<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL


スウェーデン方式の対コロナ戦略の成功の意味

 投稿者:風太  投稿日:2020年 8月 4日(火)02時09分51秒
  欧州各国で感染が急増するなか、「集団免疫戦略」のスウェーデンは収束へ
https://news.yahoo.co.jp/articles/29ab389a024a57e7c93eb58c7fcf5ac8347ceb24?page=2

>欧州各国で新型コロナウイルスの感染が急増し、第2波への警戒が高まるなか、
>ロックダウン(都市封鎖)を行わない「集団免疫戦略」を取ってきたスウェーデンでは、6月後半以降、新規の感染者数が大きく減少している。

これをどうみたらよいのか。

感染増で四苦八苦している日本とは大違い、しかもスウェーデンでは厳しい移動制限など何も対策していないのにです。


ただこれには裏があります。

それはこのやり方で一番の犠牲者となった高齢者の存在です。

簡単に言わせてもらえば、スウェーデンでは高齢者の介護施設は医療と完全に切り離されて、治療はほぼ受けられないからです。

大概は施設のなかで治療することなく死亡させられます。

これで何が違ってくるのか、それは医療施設が重症者で埋まらないという事です。


他の国ではそんなことはしませんから、重症化リスクの高い高齢者に感染が拡がれば医療は圧迫されていきます。

しかしスウェーデンでは高齢者は見殺しにされますので、医療資源は安泰ということになります。

そして若者層は重症化リスクが低いので、放置していても大丈夫というわけです。

それでスウェーデンの担当者は、自分らは間違っていなかったと放言しているわけですね。


自分たちの親や祖父母を見殺しにしても、心が痛まない考え方の国ですから、それも通用するのでしょう。

しかしそれでも実は集団免疫など作られてはいません。

これだけの犠牲を払っても、集団免疫に必要な感染率6割には程遠いからです。

そしてその免疫自体も、非常に短い期間で失うのではとも言われています。

特に無症状や軽症者の免疫は、失う機関も短かいと言われています。


さてあれだけの犠牲を払って、それに見合うだけのリターンを得られたのでしょうか?

まあいずれ結果も出ることでしょう。

 

新型コロナウイルス対策を感染ムラに任せておいては危険です

 投稿者:風太  投稿日:2020年 8月 3日(月)14時13分31秒
  日本の新型コロナウイルス対策は迷走しています。

世界では当たり前の対策すら取られていません。

なぜなのか?その答えは素人のような専門家が、対策のトップに君臨しているからです。

私はその集団を感染ムラと命名させていただくことにします。


トップは厚労省の医系技官、その下に感染症学会系の医師集団、そして国立感染研と全国の衛生研、さらには保健所からなる集団です。

先ほどテレ朝で政府分科会の釜萢委員が、番組コメンテーターの玉川さんや石原さんらと激論を交わしていました。

特に玉川さんとの議論はかなり凄まじいものがありましたが、この議論で釜萢委員が代弁する分科会の専門家のレベルがはっきりとしました。


要するに、最新の医学や科学が全く理解できていないのです。

だから世界中で当たり前のように行われているPCR検査についての見解も、その無知ぶりを曝け出していました。


釜萢委員は、よく言われる検査の欠点を持ち出してきて、この検査をウイルス対策の有効な戦略的手段とは認識できていない事を曝け出していました。

その欠点とは、擬陽性と偽陰性への認識のことです。

特異度が99%だと、どうしても陰性なのに陽性とでてしまう人が出てくるというというあれです。


しかし実際は特異度99.99とも99.999ともいわれているのです。

中国武漢で行われた900万人を対象にした検査でも、擬陽性は3人程度だったと言われています。

国内での700人規模の検査では、0人でした。

もうほとんどこだわるレベルではないのです。


また検査の感度の問題(偽陰性にかかわる)もPCR検査軽視の理由として持ち出されます。

こちらは感度が7割というのがその理由です。

しかしそれも検査の検体採取法を工夫したり、検体を複数取る事や、検査機器の改良で、いまや9割以上とも言われています。

また週に2回もやれば、偽陰性の問題は解決できるでしょう。


番組内でもその辺を玉川さんが指摘され、さらに分科会の認識として持ち出してきた数値の根拠を問うていましたが、

釜萢委員は、ついに明確には答えられませんでした。

まあ最新の事情も全く分かっていない分科会のメンバーでは、答えられるわけないのでしょうが。


結局この程度の人たちが、感染ムラを形成し、自分たちのテリトリーを守るために必死だという事です。

だから対策は後手後手になるしかなく、最新の科学など行使できるはずもなく、相変わらずの堂々巡りを繰り返すだけなのです。


ちなみに驚いたことに番組コメンテーターの山口さんは、こんな釜萢委員の説明にも納得なされていたようです。

この方東大法科を首席で卒業され、財務省のキャリアで、日米で弁護士資格を持たれているようですが、なぜ疑問を感じられないのか不思議でした。

私が考えるに、この方は科学は常に進歩を繰り返して動いているという事が捉え切れておられないのでしょう。

物事を停止してみているので、釜萢委員の説明にも納得してしまうのだろうと思いました。

東大でのエリートとかどうかよりも、物事を推し量って考える能力や、自称は常に動いているものであるととらえる為の想像力が欠落しているようです。


ともあれこうして日本の新型コロナウイルス対策は、どんどん追い詰められているわけです。

そして政府専門家の分科会がこの体たらくなので、世の中には陰謀論がはびこり、大混乱状態です。

こういう時に大事なのは、情報を発信している発信元が確かなものなのかの確認ができるかどうかです。

私は日本は新型コロナウイルスの脅威に直面し、今やカオス一歩手前状態だと認識しています。


以下私の信頼する先生の一人である、東大先端研の児玉名誉教授の講演会の模様の動画を紹介させていただきます。
https://www.youtube.com/watch?v=uv8fRwxP3K0

この動画は21分過ぎから始まりますので、そこからご覧になられてみてください。

これが世界標準の世界です。

 

コロナの真相を明らかに(続き4)

 投稿者:kassiniメール  投稿日:2020年 8月 1日(土)07時24分19秒
  マスコミも野党も科学的思考を麻痺させ、大本営発表を鵜呑みにし、大政翼賛会化し、挙国一致の戦前に戻っている。新型コロナウィルスは正体不明のウィルスであり、コロナPCR検査機が存在する限りは撲滅不可能であり、コロナ騒ぎは何年も続く。似非ワクチン開発と全世界での強制接種にしか出口はない。何が混入されているのか不明の似非ワクチン総接種とコロナPCR検査機の特性変更で、コロナがいなくなった、との報道がなされる。  

コロナの真相を明らかに(続き3)

 投稿者:kassiniメール  投稿日:2020年 8月 1日(土)07時20分56秒
  PCR検査は増強しても医療的には意味がない。政府はPCR検査権を独占し、統計数字を統制しながら、検査人数を、始めちょろちょろ、中ぱっぱと増やし、やがて陽性者数の指数関数的爆発という演出が政府のシナリオ。パンデミック、ショックドクトリン、国民総マスク装着・総ワクチン接種、国民監視アプリ強制導入、マイナンバーカード強制取得化、第二次緊急事態宣言(戒厳令の演習)、新しい生活様式、などの世界が待っている。  

コロナの真相を明らかに(続き2)

 投稿者:kassiniメール  投稿日:2020年 8月 1日(土)07時17分34秒
  第二波: 陽性者数300人越えの7月16日頃からか?: 1日間
検査人数=4,507人、陽性者数=339人
検査人数は第一波期間とほぼ同じであるが、陽性者数は半分未満。さざ波程度。陽性者の多い集団を選択的に検査しても5月以降、陽性率は1%~6%と低迷。検査を必要とする人が増えているから検査数が拡大している、との説もあるが、電話が繋がらない、応答拒否、検査拒絶などにより、検査の必要な人の数は不明であり、確証データはない。
 

コロナの真相を明らかに(続き1)

 投稿者:kassiniメール  投稿日:2020年 8月 1日(土)07時08分45秒
  東京都の都内の最新感染動向  https://stopcovid19.metro.tokyo.lg.jp/
第一波: 緊急事態宣言公布(4月7日)の頃: 2/15~4/7の全累計;
検査人数=5000人(平均100人/日)、陽性者数=700人、陽性率=14%
□東京都人口1400万人の内、検査人数0.04%、陽性者数0.005%でしかない
 極小で貧弱な調査データであり、大波も見当たらず、パンデミックとは程遠い。
 そして国際的圧力によるのか、国を衰退させる緊急事態宣言発布の犯罪的暴挙。
 

コロナの真相を明らかに

 投稿者:kassiniメール  投稿日:2020年 8月 1日(土)07時02分9秒
  植草氏の信奉者です。ただ、コロナに関しては、以下を
ご閲覧いただきければ、心より感謝申し上げます。
① ドイツ啓蒙医師団 -「そうではなかったパンデミック」
  https://www.bitchute.com/video/eRfCPnDBtPUK/

②ドイツ啓蒙医師団 ACU議会外C.調査委員会
  https://www.bitchute.com/video/rZh1ozz3OPEk/

③ 啓蒙のための医師団 2020.5.7
  https://www.youtube.com/watch?v=nobSTcJztoM&t=156s

④ 『マスク義務からの解放』
  https://www.bitchute.com/video/23p3FPLHjweD/

⑤ ドイツ啓蒙医師団 - 強制ワクチンについて
  https://www.bitchute.com/video/vZrErB5Z9Tcw/

⑥ 大橋眞(元)徳島大学名誉教授
  ・ https://www.youtube.com/watch?v=zqLH7DNUC_Q

https://www.youtube.com/watch?v=ORbyzjos2O8
https://www.youtube.com/watch?v=aTA5ULLF
https://www.youtube.com/user/ias1ohashi/videos

⑦ コロナウイルスについての事実 swissから
  https://swprs.org/a-swiss-doctor-on-covid-19/
 

なにがALS患者嘱託殺人事件大久保容疑者を犯罪に駆り立てたのか

 投稿者:風太  投稿日:2020年 7月29日(水)13時16分11秒
  以下はアエラからの引用になります。

>大久保容疑者は開業する前、厚生労働省で医系技官として勤めていた。当時、交流のあった
医療ガバナンス研究所理事長の上昌広医師はこう語る。

「2005年から12年頃まで勤め、医政局医事課の課長補佐も務めました。彼は正義感が強く、患者さんのことを考えずに建前ばかり言う厚労省の役人たちに怒っていました。メディアにも内部情報をリークしていました。課内で犯人捜しが始まっても、『処分されたら、その時に考える』と泰然としてました」

こういう正義漢が、人の死の問題に関わることで追い詰められて、ついには『扱いに困った高齢者を「枯らす」技術』などという電子本を出版までしているのです。

そしてあれだけ患者のことを考えていた人物が、最後には高齢者をモノ扱いしている。

こういう問題は、市民全体で我がこととして考えていかないと、現場にいる人たちに任せて臭いものに蓋では、結局問題は何も解決などできないということです。


高齢者や難病患者を社会全体で支える心の通ったシステムを作る必要があります。

そのシステム作りには、市民全員が参加する必要もあります。

政治はそのことを支えて後押ししなければなりません。
 

今日7月28日の天木直人氏のブログ

 投稿者:sagakara  投稿日:2020年 7月28日(火)22時25分21秒
  青トマトさんが去られて天木直人氏のブログの紹介が無くなったのですが、
今日のブログは一見の価値があると思い紹介します。自分も米中の争いに冷や冷やです。
http://kenpo9.com/archives/6864
2020-07-28
 いまこそ「外交の安倍」の出番ではないのか
 遅ればせながらメディアが米中対立の事を報じるようになった。※※※※※※※※※※※※※※※※※※
米中対立の深刻さはいくら強調してもしすぎる事はない。

 そして米中が衝突して一番困るのは日本である。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※
私が安倍首相なら、いますぐトランプ大統領を次のように説得する。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※
そしてそのG7は、対中包囲網のG7ではなく、米中融和のG7に180度切り替えるべきだと。

 韓国や豪州、インドなどを招待するのではなく、中国とロシアを招待してG7と中国、ロシアの首脳会談にすべきだと。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※
そういう首脳会談をワシントンで開催できれば、トランプ大統領にとって最善の大統領選挙対策になる。
 

安倍政権下進む若手官僚の職場からの離脱意識

 投稿者:風太  投稿日:2020年 7月25日(土)03時07分19秒
  若手の男性官僚、7人に1人が数年内に辞職意向 内閣人事局が意識調査
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO61897930U0A720C2000000/

>30歳未満の若手男性官僚の7人に1人が、数年内に辞職する意向であることが、内閣人事局が実施した意識調査で分かった。
>背景には仕事への不満や、長時間労働で家庭との両立が難しいとの不安があり、国家公務員の働き方改革が急務となっている実態が浮き彫りとなった。

>30歳未満男性の14.7%が既に辞職を準備中か、1~3年程度のうちに辞めたいと回答。
>定年前に辞めたい人を含め、複数回答で理由を尋ねたところ「もっと魅力的な仕事に就きたい」が49.4%で最多。
>「収入が少ない」39.7%、「長時間労働で仕事と家庭の両立が困難」34.0%などが続いた。

これは、要するに、仕事での実績ではなく、官邸にうまく取り入った者だと、どんな人物でも出世できる異様な状態を、若手官僚が見限ったという事でしょう。

かなり深刻な問題です。

政治家は元々無能ばかりでしたが、官僚も問題意識のあるしっかりとした人から辞めていくのでは、日本は没落する一方です。
 

京都ALS安楽死事件 逮捕されて医師のもつ障碍者への優越思想

 投稿者:風太  投稿日:2020年 7月24日(金)13時12分55秒
  逮捕された医師は元厚労省官僚 「高齢者は社会の負担」優生思想 京都ALS安楽死事件
https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/314432?utm_source=headlines.yahoo.co.jp&utm_medium=referral&utm_campaign=relatedLink

>医師2人のうち大久保容疑者は「高齢者は見るからにゾンビ」などとネットに仮名で投稿し、高齢者への医療は社会資源の無駄、
>寝たきり高齢者はどこかに棄てるべきと優生思想的な主張を繰り返し、安楽死法制化にたびたび言及していた。

>大久保容疑者が記したとみられるブログ「高齢者を『枯らす』技術」やツイッターには、安楽死に賛同する投稿が残されていた。
>「『日々生きていることが苦痛だ』という方には、一服盛るなりしてあげて、楽になってもらった方がいいと思う」「バレると医師免許がなくなる。
>訴追されてプーになるリスクを背負うのに、ボランティアではやってられない」「まじめに安楽死屋さんになろうか…」

ネットなどで盛んに吹聴されるいわゆる安楽死推進論者の多くの正体が実はこれなのですね。

ネトウヨとこのような考え方は実に親和性が良いようで、そこが恐ろしい事で、

命の選別を提唱する大西氏のような人物が、よりによってれいわ新撰組にまで入り込んでいたという事は実に深刻です。

この大西氏には多くの人たちが感化されたように見えます。

植草さんによる、れいわの山本太郎代表に対しての厳しい警告は、まったく的を得たものであり、これを見逃すと、日本はさらに生きずらい社会になってしまいます。

安易に安楽死や、優性思想を語ることの恐ろしさを、我々は深く認識しておく必要があります。
 

大西氏を持ち上げた人たちは、この事件に目を向けてほしい

 投稿者:風太  投稿日:2020年 7月23日(木)21時04分52秒
  逮捕された医師は元厚労省官僚 「高齢者は社会の負担」優生思想 京都ALS安楽死事件
https://news.yahoo.co.jp/articles/49e632b13df2c5ec4270e0784f0948cc341caeec

>ALSを発症した京都市の女性に薬物を投与して殺害したとして、京都府警が、嘱託殺人の疑いで、呼吸器内科医の大久保愉一容疑者(42)=仙台市=と、医師の山本直樹容疑者(43)=東京都=を逮捕した事件で、大久保容疑者は、厚生労働省の元医系技官として約7年半働いていたことが、関係者らへの取材で23日分かった。
>高齢者への医療は社会資源の無駄、寝たきり高齢者はどこかに棄てるべきと優生思想的な主張を繰り返し、安楽死法制化にたびたび言及していた。

令和の大西氏の提言は、その根底にこのような危険を常に潜ませているということです。

この元厚労省医系技官とかいう医師の考え方は、同調圧力の強い日本社会では、経済的に役立たなくなったとされる患者やその家族を、精神的に強く追い詰める結果にもなります。

特にこの医師が厚労省の役人でもあったという事実は、行政官僚の中に潜む優性思想の恐ろしさを感じさせます。

実際にALSの方が、このような考え方への危惧を込めた談話を出しています。

経済優先社会で経済が行き詰ると、こういう考え方を支持する人が増えてくることが恐ろしいです。

そして安易にそのような考え方を賛美するような考えの浅い人が出てくることも、この国の民主制の底の浅さを表しています。
 

なぜ厚労省や感染研や感染症学会がPCR検査に消極的なのか?

 投稿者:風太  投稿日:2020年 7月23日(木)10時44分41秒
  さきほど放送されたテレ朝のモーニングショーで、玉川さんのそもそも総研のコーナーを見ていて納得できました。

諸外国と比してなぜ日本ではPCR検査に対して異様なまでに数を増やさない様にしているのか、よくわかりました。


結論から言えば、厚労省の医系技官や、国立感染研や感染症学会からなる村社会(感染村)の論理が検査を拒んでいたのです。

その理由について、番組内では政府のコロナ対策諮問委員会に委員のひとりとして加わった、東京財団の小林慶一郎さんが証言をしてくださいました。

委員会に参加して、他の委員たちと意見交換した小林さんが感じたことです。


それによれば、PCR検査をすると、数は物凄く少ないながらも、擬陽性の問題が生じてきてしまい、

本当は感染していないのに、陽性反応がでてしまって間違って隔離されてしまう人が出てしまうというのです。

そうなると場合によっては裁判に訴えられて負けてしまう。

それを極端に感染村の人たちが恐れているというのです。


過去に日本ではハンセン病で、多くの人たちを無意味に強制隔離して、人権を奪った歴史があります。

そのことに懲りた感染村の住人たちは、羮に懲りて膾を吹く(アツモノニコリテナマスヲフク)という状態なのだそうです。


しかし考えてみれば、ハンセン病にかかった人たちを強制的に隔離した事と、今回の問題は全く異なります。

こちらはわずか1週間程度の隔離、しかも無症状者の場合はホテルか自宅待機です。

にもかかわらず、感染村の住人たちは、過剰反応を起こして、この僅かな擬陽性者の問題を針小棒大に扱っているというわけなのです。



ここからは私の感想ですが、日本の役人は減点主義の社会で生きています。

民間では業績を上げることで出世をしていくのですが、役所の世界では、失敗をしないことが一番の出世の道になるわけですね。

したがって感染村のトップに君臨する厚労省の医系技官の人たちにとっては、PCR検査を海外の様に戦略運用することで、

たとえ僅かでも擬陽性者が出現して、訴えられると自分たちの立場が危うくなりかねないというわけです。

そしてそれに連なる感染研や感染症学会も、その考え方に追従していく事で、村の繁栄で得た果実を享受できることになります。

ゆえにある種の暗黙の了解のなものがあり、検査を殊更否定し、結果的に多くの人たちを重症化リスクに晒し続けている事になります。


だからいまだに、感染症学会のHPには、軽症者には検査を推奨しないとか書かれたままになっているわけです。

しかしそのために、多くの国で行われている当たり前のことが、日本では出来ずに、国民が余計な苦労を強いられる事になるのです。

この理由がすべてではないにしても、こんなことで、PCR検査による戦略的対策が出来ないとしたら、本末転倒です。

これは国民の側からを挙げて、なんとしてもこのくだらない考え方を変えさせなければならないと思います。


ちなみに武漢で行われた大規模な900万人規模検査でも、擬陽性者は数人程度みたいです。

PCR法検査の特異度は、現在は限りなく100に近いものなのです。
 

三浦春馬さんをこの曲で見送った私。彼がドンと強く背中を押してくれて早めに決断できたのかも。

 投稿者:青トマト  投稿日:2020年 7月22日(水)22時16分3秒
  春馬さん、ラスコーリニコフに入れ替わったのかも。二人のプュアな魂は余りにも重なるからです。

彼の瞳は笑いの時も笑っておらず、全く濁っていなかった。瞳だけはいつもそうだった。

トランプ氏の瞳が何時も笑っていないようにだ。

死の報道に接して直ぐの時、
プュアな魂の死として、ファン・ゴッホと太宰治を直ぐに思い出し、かつての友人の何人かの風貌を思い出した。

そして同時に、何故か、反対の傾向?であるかも?の「半グレ集団」の事が頭に浮かんだ。

それが何故であるかが解からない。乱闘を好み、時には殺人まで行ってしまう彼等の事が何故に脳裏に浮かんだのか?謎なのです。

さて、彼に相応しい曲を色々と探ってきたのですが、レッド・ツェッペリンの幾つかの曲が相応しいとは考るのですが、

若い人たちは昨今の曲から相応しいものを見出すかもしれませんねえ。

私においてはそれが、突然だったのですが、国産の半世紀以上の古い名曲を何故か脳裏が拾い出しました。


https://www.bing.com/videos/search?q
エメラルドの伝説 ザ・テンプターズ

「碧の瞳に僕は魅せられた。碧の瞳に口づけを」この歌詞に尽きます。

この曲で彼の魂を見送りました。

考えるに、コロナ騒乱の世相の中に在り、彼は芸能界に止まらず世相全般の醜さを含んでの騒乱状態に耐えられなかったのでしょう。

ピュアだからです。忙しくても名声が上がっても、それによって彼の独立心の高い心は癒されることは無かった。

それとは違った世相への対応の姿として半グレ集団を私は脳裏に浮かべたのかもしれません。

彼、春馬さんは、

水晶の丸い球体となり、そう、天体のように、永遠と静止の無限と極点の時空間の中に落ち着いた全く平安の世界の場に佇んでいる姿を視ます。

彼のこれは、一つの決断だったものと理解します。

彼のこの行いにより、私は強くドスンと背中を押され、時期と整理について考察を重ねて来ていた事に、踏み出す行為が先なのだ、と知らされたのです。

「オイ、アンタ、フミダセヨ! 春馬を見て判るだろう!」そう言われたように思いました。

私には努力を傾注しなければならない事柄が、この始まったコロナ騒動の行方に予見できる大波に備えてのサーフボードの舳を向けなければならない強い努力が必要とされているのです。

それにより、掲示板への投稿を、私においては、している場合では本当はなかった、のです。

春馬さん、ありがとう。

掲示板への投稿は、この今回をもって打ち切ります。

時々にはどうしても投稿の必要を感じた時には顔を出すでしょう。

評論投稿活動には、もっと機動力をもったもっと効果的な方法を探りたいと考えてはいますが、今はこの活動は停止して、私に必要な別件に傾注します。

当掲示板の管理人様には便宜を長く御計らい頂き、感謝の気持ちでいっぱいで御座います。

「青トマト」のネーミングはブランド名?のように大切にしたいと考えておりますので、

もしも今まで私への読者の方が居られましたら。この名を検索して頂ければ、何処かでお会い出来るかもしれませんねえ。

では皆さま方、グッド・ナイト!
 

危険なグリホサート農薬

 投稿者:風太  投稿日:2020年 7月21日(火)11時35分27秒
  以下、堤未果さんのツィートをそのまま載せます。

堤未果
@TsutsumiMika
【拡散希望】

発ガン性を巡り 12万件超が訴訟中の 「グリホサート農薬付き遺伝子組みかえ大豆」が このままでは「生態系に問題なし」で承認に。
皆様のご意見を送れる
〆切は21日(火)23:59:59目覚まし時計
FAX(03)3580-8592
#遺伝子組み換え大豆
#グリホサート農薬
#日本が売られる
https://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=550003127&Mode=0

安倍政権下、各種農薬や食品添加物の規制がどんどん緩められてきています。
このグリホサートとは、普通にスーパーなどでも売られている除草剤(ラウンドアップなど)のことです。
発がん性が言われて、多くの国では使用に歯止めがかけられていますが、日本では逆になっています。
パブリックコメントを送れるのもあと数時間です。

私は上のアドレスから開いた画面から入力し、パブコメを提出させていただきました。
皆さんも自分の考えを送ってください。
何も言わないままよりも、言った方が少しはましですから。
ただ、ほとんどの国民はこんなことが行われていること自体知らないのでしょうね。
 

一昨日の国会招致での児玉名誉教授の提言

 投稿者:風太  投稿日:2020年 7月18日(土)10時37分7秒
  一昨日の国会専門委員会招致における児玉東大先端研名誉教授の発言の記録です。
https://www.youtube.com/watch?v=tFcF8bTmJ4g&feature=emb_logo 
①0:35:00~0:48:00
②1:36:00~1:41:30
③1:51:00~2:02:20
④2:50:27~2:52:18
⑤3:03:00~3:10:55あたりに児玉先生が発言なされています。
他の参考人の先生方とは、次元のレベルが全く異なります。


緊急提言・エピセンター新宿を制圧せよ~まずは30万人PCR検査から【新型コロナと闘う 児玉龍彦×金子勝】20200717
https://www.youtube.com/watch?v=Zx7ocDrhz0Q

上のデモクラシータイムス.の動画では、その内容をさらに詳しく解説なされています。

児玉先生によれば、このまま無策状態を続けると東京にはすでに出来つつある新宿エピセンターにより、大変深刻な事態に陥ることになりそうです。

上の動画は本当に大事な内容を話されていますので、皆さん必見です。

こういう話を聞いていると、大西氏のドヤ顔の寝言などに嬉々として騒いでいるのが、情けなく惨めになります。

未来志向とは、児玉先生の様な科学を命を守るために使う人たちのことをいうのだなと痛感します。
 

大西は独立している男。太郎はそこが解ってる。

 投稿者:青トマト  投稿日:2020年 7月18日(土)05時02分14秒
  大西に声をかけたのは太郎側であり、大西にとっては他を拒否する話ではない。

互いを尊重しての別れは気分のよいものだ。

太郎としては今は一番に守らなければならない追い詰められた弱者があり、大西問題は回りの他から騒ぎ立てられた。


そこで太郎は、追い詰められた弱者救済を実行し、彼等を守り、疎外要因として外部が囃し立てた大西の存在を退ける必要が生じた。

しかし、今回の大西のお引き取り要請は、彼自身が十分に納得したものだろう。

まあ、全員が賢い動きをしたと言える。

山本党自身は損失を出してはいない。

 

大西氏問題と新型コロナウイルス

 投稿者:風太  投稿日:2020年 7月18日(土)04時26分43秒
  大西氏は、自身のYouTubeでの発言の中で、「順番として、その選択するんであれば、もちろん、高齢の方から逝ってもらうしかないです。」と提言しています。

これにかなりの人が賛同しているようですが、新型コロナ対策が失敗した場合、医療現場には多くの重症化した患者が運び込まれます。

となると厚労省の政策(新自由主義)で医療費抑制策をしてきた結果、他の先進国と比較して、その数が大幅に不足している人工呼吸器や、対外生命維持装置を使えなく、死ぬしかないケースが多数出現するでしょう。

この時に大西氏の提言が現実味を帯びてくるわけです。

現場では、患者に優先順位が設けられ、高齢者よりは若者、難病患者よりは持病の無い人、さらには富裕層よりは貧困層という形に、命の選別が行われることになるかもしれません。

この判断は現場の医師が、非公式な形で行う事になるのです。

つまりは大西氏の命の選別発言とは、これから起こるかもしれない事態で、さっそく試みられることになるのです。

そうなった場合、安易に頭の中ではわかっていたつもりでも、実際に自分の身内が理不尽に命の選別で振り落とされることになるのです。

大西氏の発言に拍手を送っていた人たちは、自分の両親や夫や妻や子供たちが、その選別で振り落とされるのを、当然の事として受け入れられるのでしょうか?

少なくとも多くの人たちは、その心に大きな傷を負う事になるでしょうね。


でも本来はそうならない様に、科学的合理性に基づいた、きちんとした対策を打っておけば、この様な事にはならないで済むのです。

一昨日国会の参考人招致で、東大先端研名誉教授の児玉龍彦先生が提言した対策を打ち出しておけば、大西氏の言う命の選択などしないでよいのです。
https://www.youtube.com/watch?v=tFcF8bTmJ4g&feature=emb_logo

つまり命の選択など、政治の無策のツケを国民が自分や家族の命で払うだけのことなのですよ。

それがわからないから、悪魔のささやきに惹き寄せられてしまうのです。

 

大西も太郎も賢明だったね。粋な別れだった。

 投稿者:青トマト  投稿日:2020年 7月18日(土)03時06分27秒
  山本党(これが便宜的呼び方)には、特別に大西が必要人物でない。

大西にとっては山本党がなければならないものではない。

だから共にこだわる事なく別れられた。

綺麗な別れで「粋な姿」だ。回りも嫌な気分はしないのではないのか。

だって、両者が納得しているのだから。自分を入れ込んだらそれは自分で気分を納めなければならなくなる。

まあ、長引く事を期待した向きもあったかもしれんが、大人は無視無関心だろう。気がつきもしないかもしれない。

両者は恋人でも夫婦でもない。

両者が大人の社会人だから直ぐに片付いた。

良かったね。
 

大西は自分自身の筋を通してそれで良かったと思う。彼は大者ではないだろう。

 投稿者:青トマト  投稿日:2020年 7月18日(土)01時53分18秒
  大物ならば、何としてでもも残る道を選んだだろう。

まあ、れいわ新選組も山本太郎も知事選後の早いうちに試練を受けて良かったよ。

大西側も党側もシコリは残らないと思う。

その辺りは大人だろう。

何やら、周辺とか外部とかが誇大に考えて話しを膨らませている印象があるが、まあ、こんなバブル現象も速く胡散させる道を選択した党も大西も賢明だった。

両者が憎み合っていないのに周りが話しを膨らませるのは奇妙だが、それが世の中でもある。
 

GoToキャンペーンで破滅へ一直線

 投稿者:風太  投稿日:2020年 7月17日(金)11時58分18秒
  安倍政権はこのキャンペーンに一兆七千億円もつっこむようです。

しかし当然ながら、東京など都市部で感染が拡大しているこの時点で、しかも前倒しで始めようという姿勢に多くの批判が沸き起こっています。

それで慌てて東京だけ除外という、なんとも無茶苦茶な改善策?でお茶を濁し、キャンペーンは強行です。


私はそれより前にこの金額を使って全国の医療機関や介護施設の窮乏ぶりを改善するのが先と考えます。

いまや都市部の総合病院で、コロナウイルス対策をしているところは、億単位の赤字を出しているのです。

そのおかげで現場の医療スタッフは夏のボーナスもゼロとなり、女子医大付属病院など400人もの看護師が退職を選ぼうとしています。

そして医療現場はいまだに防護資材が不足したままで、介護施設には防護マスクすら備蓄されていない有様です。

この様な状態で、感染者の受け入れ態勢は全く整わず、韓国や中国の様な隔離施設はほとんどゼロの有様です。

この間あれだけ時間があったにもかかわらず、政府や自治体の体制は、一部を除き殆ど改善されないままの状態なのです。

金だけ使い、肝心なことは何もしてこないで、なかったことにしようとしていたわけですね。


本来は感染者が集中的に発生した新宿などは、一帯にPCR検査を実行し、陽性者を一人でも多く隔離させないとならないのです。

しかし肝心の受け入れ先ホテルが契約切れで、専用の受け入れ施設の確保もなされていないままという無策ぶり。

この先都が取れる対策は、検査をさせないようにして、一日の感染者発見をごまかすしかないでしょう。

しかしそれは現実には医師会の検査所もあるために、その方法をとっても数はごまかしきれません。

このままだと一日の感染者数はあっという間に千人単位に増えていくことでしょう。


PCR検査のコストは実費だと1万数千円だそうです。

しかし慈恵医大でコストダウンを図った結果では700円まで下げられたそうです。

政府が高速自動検査機を大量に購入して全国の医療機関などに無償提供すれば、コストはさらに引き下げられるでしょう。

それをしないのは、大人の事情しか考えられません。

つまり厚労省が検査にかかる予算を増やしたくないのが理由です。

そんな大人の事情よりも、今は検査で陽性者を発見して隔離するしか手が無いのです。


この医療介護現場にこそ、このキャンペーン予算を注ぎ込むべきだと思います。
 

山本太郎の決断

 投稿者:風太  投稿日:2020年 7月17日(金)07時15分0秒
  れいわ新選組「命の選別許さない」大西氏を除籍処分
https://news.yahoo.co.jp/articles/fd4b5f5f9cc19449e6dd4d5ba75701daf0ad580b

>約4時間におよんだ臨時総会後、記者会見した山本太郎代表は
「すべての命の選別を許さない。立党の精神は変わらない。自分の使命としてやっていく。除籍を提案した」と神妙な口調で語った。
>臨時総会には、れいわ新撰組所属の舩後靖彦、木村英子の両参院議員、外資系銀行で為替ディーラーなどを務めた大西氏本人を含む党の構成員が出席し、
>大西氏除籍の採決は賛成14、反対2だった。
>山本氏は「動画の発言について謝罪、撤回するとしていた大西氏だったが、臨時総会の場で謝罪、撤回を取り消す、と発言した」ことなども明らかにした。

やはり大西氏は確信犯だったわけです。

この人は元からこの様な優勢思想の様な考え方の人物(じつは新自由主義者)であったのでしょう(為替ディーラーという経歴からも伺えます)。

一部の人たちは、大西氏の言説に惑わされていたのでしょうが、彼は非常に狡猾な輩だと思います。

同党の方針をわかったうえで、本心を隠して利用し続けていたことになるわけですからね。

令和を足掛かりにして、議員になってから、他の政党にでも移るつもりであったのかもしれませんね。


令和からはお二人の障碍を持つ方が国会に出られているというのに、おそらくですがそれも面白くはなかったのかもしれません。

優秀な自分をさておいて、山本代表が彼らを議員として送り込んだ戦略自体が腹立たしかったのかもしれません。

そしてあの動画で勝負に出たのかもね。

やはりあの発言後のドヤ顔こそが、やはり彼の本心の表れだったのでしょう。

そして今回の総会で除籍が決まると、驚いたことに動画発言について謝罪して撤回した事を取り消すというわけです。

もう追い出されたのだから、本心を隠さなくてもよくなったという訳です。


いままで騙されてきた山本太郎代表のショックの大きさがその後の落胆ぶりからも伺えます。

そして令和新選組支持者も分裂し、党は壊滅的な打撃を被った事になります。


私は今回の事まで大西氏という人物には興味がなかったのですが、今回の事で友人との関係で大変な痛手を負う事になりました。

もっと早くから大西氏をマークしておくべきでした。

今から思えば友人は、かつては一定の評価をしていた山本代表を、最近になって小馬鹿にするような発言を繰り返していました。

そして返す刀で大西氏を盛んに持ち上げていたのです。

人の好い山本代表は、知らないうちにこのようにして組織の乗っ取り?を狙われていたことも、気がつかなかったのでしょうね。

大西氏は、裏から山本代表をコントロールしていくつもりだったのでしょう。


この先大西氏は、令和の看板を使ってYouTubeで発信して得た信者を足掛かりに何か行動を起こすのかもしれません。

騙される方が悪いとはよく言われますが、私はこのような社会変革に悪影響を及ぼすような輩は許せないと思います。

大西氏のおかげでせっかくのリベラル派が酷い打撃を被る結果になったわけですからね。


今回早いうちにこの様な人物を発見できて良かったのかもしれません。


教訓として、政治的経済的に覚醒しようとする市民は、経歴と肩書と弁舌だけの輩に騙されない様に、賢くならないといけませんね。






?
 

大西は自分の言い分を語るかもしれんな。それを利用する輩も出るかも。

 投稿者:青トマト  投稿日:2020年 7月17日(金)04時20分31秒
  まあ、しかし、太郎の組織掌握力が試されると思うが、

攻めに強くて、守りに弱い太郎かも。

まあ、でも大西は守る事が太郎にとっては良かったと思うが、後戻りは出来ないからねえ。

大西をもしかして怒らせていたならマズカッただろうね。

まあ良いさ、野党再編の動きも起きつつある。

情勢変化により太郎よりも指導力ある指導者が出る可能性も有り得る。

右顧左眄は絶対禁物なのだが、太郎は典型的日本人だから気配り過ぎて進めないかも?

有能な側近が必要だな。

 

おう、大西、自分から出たということだな。実際は。除籍を多数決で決めた形ではあるけど。ケジメを自分でつけて男らしくて気持ちいいよ。頭は馬鹿でも人間的には優れた奴だ。

 投稿者:青トマト  投稿日:2020年 7月17日(金)00時54分48秒
  お前は馬鹿だよ。専門馬鹿で言いたいことの表現力が弱いから、

認識力が劣る阿呆に誤解されるというか、いや、そういった奴の頭を悩まさせて、彼等彼女等に間違った理解発言をさせてしまうんだ。

今の時代には、この言葉は言われないのかな?

「聞き間違いは言い手の粗相」ってやつだよ。

他人に話すときにはえねえ、相手の理解力を探りつつ話してあげなければならないんだよ。

お前、それできてるの?

いやね、私はお前に好意的に話してはいない。

お前、いや、君のようなタイプの人の話しかたや表現力の人物にはよく出会ってきてるんだ。

だから驚かない。

私は誤解しないが多くの人は誤解するよ。

だからさ、君は政治家には向かないの。

表現力が弱いだけでなく、嘘もつけないし、飾った言い方も出来ない人物だ。

講演やってファンを集めるのがお似合いだ。

でもね、人間としては私の評価は高いよ。

頭なんかどうでもいいんだ。

人様に迷惑をかけないこと。かけたら自分で責任を取って相手を責めないこと。

相手の責任は相手が取るべき事で君が取ることではないからな。

君が変な言い方したから噛み付いてきた人が出てきて、波紋が大きく拡がり、組織に大きな迷惑をかけた。

それを率先して自分から首を差し出したんだから立派だよ。


人間として認められる人物と見たな。ご苦労さん。他人の事は問うなよ。君なら問わないだろう。

君は見た目だけではなく中身もハンサムで紳士だよ。

どんな服装でも似合うだろう。どれも似合うから選択に困ってその揚句、面倒だからいつも白いTシャツになるのではないのか。

白Tシャツのように飾ることのできない人物なんだよ君は。

有り難うさん、一時ではあったが共に多くの人達と同士であってくれたことを喜ぶよ。

http:/

 

再度、言う。

 投稿者:青トマト  投稿日:2020年 7月16日(木)05時00分30秒
  大西と大石は共に馬鹿だ。  

どうなのかな?山本太郎に内部が仕切れるのかどうか知らんが、注目はしてやろう。

 投稿者:青トマト  投稿日:2020年 7月16日(木)04時59分16秒
  大西と大石に振り回されては組織運営はできんぞい。

まあ、太郎には元気や馬渕とかいった優れた先輩友人が付いていることになったから、お前が能力不足があっても人様は貴様の人垂らしの人格を慕って持ち上げてくれるだろうさ。
それが、日本社会の美点であり強さだ。

俺には退屈なんだが、まあうまく行くだろう。君は日本向け毛沢東さ。
 

九州北中部の被災者の方々、まことに我々も辛い想いで御座います。さて、本質的な温暖化の理由ですが…。

 投稿者:青トマト  投稿日:2020年 7月16日(木)02時01分27秒
  ずっと前の投稿でも語った事ですが、

この温暖化の理由ですが、

地球に降り注いでいる太陽光の力の高まりにより、地球の働き(活動)が高まっている事による、と私は考えて来ております。

詰まりは、太陽系の自然現象の動きであり、我々地球人はこの環境変化に対応した生き方を採用しなければならないものと考えております。

地球は太陽エネルギーを太陽光を通じて受けて活動している(働いている)ものであり、単なる石ころではありません。活動体なのです。体と同じです。

でありますから、地球は中心に向かって行くと活動エネルギーが充満しているのであって、陸地とか海洋は皮膚にあたる訳です。

人だって食べ物を沢山食べれば、元気が出て活動力が高まり、体内から熱くなって活発に動いて汗をかくに至ります。

これなのです。体内内部は地殻のマグマの燃焼であり、情熱の噴出は火山活動と地盤の揺れ、詰まりは地震なのです。皮膚が熱くなる事にあたるのは海水表面や地面の温度の高まりであり、汗をかく事は海面や地表からの水分の蒸発なのです。そして蒸発した水分が多くの降雨となって降りて来ているのです。

地球は働きを激しくしているのですから、台風も地震も多くを発生させているのであり、地球は人間を困らせている訳ではありません。元気なのですよ、地球さんは。

我々は地球の活動に合わせて彼(彼女かも?)の動きに付き合って活きれば安全と考えるべきでしょう。
 

GO TO 感染拡大キャンペーン。国民よ、感染に突撃せよ!ってか?まさに狂気というか迷走政権だ。

 投稿者:青トマト  投稿日:2020年 7月16日(木)01時34分59秒
  まあ、コロナ対策が体をなしてないのだから、この政権からまともな事が出る筈はないので、

その意味では自然の成り行きといえる。

あるテレビ番組を見ていたら、財界の代表だけが ゴー・ツーを予定通りやれ! レッツ・ゴーとのたまっていた。

感染を散らばらせて、経済効果が感染拡大効果となってどうするのかい? と考えるのだが、

そんな人的被害を出すよりもだ、

こうした方が効果が早いのだ。

旅行者の支払いの何割かを政府が負担するという話だから、

各観光地の商店や施設に、行くであろう客の数値を君達(政府)の好きな人工知能とやらに弾き出させてだよ、

その客の支払うであろう金額を政府が支払ってあげればよいのだよ。

そうすれば、人の移動は無いから感染が移転しない。

まあ、観光地への給付金だな。

勿論、財政支出になるよ。でもね、国民はコロナで収入が減って苦しんでる時に観光に金を支出する事も苦しいんだよ。

国民に金を負担させて、感染を散らばせて、それでは、日本の宝である国民の健康と命と財産を破壊させてどうするんだい?

日本は資源が無いのだから、働く国民の力しかないんだよ。資源は国民だけなんだ。

財界は経済が解かっとらん奴ばかりだ。

財務省が金を国民に支出したくない理由は、米国バブル経済に貢献する為に金を支出したいのが主要目的で、国民に支出すると、それに十分に応じられないからだろう。

だから、ゴー・ツーキャンペーンだって、困った観光業者救済に、国民の金と健康(感染リスク負い)を供出させようということだろう。

で? どうするのあんた? なにやら徴兵みたいじゃないか。国民総動員だってか?

とうとう戦時中みたいになっちゃったなあ。
 

あえて言う! 大西と大石が下手くそ運転でぶつかって交通事故起こしやがった! といったレベルの低さだ。周りの野次馬の無責任さと下衆ぶりも醜い。

 投稿者:青トマト  投稿日:2020年 7月15日(水)02時58分24秒
  交通事故は、一方が停止している時に下手くそがぶつかるという100パーセント一方に責任という事例はあるが、多くは、双方の未熟又は下手技能によるものだ。

一方が練達していれば、もう一方が下手であっても事故は発生しない。

一方、60パーセントの責任。もう一方は、40パーセント責任といった事例等が考えられるのだが、

私は、この党の指導部にはいないが、

私ならば、大西も大石も共に50パーセントの責任を取らせる。

私は問題には決して甘く対応することはない人間だからそのようにする。

交通事故には、見物人や野次馬や示談屋や暴力団や弁護士とかが警察や保険会社の他に出てくるものなのだ。

さらに、不逞の輩達が事故者二人から金を奪い取ろうとか、事故当事者の雇い人からも脅かして金を奪い取ろうとかする。

さらに、雇い人を潰してやろう、面白いからなどと考え、報道機関等に垂れ込んで、雇い人を追い込もうとする。

例えば、雇い人の商売敵であれば、それを喜んでするだろう。

はてさて、交通事故を起こした当人達だが、

例えば大西運転手は信号が黄色から赤に変わる直前に交差点に突っ込んだとする。これは甘い認識だ。

そこへ大石運転手が赤だが青に変わるだろうと思い込み、発進した。これはフライングだ。

見ていた歩行者達は、あるものは大西は赤信号の中に突っ込んだと解釈し、

あるものは、大西を黄色の最中に入ったに過ぎないと解釈した。

見ている位置と主観によって、解釈は大いに異なる。

そしてそこにマスコミが来て、見物人に話しを聞くと、それぞれが言いたい放題となった。

記事を書いて載せる時には、当事者二人の印象への好き嫌いや雇用企業への好き嫌いで記事をまとめた。

まあ、こういった事になる。

私が一つ指摘しておきたい事がある。

大西は政府の経済政策や保健政策を語った責任者ではない。講演の場で自分の意見を述べただけであり、それに「黙れ!」とは言論封殺のテロ発言となる。

政権の責任者ではないのであるから、責任を負わせられる相手ではない。

それに、大西は命の選別をせよ、とか、すべきとは言ってはいないだろう。そんな愚かな人間が急進野党で活動しようとはしないだろう。

要するに、大西を優性思想家であると解釈することはフライングであり、思い込みであり、それを言う「君自身」の主観にすぎないのであり、言葉足らずの人物の考えをその言葉から読み取る力の無さかまたは、恣意的な悪意による宣伝目的の解釈に因るものだ、ということだ。

私は、このように考えるので、

両人共に、党と支持者達に迷惑をもたらし敵視する他政党や政権権力からの攻撃を誘発させた責任を共に50パーセント取らせて何らかの償いをさせることにする。

私ならば、そうする。今後、同様の事を誘発させないために。

彼等の党がどうするかは、私は知らない。
 

大西氏の命の選別発言の重さ

 投稿者:風太  投稿日:2020年 7月15日(水)01時49分38秒
  問題の動画(YouTubeにある抜粋)ですが拝見させていただきました。

前後関係で何を語っているのかはわかりませんが、あの最後の部分、

「順番として、その選択するんであれば、もちろん、高齢の方から逝ってもらうしかないです。」の後、大西氏は植草さんの指摘通りにドヤ顔をします。

私はあの顔を見て、なんて恐ろしい顔をするのだろうと、心が凍り付くような感じを受けました。

実に嫌らしい彼の本性が、そこに現れていました。

恐ろしい、実に恐ろしい顔ですが、あれが彼の誤魔化しようのない本質なのでしょう。

彼にとっては邪魔な高齢者、つまり社会の助けがなければ生きていけない人たち(難病患者や障碍者も同様ということです)は、若い世代の足手まといになるから、死んでくれといっているわけです。


自分も高齢で必死に生きてくれている母親を介護している身です、そして難病患者でもあります。

そういう立場の人間にとり、大西氏の発言は死刑宣告に等しいものになります。

この発言があった後、友人とのこの大西氏の発言について話す電話のなかで、それでも友人は私に彼は大好きだと強弁しました、

私はそのとき、友人はいざとなったら簡単に私も切り捨てるのだろうなと受け止めました。

私は友人との電話を自分から切りました、このまま話していたらとても嫌な展開になることが想像できたからです。


今とても悲しい気持ちです。

友人は私の立場も何も考えずに、大西氏をこの発言を含めて大好きだと強弁して評価したわけですからね。

それは同時に私の否定にもなることを、友人は何も感じていなかったのでしょう。


大西氏はまた「生命選別しないと駄目だと思いますよ。はっきり言いますけど、なんでかって言うとそれが政治なのですよ」とも述べたようです。

これこそがナチスのやったことです。

ナチスは生命の選別をして、彼らの考え方でゲルマンの血を汚すとされたユダヤ人を大量殺害したわけですからね。

根っこは同じことなのですよ、それがわからない人たちが、一見小気味よくみえる大西氏の発言を持ち上げているわけです。


植草さんは自身のブログにおいて、党の価値観の根源に抵触する問題に対して毅然とした対応を示せぬなら、党そのものが信頼を失うことになると述べています。

この大西氏の発言は、人の生き方の価値観の根源を問う問題を含んでいます。

大西氏の発言は、幾ら動画を削除して撤回しても、それで済まない問題を含んでいるのです。

あれだけの発言をドヤ顔で決めて見せたのですから、もう撤回しようがどうしようが、それは無意味です。
 

しかし、考えて見るに、都知事選には候補者を太郎ではなく、大西つねきか大石あきこを出しておくのも良かったのでは?と思ったりするのだ。

 投稿者:青トマト  投稿日:2020年 7月14日(火)05時00分13秒
  なぜならば、言葉の揚げ足取りの混乱を招いて来ている二人だから、

どちらかが候補として出ていれば、大衆解りやすく訴える事が出来るか、又は誤解を産むのか、その政治家としての能力が明らかになったであろうと考えるからだ。

勿論、非現実的話しであり、太郎程の得票はなかっただろう。

つねきは言葉足らずで表現が下手だ。あきこは人の言葉の真意を読み取ることが下手で誤解して決め付ける傾向があるのではないか。

これらでは政治家は務まらない。

あちこちで評論をしている人物達も言葉に勝手な自分の頭脳を当て嵌めて言っているだけであり、

政治家の資質は実際に政治活動での能力によって適否が現実的に明らかになる。

与党や野党にゴロゴロしている男女のゴロツキ政治家なんか問題外だ。

都知事選につねきが出ても面白かったであろうし、あき子が出ても女同士の戦いで面白かったのではないか。

どちらにしても馬鹿では役に立たないのであって、使えない野党政治家達と同じレベルでは出る意味はないのだ。

元気や馬渕程の人物として期待出来る人物には見えないなあ。二人とも。今のところ。

でも、大石あき子の名前、覚えにくいなあ。よし子なんて名前を誤解してた。

しかし、今回の問題。二人も騒ぐ奴等もレベル低いぞ。振り回される太郎も気の毒だ。

田中リュウサクも無作法な奴だ。まあ、この男の頭のなかに等しいと考えて納得する。
 

PCR法検査タブーの影響

 投稿者:風太  投稿日:2020年 7月13日(月)19時26分27秒
  クラスター舞台 出演者陰性で舞台続行、発熱申告も
https://news.yahoo.co.jp/articles/29b8e7474b64c2680488d43e97c44c2a1fefc15c

>新型コロナウイルスのクラスターが発生した舞台「THE★JINRO」で、公演中の4日に出演者の1人が体調不良を訴えて抗体検査を受けていたことが13日までに分かった。
>主催者が12日深夜に更新した公式サイトで明らかにしたもので、4日に本人から申告を受け、同日中に抗体検査を実施したところ「陰性」で、検温の結果も、「37・5度以上」とするガイドラインの規定の範囲内だったことから、本人と相談して出演を続行したという。



どうして主催者が見当違いの抗体検査をしたのか、この疑問に対する答えはこれになります。

PCR法検査についての、日本感染症学会の公式提言は、以下のようになっています。

>PCR 検査の原則適応は、「入院治療の必要な肺炎患者で、ウイルス性肺
炎を強く疑う症例」とする。軽症例には基本的に PCR 検査を推奨しない。時間の経過とともに重症化傾向がみられた場合には PCR 法の実施も考慮する。


この場合の軽症とは人工呼吸器を要しない治療段階のことをさします。

つまりこの出演者はこの時点ではPCR法検査の対象外とされてしまい、簡易検査キットのある抗体検査しかできなかったのです。

東京都の場合は特に検査否定論者の某先生が都の顧問ですから猶更です。

きちんと医療機関でPCR法検査を受けようとしても、受けられなかったというのが現実です。

抗体検査は現時点ではなく過去の感染の有無の目安にしかなりません。

それでもこれしか方法がなく、結局主催者は学会の見解の為にきちんとした対応が出来なかったというのが実際だと思います。


日本は異常です。

そしてマスコミ報道を見ていてもそれははっきりとわかります。

テレビでは検査の必要性を説くのはテレ朝のモーニングショーくらいしかありません。

玉川さんが岡田先生らと共に孤軍奮闘しているのが実態です。

ネット右派と思われる連中は、組織的にネットで検査不要論を振りまき、検査の必要性を訴える投稿に圧を加えています。

そんな連中にお墨付きを与えているのが、感染症学会の公式提言なのです。

この問題こそ鋭く突かなければならないのに、知事選では残念ながら庶民受けする所得補償には熱心でも、この点に関しては形だけ触れた程度でした。

新人各候補にはもっと強く訴えて欲しかったのですが、本当に本当に残念です。

これが一番重要な事なのです! これを問題視しないのは何もわかっていないという事の証です。

この問題は人の命がかかってくるのです、本当にこれでいいのかと、全くダメだと私は思います。
 

へーえ、あの粛正と除名のメッカの独裁党の日本共産党のコイケさんとやらとアベ自民党の子飼いのマスコミが大石つねき(大西よし子?)あれっ違いますか?にのめり込むのは理由あるんでしょうね。

 投稿者:青トマト  投稿日:2020年 7月13日(月)05時05分43秒
  リュウサクが暇してて失業して困った?

だからさ、米国本土に飛びなよ。政府に頼めば何とかしてくれるよ。

生の米国本土の混乱レポートを知りたいなあ!


本題なんだが、れいわ新選組へのこの間の寄付金が一億何千万円だったとか、それによりゲリラ宣伝が成功し、ボランティアの無償奉仕も膨大で、それを労賃に換算すると幾らになる?


これは、ごまかせない数字なんだよ。

これを見て、自民公明や官僚共が恐怖しただけでなく、

幕府外様大名の野党藩である頑迷枝野藩主がのさばる立憲藩とか恐怖独裁が本質の共産藩とかが恐怖したのだろうと思う。

毛沢東紅軍の躍進に蒋介石国民党軍が押しまくられて恐怖したのに等しい。看板だけのリベラルとデモクラシーは枝野独裁と志位中央独裁であり、アベ自民幕府のおこぼれを食ってきたのだから恐怖して当然だ。

それで、香港騒動で挫折感を味わった純真リベラルのリュウサクを先頭に立てて、大石つねき問題(あれっ、違いましたか?)を膨らませて、自民党幕府政治を守りきって国民収奪のあぐらかきを継続しようと焦ったのでしょうな。

大西も大石も料理の材料に仕立て上げられ、失業リュウサクもそうなんだろう。リベラルの行方はこんなもんだろう。

香港、あれが終着点。

ハッキリと終着点を見たいなら米国被れもリベラルも今がチャンスだ、米国本土へ飛びなよ。満腹出来るよ。ゲップ出るよ。

なんか、かつて昔に、オー・ソング・オブ・USAなんて歌あったよな。その結末を見たくないのかい。見てきた方がいいよ。あんたの為にだ(笑い)。

米国人、日本人より気の毒だよ。行って見て来いや。
 

田中リュウサク、香港終って暇になり、終った都知事選にしがみつき? それで、大西問題かられいわにお節介? いや、貴方の活躍舞台は、混乱が拡大する米国本国だよ。

 投稿者:青トマト  投稿日:2020年 7月12日(日)23時45分41秒
  貴方の腕がなるはずだ。香港所の刺激ではない。ガンの実弾が飛び交うだろうね。今後には。

れいわ新選組なんてチンケな小者なんかに苦言なんて島国にこもってちゃいけない。

国際ジャーナリストの名を高めなよ。米国本土に飛んでさ。

トランプとバイデンの選挙運動をレポートするんだ。皆がカンパくれるぜ。野党も与党もくれるだろう。マスコミだって臨時特派員の肩書で一時雇いするかもな。

そして一流ホテルで美味いもの食って取材。名は上がるよ。

もしも流れ弾当たって死んでも名声は残る。

それぞ、国際ジャーナリスト。

誰か様が私のここでの投稿をあの騒がしい阿修羅のコメント欄に転載して下さいました。

有り難う御座いますと御挨拶しておくべきでしょうね。

リュウサクさん、暇してるね。体にエネルギー充満してるんだ。

何と言っても米国本土だよ。香港なんて規模小さいし、もう終った。

米国本土は、これからが本番さ。日本の各界に旅費と取材費を頼めば出してくれるよ。

れいわ新選組なんて小者さ。あんたの取材先?には相応しくないな。リュウサク先生様。
 

アベ政府の腹の底は、コロナ問題は他人事で対策したふりで行こうと言う事だろう。だから熱は入れない。小池に至っては、築地問題と同じで適当に流して行け、だろうよ。

 投稿者:青トマト  投稿日:2020年 7月12日(日)22時44分4秒
  大雨災害の方が彼等にとっては恐怖だろうよ。具体的に無策ぶりが見えるからね。

コロナ問題は世界に適当にお付き合いしておこう、とか、そんなところだろう。

マスク掛けはポーズ。だって、アベノマスクを掛けてるアベはウイルスを防げないし、布の手造りマスク掛けてる小池もこれまたウイルス防げない。


「やってるふり政治」なんです。
 

今一番気にしなければいけないのは、新型コロナウイルス対策が無策のままだという事です。

 投稿者:風太  投稿日:2020年 7月12日(日)18時48分12秒
  知事選の結果、予想通り小池都知事再選でした。

自公の協力もあり、圧勝と言えるでしょう。

そして再び小池知事をトップにする東京都の新型コロナ対策がスタートするわけです。


しかし対策のメンバーの中に、いまだに国際医療研究センターの大曲医師がいるのですね。

この方のPCR検査に対しての消極論で、東京都は第一波の時にどれだけ多くのをみ重症感染者を見殺しにしたことか。

そして受け入れ先の医療機関は、医療崩壊寸前にまで追い詰められたわけです。

それへの反省なく、再び小池・大曲体制で対応するとか、もう異常です。

東京都民は情報を殆ど与えられず、小池体制で情報隠蔽のために、ほとんどなにがなんだかわからないまま投票したことになります。

そしてその結果は、もう早くも現れてきているという事になります。

連日感染者数が200人台のペースになっていて、知事は検査数が多いからと言っていますが、感染率も非常に高くなってきています。

そして注目するのは、夜の接客業にとどまらず、感染者の半数は経路不明の感染になっているという事です。


対して都の対策はほとんど有効なものは見えてきません。

本来実施すべきPCR検査についても、都は特定のお店に絞って実施しているだけです。

この場合は言われている水商売の方と他の業種の方の接点が、居酒屋さんや食事処など多数存在することを考慮しても、

地域全体の協力を仰いでの全体検査が対策として求められてくるのです。


そして新宿ならばそれが十分可能なのです。

なんたって地域内に、国立感染研や国際医療研究センターも存在しているのですからね。


そして検査ですが、海外で採用されている自動検査機を使用した場合、2時間で12検体の処理が可能になります。

となるとフルに稼働させた場合、一台で一日に約100検体の処理ができることになります。

この機械が100台あれば一万検体の処理が特に技術も必要なくできることになります。

新宿全体で検査を行っても、都内の大学や病院や研究所の検査機器を総動員すれば、現状でもおそらく一日で対応できるはずです。

そしてその結果拾い上げた陽性者を隔離してしまえば、感染拡大を初期で防げることになります。


ちなみに慈恵医大でPCR検査のコストを抑える方法を開発した結果、一検体で700円程度に抑える事が出来たそうです。

となると、10万人行ってもコストを抑えれば700万円で済む事になります。

こうなるとやらない理由は全くありません。


色々な大人の事情で検査という今ある一番有効な手段が、封印されているようなものです。

しかしそれでは言われている様な、東京を感染拡大の起点にする感染の全国への拡大が、まったく防げないことになります。

このPCR検査に対しての異様なまでのタブーが、これから先来るであろう新型コロナウイルス対策に、どれだけ悪影響を及ぼすことか。

ここが一番重要な事です。
 

コロナ感染放任に走ったアベと小池。

 投稿者:青トマト  投稿日:2020年 7月12日(日)16時34分55秒
  無能で何も出来ないだけであること。

だったら夜の町への自粛も何も言わなければよいだろうが、言い訳でお控えくださいと言ってるだけだろう。

彼等の動機は単に経済を回したい理由だけでなく、金を出したくないからだろう。財政を低く抑えたいのだろう。

財務省辺りの思惑が大きいんじゃないのか。

因みに集団免疫なんて空想論だ。そんなものが実現する前に感染は終わるだろう。誰でも感染する性質の病気ではないだろう。

集団免疫論は空想論にすぎない。

前に田中宇がこれにのめり込んでいた。

だからさ、こう言うことだよ。

コロナ風風邪への医療処置は必要で予防も必要なんだ。これらの対策を十分にやれば経済自粛も必要ない。

だが、馬鹿自民党と馬鹿財務省と馬鹿日銀は、財政支出を極少化して米国バブル維持に貢献するために金を回したいし、そうしてきてるんだよ。

だから医療支出もしたくないんだ。

で、米国に倣って自粛したが、経済が超低迷した。それで、動かして再稼働したいんだが、

財政支出はしたくないんだ。

で、感染増えても大丈夫なんて居直り発言に落ち着いたんだろう。

だから、感染増えるし、風俗営業もスポーツ興業も半ば野放しで言い訳だけに終始するだろう。

あいつらなんかに明確な論理認識も知性なんかもないんですよ。単なるス馬鹿。英語出来ても大学出てても阿呆は阿呆。理屈は照れ隠し。馬子にも衣裳で騙せる。

外から眺めて、田中サカイのように整然と理論付けしようとしたって、それは的外れだ。それをお人よしと言う。鵜呑みにしてはいけない。

オタマジャクシをナマズの孫と間違うだけのことです。

やがて手が出る足が出る。(はいだかつひこさんの歌)。
 

都知事選はもう終わってる。コロナ感染も高い水準。こんな中で「れいわ新新選組」の名が注目されて高まるのは不思議な成り行き。

 投稿者:青トマト  投稿日:2020年 7月12日(日)02時16分49秒
  大西と大石(一字違い)と田中の三人で話題を作って、しかも田中が大々的に熱い空気を送り込んだ。

さらに、おっちょこちょいの志位さんという共産党エリート幹部さんまでもが出て来て、「大西発言怪しからん」と人の家の子供を叱るような有様だ。

これで、オッチョコチョイの多くの人物が喜んで議論沸騰?に参加している。

これ、香港騒動と似てないか?

だってさ、どうしたって山本太郎とれいわ新選組のこの問題への対応に関心が向いて行くだろう。もう、都知事選が終わってもこの有様だ。人の目がよって来る。

自民党やアベや公明や小池、野党の立憲や国民や共産や社民には目が向いて行かないよ。政治好きの人達の話題と注目度はそちらにむかうよ。

例えは悪いが、芸能人のスキャンダルのようなものだ。面白いのだよ。ドタバタしていて騒がしくて太郎が右往左往する姿も見ている立場からは面白い。

女の人なら、応援演説した議員のカダさんのように、「太郎ちゃん頑張れえ」と言いたくなるかもな。

男らしい男ならあのマッチョ風のレスラー議員やブルドーザー議員のように「おい、太郎、お前を鍛えてやるぜ」と背中をドスンと押すかも知れない。

力の有るものには試練が立ち向かって来る。消え去るものには何も来ない。ただ使役されるのみ。
 

一つには、香港問題があのような結末が来て、しかも早く。+小池当選でリベラル人達はやり場のない鬱憤をれいわ叩きで晴らしてるとも言えよう。

 投稿者:青トマト  投稿日:2020年 7月11日(土)04時21分48秒
  しかし、香港は初めから結末は決まっていて、そこへ持ってゆく為の騒動の創出であり、トランプと習近平の合作であり、活動家達は双方が送り込んだ専門家が多いと考えています。

米国のコロナ騒乱も同様で、騒動を起こさせてトランプがそれに吠えると言うやり方。

日本のリベラルは純真に香港の結末を悲しみ怒っていて、差別的と思える?ものに噛み付きたくなるのでしょうよ。

気の毒と言える。

ちなみに、来年以降は、香港からの亡命人のような米国からの避難民が日本にも到来するでしょう。カナダや豪州だけでなく日本にも来るでしょうね。ロシア革命後の白系ロシア亡命人のようなものです。歓迎いたしましょう。

私は反対に改編後の米国に渡りたいかもね(笑い)。日本、詰まらないから(笑い)。
 

太郎と宇都宮の得票を足しても、とても小池の得票に及ばないのに、大西とれいわ叩きに狂奔するのは、勝てなかった悔しさのはけ口が欲しいからなんだろうな。詰まらん。

 投稿者:青トマト  投稿日:2020年 7月11日(土)02時00分5秒
  まあ、こういうことにご熱心なかたは大勢いらっしゃいます。

それに対し、冷静にとか言っても無理なんですよ。

まあ、それだけ熱心に選挙運動をやったということでしょう。

「日本がアメリカに負けたのは軍部が全て悪いんだ。天皇の命令で戦争に行かされたんだ。」

成るほど! 自分のフガイナサをだれかのせいにするのは安い方法で進歩はないでしょう。

まあ、精神衛生上に必要ならば大いにおやりなさい。

御自身達の株は下がりつづけるが、もともと一流品ではないから、相応です。

どんどん株をお下げなさい。どっちみち使え得ない代物なんだから。ヤレヤレイ! もっとヤランカイ!
 

rapppさんへの返事。お住まいのだいたいの場所は見当がついています。ご事情は察する事が出来ます。

 投稿者:青トマト  投稿日:2020年 7月11日(土)01時31分44秒
  私もかつては、そちらからそんなに遠くない地域に住んでいましたから。

東南海地震と原発の存在。あれがやられると、首都圏もオジャンですよ。

東海地域もね。だから、在日米軍が運転を止めさせたのでしょう。横田基地も横須賀基地も使えなくなるからね。

菅直人の独自判断では有り得ませんよ。

そうですね。もしもの時の疎開先はご用意されてくださいよ。でも、何も知らない住民の方もおられるでしょうね。

気分転換にまた投稿してやってくださいよ。

私もこれを嬉々としてやっているのではありません。面倒だとも思いながらやっているのです。

ですが、貴方は気楽に気が向いたら投稿してください。

それにしても、面倒臭い事ばかりですね。(笑い)。
 

米国務省F35の日本への売却を承認! ロイター

 投稿者:風太  投稿日:2020年 7月10日(金)13時19分29秒
  U.S. State Department OKs possible $23 billion sale of F-35s to Japan

米国務省23億ドル相当のF35の日本への売却を承認。日本円で約2,500億円です。ロイター通信より

こんなすぐに時代遅れになるような機種を、2500憶円も払ってアメリカのご機嫌伺いですか。

そしてついでにこの機種を載せる為の空母まで作る。

他に必要な予算がいくらでもあるというのに、日本の指導部の米隷属根性と、外交力の無さが国民に負担を強いる構図です。

勿論マスコミは、このニュースよりもタレントのスキャンダルという与えられた餌をばら撒く楽な仕事しています。

誘導されやすい国民は、余計な事でアカ呼ばわりされるよりも、タレントスキャンダルで世間話という。

日本低国の正体です。
 

モーニングショーの7月9日放送のそもそも総研に児玉東大先端研名誉教授登場

 投稿者:風太  投稿日:2020年 7月10日(金)12時35分9秒
  ついに地上波テレビに、東大の児玉龍彦名誉教授が登場しました、させたのは玉川さんです。

これは見ておられない方がおありならば、どこか動画サイトをお探しになり、ぜひこの日の放送分含めてごらんになられることをお薦めします。

児玉先生は番組の中で、新型コロナウイルスの特性について述べられていて、初めて交差免疫の存在を地上波テレビで出されてきました。

この交差免疫とは、過去に類似のウイルスに感染した場合できる免疫抗体のことで、

児玉先生はこの交差免疫が東アジアの人々にはあるので、感染しても重症化しないことを立証しようとなされているわけです。


抗体検査をきちんと行うと、過去に感染した経歴がある人で軽症で済んだ方の場合は、

通常最初にできるIgM抗体よりも先にIgG抗体ができてくるのだそうです。

これはすでに交差免疫があるためにそうなるのではと、児玉先生は考えられておられるようです。

そして調査研究の結果、感染した方でも無症状や軽症で済んだ方の場合、抗体ができていない、消滅?した方もおられるとか。

こうなると安易に簡易検査キットで抗体検査を行っても、その検査結果では見えてこないものがあるということにもなります。


先生は、そしてこういう先端科学を駆使した研究を、研究者が社会的使命感を持って行わないと、

コロナウイルスには対抗できない
旨の発言も児玉先生は声を詰まらせながら訴えていました。

マスコミに対しても、政府の代弁者に成り下がるのではなく、現場をきちんと取材して実態を報じるべきとも訴えられていました。


非常にわかりやすい新型コロナウイルスについての、いわゆるファクターXについての解説と、行政やマスコミ報道に対しての見解。

見ていて多くの視聴者はたいへんな衝撃と感動をしたのではないかと思います。

しかしながらこの放送動画は、YouTubeにアップされて分は直ちにそのほとんどが削除されています。

また各掲示板のコメント欄に上がった内容も、ほぼすべて削除されました。

この大事な情報が、なにやらどこかの圧や、忖度で、多くの国民には届けられないという訳です。


そして東京都と国の無策がまた続きます。

今すぐ東京、とくに新宿では地域一帯のPCR検査を行わなければ、東京中、そして近県にまで市中感染が拡大し、取り返しがつかなくなります。

その対策には、PCR検査を行うしかないのですが、行政は行いません。

その理由の一つは、感染の実態を国民に知られたくないという隠蔽体質と、検査を行い隔離を徹底させ、受け入れ態勢を整えるには、

多額の費用が掛かるわけで、そうなると、霞が関の予算の省庁間の枠組みを超えた再編が必要になるからではと思います。

つまり戦後予算額は増え続けても、省庁間の割合は、ほとんど変化していないことも一因なのではと思うわけです。

ここに戦後占領軍が作った支配体制の問題点の一つが現代も息づいている事が伺えます。
 

青トマトさん、気にかけていただき、ありがとうございます

 投稿者:RAPPP  投稿日:2020年 7月10日(金)10時17分22秒
  私の住居は、原発爆発と東南海道地震が恐ろしいぐらいの場所にあります
多くの方が被災しておられますが、私は無事でおります

結論から申しますが
ここへ投稿することはやめました


青トマトさんやいろんな方から刺激をもらい投稿できたこと有難く思っています
そして中には、私の投稿を興味をもって読んでいただけた人もおられるかもしれません
そんな皆様には申し訳ないのですが、自分の主義主張を優先したいと思いました
ごめんなさい

皆さんの投稿は見させてもらいます
今後も頑張られることを期待しております


またどこかで会うことがありましたらよろしくお願いします
 

rapppさん、どうされたのかな?出てこられないのだが?

 投稿者:青トマト  投稿日:2020年 7月 9日(木)23時39分22秒
  いやあ、私の身の周りでも生活環境が激変された人が結構おられまして。

ここ数日の気象変化による大被害にも心を痛めておりますが、どうなんでしょうねえ?

表には出さずとも不安感で一杯の人達は多いのでは。

突然に奇怪な言動を始める職業人とか、暴走車とか、まあ、私には驚く事ではありませんが。

という訳で、友人・知人の事は大いに心配して致して居る次第で御座います。
 

小池再選の有権者投票行動の思惑を分析する。考えていた通りの敗戦前年の国民意識というべきものだった。

 投稿者:青トマト  投稿日:2020年 7月 9日(木)23時26分28秒
  これは、下の前回投稿記事の続編と考えて下さい。

https://9123.teacup.com/uekusajiken/bbs/16939
小池圧勝?風の再選は、危機においての日本人の行動パターンが出た典型事例。不安になると外を見ずに肩を寄せ合って時の過ぎるのを待つ。

朝日新聞が7日(火曜日)に出してくれた出口調査からみた記事が大変に参考になりました。

まあ、これが全てを語ってる訳ではありません。それに、不正選挙の可能性も全く排除できるものではありませんが、この記事が報じる数字から、現在の都の有権者の意識が窺えるのです。

数字を読み解いて、それから後で今回の野党候補と支持者の運動の獲得した意味(今後に貢献するであろう、期待される意味)について語ろうと思います。

https://news.yahoo.co.jp/articles/de1d7d997d0cf594a87d012122143b651bc8c57f
小池氏再選、全年代から高い支持 女性の61%が支持 7/7(火) 11:08配信

上の記事を部分的に転載しながら、書き進めて行きます。

「すべての年代別の得票率で、小池氏が他候補を大きくリードした。(中略)
調査は5日に60投票所で実施し、2755人から有効回答を得た。
 小池氏への年代別の得票率をみると、70歳以上が65%と最も高く、10代の61%、50代の57%、60代の56%、20代の49%、30代の47%と、すべての年代で支持を受けていた。男女別の得票率では、女性の支持が61%で比較的厚かった。」

はあ、なるほど~。しかし、よく見て下さい。

この記事には40代の動向が抜けているのです。何故かな?

それに、過半数が小池支持ではない年代が複数いるのですよ。
それは、20代であり(51%が不支持)、30代であり(53%が不支持)、恐らく40代(太郎などのロスジェネ世代)では大きく不支持が上回っていて、この記事らしくまとめるには邪魔なデータだったのではないのか。

40代では、もしかして60%を不支持が超えていたのかも?

それに小池圧倒的支持とは言えない年代は、50代も60代も圧倒ではなく、拮抗なのです。

50代は43%が不支持、60代では44%が不支持であり、辛うじて過半数が支持なのです。

これ、大変な事ですよ。大変に意味深いのです。

支持が大きかった世代は70歳以上(35%が不支持)と10代(39%が不支持)だけです。

御老人達と少年少女達なのです。

私は、もっと圧倒的に小池支持が制していたか?と考えてもいたのですが、意外にも、有権者達は好く考えて投票していたのですね。

何故、老人世代と少年世代は、保守というより公権力に「寄り添い行動」を採るかというと意味があるのです。

夫々の内容は異なるが弱者だからなのです。

御老人達は世間に頼らなければ生きて行けない。だから大きなものに「寄り添う」のです。

疑問を持てば、自分でしんどい方針を立てなければなりません。そのように生きる事は難しいでしょう。

少年世代は純心であり、未だ自力での生活力を確保していない個体なので、思想的にも行動的にも大きな公権力に寄り添わなければ、自分の立ち位置が確保出来ないのです。

終戦直前まで愛国少年少女だった世代は徴兵を受ける前までの少年達だったのです。

神州不滅を信じていて疑問を持たなかったのですが、これは未だ自己判断が出来ない世代だったからです。

小池不支持票はあちこちに散らばったでしょう。

しかし、この不支持票は小池都政への疑問票であり、自立性が高い意志を示すものです。

棄権票も無視してはいけないのです。非積極的行動での小池支持での棄権もあったでしょうし、

非積極的行動での小池不支持の棄権もあったでしょう。自民と公明が小池支持に囲った者達を駆り立てても、まあ、実態はこんなものだったのです。

以上を見て、私は今回の選挙結果に、都民の来年以降の運命に希望を見出したのです。

御目出度い奴と笑わないでくださいね。いや、勝手に笑いたい人は笑って下さい(苦笑)。

都民の動向は国民の動向とさほど違わないでしょう。

先の投稿で書いたように、来年には第二次トランプ政権下で米国バブル経済が本格的に弾けて、追随してきた日本経済も大混乱的不況に向かうでしょう。

もう、小池だのアベ自民だのやがて吹っ飛びますよ。五輪がどうなろうとね。そんなの小さいんだ。

つまり、昭和20年八月敗戦後の混乱の再到来だ。

その時に、働く世代が少しでも多くの心の自由を持っていないと日本の再復活が大変に難しいのですよ。

ところがです! 20代の51%が小池無視、30代の53%が無視、40代は大きく無視だろう(朝日は何故か数字を出していない)、50代だって60代だって半数に近く小池無視なんだ。

これは、危機が現実化したって受け止められるということなんだよ!やれるんだよ!

このように読み取れるんだ!

何やら、山本太郎の足もとで大西つねき問題なんかを内ゲバ的に叩き合ってるなんて、奇妙に元気が良いちうか?まあ、馬鹿な奴等は後を絶たんわ。

連合赤軍や革マル中核の殺し合いとかの内ゲバとか総括とかの昔の馬鹿馬鹿しさを思い出すわ。

程度低いぜよ。自民より知能低いと見られてるよ、君達は。

要するに、結論として、

今回の都知事選で各候補者の放った運動が都民の都政意識を高めて、近未来の都政と国政の激動的高波の襲来に日本国民が大きく波乗り出来る心の準備を備える事が出来たという意味があったんだよ。

これを読んで解からん奴等は勝手に笑え。相手にならんわ。
 

小池の先は石原慎太郎。国政の舵取りには役立たんから、アベと同類。壊し屋の維新に骨を拾わせるのでは。大西つねきさん発言はれい新叩きには好都合だろうが、叩く奴等はつまらん。

 投稿者:青トマト  投稿日:2020年 7月 9日(木)03時53分4秒
  あのつねきと言う人なんだが、いつも白のTシャツ。熱くても寒くても! 外資でもこんな姿で勤務してたのか?と思ったが、まあ、そんな人物た。

だから、デリカシーに欠ける奴なんだろう。しかし、経済論には通じている筈で人にも情けはある筈で、それが彼の経済理論のベースの筈た。

いつも白Tシャツでは世間に通用せんよ、あをた。馬鹿だな。

それに食らいつく金子とかリュウサクとかは、小池再選に落胆したはけ口を大西の背景の太郎に求めてる。

こいつらは実にくだらん。

大西は飾り気のない鈍感な奴なんだ。

まあ、金子勝と田中リュウサクと同類た。

あいつら二人よりはマトモだろうよ。

 

小池がまいた種を小池が刈り取る運命、当たり前の出来事ですよ。都知事選の結果・総括。アベジミントウも同じ。

 投稿者:青トマト  投稿日:2020年 7月 8日(水)15時27分23秒
  小池を再選させた票は、今までの小池都政が造りだしたものです。

そのマズサさを他人様に是正してもらうのは世間常識の筋ではありません。

とても当たり前の動きなのです。

今回、小池に投じてない人は前回も投じてないはずです。

都知事選は来年未来を暗示したのです。

政治とはそのようなもので、その時々の結果ではありません。

でも、判らんかもね。それも止むをえんだろう。
 

都知事選で野党支持した人達のいくつかのユーチューブ画像を見て驚いたのは、まるで安保騒動の挫折体験のような気分のものが主流で、一言で言って、「何ピント外れ言ってんだ」の思い。

 投稿者:青トマト  投稿日:2020年 7月 8日(水)04時03分5秒
  60年と70年の安保騒動を見て来て、彼らインテリには日本の政治の将来を担えないと考えてきて、自分独自での認識とモデル論理を造りだそうと考えて生きてきた。

その結果、私には挫折はない。


挫折なんてのは間違った認識で行動するから、体験する事であり、下手なドライバーが事故るのに等しい。


太郎も宇都宮も、挫折感なんかないと思うよ。それぞれの違いはあっても、
 

小池圧勝?風の再選は、危機においての日本人の行動パターンが出た典型事例。不安になると外を見ずに肩を寄せ合って時の過ぎるのを待つ。

 投稿者:青トマト  投稿日:2020年 7月 8日(水)02時54分24秒
  だから、変化なんて怖くて想像すら出来ません。

不気味なんです。そして苦しいんです。コロナが。経済困窮が。

それで都の自民党が小池に寄り添いました。


もう大多数の都民は、宇都宮や太郎の言う言葉なんか耳に入りません。

何を言ってるのかサッパリわからないのです。

これは、終戦直前の日本と同じです。

攻めてくる米軍が怖いをです。爆撃してくるB29が怖いんです。

町内会と在郷軍人の自民団が「小池先生の回りに集まれー」と号令をかけ、従ったみんなは食べ物にも着る物にも家にも困りました。

ただ、早く敗戦に備えようと叫んだ人達とそれに呼応した三分の一程の人達は、敗戦に慌てる事なく、直ぐに流れに乗って行けました。

まあ、こう言う訳でして、日本はオカミが不都合の真実を隠して多数国民は考えないから、変化が地震や火山のように表れて右往左往します。

敗戦は来年に突然に来て、大多数都民には備えがありません。

上に立ってる人達が戦況を見えず綴じ込もったからです。

日本人には予測が苦手なので、焼け跡の救助方を考えて準備してあげる必要があります。

部分的にも危機対応が自分で出来てるかなりの人がいる事は心強いですね。

では、おやすみなさい。
 

/226