解説が、今現在の世界の標準的な高度医療にもとずく見解と思います。


注目すべきは、今現在最高度のワクチンであるmRNAワクチンによる免疫獲得時における、注意しないとならない点についても触れられています。

この解説を聞くと、政府のむやみやたらの接種拡大だけでは、逆にADEなどの問題が出てきてしまう点などを考えれば、

いまの政府厚労省のワクチン戦略のいい加減さに、危惧する点が大きいことがよくわかります。


こういう科学的な見解をきちんと話せる先生たちが、メディアではまったくその意見を紹介しないのは、警戒しないとならないところです。

後、ビデオでは金子立教大特任教授による政府の医療政策の問題点への指摘も、大事なところなので、視聴をお薦めします。
 

ボッシュ博士の主張のわからない部分

 投稿者:風太  投稿日:2021年 6月 4日(金)14時15分46秒
  紹介していただいたサイトから、ボッシュ博士の主張を見ることが出来ました。

ただ、その主張で博士は、mRNAワクチンでできる抗体・特異的抗体は、一生消えないと主張なされています。

この根拠がどこにあるのか、その辺がこのインタビューでは触れられていません。

特異的抗体が一生体内にい続ける事のエビデンスが示されていません。


実際にはこの特異的抗体の抗体価はかなりの個人差があり、若い人ほど多く、逆に高齢者ほど少ない結果が出ています。

そして問題はその出来上がった抗体が、博士の仰るように減衰していかないとなると、あらたな変異型ウイルスに対応する特異的抗体を作った場合、

つぎつぎに体内に特異的抗体が残り続けることになるというわけです。


この説が正しいのかどうかは、今後海外でワクチンの接種を終えた人たちの、その後の抗体価の変化の調査を待つしかありません。

もし本当ならば大変な問題になりますが、果たしてどうなのでしょう。
 

元ゲイツ財団のワクチン開発局長のボッシュ博士は人類の存続のためにワクチン使用停止を訴え続ける

 投稿者:sagakara  投稿日:2021年 5月25日(火)13時01分53秒
  https://indeep.jp/dr-bossche-said-this-is-a-genocide/
「新型コロナワクチンは人間のすべての免疫能力を破壊して人を死に導く」:元ゲイツ財団のワクチン開発局長のボッシュ博士は人類の存続のためにワクチン使用停止を訴え続ける
現在のコロナワクチンは基本的に「武漢型の感染を防ぐことに特異したもの」です。

「非特異的抗体」とは、このインタビューでは、つまり私たちが生まれつき持っている「何にでも対応できる抗体」です。

日常には、どこにでもさまざまな病原体が漂っていますが、多くの場合、私たちは病気を発症しません。それは、人間が本来持っている抗体が、さまざまな病原体に対抗できる力を持っているからです。

ところが、コロナワクチンは「その人間の生まれついての免疫の作用を殺す」ということについてのメカニズムを博士は語っています。
────────────
つまり、コロナワクチンを接種した人は「失う」のですよ。すべての保護を。

いかなるウイルス変異、あるいはコロナウイルス変異に対してもです。

この意味としては、その人たちは、「免疫反応がない状態のまま」となってしまうのです。

なくなるのです。

免疫がすべてなくなるのです。

免疫をすべて失うのです。

抗体はもはや機能しません。

生まれつき持っている生来の免疫は完全に遮断されます。

その中で、高い感染性をもった株が流行するのです。







 

リュック・モンタニエ教授とのインタビュー動画より怪しい井口和基氏のブログ

 投稿者:sagakara  投稿日:2021年 5月24日(月)22時01分22秒
  怪しい井口和基氏のブログからです。
https://quasimoto3.exblog.jp/240987031/
リュック・モンタニエ教授とのインタビュー動画より

質問者 : WHOの感染数の曲線を見ますと、1月にコロナワクチン接種が開始されて以来、新たな感染を示す曲線が爆発し、死亡数もそれに準じています。特に若者の間で。

モンタニエ教授 : そうですね。血栓症などを伴うものです。

質問者 :コロナウイルスへの集団予防接種プログラムをどのように見てらっしゃいいますか?

モンタニエ教授 : これは大きな間違いです。科学的過誤と医療過誤です。これは容認できない間違いです。変異種を作り出しているのはワクチン接種であることを歴史が語っています。

ワクチンによってコロナウイルスに抗体が作られます。その場合、ウイルスは何をすると思われますか。そのまま死ぬのでしょうか、それともウイルスは別の解決策を見つけるでしょうか。

新しい変異種は生産物であり、これらはワクチン接種の結果として生まれたものです。

これは各国で見られます。どこでもです。ワクチン接種の曲線に死の曲線が続くのです。

私は現在、これを綿密に追跡しており、ワクチン接種後にコロナウイルスで病気になった患者の方を対象に研究所で実証を行っています。その人たちがワクチンに耐性のある変異体を作成していることをお見せできるでしょう。

質問者 :パンデミックの際にワクチン接種をする必要があるのでしょうか?

モンタニエ教授 : それは考えられないことです。
 

検査と隔離の徹底と薬での治療法で対処

 投稿者:sagakara  投稿日:2021年 5月20日(木)12時53分31秒
  日本は、過去に正確に情報を把握せずに、我らの力や兵站無視で無茶な戦争に突入し、大失敗したことがあります。それ以来の後遺症で仮想敵国の状況は変わらない。

櫻井ジャーナルを読むと米国でワクチン接種で4000人も亡くなったと記述があり、報道されず、さワクチン接種ありきの報道です。自分としては櫻井ジャーナルとマスコミ報道の怪しさはどこっこいどこっこいとなりつつあります。

正確な情報を把握していない間は、日本は幸いにも東アジアのファクターXがあるし、インド変異ウィルスは危険でもあるようなので検査と隔離の徹底と薬での治療法で対処すべきでないかと思います。若年層はほとんど風邪程度らしい。
幸い厚労省が認可してないが他国でジェネリックで使うアビガンもあるし、キューバとか中国はどうも治療法を確立して抑えているようでもある。

天然痘とかは治療薬が無いから種痘を行なっが、ワクチンは治療法や薬がある時は無用の長物になると思われます。
 

ワクチンに前のめりの日本、本当に大丈夫なのか?

 投稿者:風太  投稿日:2021年 5月20日(木)06時23分41秒
  ワクチン副反応で死亡19例 小柄な日本人には過剰投与なのかもしれない(上昌広)
https://news.yahoo.co.jp/articles/825f635812f53b48e117ed74442fd316406e2a8e

新型コロナワクチンへの妄信と強制が危うい理由
https://news.yahoo.co.jp/articles/f29d5a4958220eb3f49ee5ac7bac3a55d9e8398c

原田曜平氏 実父がコロナワクチン副反応で深刻な健康被害「国民に急いで打たせていいのか」
https://news.yahoo.co.jp/articles/5356e28c7d1d4c255ef45dde72a7a4ea2183d75a

どうも新型コロナウイルス対策のワクチンには、副反応としての発熱や倦怠感や筋肉痛が、高い確率で発生しているようです。

比して政府もマスコミも、連日接種を推奨する情報を発信し続けています。

これは無策の政権にとり、唯一無二の対策だからでしょう。

ワクチン接種による集団免疫確立による対策しかないのだから、最低7割の国民に接種させないとならないわけでしょう。

その為に利点ばかりが強調されて、リスクがどこかへ追いやられています。

厚労省も、副反応を非常に狭義に捉えて、多くの発生例は発表数字には反映させないようにしている。

医療従事者に続き、高齢者の接種が始まり、もうしばらくすると高齢者の副反応の実態も明らかになると思います。

私は施設などでのワクチン接種の結果に注目しています、高齢の体力のない方々にどれだけの重い副反応が起きるかです。

かなり深刻な事例も出てくるのではと危惧しています。


このワクチン接種に関しては、義務の様に受け止めたり、接種で自分だけは感染から守られるという考え方は捨て去るべきと思います。

最後は自分自身で判断するべきです。

接種が原因で健康を害しても、恐らく政府厚労省はワクチンが原因とは認めず、泣くことになると思うからです。


加えてですが、このウイルスは感染していても無症状の人が多いのです。

ということは、すでに体内に抗体があるのに、ワクチンを接種してしまうこともあるのではと思います。

その場合は二回打ったら二回目の副反応はどうなるのでしょうか。

その点についての明確な説明は厚労省からなされてはいません。

本来はすでに感染しているかどうかで、抗体検査をするべきと思うのですが、そんな手間暇などかけられないという事なのでしょう。

それでいてすべては自己責任
ということです。
 

新型コロナ 正念場の最前線~変異・免疫・ワクチン~ 小野昌弘 × 児玉龍彦 × 加藤茂孝 3人の学者に問う

 投稿者:風太  投稿日:2021年 5月19日(水)19時20分18秒
  新型コロナ 正念場の最前線~変異・免疫・ワクチン~ 小野昌弘 × 児玉龍彦 × 加藤茂孝 3人の学者に問う
https://www.youtube.com/watch?v=572COQdC8LU

3か月前に収録されたものですが、なかなかに面白いので紹介しておきます。
 

リテラ医療崩壊の大阪で2020年度123の病床が減らされていた! 原因は「ベッド減らした病院にご褒美」制度

 投稿者:sagakara  投稿日:2021年 5月19日(水)04時39分1秒
  リテラの続く記事を読みました。https://lite-ra.com/2021/05/post-5890_2.html
医療崩壊の大阪で2020年度123の病床が減らされていた! 原因は「ベッド減らした病院にご褒美」制度
大阪維新は人口削減に加担している可能性もあります。
新ベンチャー革命2021年5月18日 No.2760からです。
http://blog.livedoor.jp/hisa_yamamot/
注1:本ブログNo.2757『新型コロナウイルス・パンデミックに関する話題で、あの菅総理がポロっと“人口削減”を口走ったのは実に意味深だった』2021年5月6日

http://blog.livedoor.jp/hisa_yamamot/archives/9891920.html


注3:本ブログNo.2739『欧米の政府は、なぜ、新型コロナウイルスの治療薬ではなくワクチン開発を優先するのか:ビル・ゲイツの人口抑制論との関係は?』2021年5月6日

http://blog.livedoor.jp/hisa_yamamot/archives/9167967.html


 

新型コロナで浮き彫りにされた日本の脆弱な医療の陰で今も進む医療の削減~医療法改正

 投稿者:風太  投稿日:2021年 5月18日(火)23時33分55秒
  病床を削減した病院に消費税でご褒美で1万床カット…病床削減推進の改正医療法が自公、維新の賛成で成立か
https://lite-ra.com/2021/05/post-5890.html

新型コロナ対策で、やるべき当然の対応をしないで来た裏には、この医療費抑制策を絶対に止めない政府の姿勢があったのです。

ゆえに、新たな市場を生み出すような検査体制の拡充など、絶対にやりたくなかったことになります。

この国の与党政治家たちには、国民の健康などどうでもいいのです。

高橋洋一参与の態度に、この国の指導層に位置する者たちの考え方が露骨に出ています。

輸入ワクチンに前のめり状態なのも、感染症対策で表面化した脆弱な医療を放置できると踏んでいるからでしょう。

マスコミもそれに一役買おうと必死で報道しまくりです。

しかしその裏では、我々の知らない重大なことが起きているやもしれません。


 

ファイザーの幹部が「RNAコロナワクチンは毎年打つ必要がある」と発言した記事を読んでの感想

 投稿者:sagakara  投稿日:2021年 5月14日(金)01時12分4秒
  ファイザーの幹部が「RNAコロナワクチンは毎年打つ必要がある」と発言した記事を目にしました。

櫻井ジャーナルの記事にファイザーのRNAコロナワクチンの担当者が「RNAコロナワクチン接種で人類のDNA基本ソフトを乗っ取る」と発言した記述を目にしました。
…………新潟大学岡田正彦教授………………
リスク(by 政府/厚労省認定の新型コロナワクチン)-

・自己免疫疾患を起こす

・抗体依存性免疫増強(ADE)による重症化
 → 一旦は効き目があったワクチンも、更なる変異株には不完全な対応 → 結局、重症化

・係るワクチンが元々身体に備わっていた自然免疫機能を止めてしまう
 → 弱いウイルスでも致命的になる
…………………………
陰謀論での推理ですが「RNAコロナワクチン接種で人のDNA基本ソフトを乗っ取る」の意味はRNAコロナワクチンを打っても抗体依存性免疫増強の末に「→ 弱いウイルスでも致命的になる」で結果的にファイザーの幹部が言うように今後、RNAコロナワクチン接種を打ったら結果的に人間の自然免疫が失われて人は生きる残るために「RNAコロナワクチンは毎年打つ必要がある」に誘導される危険性があるのかなと思えて来ました。
ビルゲイツは一度は発売したWindowsの基本ソフトをバージョンがアップする度々に高額な基本ソフトを買い替える仕組みを造り、巨富を得ました。
彼は「RNAコロナワクチン接種で人のDNAを乗っ取る」事で毎年78億人に「RNAコロナワクチンは毎年打つ必要がある」に追い込み更なる巨富を得る仕組みを考案した可能性があると推理します。正に陰謀論かもしれませんが。
 

日本 コロナワクチン接種後の死亡例、累計39人に 厚生労働省(スクートニク)

 投稿者:sagakara  投稿日:2021年 5月13日(木)23時55分8秒
  日本 コロナワクチン接種後の死亡例、累計39人に 厚生労働省(ロシア系サイトスクートニク)
https://jp.sputniknews.com/japan/202105138377406/
大変なことになっています。櫻井ジャーナルを読んでいると米国で3800人が亡くなって報道統制で報道しません。ロシア系サイトのスクートニクでは累計39人です、

接種10%インドや50%接種でセーシェルではコロナワクチン接種後に逆に変異猛毒化ウィルスが猛威を奮っています。政府はインド、パキスタン、ネパールからの入国をようやく厳格にしたと報道がありました。日本はファクターXもあるし、検査と隔離と危険なコロナワクチン接種よりアビガンなどの治療薬で対処すべきと思います。ワクチン接種はマッチポンプの可能性があります。
 

五輪広告塔

 投稿者:風太  投稿日:2021年 5月12日(水)04時42分5秒
  最近の競泳池江さんへの辞退要求は、本人の意思とは無縁としても、五輪開催の為の広告塔になっていたからでしょう。

その裏には大手広告代理店の存在があり、メディアを総動員して五輪開催の後押しをする為に、闘病する姿を盛んに露出させ利用したわけです。


それがここにきて、政権が五輪開催を優先しウイルス対策を半端にして、結果感染がどんどん厳しくなる状況に対して、危機感を持つ人たちが、

五輪開催の象徴化した池江さんに、社会的責任を求め始めているという事です。

それをまた五輪推進派が逆手に取り、批判される池江さんを被害者に仕立てて、五輪反対派を攻撃する材料にしようとしている。

健気に頑張る若き女性を虐める反対派という情緒的な構図を作り上げ、じつは五輪開催強行批判への防波堤にしているわけですね。


この構図はじつにわかりやすく、この先さらにウイルスの被害が拡がれば、ますます池江さんだけではなくアスリートの人たちへ批判の矛先が集まることになるわけです。

しかしそれにはスポーツ界にも責任があり、長年政治と癒着して、その権力構造に与してきたゆえの反動なのです。

そのことは前の五輪担当大臣が橋本聖子さんだったことからもわかります。

特に自民党の国会議員には、元アスリートの人が大勢いて、彼らはその知名度で票を集める役割(比例区などでは顕著)も果たしています。

そして選挙の応援にも駆り出されています。


こういうスポーツ界と政界との癒着が、長年に渡り、現在の日本の体制を守るために利用されてきたわけです。

池江さんは、知らず知らずのうちに、五輪推進の広告塔にさせられていたわけですが、やはりトップ選手として現実から逃げることはできないと思います。

大坂なおみ選手や新谷仁美選手や錦織圭選手のように、自分の社会的立場を認識して、積極的な発言をされることを期待します。
 

立憲民主党が国民投票法案に賛成するのは政党名と矛盾してないか?

 投稿者:MO  投稿日:2021年 5月 6日(木)00時05分47秒
編集済
  植草先生も指摘した通り、立憲民主党が国民投票法案に賛成するのは、

彼らの正体が立憲主義などではなく、隠れ極右の改憲主義者だからでしょう(例:伊勢神宮に参拝等)。

経済学者のピケティが先進国の左派は高学歴者による「バラモン左翼」に堕したと批判して

いますが、普通の一般庶民と比べて特権的な地位にあると思われる女性アナウンサーばかり

を異様に立候補させたり、RCEPに賛成+外国人労働受け入れ拡大に賛成だったりするのを見ると、

彼らこそは「バラモン左翼」に該当するのではと思います。要するに、労働側の勝ち組にある人間だか

ら、普通の庶民が味わう痛みを何もしらない。だから平気で、資本や国家がだしてくる法案に無抵抗で

賛成するということです。

(参考)
共同通信:

修正は立憲が求めてきたCM規制や外国人寄付規制について、改正案の付則に「改正法施行

後3年をめどに検討を加え、必要な法制上の措置を講ずる」と明記する内容。立憲側にはC

M規制などの議論を今後3年間続け、その間、「本丸」の改憲論議を棚上げにする狙いもあるが、自民党は

「進める手はいろいろある」(関係者)と判断した。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2021050500398

→完全に自民に舐められてます。

左派政党を支持するのは庶民から高学歴者になった(ピケティ)

1980~2020年になると、徐々にこの投票行動に変化が生まれます。社会的に恵まれた階級と庶民階級の双方で

分裂が起きたのです。社会的に恵まれた階級においては、所得が最も高い層が右派政党を支持し続けたのに対

し、学歴が最も高い層は左派政党を支持するようになりました。左派政党を支持するようになった高学歴層

を、私は「バラモン左翼」と名付けました。

https://courrier.jp/news/archives/243521/

→ピケティの提唱するバラモン左翼という概念を理解すると、立憲民主党がなぜ支持を得られないかが分かります。

要するに、政党内部の人間も含めて、普段支持を表明している人間たちが学者や弁護士等の高学歴特権階級っ

ばかりで、庶民の生活の実情を反映してないんです。かつ、こうした支持者の声が大きすぎることで、普通の

人が声を上げることのできるスペースが極めて小さくなっています。連合を支持基盤としているようですが、

普通の非正規や大企業以外の正社員の身には何があっても黙殺ですよね。そういう立場に置かれた側の人間

が、選挙の時だけ立憲に投票しますかね?
 

4月12日のUIチャンネルが注目されます。

 投稿者:sagakara  投稿日:2021年 4月16日(金)22時37分54秒
  https://www.youtube.com/watch?v=cVotXDOLzAQ
4月12日のUIチャンネルです。軍部クーデターからミヤンマーでレジスタンス勢力が臨時政府を樹立とかの話にもなっています。
マスコミの欧米の制裁報道、BSNHK放送ではスマホを使ったの扇動とかアラブの春とも言える状況に近いと感じます。
ミヤンマー多民族国家なら臨時政府とかならば、ユーゴスラビアの国家分裂騒動と似た状況にもなっています。
この番組での毎日新聞の記者の方はアウンサンスーチー顧問が実際は専制的な人物で民主派が政権を取って以降優秀な側近達が離れて行ったとも述べられています。2015年も不正選挙との説もあるそうです。愛知でも某大国でも不正選挙は起きている模様で国軍の主張も否定できないとも思われます。死者が多数出て来ている模様でレジスタンス勢力と少数民族とが結束してリビアのように国が瓦解して戦国時代になることだけは避ける必要があると考えます。
怪しい櫻井ジャーナルを読むとミヤンマーのロヒンギャのイスラム勢力とか新疆ウイグル自治区のウイグル問題とかISが潜入してそれを鎮圧することで生じる人権問題との記述もあります。冷戦終結以降、マスコミの報道で民主主義が叫ばれた末に悲劇という結末は数え切れません。
 

小室さん問題の本質

 投稿者:風太  投稿日:2021年 4月16日(金)14時51分39秒
  小室さんの長文による元婚約者とのいきさつの言明書に対して、元婚約者の方が反論しています。

それに右派系マスコミが中心になって加勢し、新たに出てきた元婚約者の方が録音したものを元に、小室さん攻撃を強化しています。


小室さんは先に出していた長文の言明書のなかで、元婚約者との話し合いの席での会話の録音の内容を公表しています。

それに対してマスコミは隠し録音をするような人物だと非難を強めています。

しかしです、もし小室さんがこの録音をせずにいたら、のちに元婚約者の方が贈与したのではなく貸したのだから返してほしいと申し入れた時の、

元婚約者の(隠し?)録音のみが残っていたことにもなります。

そうしたら、マスコミや右派系は小室さんをさらに嘘つき呼ばわりすることになったでしょう。


以上この話はどっちにしても、小室さんを悪者にして、眞子内親王をその同調者に仕立て、

さらにはこの件で秋篠宮を追い落とし、現行法では事実上次期天皇の位置にある、悠仁親王を排除する狙いがプンプン感じられます。



そのうえで愛子内親王を女性天皇(女系ではない)に仕立てて、そのお相手に旧皇族の男系男子をあてがって

天皇を自分たちの思う通りにしたいという右派の思惑が強く感じられます。



その証拠にこの問題をしつこく報じているのは右派系のメディアが中心であり、ネットではネトウヨ系が総力を挙げて小室さんを攻撃し、

さらに秋篠宮家を、皇室として失格とばかりに誹謗中傷しています。


この辺の背景をどこも指摘していないので、この問題は小室さんの人格問題にすり替えられてしまい、多くの市民はうまく誘導されているようです。

本当に情けない次第です。

このくらいの謀も自己判断できず、世論誘導に惑わされているようでは、民主国家国民としては失格です。
 

予算を国民の手に取り戻さないと、何も物事は解決しないのです

 投稿者:風太  投稿日:2021年 4月11日(日)13時30分45秒
  新型コロナウイルス対策が後手後手なのは、今まで上げてきた理由のほかに、検査体制などを充実させると、そこに新たな市場が生じてしまう。

つまり最新の自動検査機器や試薬が求められ、それに対応した生産体制が確立してしまう事が厚労省などからは問題視されているからでしょう。

新たな市場が形成されてしまえば、毎年の予算枠に新たな予算が加わることで、他の予算との調整が必要になりますからね、官僚はそれを嫌うのでしょう。

又そのために、新型コロナウイルス対策名目の特別予算枠から、GoToキャンペーン予算が削られてしまう事も、政治家にとっても不都合なのだろうと思います。

この点が多くの国民には理解できておらず、またマスコミ報道もこの点についてはあえて触れないでおこうとする姿勢が顕著に感じられます。


あの東北の大震災の時も、その名目の予算が政治によりかなり都合よく他の目的に流用されています。

ここには予算を付けることで、新たな市場が生じることを恐れる所管官庁の思惑と、予算を自分たちの選挙目的に流用したい政治家の思惑が常に存在しています。


今回の新型コロナ対策についてもそれは同様であり、ゆえに厚労省は検査に否定的で、政治も予算の目的外使用を虎視眈々と狙うところは相も変わらずというわけです。

そしてその結果、まともな対策が打てない日本では、すでに大阪は医療崩壊が始まり、次は東京ということになります。

この間まともな事を言い続けてきたのは日本共産党だけという悲惨な現状があります。


この国は国民主権の国のはずなのに、国民は常に添え物扱いとされ、主役の座からは遠い存在にされ続けているわけです。

この現状を打破するためには、国民一人一人が自分自身で情報を集めて精査し、自分自身の価値観で判断して意見を言うことしかありません。

人任せにしていたら、この国は社会そのものが崩壊していくことになります。

そしてその時一番厳しい立場に追いやられるのは、底辺の一般国民という事になります。
 

コロナワクチン副作用は相当に強力

 投稿者:MO  投稿日:2021年 3月14日(日)08時07分2秒
編集済
  政府の太鼓持ち医師やその他諸々が(自称リベラルの馬鹿も含めて)コロナワクチンの副作用は割合が少ないから大丈夫との言説を流していますが、やはり副作用は相当強力に出るようです。以下のヤフコメの医師によると、副作用が出た接種者が全員アドレナリンを打って回復しているのはアナフィラキシーが発生している証拠とのこと(通常の薬だったら許可が下りてない?)。現在は医療従事者限定で接種していて現場で応急措置もとれる状態なので症状が出ても何とか回復できているのでしょうが、このような状態で高齢者や一般人への接種を進めると死亡者が出るのはほぼ確実でしょう。
---
コロナワクチン、アナフィラキシー疑い36人 高頻度?(朝日新聞)

現役医師ですが、アナフィラキシーは発現した瞬間に対処しないと、あっという間に呼吸困難に陥り、命を落とす危険性があります。いちいち診断基準など確認してはいられません。アドレナリンを投与して全員回復しているのがアナフィラキシーの何よりの証拠です。このワクチンを打つ人も打たれる人も、それだけリスクがあるワクチンであることを肝に銘じるべきです。
https://news.yahoo.co.jp/profile/id/w.NnrZ2ZcHGhF_Hk6EEnCUbBnINF/comments/
---
 

怪しいブログを発表している井口和基氏が東日本ニュージーランドの地震を予言

 投稿者:sagakara  投稿日:2021年 3月 5日(金)21時18分42秒
  https://quasimoto3.exblog.jp/240865076/
怪しいブログをいつも発表している井口和基氏が東日本大震災を予言したのに続きニュージーランドの巨大地震を予言した模様です。最近は懐かしいキャンディーズを題材にしたブログが多かった。
 

サンデーモーニングのコメンテーターの問題発言

 投稿者:風太  投稿日:2021年 2月21日(日)19時55分11秒
  デイリースポーツ紙のの記事 「サンモニ」関口宏にネット苦言「森さんと同じ」 大宅映子氏発言さえぎり… より
https://news.yahoo.co.jp/articles/bec875f25e7cd9c8753a51d3246f99dd5c4d28f0


>東京五輪・パラリンピック組織委員会の新会長に橋本聖子氏が選出されたという話題。大宅氏は「男と女は地位として平等なんです」と断言。「入口(機会)の平等が確保されていて、競争が認められていたら、結果に差が出るのは当たり前。男が女のようなものになったり、女が男のようなものになったりするのが理想とは思えない」と持論を展開した。

この発言、大変な問題点をふくんでいます。

大宅さんは法的地位が平等であれば、それで良しという考え方の様ですが、日本社会では建前は平等でも、現実がそうなっていないところが問題なのだという事が、この人には理解できていないようです。

現実の日本社会には、非公式の色々な制約が存在していて、多くの女性はその中でいかに理不尽な扱いを受けてきたことか、そしてその事が日本社会の歪みになっていることも忘れてはいけないのです。

そうした歪みを正そうと、歴史的に見ても多くの先人たちが苦労に苦労を重ねて現在の社会を作り上げてきているわけで、大宅さんご自身もその恩恵の上に立っているという事なのです。

それをすっかりと忘却し、あたかもご自身だけは競争社会で打ち勝ってきたから現在の地位にいるのだと勘違いをされている。

そして赤字にした問題発言です。

>男が女のようなものになったり、女が男のようなものになったりするのが理想とは思えない

この発言で大宅さんは何を言おうとしているのか、まさに男性が所謂男性らしくなかったり、女性が男性の様な振る舞いをすることを遠回しな言い方を使い、実は否定しているのです。

そこには男性・女性のほかに色んな立場の人たちがいること自体理解できていない点があり、さらには維新天皇制下の封建思想もが垣間見えています。

つまり大宅さんご自身が森さんと同じ考え方にあることを、はっきりと表明しているわけです。

しかもその自説を大宅さんは他のコメンテーターの発言機会を無視し、展開しつづけていたので司会の関口さんが、途中で発言を他のコメンテーターに振ろうとしたわけです。

最近のデイリーはネトウヨご用達化が加速していますから、このような記事を出してきたのでしょう。


この発言でもわかるのですが、日本社会の男尊女卑の根底には、実は女性の側にもこの思想を美化する人たちがいて支えているという事です。

この考え方には、維新天皇制という個人を無視した全体主義による統一国家形成という歪んだ思想が根底にあることを忘れてはいけません。

この思想の下、女性は兵士を生み育てる装置にされ、男性は遅れてきた植民地思想を実行する帝国軍兵士にさせられていったのです。

大げさと思う方もおられるかもしれませんが、個人の個性を無視した国家強制がいかに恐ろしいかは歴史が証明しています。

大宅さんの発言は、大宅さんが女性ゆえにネトウヨ系に歓迎され、利用されようとしている。

要警戒です。



 

ワクチンを広めることで、さらに凶悪なウイルスが誕生する可能性

 投稿者:MO  投稿日:2021年 2月13日(土)21時52分16秒
編集済
   今から8年程度前の本ですが、マウスポックスというウイルスに感染したネズミの群れにワクチンを接種する実験を行ったところ、ネズミが感染していたウイルスが致死率100%のスーパーウイルスに変異を遂げてワクチンを打たなかったネズミも含めて全て死んだということがあったようです。
 今は人間の世界で新型コロナが猛威を振るっていて、人類がそれに対処するために急ごしらえで作ったワクチンを広めていますが、安全性を十分に検証しないで接種ばかり急ぐ動きにには恐怖しか感じませんね。単に株式相場を崩したくないという金融既得権層の一心で、一般の貧乏人が副作用について有無を言わさず無理やりワクチンを打されそうになっている構図と認識します。

(引用開始)
実験に使われたネズミは、マウスポックスへの耐性を持っているはずだった。インターロイキン‐4で免疫反応を抑えたとは言っても、それでマウスポックスを発症してしまうようになるとは考えにくいので、何か別のことが起きているに違いない。さらに詳しい情報を得ようと、二人は再度、同様の実験をしてみた。ただし、今回はウイルスに感染させる前に、ネズミにワクチンを接種した。ネズミが死んだのが本当にポックスウイルスのせいであれば、単純に感染させれば今回もネズミは死ぬだろう。だがワクチンを接種されたネズミは感染しても病気にかかることなく生き延びるはずだ。 しかし、しばらくしてケージの中にいたのは死んだネズミばかりだった。一匹残らず死んでいた。 彼らは自分たちが何をしたのかを理解した。元はできのいいネズミ捕りを作ろうとしただけなのだが、できたのは偶然にも恐ろしい生物兵器だったのだ。マウスポックスのウイルスにインターロイキン‐4を付加すると、ワクチンを接種したネズミさえ殺す新しいウイルスが生まれる。致死率は一〇〇パーセントだ。

フレッド・グテル.人類が絶滅する6のシナリオ(河出文庫)(Kindleの位置No.2944-2951).河出書房新社.Kindle版.
(引用終わり)
 

植草さんの、「山口香JOC理事が森氏後継最適任者」を断然支持します

 投稿者:風太  投稿日:2021年 2月13日(土)11時34分33秒
  私は以前から日本のスポーツ界では、山口香さんが一番、国際社会でも通用する見識と理論の持ち主であると思っていました。

今回東京五輪という、ある意味利権がらみのイベントで、利権屋の親分の様な、そして文教族のボスだった森さんがしでかした問題で受けたダメージを払しょくし、

五輪女性差別騒動を片付けるに一番適した人として、一番先に脳裏に浮かんだのはこの山口さんでした。

一部には後継は自民党国会議員で、つい先日も物議を醸すような醜態を晒した橋本大臣の名前が出てきているようですが、

この人自身が森さんの子分の様な人です。

私にはこの人は女性というだけで、後継にはまったくの不適格と思います。

橋本大臣が後継になるようでは、何も変わりません。

利権五輪の綻びを、ペンキを塗って誤魔化すだけの結果になることは目に見えています。
 

新型コロナ治療薬開発~長崎大学

 投稿者:風太  投稿日:2021年 2月11日(木)13時00分48秒
  大手マスコミではTBSを除き、ほぼ無視されたニュースです。

以下長崎新聞記事引用


>長崎大と製薬会社ネオファーマジャパン(東京)は、納豆などの発酵食品に多く含まれ、

>試験管内で新型コロナウイルスの増殖をほぼ完全に抑制する効果を確認した天然アミノ酸「5-アミノレブリン酸(5-ALA)」について、

>コロナ感染患者に投与する特定臨床研究を10日までに長崎大学病院で始めた。

>同大によると、コロナ感染者から採取したウイルスを試験管内で培養。一定濃度以上の5-ALAを投与したところ、

ウイルス増殖をほぼ完全に抑えることを確認し、昨年10月、特定臨床研究に入ることを明らかにしていた。

>3月末までに計50人を対象に進める。

>抑制効果は国際学術誌
ScienceDirect(電子版)に今月8日、掲載。

>メカニズムの解析はこれからだが、その一つとして新型コロナウイルス表面にあるとげ状の「スパイクタンパク質」に5-ALAの「最終産物」が付着し、

>ウイルスの人の細胞への侵入を阻害することが考えられるという。


長崎新聞
https://news.yahoo.co.jp/articles/9660d02fb689a143c22c13f15d70b30a6

長崎大学・ネオファーマジャパン
https://www.neopharmajp.co.jp/library/592faa4a16088b6a0b777d96/6022465c38c81ba70586c2e2.pdf

ScienceDirect
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0006291X2100156X

かなり有望な話ではないかと私は思っています。

ただなぜかこのニュース、TBSNEWSで放送されただけで、あとはマスコミ各社はまったく無視し続けています。

異様な雰囲気なのですが、思うに、今政府が前のめりになっているワクチン接種を推進させるに、マイナスになるニュースという事なのではと。

臨床から実際に新薬として発売されるには、色々と政治的な思惑が絡んできそうな気がします。
 

新型コロナで明らかになった日本の医療体制の脆弱ぶり

 投稿者:風太  投稿日:2021年 1月25日(月)14時40分35秒
  日本の医療が崩壊しようとしています。

その根底原因になったのが、長年に渡る医療費削減目的の地域医療構想です。

この政策で国は全国の国公立病院の統廃合を進めました。

そして並行して保健所の数もここ30年間で半減させています。

この為に、ただでさえ逼迫していた救急医療は、そこに新型コロナ感染者を受け入れることになり、キャパ不足で崩壊し始めています。

この結果新型コロナ患者だけではなく、急患や重傷者や手術待ちの患者にまで影響が出ています。


この事は厚労省には事前にわかっていたはずのことです。

しかし厚労省は具体的な対策をとることをせず、地域医療構想を続けることを優先したわけです。

そして感染実態が露になることを恐れた厚労省は、PCR検査に非常に消極的対応を取り、コロナ対策の専門家会議のメンバーも、考えを一にするメンバーを優先しました。

マスコミには検査弊害論をばら撒き、それを右派系メディアも必死に流し続けたわけです。


これで感染症対策の基本である感染源となっている人たちを市中から隔離して保護する対策が取れませんでした。

厚労省がとったのは、自覚症状が出て行政検査を受けた人のみ、感染経路を保健所の人員を割いて追跡することだけだったのです。

しかし人員が削減されていた保健所では、
感染者の受付業務も背負わされていたために、感染拡大で機能は完全にマヒしました。

その結果第一波の波では、検査も受けられないままに多くの方が命を落とす結果になっています。


しかしそれでも厚労省はあくまでも地域医療構想の継続を優先し続け、感染源対策であるPCR検査のキャパを増やすことを妨害し続けたのです。

またいずれ受け入れ態勢が破綻することも予想できたはずなのに、そちらの対策も放棄し続けました。

この間政権与党の政治家たちも、目先のイベント(五輪開催や習近平来日)を優先し、また経済優先でインバウント観光の為に入国検疫の強化を怠りました。


本来はこのあと一年間の期間があったわけですから、やるべきことは山ほどあったのです。

しかし厚労省政権与党は、実際には無策のまま、逆にGoToキャンペーンを前倒しで実行し、ウイルスの全国拡散を後押しする愚策を行ったのです。


本来この一年間でやるべきだったのは、PCR検査体制の充実であり、また全国に中国方式の仮設の専用病院を建設し、そこに医系技官を派遣し、さらに医師会看護師会などの協力で、医師や看護師を重点配備して、感染拡大に備えておくべきだったのです。

それをしないでおいて、現在は残された国公立病院だけでは感染症患者を受け入れられなくなり、民間病院へ患者を受け入れさせようとマスコミを使い後押しをさせようとまでしています。

しかし実際は民間病院は規模が小さなところが多く、設備も機材も人材も手薄であり、院内のゾーニングも難しいところがほとんどなのです。

またそれらの病院内で院内感染が発生した場合、医療スタッフが使え無くなれば、その病院は機能停止状態になります。

どこの病院も地域の人たちの大事な医療資源なのに、機能停止になれば多くの人たちが拠り所を失います。

だからこそ専用病院が必要なのであり、それもある程度の規模を持つ病院でないと受け入れ態勢は不十分になります。

また同時に無症状の陽性者の為の受け入れ施設として、体育館などのホールを専用の受け入れ施設にするなどの対策も必要でしたが、こちらもなにもしないまま民間ホテルを借りる方式で今やこちらも崩壊状態です。


そしてここにきてついに当然入院が必要な基礎疾患のある方や高齢者までもが自宅待機で亡くなり始めています。

最悪の惨状なのです。


しかしここに来ても菅総理は何も具体的な行動をとろうとせずに、安易なやり方に終始し続けています。

そして最後の一手とばかりに、海外からワクチンを輸入し、それで誤魔化そうとしていますが、ワクチンを接種するだけでも、これはまた大変な作業になるのです。

勿論その手順もいまだに手探り状態です。

しかもこのワクチン、これから国内感染の主流になり替わるであろうイギリス変異型に対応できるのかどうか、まだまだ不明な点が多々あります。

しかもさらに強毒で感染力の強いと言われている南ア型には通用せずという論文も発表され始めています。

勿論深刻な副反応で高齢者が亡くなったという報告もあがってきています。


すべてが医療費を抑え込むための無理な政策がその根底にあり、そしてそれがあるゆえに実行力のある対策を避け続けてきた結果、いまや日本の保健医療は足元から崩れ始めているわけです。


これをただすには、もはや野党の共産党を中心に(なぜならば一番対策に前向きで、しかも科学的に正しい見解をもっているから)立憲や国民も加わり、連立救国政権を作り、菅政権の後始末をするしかありません。

その為にも一刻の猶予もなく、菅政権を総辞職解散に追い込むしか手は無いでしょう。

そして仕事をしたくない、責任を取りたくない、汗をかくのが嫌な厚労省の役人たちを現場に投入しなければなりません。

このままでは犠牲者が増え続けるだけです。


最早この国の敗戦後の米隷属体制は、機能不全に陥ったという事です。

国民はこの事実を共有
し、この国を根本から変えて作り替えるしかありません。

新型コロナウイルスは、この国の醜い実態をあからさまにしました、もはや前へ進むしか自分たちを守るすべはないという事です。

 

ついに八百長を根絶=パンチ投票選挙を発明

 投稿者:一歩メール  投稿日:2021年 1月23日(土)04時06分29秒
  http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2021/01/post-739871.html
巨大資本支配下に回帰した米国政治  2021年1月21日 (木)
選挙不正は行われて良いわけがなく、選挙不正の余地を生まない選挙方法が検討されてゆかねばならない。

とあり、阿修羅に投稿しょうとしても掲載がなかったので、こちらに載せさせていただきます。

https://ameblo.jp/jcjk-now/entry-12089750631.html
ついに八百長を根絶=パンチ投票選挙を発明

https://twitter.com/NeverBornBizman
固定されたツイート  より 抜粋

私は良く解りませんが、如何でしょうか?
 

アーノルド・シュワルツェネッガー氏のメッセージ

 投稿者:風太  投稿日:2021年 1月12日(火)12時35分6秒
  シュワルツェネッガー氏のメッセージが素晴らしいので引用させていただきました。

シュワルツェネッガー氏はオーストリアからアメリカにやってきた方です。

ボディビルダーとして有名になり、その後は映画俳優としてスターになり、その後カリフォルニア州知事まで務められています。

知事時代は環境保護政策を推し進めたことで評価されています。

実はかなりのインテリであり、複数の大学で学び、幾つかの修士号を得ています。


■スピーチ全文

この国の移民の一人として、アメリカ人の仲間や友人、世界に向けて、最近起こった出来事に関して伝えたいことがあります。

私はオーストリアで育ちました。私はクリスタル・ナハト(水晶の夜)をよく知っています。1938年に起こった、ナチスの過激派グループによるユダヤ人襲撃事件です。

水曜日には、それがアメリカでも起こりました。暴徒によって議事堂の窓が壊されましたが、それだけではありません。

彼らは、私たちが当たり前と思っていた理念を打ち砕きました。彼らはアメリカの民主主義を体現する建物のドアを壊しただけではありません。建国の原則をも踏みにじったのです。

私は民主主義を失った国の、荒れ果てた場所で育ちました。第二次世界大戦の終戦から2年後の1947年に生まれました。

周りの大人たちは、史上最も邪悪な政権に加担した罪悪感から、酒に溺れていました。

全員が反ユダヤ主義者やナチスではなかったけれど、多くは一歩ずつ、追従して行ったのです。彼らは隣に暮らす人々でした。

これから話す記憶は、今まで公に語ったことはありませんでした。とても辛い記憶だからです。

父は週に1、2回、泥酔して帰宅すると、叫び、家族を殴り、母を脅しました。

ですが私は、父を完全に責めることはできませんでした。隣の家も、そのまた隣の家でも、同じように暴力が行われていたからです。

私自身の耳で聞き、この目で見たのです。

彼らは戦地で体にけがを負い、自らが目にしたこと、行ったことで精神的な傷を負いました。

全ては嘘から始まりました。

嘘に嘘が重ねられ、そして不寛容から始まったのです。私はヨーロッパで、社会がどのように制御不能となっていくかを直接目にしました。

ナチスと同じことがまた起こるのではないかと、アメリカと世界が恐れています。私はそれを信じていません。

ですが、身勝手さと冷笑は、悲惨な結果を招くと気づくべきです。

トランプ大統領は公正な選挙結果を覆そうとしました。

彼は嘘をつき、人々をミスリードしてクーデターを企てました。

私の父や当時の隣人たちも、(ナチスの)嘘に惑わされたのです。誤った方向に導かれる先を、私は知っています。

トランプ大統領は指導者として失格です。彼は史上最悪のアメリカ大統領となるでしょう。

彼自身がまもなく、古いツイートのように消えていくのは良いことですが、彼の嘘と裏切りを容認した政治家たちはどうするべきか。

彼らに、セオドア・ルーズベルト元大統領の言葉を思い出させたい。

「愛国心とは、国を支持するということ。大統領の側に立つということではない」

ケネディ元大統領の著書に『勇気ある人々』がありますが、我が共和党の多くの議員たちは軟弱で、勇気ある人々ではなかった。断言します。

(トランプ氏を支持した)共和党の議員たちは、旗を振って議会に乱入した、独りよがりの反乱者たちの共犯者です。

ですが彼らは失敗しました。アメリカの民主主義は依然として強く堅かったのです。

乱入のすぐ後に議会は再開し、バイデン氏の勝利を承認するという職務を果たしました。

なんと素晴らしい民主主義の証でしょうか。

私はカトリック教徒として育ちました。教会やカトリック学校に通い、聖書や教理を学びました。

今回の出来事で私が思い出したのは、「しもべの心」という言葉です。

自分よりも偉大なものに仕える、という意味です。学ぶべきは、公の奉仕者の心です。

政治家に必要なのは、権力よりも政党よりも偉大なもの、より高い理念に奉仕することです。

その理念はこの国が築き、他の国からも尊敬されてきました。

この数日、世界中の友人が私に電話、電話、また電話をしてきました。この国を心配しているのです。

ある女性は、アメリカの理想主義がどうあるべきかを憂いて泣いていました。

その涙は、世界にとってアメリカとは何かを思い出させてくれます。

連絡してきた全ての友人たちに、私は「アメリカはこの暗黒の日々から再起し、輝きを取り戻すはずだ」と話しました。

これは『コナン・ザ・グレート』で使った剣です。剣に焼き入れをするほど、剣は強くなります。

ハンマーで叩かれ、炎で焼かれて冷水で冷やされ、工程を繰り返すことで剣はどんどん強くなります。

この話をするのは剣づくりのエキスパートになって欲しいからではありません。

アメリカの民主主義も剣の鋼と同じなのです。鍛錬することで、より強くなります。

私たちの民主主義は、戦争、不正、暴動にさらされました。今回の襲撃事件で、失われかねないことが何かを知ったため、私たちの民主主義は強くなります。

このようなことが二度と繰り返されないようもちろん改善が必要です。

度を超えた事態を引き起こした人たちの説明責任を追及しなければなりません。

私たち自身、私たちの党の過去と不調和を見つめ直さなければいけません。

そして民主主義を第一に考えなければいけません。

今回の悲劇で負った傷をともに癒し合いましょう。共和党として、民主党として、ではなく、アメリカ人としてです。

このプロセスを始めるにあたって、政治的な立場は関係ありません。

バイデン次期大統領に、こう言いませんか。

「バイデン大統領。私たちはあなたの素晴らしい成功を望みます。あなたの成功は、私たちの国の成功です。私たちを再び一つにする努力を、心から支持します」

そして、憲法を覆せると思った人々は知るべきだ。あなたは決して勝てないということを。

バイデン次期大統領、私たちはあなたを今日も、明日も、この先ずっと支えます。

私たちの民主主義を脅かす人たちから、それを守るために。すべての人に、アメリカに神の御加護がありますように。


以上ハフポストより引用
 

今年は政権交代で新たな国づくりを

 投稿者:風太  投稿日:2021年 1月 4日(月)07時28分55秒
  新型コロナウイルスで明るみに出たのは、自公政権と霞が関厚労省には、対応力が無いという事です。

数年前に話題になった事に、霞が関のキャリア官僚が大挙して辞職して行っているというニュース。

そしてその結果の現実が、こうして結果となって現れてきたように思えます。


民間にいる多くの有能な研究者の先生方の指摘を無視し続け、世界的に見ても例のない古いやり方に固執し続ける厚労省。

そしてそれを支持する、既得権益優先で無能自公の政治家と、補佐する在野与党維新


私が贔屓目なしに見た結果は、この新型コロナ対策で群を抜き一番レベルの高い提案をしていたのは共産党でした。

次が立憲の一部の議員達です。


長年霞が関のベースで政治を続けてきた結果、政治は劣化が止まらなくなっています。

そして霞が関のキャリア官僚も劣化が始まり、いよいよ国家の屋台骨がぐらつき始めてきたという事です。


アメリカが作った戦後の日本の統治機構は、ついに寿命を迎えたという事です。

そんなものを必死で支持し続けているのが所謂ネット右派連中などですが、もうほとんど思考停止状態です。

だからあんな上久保某や大橋某などの暴論に縋り付いて、ネットでウイルス感染拡大に手を貸すような真似をしています。


一方野党側と言えば、共産党が新型コロナ対策では先頭を走っていますね。

機関誌の赤旗を見れば、彼らが一番当たり前の対策を提言しています。

それだけではなく、感染症学会の重鎮たちを戦略的に紙面に登場させ、対策の変更を即すような働きかけもしているようです。

どっちが現実的なのかは一目瞭然。


片や秋冬に入る時期にGoToキャンペーンで感染を拡大させ、片やPCR検査の充実を説き、社会的検査を提言する。

本当に変わりましたね、イデオロギー政党から市民政党を目指しての完全なる路線変更でしょう。

こうなると後は立憲民主党は、さらに大きく先を行く路線の確立が求められます。


今年は野党が現実的な未来対応の政権を樹立させる年にしないとなりません。

でも今は新型コロナ対策をなんとかしないと。


このままでは虻蜂取らずで、世界が新型コロナ対策を終えているのに、日本だけ収まらないなどと言う笑い話になりかねません。

本当にそうなったら経済どころでは無くなりますから。

オリンピック? アホですかです。
 

/230