<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL


ピースフル・ファミリーのインペリアル・サセッション(継承)の整列の途中に強引に、ミリタリスティック・エンペラーを「割り込ませよう」としています。

 投稿者:青トマト  投稿日:2022年 1月17日(月)02時10分37秒
  受験では、裏口入学が密かに実現できます。

しかし、エンペラーのサセッションは公の目に晒されているので、裏口継承は出来ません。

古代律令制成立前後とか鎌倉幕府とか室町幕府の時代であれば、島流しとか暗殺もやれたでしょうが(明治維新でも疑われているが)、現在では開かれ過ぎていて身勝手な行いが難しいので、マスコミを動員して大衆の心に訴えて騙して誘導する方法が使われるのです。

さて、インペリアル・ハウスホールドは全員の皆様が平和主義であり軍国主義は皆無です。

そして、次の二代に亘ってマン・エンペラーが決まっています。

それで、恐らく、カレント・エンペラーの次に、列を乱す「割り込み」をさせて、平和主義を絶ちたいのでしょう。

カレント・エンペラーの次の秋篠ファミリーが続く事が我慢ならないのだろう。

今まで、マスコミを動員してインペリアル・ハウスホールドの人権を無きものとして扱ってきた。

昨年には、プリンセスの人権を無きものとして扱ってきた。

今また、成人されたプリンセスの人権を無視して、伴侶選びの自由を束縛しようと計り、「君はウーマン・エンペラーになれ!」とか、でっちあげて「国民がウーマン・エンペラーを望んでいる。秋篠ファミリーからではなく、君をだ。」等と架空記事を扇動して戦意高揚の軍国体制の如くラッパを吹きまくっている。

特に純真な女性達を扇動している。

北条政子のようなウーマン・エンペラーを女権拡張として現代女性は望むだろうか?

余談だが、私の青年時代に女学生のなかに北条政子を男社会で気を吐いた女性として憧れて評価していた人達が複数いたのだが、私は、当時は男尊女卑がまだ濃厚に残っていた時だったので、それへの反発気分であろうと推測していた。政子に憧れていたのだ。でも、私には友人の母親達のように政子が見えて好きにならなかった。彼女達は友人達に勉強を強いて尻を叩いていた。「お父さんより偉い人になりなさい」と口癖で言っていた。「あんたのようになるだろうさ。国を潰すだろうさ。あんたのようにだ。」と見ながら呟いていた。

北条政子自身は関東武士を凌ぐ野心家であり源頼朝の玉の輿に乗った気分の上昇指向であったのだろう。玉の輿が彼女の武器であり関東武士達のように腕っ節が武器だったのではない。

後鳥羽上皇の鎌倉討伐の指令は、彼女には転がってきた政治権力すなわち玉の輿がたたき壊される恐怖な出来事と認識して、配下の男ども関東武士達に「頼朝の御恩」とヒステリックに金切り声をあげたのではないのか! 頼朝ではなく、北条の自分の権力地位を言いたかったのだろう。

熟女チア・リーダーの血相を変えた色気じみたアジテーションに荒くれ反則いとわずのスポーツ選手の如き関東武士達は、都の気に入らない貴族どもの鼻をへし折ってやるぜ!と突進したのだろう。利権の欲望丸だしで。

ママゴンに息子二人は悲惨に散ってしまった後での出来事だ。

横道に逸れたが、成人されたプリンスをエンペラーにつけたいのであれば、今後十年以内を勝負時と考えているのだろう。

そして、秋篠ファミリーは次には排除して、ウーマン・エンペラーが独身のままでもよいとして、また、好都合の伴侶を押し付けてもよいと考えているのだろう。

現在は強固に列が決まっているから、割り込みは出来ない。それで典範を強引に憲法改悪のように変えて、ピースフル・ファミリーを追放したいと考えているのだろう。

無茶をやろうとしているのだ。その主体の運命は本人達の破滅だろう。

それにしてもまあ、尊敬の念も自然宇宙への畏敬の念も無い有様に呆れ果てる。

野心家や軍国主義者にとっては、日本国の最大の邪魔者はピースフル・ハウスホールドであることが明らかであることが解る出来事だ。

日本国民はこいつらに舐められている。
 

ワクチン

 投稿者:風太  投稿日:2022年 1月16日(日)15時00分31秒
  私は専門家でもないので、万全な事は言えないのですが、ネットなどで流される情報をみれば、反ワクチン派と称する人たちが主張するお話の殆どは、低レベルの非科学的なものばかりではというのが感想です。

やれmRNAワクチンで接種者の遺伝子が組み替えられるとか、他にも色んなものがありますが、それを一応科学の世界にいる人たちまでが声高らかに堂々と喧伝している。

しかしもし本当にそんなものだったとしたら、こうして世界中で各大学や研究機関の厳しい注目の中、各国で使われることなどありえないという常識が、彼らの中にないのでしょうか。


そんなものをWHOが推奨し、各国で接種が行われるなどありえないことです。

多くのまともな研究者から、当然ながら反対の声が出てくることになり、世界的な科学誌が即疑義を提唱するでしょう。

それが民主主義社会の強みであり、だからこそ我々はいま、少しは安心して個々の検証なしに生きていられるのです。

科学の世界からの疑義がないのは、一応理論的には正しいものであり、さらには研究開発にはすでに30年余りの年月を要しているからです。

この間多くの最先端の科学者が、この方式のワクチンについての検証を行ってきたわけで、それでも否定されずに研究が継続し続けてこられたのは、そこに理論的な正しさがあったからです。

そもそもこのワクチン、新型インフルエンザやSARSやMERSの流行時には研究に着手していたのですね。

そしてエボラの時には試用されていたのです。

だからこそ研究の積み重ねや一定の実績もあった為に、今回の新型コロナ流行期には、迷うことなく対応するワクチンが1年で承認された事にもなります。


ただしこのワクチンにも、これから長期にわたり使用されていくためには、長期的な視点での副反応が出現するかもしれないなど、問題点が残ります。

又、私は今現在も、ワクチン接種後の副反応への対応で、接種後の副反応の内、本当に厳しい後遺症に悩まされている方への救済が、ほぼなされていない現状に危惧しています。

ワクチンが原因なのか、それともほかの原因で起きたものなのかの証明は、事実上不可能なものだからです。

だからこそ一定の条件をもって、その条件に当てはまる場合はすべて補償の対象にするべきであり、その条件は、各分野の専門家を総動員し、情報をガラス張りにして決定するべきと考えています。

しかし、現状は何も対応しないまま、ただただ安全性ばかり強調され、結果的に被害かもしれないものが放置され続けているわけです。

こうなると一部の似非専門家連中が出てきて、インチキ理論を素人な我々一般国民にばらまいて、混乱に拍車をかける事にもなります。


21世紀はウイルスと人類の競合の時代になると考えています。

地球の気候変動で、今まで氷の中で眠っていたウイルスが、再び出現してくる可能性もあります。

そういう時に対応する手段として、ごく短期間で直ちに対応製造可能なこのmRNAワクチンは、有効な手段になることは間違いないと思います。

私はこの副反応の問題、長期的な視点での副作用の問題は、避けて通らないで積極的に向き合うべき問題だと思っています。

そしてそういう意味でも、インチキ科学を繰り出す似非専門家や商売人たちには、大変腹が立っているわけです。

そしてこういう輩に多くの国民が惑わされないためにも、政府厚労省は、もっと正確な情報を国民に開示するべきと思っています。

なおざりな形式だけの情報開示では、似非専門家やペテン師たちを蔓延らせるだけであると思います。


またもっと突っ込んで言わせてもらうと、仮にこのワクチンにその後重大な問題点が見つかり使用不可になった場合、これからのウイルス感染症対策をどうするのかも考えないといけないわけです。

新型コロナウイルスの様な変異を繰り返す厄介なウイルスに対応するのに、自己免疫の強化論などというものでは、役立ちませんからね。

日本の様な高齢社会で、基礎疾患のあるかたが多い国では、そんなことでは多くの人が犠牲になるばかりです。


又例えば新薬開発にしても、日本の製薬会社はトップの武田ですら、湘南にあった大規模な最新の研究施設を、非効率的などの理由で解体させられてしまっています。

各大学等の研究機関も、予算不足で機能不全のところが多くあります。

政府厚労省がいざとなったら海外から金で買えばよいというスタンスですから、まともな戦略など何もないのが現状です。


私にはそっちの方が今一番懸念する問題です。

いったいどうするのでしょうか、何も考えていないのだろうな、おそらく、無責任なその場しのぎもご都合主義の人たちばかりだから。
 

この違いってなに…? 米軍、日本出国時はコロナ検査していた

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2022年 1月15日(土)03時39分18秒
  この違いってなに…? 米軍、日本出国時はコロナ検査していた
沖縄タイムス社 2022/01/14 13:55

 在日米軍が米国などから日本に入国する前に新型コロナウイルス感染症の検査をしていなかった時期、日本から米国への出国の際は感染検査をしていたことが13日までに分かった。

 日米地位協定により、海外から在日米軍基地に直接入る場合、米兵は日本側の検疫が適用されない。


という事で御座いますが、どう解釈するのが正しい答えなのでしょうか? 100点を取る答えが出せそうもありませんねえ。

地位協定を適用すれば、日本国内の基地に入るときには、米国内の空間と同じであるから検査は要らない。

という事でしょうが、しかしですよ、

日本国内の米国内空間である米軍基地から、米国本土に行くのであれば、同じ国内空間であるから検査は要らない、のではないでしょうかねえ。

でも、そうなっていないね。

韓国へ入るときは検査していたとのこと。韓国は外国ですからねえ。

でも、米国内は外国ではないよねえ。だったら、米軍基地から米国内に入るときはノー検査でいいんではねえのかい?

でも、そうなってない、という事は、米国内にとっては、在日米軍基地は外国扱いなんだ。

へー? 解んねえな、俺ら勉強苦手だから高等数学なんか解けねえよ。

うーん、悪い頭で無理に考えてみると、

在日米軍基地は米国内にとっては「外地(外国のようなもの)」なんだな。

韓国にとっても在日米軍基地は外地なんだ。

でも、日本国は外地ですらないということなんだろうな。基地は外地だが日本国は外地でない! 日本全体が米軍基地のようなものなんだろうね! 基地の外は外地とな見ていないんだ。

外地でない、とは単なる基地のある島ということか!

外地でないとは、国でないってどういうことだろうな。 猿ケ島か? まあ、そんなもんか。

国でなければ人が住んでるわけではない。只の島だ。島の中に人がいる? いや、人でない人に似た動物がいるという事だな。猿でなくて動物でなければ奴隷なんだろうな。

もうつまりは、人とか国とか、そんなもの無いんだんべ。奴隷の島だ。または人のような動物が居る島だ。

国でも人でもなければ、それなら検査なんて要らんだろう、という事だな。 眼中にないんだ。

こんな答案でよろしいでしょうか? 零点ですか? 50点ですか? 落第ですか?

 

植草先生がまたまた痛い所を突かれています。反国民的政府にとっては厄介な人でしょう。しかし、正義の人なのです。「コロナより怖い惑珍」。

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2022年 1月15日(土)03時05分13秒
  冤罪性犯罪で先生の学者生命を絶ったつもりでいるだろうが、鎌倉幕府のように気に入らない人物を島流しにすることは出来ない。

まあ、マスコミや政府が只で提供する惑珍とやらを在り難くお受けする人達においては、「あの犯罪認定された植草という人のいう事では信用ならん」と考えたり言ったりしてもおかしくはない。しかし、只酒ほど怖いものは無い。後でしっかりと利子を付けた支払いを強要されるものだからだ。

消費税増税を繰り返す奴らが、只でサービスを提供するなんて、旨い話はありませんよ。
必ず見返りが計算されて予定されているのです。

私は買収されない。企業にも政府にもマスコミにも買収されない。

デマの見分け方を教えてやろう。当人にとって利益が転がり込むであろう情報を流す奴はデマゴーグだ。当人にとって利益なんか何も出ない情報を流す人は正直であり、流す情報は正しい傾向が濃厚だ。

私はいつもワリカンで通しています。ワリカンまたは寄付。これなんです。只酒をねだったことは一度もありません。悪酔いしそうであり二日酔いでは済まなくなる。

でも、私達は植草先生を無実の罪に嵌めたと知っている。だから、先生の言われることを信用する。真実の人だからだ。


http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2022/01/post-579012.html
2022年1月14日 (金)
コロナよりはるかに怖いワクチン


膨大な接種後急死者、接種後重篤化者が存在すると考えられる。

日本の死者数が2021年は激増した。

1~9月累計で一昨年比6万人も死者が多い。

新型コロナワクチンを危険だと判断するのが常識的な判断だと言える。



米最高裁 「100人以上企業のワクチン接種義務化」認めず バイデン大統領「最高裁に失望」
FNNプライムオンライン 2022/01/14 09:07

バイデン政府は、去年9月、新型コロナウイルス対策として100人以上の従業員がいる企業に対し、ワクチンの接種か毎週のウイルス検査を義務づけると発表していたが、これに反発する知事らが執行停止を求め、政府を提訴していた。


https://www.hanwakukikin.jp/
反ワクチン訴訟

ワクチン副作用状況
information of side affect
令和3年12月24日現在 厚生労働省発表

死者数
1,431人
重篤者数
6,146人
副作用数
30,206人


米国は「ワクチン内戦」といった有様です。フランスも同じでしょう。
 

3回目ワクチン接種済みの仏保健相がコロナ感染。「感染を防ぐ事は出来ない」と言っていたそうです。自ら実験台に?まさか!

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2022年 1月14日(金)02時16分36秒
  日本政府も三回接種を叫んでいますが、感染を防ぐことは出来ない事を、なんと、あのマクロン大統領(オミクロンに似た名前?)の部下の保健相が証明してくれました。

で?重症化は本当に防げるんですか? どうやってそれを証明するんですか?

植草先生は今回のワクチンは危険であると語っておられます。

反ワクチン訴訟が起こされている事を私は知りませんでした。

マスコミ報道では見当たりませんでしたね。

不都合なのでしょうね。

メディアでは盛んにオミクロン感染が増えていると空襲警報のサイレンのように喚き散らしていますが、三回接種でも感染防げないなら、接種しても感染拡大は当たり前だから、喚き散らす事は止めて、感染数だけを毎日発表すればよいのではないでしょうか。

感染が増えるから三回接種しろったって、しても増えるし、また、重症化防ぐために接種しろったって、オミクロン株は重症化しないんではないですか。どういう意味があるんですか?

それに、重症化阻止の効き目が証明されてないでしょ。

それよりも得体が知れなくて危険なのではないですか?

まあ、このフランスの保健相さんの今後の経過に注目しましょう。

おそらく重症化しないんじゃないのか? オミクロン株は重症化しないとのことだから、打っても打たなくても同じだったのではないのか?

それよりも薬害の方を心配した方がよいのかもしれない。この保健相さんは。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d7e1d3f190a9c8e511749f911ff04c7f0538c940
仏保健相がコロナ感染 3回目ワクチン接種済み
1/13(木) 23:31配信

ベラン氏はツイッターに「遠隔で職務を続ける」と投稿した。同氏はこれまで、ワクチンで「感染を防ぐことはできないが、重症化は防げる」と接種を呼び掛けていた。

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2022/01/post-d4e046.html
2022年1月13日 (木)
五大政策課題と反ワクチン訴訟

ワクチンのリスクを重視してワクチン接種を忌避することは憲法が保障する幸福追求の権利として保障されねばならない。

多くの弁護士会が意見表明している。

1月13日に反ワクチン訴訟第2回口頭弁論期日があった。

 

「平和主義のインペリアル・ハウスホールドは目障りだ。島流しにして別の戦争できるエンペラーを出そう」と画策。

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2022年 1月13日(木)01時25分5秒
  善男善女のリベラル志向の心をくすぐって、平和主義のインペリアル・ハウスホールドからエンペラーの地位を奪い取ろうとの超反逆陰謀が起きているようです。

一方で、ミリタリズム・エンペラーに成ることを拒否しない元インペリアル・ファミリーを養子縁組させて突入させる方法も同時進行で進めているようです。

今のところは有識者会議が結論を用心して先送りしているので火がついていませんが、数年先には心配です。

と言うのは、Emperor Emeritus が御高齢であり、御寿命が心配となる時が数年先に訪れる可能性があり、良からぬ波風を起こしたい連中は、その時を狙っている可能性があるのです。

「両統迭立と言う言葉をご存じでしょうか?

これは南北朝動乱を準備した出来事なのですが、この事の遠因は後鳥羽上皇の起こされた承久の乱にあります。

この乱に敗れた後鳥羽上皇は隠岐島へ流され、そこで生涯を終えられました。暗殺に等しいものです。敬意を払うという姿勢なんかなく乱暴丸出しの姿です。

その後、エンペラーの就任には鎌倉幕府が大きく口出しをすることとなり、両統迭立が発生し、インペリアル・ハウスホールドは分裂。

後醍醐エンペラーの討幕運動の敗北となる南北朝時代を生んだのですが、この後鳥羽上皇からはじまる一連の事件が、今後において発生させられる危険性があります。

バイデン政権が対中国軍事緊張を高めて来ているのに呼応して、日本のかつての軍国主義時代を懐かしく思い、利権復活を夢見る安倍晋三を頂点とする無反省右派グループが平和主義のインペリアル・ハウスホールドを追放したいと考えているでしょう。

戦前においては、「インペリアル・ハウスホールド自律主義」となっていて国会は口出し出来なかったのです。

しかし、現行憲法においては、国会がインペリアル・ハウスホールド・ロウを変える事が出来る事になっています。

要するに、国民の側が口出し出来る訳であり、何もわからない国民達であっても、このロウを変更して下剋上的に命ずる事が理論上は可能となっているのです。

それで、悪質マスコミが平和主義家族への悪イメージを国民に植え付けて、ロウの変更を目指していると考えられます。

尤も、ロウが決められたって、御家族がお聞きになる必要はないと考えられ、無視されればよいわけですが、悪人どもが罰則なんかを付ける(強制する)までに至らせる勇気は今のところは無いでしょう。

立ち上がって発展途上の最盛期だった鎌倉幕府が後鳥羽上皇の決起に対して、「俺らのやる事に口出しするな。ええい、邪魔だ。島流しにしてやる。」として、地方軍閥の有様で成り上がり者の欲望丸出しで暴れた情勢下と現在の日本の状況は全く異なっているので、善男善女の大多数の日本と言えども、歴史的に衰退して残党と言えども「落ち目」の戦前復活主義者たちが鎌倉幕府のようなエネルギーを持ち合わせていないでしょう。

しかし、インペリアル・ファミリーにしつこく言論テロを繰り返して分裂させようと図り、国民との間にも亀裂を深めようと図るでしょう。

参考。

https://manareki.com/ryototeturitu
両統迭立とは?わかりやすく紹介!【大覚寺統と持明院統に分かれた理由を探る】

https://benesse.jp/contents/history/joukyunoran/
承久の乱とは?|起こった理由や経緯と鎌倉北条氏の台頭について解説

https://rekisiru.com/10444
後鳥羽・エンペラー・エメリタス

蛇足ですが、NHK大河ドラマで鎌倉幕府と13人衆が始まりました。

執権をやって猛威を振るった関東平氏の北条氏と北条政子の心理を色々と考えましたね。

当時の関東武士団の有様は乱暴で暴力抗争に似ていますが、そして、政子というママゴンのようで成り上がり辣腕女性経営者のような人物。

考えてみると、あの頼朝が流された地域があの伊豆でなければ、あの地域の武士団の抗争も無かったでしょう。

頼朝が他の地域に流されたら、その地域の武士団が抗争したでしょうね。

要はですよ! 降ってわいた、自分達の力量で得た権力獲得のチャンスではなく、頼朝という宝石が偶然に転がってきて、田舎者の腕自慢の顔役達が全国を束ねる政治権力が突然に目の前に登場したので、目がくらんで奪い合いの内部抗争をやったということでしょう。そして、手に入ったら、宝石は役割が終わって邪魔になったんだ。それで、頼朝から三代で断たれた訳だ。欲に目が眩むとはこのことだ。成り上がり者達の知性なんか見られない暴力優先の姿だ。実朝が消えるのは当然だったろう。

明治維新をやらかした公家や外様大名家の下級武士達の暴力的で粗暴で知性の感じられない行いによく似ている。

政治体制は遂行者達の品位と知性が出来のよさを決めてしまう。

 

二代先まで決まっている事に横槍を入れる必要は全くありません。

 投稿者:青トマト  投稿日:2022年 1月12日(水)05時38分34秒
  横槍を敢えて入れるのは、面白くないからか自分に取って不都合な連中の思惑によるものでしょう。

必要な時にはファミリー内でトップがお決めになります。

それで万事が上手く行くようになっているのです。

Hプリンスが誕生されたのは当時のエンペラーの思惑に相応しい出来事が起きたということです。

古代律令制成立時代の混乱、ウーマンエンペラーの何人もの登場とか道鏡事件の記憶も参考にされていて、小泉首相の危険な口出しにも警戒されていたと考えます。

その上で、二代先まで決まった事です。二代後のその後の事は、その時になればトップが最高の道をお決めになります。

国民が心配する必要はないし、ファミリーに口出ししてはいけないのです。

あんた達の家族じゃないでしょう。君達の娘なのか?息子か?

違うだろう。何の資格と権利があって言えるのか? 税金云々言うのならば、NHK受信料不払いのように税金から引いて貰えよ。

失礼だよ。全く。恥を知れ!!
 

風太さんのご指摘通りであり、大変に危険です。挟み撃ちしようとしている。

 投稿者:青トマト  投稿日:2022年 1月12日(水)05時13分16秒
  悪質ですね。国民の側に立つと偽装してのマスコミによる誘導です。

しかも、しつこい。

安倍晋三の軍国日本への誘導と連動してるんでしょうね。

大元帥ウーマンエンペラーを出したい。いやあ、大室虎之助やら熊沢エンペラーやら、そのたぐいの話しになってきて堕落してきています。

要するに揺さぶりたいのです。ひな人形であって欲しいのです。

鎌倉幕府や室町幕府の有様に持って行きたいのでしょうね。罰が当たるでしょう。

鎌倉幕府がやらかした両統テイ立に分裂させたいのかも知れません。

国民にはリベラルな甘い味を宣伝して野心的戦前回帰派には頑迷頭を満足させたいのであり、

それに好都合なのが、野心家に不都合な秋篠ファミリーではないプリンセスをウーマンエンペラーに据える事でしょうね。その際、独身でも構わないと考えているのではないのか?

古代の律令制が固まる過程でウーマンエンペラーが何人か出されましたが、彼女等が指導性を発揮したのではなく、操り安いので立てられたと考えられます。言いなりだったのでしょう。その下で野心家達が闘争して戦いと混乱が続き、大寺院や大仏が立てられて、人民が中国の唐帝国のように支配されたのです。

結果、奈良の都は見捨てられて、平安遷都となったのです。

律令制と、当時の正史である日本書紀と古事記は一時の歴史的意味しかないのです。

明治憲法が歴史的遺物であるのと同じです。

善良な国民を操るマスコミは戦犯的に悪質です。国家破壊活動です。

言論テロと言ってよい。
 

愛子天皇待望論を演出する右派系のメディア

 投稿者:風太  投稿日:2022年 1月11日(火)10時38分49秒
  「愛子天皇」待望論と20代以下の「男系男子」のいる「4つの旧宮家」復帰シナリオの実現度
https://news.yahoo.co.jp/articles/20f940783daee573eab3d095ff761f4fb15b7585

この記事は過去に出された新潮の記事の焼き直しの様ですが、ここにきて再びぶつけてきた理由は、この記事を読めばよくわかります。

この企ての為に、今まで皇室を守るための方策を行わずに無策を続けてきたことになります。

旧宮家から天皇の系図を作り直すという形で、右派の狙いを実現しようというのでしょう。

と同時にこれは上皇陛下の築かれた平和国家日本という本来の正道を、再び維新天皇制という異質な道へ強引に捻じ曲げることになります。

その為に宮家の名誉をあそこまで毀損し続ける。

とんでもない話だと思います。


 

「在日米軍のオミクロン有事」は、即「日本国のオミクロン有事」!?。オミゴト!?

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2022年 1月 9日(日)03時29分4秒
  安倍晋三さん(かつての首相)は、今では只の議員になって気が楽になったのか? それとも、バイデンさんに売り込みたい?(もう一度、僕ちゃんを使ってよ、と言いたいのか?)、

よく解りませんが、危ない発言をしました。「台湾有事は日本の有事だ!」と。

台湾有事となれば、在日米軍基地にミサイルが飛んでくるかもしれませんねえ。

尖閣なんかを取る事よりも、在日米軍基地を叩く事をゆうせんするでしょうね、中国は。もっともあり得ませんよ。中国にとってメリットは無いし、バイデンさんは耄碌爺さんでオムツを使用してるかも? そんな人に戦争なんか出来ません。米国人は、そんな不安定な人に戦争なんかやらせませんよ。何をお漏らしするか判らないから危険なんです。

しかし、もしもですよ台湾有事となれば、尖閣とか沖縄よりも在日米軍基地が真っ先に危険でしょう。

で、安倍さんは、「日本は在日米軍基地防衛に日本国も参加せよ」と言いたいのかな?

中国と台湾・米国の緊張をそのまま認めて、日本が緊張緩和に努める事なんかは問題外と言いたいのでしょうね。

それはさておき、安倍さんの言葉を参考に考えてみると、オミクロン株の日本での蔓延に米軍基地が果たした役割は大きいですねえ。

在日米軍基地がオミクロン株に攻撃されました。そうしたら、即、日本国もオミクロン株に攻撃されました。という事。連鎖反応の感染で。

オミゴト!日米安全保障条約! オミクロンミサイルが米軍基地に落ちたら、即、日本にも落ちた(燃え広がった)という事。


「在日米軍のオミクロン有事」は、即「日本国のオミクロン有事」!?。オミゴト日米安全保障条約!? 固い絆ですねえ!

安倍さんの言いたかったことは? もしかして? 「台湾問題」ではなくて、「オミクロン株問題」だった? そんな複雑な思考は彼には似合わないか? そうだよね。

では、日本は「非核三原則」のように「非コロナ三原則」を堅持する政治を目指しましょうよ。

「コロナ・オミクロンを持たず。発生させず。持ち込ませず。」です。

自らも持たず、発生させず、米軍に持ち込ませず、です。

安倍さんは、台湾有事は在日米軍有事であり日本の有事である、と言ってるのですから、在日米軍オミクロン感染は、即、日本国オミクロン感染、と認めているでしょうね。

「日本防衛の為には、一定の感染は容認さるべし!」とでも思ってるのでしょうか?

いやあ、米国の金融会社では、ワクチン打たなければ首!なんて言うところが出てきました。

ワクチン未接種者は解雇=米シティ、金融界で初―報道
2022/01/08 08:58(時事通信)

未接種者の解雇に踏み切るのは初めてという。

接種して感染したら、どう扱うのでしょうかね?

それでOKと考えてるのでしょうね。要らないんだ、多くの人材が。そういう事なんだろうね。

これは、植草先生の御指摘の「特攻命令」かも? 米国が日本より一足先に国民に特攻命令ではないのか。社員に特攻を命ずる?か。

日本でも、真似るアホな胡散臭い会社が出てくるかも?

植草先生が指摘されました。もしかして? オミクロンよりもワクチンが重症化と死亡の危険性が高いのかも。

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2022/01/post-5a88ea.html
2022年1月 8日 (土)
リスクが大きすぎのコロナワクチン

「命を落とすことは忍びないがお国のために特攻してくれ」

と同じ。

「個人は犠牲になるかも知れないがお国のために接種せよ」

というもの。

ワクチンリスクは大きすぎる。

昨年11月26日時点でワクチン接種後急死者が1387人報告されている。
 

オミクロン対策

 投稿者:風太  投稿日:2022年 1月 7日(金)17時20分37秒
  オミクロン対策は、デルタ種とは全く異なる事になりそうです。

なぜならばオミクロンは感染力はけた違いに大きく、しかし殆どは上部気管でウイルスが留まるために、肺炎などによる重症化が少ないという背景があります。

ただし感染者は拡大し続けるので、経口薬の迅速投与の為にも、その判別を迅速に行う必要があり、対して日本の場合検査体制が脆弱なままという問題があります。

岸田総理は、PCR検査に前向きなのですが、いまだに厚労省が足かせ状態ですね。

今更検査体制の急拡大は不可能なので、今後はその点が非常に懸念されるところです。


しかし、オミクロンは南アではすでに終息に向かっているという説もあります、それが事実ならば春までにはなんとかなるかもしれません。

ただオミクロンは健康な人には軽症でも、高齢者や持病もちにも軽症のままだというエビデンスはまだありません。

そして南アと日本では、年齢別の人口比率が大分異なるのです。

そんな中でも一部の経済至上主義の人たちは、相変わらず直ちに感染対策を止めるべきと騒いでいますが、やはり医療の対応は重要です。

ワクチンはすでにウイルスが相当に変異を繰り返しているので、効果は限定的になっています。

しかしそれでもある程度の効果は期待できるエビデンスがあるわけで、私は3回目の接種については、高齢者や持病のある人対応で急ぐべきと思います。


あとこれは阪大で治験が進んでいる対策ですが、外出時、特に飲食前に口腔内の消毒をすることで感染を防ぐ対策は、オミクロンの場合、かなりの効果が期待できるのではと考えています。

歯科で普通に使われている口腔内消毒の為の高濃度次亜塩素酸水をお店で用意しておき、外食前に使う事で感染を阻止するというやり方です。

これで一時間程度は感染防止の効果を期待できるようです。

まだ専用液が市販されるまでには至っていませんが、それでも個人的には市販されている口腔内の消毒液スプレーなどでも代用できたらと考えています。

これと店内の空気清浄機の活用で、飲食店内等での感染対策が可能ならば、経済対策で役立たせることができます。


今はそんなこんなで、この時期を乗り切るしかないのではと、考えています。

 

創世記において、ノアの時代に大雨が降って大洪水が起こった理由は何なのか? 勿論、神の意思と論じてはいるのだが。

 投稿者:青トマト  投稿日:2022年 1月 6日(木)03時33分13秒
  洪水以前に、ノアの居住地域では文明が栄えていたと考えられるが、メソポタミヤの伝説で似たものがあるから、その話をベースにしたと考えられる。

信仰を促進する戒め話を書いたと考えるので、あまり詮索しなくてよいと考える。

単に大雨だけが降る事は考えられないのでありが、チグリスとユーフラテスの二つの大河がアララット山の麓辺りから流れ出る地域で大雨が降れば、大洪水となり、この二つの大河により潤っていた地域は壊滅しただろう。

潤っていれば道徳は爛熟により退廃し人心は傲慢となっていただろう。

見易い有様だ。

米国と欧州と日本の退廃とおなじだ。

ノアの記述はユダヤの信仰の為であり、自然現象の説明ではないから、理由の説明はない。

何の理由もなく大雨が降り続く筈がないのだから、大気中に水分が上がって降り注いだ理由があるはずだ。それは地球の温暖化だろう。

地球が動きを活発化させたのだ。太陽が活発に動いたからだ。広い意味で神則ち太陽が働いたからだ。

神則ち太陽の動きに人が背いたとの説は広く考えれば間違ってはいない。

ユダヤ人の信仰を促進するためのノア箱船話しであろうが、気象としては地震、火山、地殻変動が世界的規模では同時進行していたであろうと思う。
 

地球温暖化問題。なんと! 古代のジンム・エンペラーの登場の切っ掛けだったようなのです。

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2022年 1月 6日(木)01時22分47秒
  ジンム・エンペラーと言えば、戦前において日本では聖書扱いされていて、疑うな!丸ごと信じよう!なんていわれていた「コジキ」と「ニホンショキ」にて主人公扱いヒーロー扱いされている伝説的人物なのですが、

どうにも私は子供のころから、「怪しい」と思ってきていて、それは、この二書について思ってきていることなのです。

大変に作為が疑われるのです。

どちらを見ても、後にジンム・エンペラーを名乗る人物が兄と共に、九州の南端から畿内に侵入してきて、土地の有力人物達と戦さをしてエンペラーに就任したとの扱いであり、

そう読めるのです。

では、一体、エンペラーという地位の由来はなんなのか? なぜ、このサノミコトと言う人物は王を名乗らなかったのか? 何故、エンペラーなのか?

「僕にはさっぱりわからない」となるのです。乱暴な山賊が穏やかな畿内を奪いに来たのか?とすら考えたりしてしまいますが、私は簡単にそうは思わなかった。

隠されている、怪しい、と思い続けて来ているのです。作為があると思ってきています。著者であれば、作為を見抜いてもらいたいと考えていたのではないか? 不自然に気が付いてもらいたいのではなかったか?

ところが、この事件、東征とやらの深い背景と展開を事細かく記した文書が存在するのですが、真実を検討することなく、信仰に悪影響をもたらすと警戒されて、偽書あつかいされて御終いとされてきていますが、なかなかどうして、面白いですよ。

詳しくは、次を読んでみて下さい。


現代語で読む 【神武東征】の真相!!
ウエツフミが伝える遷都の目的とは? それを妨げた本当の敵とは?

◆そもそものきっかけは、天変地異による大飢饉だった。

◆第71代ウガヤフキアエズの命や皇族たちが、豊の国から全国を巡幸して、食料確保の指導を行なっていた。

◆その途中で、関西の長脛彦(ナガスネヒコ)と新羅の連合軍が、五瀬の命を襲撃して戦死させる。


コジキとニホンショキでは、ジンム以前のエンペラーの存在は書くことなく、訳の判らない神話扱いとなっています。

そもそも、ジンムとなる人物が畿内て戦争をやるに至った理由がさっぱりわからないのです。

しかし、この時代において「地球温暖化」が深刻な環境異変を起こしていた事により、日本だけでなく世界各地で人民は困窮し、統治も乱れたということであれば、この東征と言う出来事(正確な書き方とは思えませんが)が起きるのは自然と言えます。

なお、現代語訳をしている人は新羅の文字をあてていますが、朝鮮半島に紀元50数年前に起こり900年代まで続いた新羅を連想させるので適訳とは思えません。

まあ、この現代語訳を一通りの流れを知る為に読んで、詳しくは原典を漢字かな交じり文に直したものを読まれるのがよいと思います。

原典は豊国文字という特殊なカナ文字で書かれており、鎌倉時代に大友能直(源頼朝の御落胤とも言われる)が九州で編集したものですが、漢字かな交じり文に移したものは読みにくいものではありません。

私の読んだものでは新羅の文字をあててはおりません。

白人系?モンゴル系?朝鮮半島系?アイヌ系? いずれにせよ、彼らも温暖化の天変地異により他に追われて難民的にか侵略的にか、困ったうえで侵入してきたと考えられます。

そのことが、国内の内乱を引き起こしたと考えられます。

まあ、後の帰化人が大量に入ってきて活躍を激しくして、律令国家体制が政治混乱を激しくしながら登場した時代に似たものを感ずるのです。

コジキとニホンショキには全く触れられておらず、ジンム・エンペラーが謎の人に思えてしまう扱いは不自然に思えますねえ。それでは、エンペラーの意味もさっぱり読む人には解りませんからねえ。

ちなみに、ノアの洪水も地球温暖化のせいではないかと考えるのですが、津波ではなく豪雨が理由とされていますが、おそらくノアのいた地域の他の世界の地域では大地震と火山噴火も大規模だったのではないでしょうか。創世記はそれを省略しているのでは?
 

植草先生が、枠珍相「接種証明に意味はない」。私の同僚でワクチン二回接種してほどなく風邪に酷く感染した人がいて困りました。

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2022年 1月 6日(木)00時33分26秒
  新型コロナとワクチンの騒動は私の周りでも渦巻いています。

ワクチンを巡って友達を何人も失った同僚もいましたが、(様々な見解と共生しましょう)二回接種したがほどなく感染してしかも重く、しかも出社してくるという人がいて困りました。

休んでほしいのですが、体温検査にひっかからないのが不思議なのですが、咳き込んで顔を赤らめて出て来ていました。医者にもかかっていないので検査もしておらず、オミクロンなのかどうかも判りません。

疑惑めいたことを言えば怒り出すでしょうから言えないのです。それで距離を取っています。

昨年末に大きく咳き込みながら納入にきていた人物がいて困りましたが、「遠慮してくれ」とも言えず、年が明けてから来た様子を見ると、やはり大きく背を曲げて咳き込んでいます。

どうやら、咳とか風邪なんか平気で気にしていないようなのです。強いですよ。本当に。

そのような人達は大変に多いようであり、考えて生きている人は少数派の様子です。

この様な有様は恐らく海外でも同じなのでしょう。ですから、接種証明とかワクチンとかは、何を証明してくれるのか判らないのです。

まあ何事も信用すればノー・プロブレムなのですが、疑惑まみれではジャンクと言えましょう。

そうえいば、CDCでしたか、PCR検査を頼りないとして外すと言ったようですね。不正確ということでしょうね。私はお世話になっていませんけど。

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2022/01/post-26c69f.html
2022年1月 5日 (水)
枠珍相「接種証明に意味はない」

ワクチンを接種してもオミクロン株に感染する。

感染した人はワクチンを接種していても他者を感染させる。

したがって、ワクチン接種証明は無意味である。

オミクロン株に感染した人のデータを検証する必要がある。

ワクチン接種済者とワクチン未接種者との間で感染確率に差があるのかどうか。
 

「ワクチンに疑問を提示する者の教養が低い」 との風説も流布されている。と、植草先生。

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2022年 1月 4日(火)00時37分21秒
  http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2022/01/post-6763ac.html
2022年1月 3日 (月)
ワクチンと温暖化仮説

言論空間上でヒステリックな反応が生まれる二つのトピックスは

ワクチンと温暖化。


植草先生がまた熱く語られました。

OMICRON を並び替えると MORONIC ともなりますが、訳すと「ばかな」とか「ばかみたい」となるとの指摘を読みました。

モロニックな(教養の低い)私達は恩恵を受けないという事でしょうかね?

ワクチン論は植草先生の御指摘で必要十分と考えられます。さらに詳しくは教養を高める(低める?)事に努めればよいのです。

地球温暖化ですが、コロナ騒動下で世界経済が低迷しているのに、なぜ寒冷化しないのですか? おかしいじゃありませんか。

降雪が酷いから実は寒冷化している。いや、そうじゃありません。

降雪量が多いのは大気中に水分が多く含まれる事態により、冬は太陽光が届く量が少ないので大気も冷える事により、大気中に多く含まれた水分が雪となって降りてくるからです。夏や秋は豪雨となります。

温暖化すれば降雪量も増えるのであり、寒冷化しているからではありません。

経済が低迷しようが無関係に太陽光が強くなれば、活動体の地球は、そのエネルギーをより多く受けるのであり、内部から活動を激しくします。人が夏には内臓から動きを活発化して汗をかき、走るように動き出すのと同じです。

地球の活動エネルギーは太陽光から得ているのです。歴史上の大洪水と大地震の発生理由はこれでしょう。太陽と地球の関係でしょう。

人体から放出される汗は、海や陸地から蒸発する水分です。活発化する垢や脂肪など体内分泌物の放出は火山活動の活発化とマグマ放出です。

地震の頻発は人体運動の激化と例えられます。

ですから、人間社会の経済活動の活発化は、太陽と地球の関係の変化が表面化したものであり、逆ではありません。

逆であると考える?(デマでしょう)のが人為温暖化説です。

しかし、強制的に技術革新を目指させるために地球温暖化人為説が流されているとは言えると思います。

欧米とその周辺の日韓等が石油に依存した米ドルを基軸通貨として運営されてきたが、ドルの価値の低落は止めどが無いのでペトロダラー崩壊も避けられなくなっていると考えられ、その意味からの先進国石油依存を低下させる技術革新が求められていると考えられます。ペトロダラーから自由に放つ事に役立ちます。


「言論空間上でヒステリックな反応」ですが、日本ではさらに低次元の二つが追加されています。

一つは、軍国主義者アベシンゾー(岸・東条の大日本帝国への回帰を目指すピエロ)による、対中国戦争警戒準備のけたたましい訴え。

安倍はお爺ちゃんの対米忠勤を喜劇として演じています。が、米国は評価してくれないと思います。「余計な事だ」とでも思ってるでしょう。

もう一つは、エンペラー継承へのマスコミによる激しい横槍です。

この二つのヒステリーは同梱同類でしょう。

エンペラー元首化による大日本軍国一等日本の復活によって近隣に威張り散らしたいとの思いなのでしょう。

その為には、エンペラーは意の儘になる女性がよい。または軍国日本思想を持つ旧エンペラー周辺人物が好都合なのだ。

そして、それこそ「無教養の人民共」に隣の国の首領様のように個人崇拝の目をエンペラーに向けさせるのが好都合であるからだ。

安直な考えです。どこの国でも個人崇拝を創り上げるのには大変に苦労している。

ところが日本では山川国土があるように昔からエンペラーがお在りだ。

これを安直に利用させて貰おう、苦労することなく、てな具合だから、それこそ教養の無い人物でなければ、こんな MORONIC な事は出来ないのだ。



 

安倍晋三氏が何処かのメディアで「今の憲法は独立するまでのもの、とお爺ちゃんが言ってました」と語ったそうです。昔に戻りたいようですね。

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2022年 1月 2日(日)21時26分46秒
  お爺ちゃんとは、米国によって巣鴨プリズンから拾い出された岸信介さんの事。

祖父と孫とは、日本が独立したら今の憲法は捨ててしまって、戦前体制の憲法に復帰しようと本気で考えて来ているのです。祖父はもう居ませんけれども。

この様なことが考えられるのは、敗戦に懲りていない、敗戦が大日本帝国憲法を頂点に持った明治近代体制が避けられなかった必然であったと考えていない、同じ行いを繰り返せばよいのだ、今度は中国に戦争で勝とう、米国にも戦争で勝とう、いや勝てるさ、とまあこういった呆れた妄想が頭の中で渦巻いているからでしょう。

安倍晋三さんは東条英機さんの亜流と考えて良いと思います。

まあ、このような誇大政治家を自民党と日本国民に与えたのは日本の実質支配者の米国様なのです。

祖父と孫の二人は米国が操ったピエロに過ぎません。自分達の力では全くのし上がってはいないのです。

どうしてこの簡単なことが祖父と孫には解らなかったのでしょうかね?

岸さんは東条内閣で重要大臣ポストを担っていました。

軍国体制そのものを担っていたのですから、東条さんと思想的にも同類であったと考えてよいのです。

岸さんは東条さんの時代に戻したかったでしょう。米国が自分を拾い上げたのだから、米国は自分の思想を容認しているはずだと誤解したのでしょう。

米国にとっては、ただ単に、ソ連との東西冷戦体制に日本を誘い込むのに都合の良い人物だったに過ぎません。

日本にとって岸さんは悲劇。安倍さんは喜劇です。

問題は、日本国民の敗戦自覚が希薄な事です。原爆を二発も喰らっても判らんとはねえ。

元首にエンペラーを据えれば、何でも出来る。戦前において甘い思いをしてきた人達には米国という重石がなくなれば昔の儘でやりたい放題だ、こう考えるのでしょう単純に。

しかし、そうはゆかない。近隣は反発する。それに対し秀吉のように半島出兵をして失敗し、徳川幕府のように苦労する政権を東条させなければならなくなる。

エンペラーを元首に据えるには、ウーマン・エンペラーが扱いやすい。

古代律令体制が出来上がった時の日本は大陸動乱の影響下で大きく混乱していました。

帰化人の野心家達や日本貴族の野心家達が激しく動き回り人民は困窮していましたが、当時のエンペラーはウーマンが何故か多かったのです。偶然とは考えられない。道鏡の相手も蘇我入鹿誅殺時の時もウーマン・エンペラーだったのです。しかも独身であった方もおられました。

今また、あの古代の時代のように絶対主義国家を復活させたいとの時代錯誤を抱く人物達が意外に多くいるようで、デイリー新潮とやらは盛んに国民の望む声があると勝手に宣伝してウーマン・エンペラーを押し出す宣伝をしているようです。
 

植草先生が「コロナ脅威論からワクチン脅威論へ」で中日新聞記事をご紹介。

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2022年 1月 2日(日)20時34分29秒
  http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2022/01/post-52d437.html
2022年1月 1日 (土)
コロナ脅威論からワクチン脅威論へ

ここで先生は中日新聞が出した記事を紹介されました。

大人しい記事であり、特に政府厚生労働省や製薬会社にとって不都合な記事とは思えませんが、世間で不安と疑惑が広がっていることに対応した記事でしょう。

大本営発表を鵜呑みにしていれば、その時は気持ちだけは平安ですが、突然に敗戦を知ってショックを受ける事にもなります。

その時、マスコミは平然と「私たちは敗北を知っていました」と言うのです。

植草先生が「ワクチン脅威論」を語られること自体に大変に勇気が必要な事と思われます。

ワクチンは福音なのに何故に水を差すのか? と言って怒り出す人もいるでしょう。

このような論議を周りと行って友人を無くした人も知っています。

私は決して自分から口頭で他人に語りかける事はしないので、このような被害は起きません。

先生には多くの顧客が居られる筈であり、その方々にお気を使わなければなりません。

しかし、先生は勇気を持って真実を語ろうとされています。

私のような名もなき路傍の石ではないのですから頭が下がります。

植草先生が紹介された中日新聞の記事はこれです。

https://www.chunichi.co.jp/article/353743
接種後死亡は1200人超… 「ワクチンが死因」なぜゼロ?
2021年10月25日 16時00分 (10月25日 16時00分更新)

部会の委員は九月「死亡報告が千を超える中、解剖や検視もしているのに因果関係を認めるのはなかなか難しいことを、国民に分かるようにした方がいい」と提案した。

との事で因果関係を認めるのはなかなか難しいと国民に分かるように…

では、国民自身が色々と推測してしまうのは当たり前ということになります。
 

世界人口の削減では解りにくいのでは?

 投稿者:青トマト  投稿日:2022年 1月 2日(日)03時28分14秒
  そんなこと妄想と思う人には無縁のお話しに過ぎないので無視すればよいことです。

表題について書くと、解りにくい理由は先の投稿に書いた通りです。

では、どう書けば解りやすいか?

戦死者と戦傷者の創出。戦争被害者の創出なのです。

それにより経済社会システムが崩壊に向かい、経済は崩壊し、インフレ化が激しくなり、経済の血液であるマネーが崩壊し、

システムを新しく構築しなければならなくなります。犠牲者が出される事により、これが達成されてしまう事になります。
 

巷に流れている「人口削減論」には疑問を昔から抱いていますね。その理由は簡単な現実からです。

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2022年 1月 1日(土)23時12分21秒
  さて、人口削減論という疑惑論が出てくる事は納得はできます。

なぜなら、伝染病とやら?で多くの人が亡くなっていますからねえ。

まあ陰謀論として一笑にふしてしまう方は多いでしょう。

でも、対策とやらを講じても、笊から水が流れるように効果が薄いですねえ。

で、死者が多数出ている地域なのですが、世界経済の上で先進国、先進地域なのですよ。

発展途上国を壊滅状態に追い込んではいないわけです。

地球上に人類が生存するために適切な人口に調節したいとかんがえて、伝染病?を使うならば、経済発展が遅れていて、医療も遅れていて、国民の多くが飢えている地域に蔓延させて、発展途上国を壊滅に追いやる方法を採用するでしょうね。

また、スカンジナビア半島諸国や日本のように医療体制がまあまあ高く、国民のモラル崩壊が顕著ではない地域では感染被害が他の経済先進国よりは少ないのです。

では、目的地域と目的そのものが浮かび上がると考えられます。

米国、欧州、豪州等、ロシア、そして中国、さらに韓国。

話は変わりますが、日本は先の大戦で敗戦して、その前と後とでは経済体制(システム)が全く変わってしまいました。

占領軍により財閥解体と農地解放(農地地主の消滅)が為されたうえで、戦後経済が始まったのです。

戦前は海外軍事拡張に従って経済発展したために、富の偏在が極端化して、大財閥が富み、下請け中小企業は城下町扱いとなり、農村は幕藩体制下でそれなりに秩序が保たれて貧富の差は著しくなかったものが、農民が疲弊して農地を手放し、庄屋や都会の不在地主に渡りました。成り上がり者達の天下であったわけですよ、戦前日本は。

富の偏在が戦争に向かわせ、経済破滅に向かったのです。

先進国経済地域は今、これと同様の有様です。

世界人口の削減ではなく、経済体制替えが志向されていると考えては如何ですか。
 

台湾総統「軍事では解決できず」 新年談話で習指導部に呼び掛け。「戦争しない」と総統は本音を言っています。

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2022年 1月 1日(土)22時38分38秒
  台湾総統「軍事では解決できず」 新年談話で習指導部に呼び掛け
共同通信社 2022/01/01 17:05

同時に「軍事では両岸(中台)の隔たりは決して解決できない」と強調。経済安定を脅かす軍事衝突を避け、平和的に緊張緩和を目指すよう呼び掛けた。

その通りですねえ。米中台は共に「一つの中国」との認識を共有しているのですから、もしもですよ(あり得ないけど)、中台で戦争が起きたらそれは「内戦」との扱いになります。

米国や追随する国々が(日本も)、どちらかにテコ入れすれば、国内問題である内戦に介入することとなります。

台湾と中国とをどうしても戦わせたいのなら、米国は「一つの中国論」を放棄して、そして台湾も「一つの中国論」を放棄して独立論を主張しなければなりません。

しかし、台湾は決して独立論なんか主張しません。

現実になんのメリットもないからです。

台湾も中国も武力衝突の解決を望んでいない。

では、米国は何故に台湾に軍事援助を高めて、中国に軍事脅威を創造させるのか?

米国の為と中国の為でしかない。

軍拡は双方の社会を潤す事のない利益を造りだす。

それにより、近隣支配に役立つ。支配者に好都合でしかない。

だから、台湾は「戦争はしない」と宣言しているのです。
 

補足

 投稿者:風太  投稿日:2021年12月31日(金)16時13分44秒
  私はデルタ株への対応と、オミクロン株への対応は、そのウイルスの性質の違いをみれば、異なる対応をするのが当然だろうと思います。

対応を分けるためにも、現在市中の主流がどうなっているのかなど、ウイルスの情報収集と解析が重要になるのです。

その為にはPCR法を使った検査と、ゲノム解析がとても重要です。


そしてオミクロン株が感染の大半を占めるようになったときは、対応は従来のインフルエンザ対応に切り替えるべきだろうと思います。

あとは健康弱者をどう守るかです。


そしてこれからの対策としては、一番打撃を受けている飲食店の店内の環境をどう変えていくかです。

具体的には店内の換気とウイルスの除去です。

今や多くのウイルス除去対応の空気清浄機が開発されていますが、実際にどれだけ有効なものなのか。

これには業界の総力を使ってシステム機器を開発し、国は店内の感染対策への助成を行う必要があります。

ウイルスとの戦いはまだまだ続くはずですから、こちらは長期的な対策になると思います。
 

新型コロナウイルスについての最新動向

 投稿者:風太  投稿日:2021年12月30日(木)15時53分38秒
  『児玉名誉教授に問う…オミ株、日本で感染拡大か』【12月23日(木) #報道1930】
https://www.youtube.com/watch?v=aZ8-xpg4Vpo

全然違うデルタとオミクロン 対応の根本的転換を【児玉龍彦×金子勝 新型コロナと闘う その先の世界へ】20211225
https://www.youtube.com/watch?v=iN9ExQ0WfPk&t=2366s

以上のYouTubeサイトは、東大の児玉名誉教授の新型コロナウイルス、オミクロン株についての解説(提言)です。

少なくともテレビでおなじみの面々や、政府お抱えの分科会のメンバーよりもはるかに高度な説明と提言になっています。


ちなみにオミクロン株は数ある変異種の中では、生き残りをかけた一番力のある種だから急激に感染拡大するのだろうと思います。

これは生半可ではない、人類とウイルスの生き残りをかけた戦いなのだろうと理解しています。

相手が常に変異し続けているウイルスですから、だからこそ、もっと最新科学を駆使して全力で前向きに向き合わないとならないと思います。

その点一部の無能で害悪な利権屋科学者や専門家は、消えてほしいと思っています。

メディアでも、彼らの言説や政府の分科会の大本営発表を垂れまくりなので、我々国民には何が何だかわからないのだろうと思います。


さらに厚労省医系技官と感染症専門医らのムラ意識が、最新の高度な科学の導入を排除し続けています。

ゆえに我々国民は、彼らの垂れ流す時代遅れの毎度おなじみの対応策しか知りませんので、だんだん嫌気がさしてくるわけです。


これを変えていくのは国民の側からの政治へのモノ申す姿勢です。

テレビなどのメディアへも、どんどん意見を言うべきであろうと思います。

その為にも最新の正確な情報を入手して、関心を持ち続けることが肝要ですね。

でないと見当違いの害悪を垂れ流す一部の自称専門家に惑わされ、自分で自分の首を絞めることにもなると思っています。


正直言ってあれらの似非専門家は、素人以下です。(怒


 

何処の国だってみんなが感染防止に努めてるんです。なのに、どうしてオミクロン株が世界中に急激に感染拡大するんですか? 僕にはサッパリ解らない。

 投稿者:青トマト  投稿日:2021年12月30日(木)02時22分15秒
  ワクチンを巡る重大人権侵害問題。

植草先生がこれについて熱く語っておられる。

米欧は日本を巻き込んで中国の人権侵害問題を激しく語っている。

しかし、沖縄米軍ではオミクロン株新型コロナが猛威を振るった。

先に私は皮肉ったのだった。「マスク」を付けて撃ち合う積もりか? そんなこと出来ないだろうと。戦闘機乗りは一人だからマスクは要らないが、軍艦搭乗員は要るだろう。歩兵だって要るだろう。戦車搭乗員だって要るだろう。

そのせいか? 沖縄米軍はノーマスクで訓練して生活してオミクロン株に感染したのか?

以上は私の意地悪な?皮肉だ。

そんなことよりもだ。大きく人権侵害しながら国民にワクチン摂取を強要したに等しい有様なのに、

いや、ワクチンだけでなく、自粛、手洗い、消毒、等など、米軍だって何処だって、米国だって、フランスだって、英国だって、生真面目な日本だけでなく、

感染防止に努めてきている筈なのだ。だらしない人々が大多数ではないはずだ。

なのに、何故、急激に、

オミクロン株なるものが拡大感染するのだろうか?

僕は納得出来ない。僕にはサッパリ解らない。(有名女性の亡くなられたお父様が残された言葉)。この言い回しが気に入ってるので転用させて貰いました。

いや、不自然に思えるのです。本当に、僕にはサッパリ解らない。

だって、何処の国民だって、日本人だけでなく、米国人だって英国人だって仏人だって独人だって韓国人だって、感染防止に努めてきてるんです。

なのに、何故、急激に感染拡大するんですか?

僕にはサッパリ解らない。

ファゥチさんご存知なのですか? 世界保健機構さん、ご存知でしたら教えて下さい。ご存知無い? そうですか、やはり? そうでしょうねえ。
 

産経報道の問題点と法務省入管の狙い

 投稿者:風太  投稿日:2021年12月28日(火)14時04分34秒
  愚かで有害、産経新聞の「スクープ」で覆い隠される問題とは―弁護士3団体が抗議声明
https://news.yahoo.co.jp/byline/shivarei/20211228-00274752

今回の産経新聞の記事の背景にあるものとして、今年3月、スリランカ人女性ウィシュマ・サンダマリさんが名古屋入管で死亡したことで批判を浴び
廃案となった
「入管法改正」案を、次の国会で再提出しようとする入管が、「地ならし」として、自らに都合の良い事実の切り抜きを、
リークしていることが考えられる。
弁護士3団体も、その抗議声明の中で、以下のように指摘している。

同記事は、「身元保証人が逃亡を許した場合」でも法的責任を問われることはないと記述した上、「監理措置」の新設を盛り込んだ入管難民法改正案の、
来年の国会再提出に言及している。
この記述も入管庁による示唆に基づくとすれば、「監理措置」導入の目的が、「監理人」となった支援者や弁護士らに被仮放免者の逃亡について
責任を負わせる
ことにあることを示している。
これは、前述の入管庁自身の違法行為の問題を責任転嫁し隠蔽することにつながる。

以上記事の重要な点を引用

志葉さんのこの指摘には、とても重要な問題点が含まれています。
産経は法務省入管の流す情報をスクープなどと称し、内容の検証をせずに、もしくはわかっていてあえて報じたことになります。
法務省入管庁は、スリランカ出身の
ウィシュマさんの死亡事件の為にとん挫している法案を、次の国会で是非とも成立させたいわけです。
そこにはこの記事の指摘している、「監理人」となった支援者や弁護士らに被仮放免者の逃亡について責任を負わせることにあるのは見え見えです。
こうして邪魔な支援者や弁護士を、難民などで国内に滞在する要支援者の外国人の方たちから切り離そうとしているわけです。

先日行われたウィシュマさんの録画映像の国会議員開示を見たあとの会見でも、立憲の議員がその映像内でのウィシュマさんの扱いの酷さに、
怒りをあらわにした声明を出していたのに対して、
自民党の議員の声明は、その事についてはスルーするような内容で、逆に入管の狙う法案成立促進に話をすり替えるありさまでした。
これは異様な事であり、いかに自民党に人権感覚が欠落しているのかが明白です。

(ちなみに赤木さんの裁判でも、認諾という異様な問題ある手段で裁判を潰したのも自民党です。
岸田総理総裁の人権感覚について、私は可なりの疑問を感じていますが、この先総理がどう動くのか、注視しています。)

また入管庁とは法務省の外局であり、2019年に内局から独立して外局になった部署です。
本来人権を扱うはずの法務省内で、人権を無視した拷問のような事が平然と行われていることになります。
これでは日本はどこかの専制国家を非難する資格がありません。
志葉さんの指摘は、国民すべてが真摯に受け止めるべき内容であると私は思い、ここに内容を一部転載し問題提起させていただきました。

記事本文を一読されることを期待しておきます。
 

熊沢寛道さんの子孫も何世紀後にリベンジ可能?

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2021年12月26日(日)23時22分47秒
  …結婚相手を見つけるのは至難の業。
日刊ゲンダイDIGITAL 2021/12/26 06:30

血さえつながっていればいいなら、あの熊沢の末裔も可能性ありになってくる。バカバカしい。


ということで、熊沢寛道さん、あの世で大喜びか? 「相変わらず欲の深い奴らが騒いどるのう」と。

びっくり箱かパンドラの箱の如し。

裏の畑でポチが鳴く。正直爺さん掘ったらば大判小判がザックザク。

意地悪爺さんポチ借りて、鳴くところを掘ったらば、瓦や瀬戸欠けザックザックザックザク。

家主様にお任せすればよいのです。

これ、ジョークのような話ですが、要するに他人の家に口出ししては騒ぎを大きくするだけという事なのですよ。
 

「北京五輪・外交ボイコットに背を向ける韓国」。独自外交を貫く韓国は、日本よりも対米事大主義ではない。見習うべきと私は思う。

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2021年12月26日(日)20時09分55秒
  下に紹介する論者は韓国の方針に批判的見方をしていますが、私は情報元として提出しました。

この中でも書かれていますが、文大統領は就任以来「朝鮮戦争の終戦宣言」を目指しています。

日本は「朝鮮戦争の終戦宣言」を主導できる立場にはありません。

韓国にとっては対中国問題はバイデン亜流戦争政策に乗っては行けない立場にあります。遅くともバイデン政権後には朝鮮戦争は終結されます。

それが見えているから安易にバイデン亜流戦争政策には乗れないのです。

米国は、自分の中国頼りの経済を離脱して経済衰退に向かわせ、中国を独自に経済と軍事の強国に向かわせて自分の覇権放棄に向かうために、敢えて経済軍事緊張を造りだあしているのです。

右と左の化石頭はお先棒担ぎにすぎません。決して本気で受け入れてはいけません。

台湾は残念ながら、かつての南ベトナムのように反共の砦のような前線に立たされています。大迷惑なのです。

頭の固い右派と左派が相も変わらず戦争政策を亜流的に励んでいるバイデン政権に金魚の糞のようにくっついて行ってるだけなのです。

岸田政権も迷惑と思いつつ追随を強要されるに至っています。

日本は今や残念ながら、韓国よりも事大主義(かつて日本人は韓国朝鮮をこう言いました)なのです。対米事大主義です。

バイデン米国の言う事を鵜呑みにする事無く、本来ならば日本政府は独自にウイグルの現地に調査団を派遣して「自由への弾圧なるものの実態」を探ってくるべきであり、それに沿って外交ボイコットに参加すべきか否かを決めて発表すべきです。

それに、台湾への軍事援助を拡大して台中緊張を意図的に高めるバイデン政権に「日本にとっては迷惑である」と苦言を提出すべきです。

そんなことをやろうものなら、右と左の化石頭達が金切声のヒステリーを起こすでしょうね。

独自外交を実行できる韓国を私は羨ましく思いますねえ。韓国人は中国人を無暗に尊敬なんかしてませんよ。歴史的にそうなのです。日本人は他国を馬鹿にしてはいけない。学ぶべきであり自分の愚かさを自覚すべきです。


北京五輪・外交ボイコットに背を向ける韓国の“潔い”損得勘定
藤原 修平 2021/12/26 06:00

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は豪州訪問中の12月13日に、北京オリンピックに政府関係者を派遣しない外交ボイコットについて「韓国政府は検討していない」と表明した。中国の人権問題を批判するかたちでボイコットを宣言した米英豪とは明確に距離を置いた。

(中略)

中国への配慮を滲ませた岸田政権
 岸田政権は12月24日、北京五輪への政府関係者の派遣を見送ると発表した。事実上アメリカと足並みをそろえた格好だが、「外交ボイコット」という言葉を使っていない点で、中国への配慮も滲ませる。

 

皇族確保2案、首相に提出 女性・女系天皇提起せず 有識者会議

 投稿者:風太  投稿日:2021年12月23日(木)13時22分14秒
  皇族確保2案、首相に提出 女性・女系天皇提起せず 有識者会議
https://news.yahoo.co.jp/articles/dc31bbe156dd1b129ca799840482c5ca235a9eb1


皇族数確保策では、女性皇族が結婚後も皇室に残る案を「皇室の歴史に整合的であり、公的活動の継続性等の観点から望ましい」、

旧宮家の男系男子の皇族復帰案
を「皇室存続のため男子を得なければならないとのプレッシャーの緩和につながる」などと利点を説明した。

両案を実現するには皇室典範などの改正が必要となる。

2案で皇族数を確保できない場合は、男系男子を「法律により直接」皇族に復帰
させる案を検討するよう提起した。

これには非常に重要な内容が含まれています。

それは旧皇族の男系男子の皇族復帰です。

女系男子や女子ではなく、あくまで男系男子のみなのです。

これにより私がかねてより危惧していた右派による皇室取り込みの企てが可能になるのです。

この報道を日本のリベラル派は軽視しているようですが、気が付いたときは遅いのです。

この国を昔のような国家統治の強権国家にするための、これは第一歩なのですよ。

みんな無関心すぎです。
 

日本書紀は当時の中国王朝であった唐や隋の「正史」に倣って作られたもの。従って、その生命と意味が当時の律令制時代に限定されるものだ。永遠の聖書でも歴史書でもない。

 投稿者:青トマト  投稿日:2021年12月23日(木)03時08分14秒
  「正史」。この中国大陸の各時代に作られた王朝歴史書の意味するところは調べて頂きたいものではあるが、

王朝の権威ずけのものでもありました。王朝の必要により作られました。

大日本帝国憲法が、敗戦により意味と生命を失いました。

今では、この憲法は無意味となっています。

解りやすく理解に役立てて頂きたくて大日本帝国憲法を例に出したのです。

古代律令制は隋と唐に倣って整えたものであり、唐の衰退後に日本も律令体制は矛盾が激しくなり維持出来なくなり消滅して行きました。

この古代律令制の時代に、その体制に取っての体裁整えや国民支配に必要なものとして作られたのであり、後世に「正史であり同時に偽史である」とさえ評価されているのです。

古事記も正史扱いされたものではありませんが日本書紀に先立つものとして必要性に駆られて作られたものでしょう。

日本書紀も古事記も道徳書としての性格も倫理書としての性格も原理書としての性格も備えておらず、天皇の意味するものを説いてもいないのです。

ところが、この書物が古事記と並んで、江戸時代以降にまるで日本の聖書であるかのごとき扱いを受けて、それが一部において現在まで続いているには理由があります。

私は先の投稿で、律令体制に先立つ豪族連合体制に注目してほしいと書きました。

律令体制により始めて日本が統一体制を確立したとは考えないからです。

一時期の律令体制が衰退して滅びましたが、中国のように王朝がいくつも交替するという歴史を日本は歩まず、天皇は存続する一方で国内政治を統治する体制が幾つも交替するという歩み方をしてきました。

それにより、中国のように王朝の作った正史が王朝の為のものであったとの認識が生まれず、古事記が江戸時代に発掘再評価された事により日本書紀もその後の見解が必要以上の評価を行い、歴史的限定性を認識しない事情を産み出したと考えられます。

天皇の永続的生命性と、律令体制時代の一時期的生命による日本書紀や古事記やその他の書物とは、直接的関係はありません。距離が離れているのですよ。ところが、この二書を天皇と一体であると思い違いの認識をしたのです。してきているのです一部の人達は。二書で天皇を理解し認識しようとするのです。一体と考えるから、こうなる。

「天皇が永遠だから日本書紀と古事記も永遠の生命を持つ」と考えたら、それは誤りなのです。

仏教の扱いも日本はよく似ていて、律令体制において渡来したものを何時までも後生大事に扱っています。

正史も仏教も外国において必要とされて発生したものであり、外国では生命が終って廃れるものなのですが、日本人は自分が作ったものではないので、本当の意味を知らず探ろうともしないので、何時までもお宝扱いをしているのです。

お人よしは結構ですが、これでは何時までも知的進歩が望めないと知るべきです。

日本人は島国のハンディーを脱しなければなりません。
 

明治近代を可能とした徳川近代。同様に、古代律令体制を可能にした古代豪族連合体制ではないのか。

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2021年12月20日(月)00時41分59秒
  梅原猛さんの著作に「隠された十字架 法隆寺」というものがある。

この本については植草先生が高校生の時に読んで印象が深かったと書いておられたと思います。

さて、聖徳太子ですが、勿論、本名ではなく、王子であって幾つもの呼び名があります。

この人物は正反の評価が著しく、聖人として崇め奉る見方と、それとは反対に利用されつくして古代の記録を抹消してしまい、挙句の果ては暗殺され子供たちまで殺されたとの見方があるのです。

渡来した仏教が日本に広まったことに大きな功績を残していて古代政治体制を変えて整備したのですから、明治の元勲達と同じであり、評価が二分されるのは当然でしょう。

この聖徳太子、長野の善光寺の御本尊であるとの説もあるのですから、驚くというか、あり得る、というか。

そうですねえ、この人、ご本人が日本の為に善良な性格から「よかれ」と思ってやったことにより自身の不遇を招いていたのなら、怨念も持ったであろうし、側近の事情を知る者が居たならば、その人物は太子の霊をお祀りして日本にとって良い方向に作用していただこうと考えた事もありえるかもしれません。

御本尊は三体であり、中央の大きなものと両脇の小さなものとにより成り立っており、江戸時代に描からたという聖徳太子と二王子の姿に似ているではありませんか。

善光寺の創建者が大阪湾から拾い上げて背中に担いで役赴任先まで持って行って祀ったのが始まりと言われていますが、出来過ぎた話とは思いませんか?

役人の赴任先で秘密めいて祀る必要があったからではないでしょうか。

善光寺が日本の仏教のメッカともいうべき地位にあってもおかしくはないのですが、そうであるようで、そうでない、これが不思議というか謎めいているではありませんか。

さて、前置きが長くなりましたが、

古代律令体制とは、実情は何であったか、どのように評価すべきか、批判すべきか、思い悩んで来ているのですが、何しろ証拠が少なく抹殺も考えられるので論理構成に手間取ります。完全には出来ませんねえ。

それまで日本は豪族連合体制ともいうべきものであったようで、精神的にも統合の長として天皇(スメラミコトですが、大君と呼ばれていたかも)が在り、思想としては天皇に関する神道が専門職により存在していたと考えられます。

ところが、中国大陸の戦国時代からの動乱が幾つもの王朝の興亡を経て隋から唐の時代に近隣にまで大きく影響し、朝鮮半島から日本にまで押し寄せて来たのでしょう。

これは、幕末の黒船到来と同じような衝撃だったと考えられます。

元寇の時や鉄砲伝来のキリシタン渡来の時は、日本の側が武家の統治であり、後者においては戦国動乱の末期ですから、強力であり弾き返したと考えて良いでしょう。

しかし、隋から唐の時代は、近隣の朝鮮の三国は程度の差はありながら、隋から唐の大帝国から大きな支配を受けることになっていました。

この朝鮮半島の有様と隋と唐が当時の日本に大きな脅威として作用したのでしょう。武家統治ではなかったので恐らく平和的で温厚な秩序にあったのではないのか。

大陸と半島の脅威が増した実情下で、仏教が渡来して朝廷がそれを受け入れて保護し、隋と唐の律令体制を真似た事は、明治維新後の明治憲法体制に似ています。

しかしながら、明治近代が成立し得たのには、先立つ徳川近代が前史として存在したからだとの説が原田伊織さんから提唱されています。原田さんとは幕藩体制の見方について同意出来ませんが、徳川近代については同意できます。

明治近代を可能ならしめたのは徳川幕藩体制下の経済的文化的蓄積であったのです。

盛んであった蘭学の成果と伝統が明治以後の西欧学問文化の吸収を容易とし、江戸期の技術工芸の高さが工業生産整備を容易にしたのです。そして江戸期の商業発展が近代企業を生み出したのです。

興味深い見方が提出されています。


「もし幕府体制のまま近代化していたら」

近代化の際に求められる条件は現実と変わらないためそこまで歴史は変わらない。
でも議会や憲法の制定などは遅れたかも。
むしろ早まった可能性が高い。幕末には西周などが欧米に習った憲法や議会の案を出している。その中で徳川将軍は「大統領」とされていたから、天皇と大統領が両方いる以外は現実と同じになる。かつてのイランみたいな体制だね。大統領も民主化運動で結局は公選制になる。

などと面白く書かれています。全面的には同意できませんが、このような見方が出てくるほど自由に活発になりました。

今では明治憲法の「天皇元首化」が間違った考えであることが一般常識となっています。

自民党が戦前のままで遅れていて、竹田恒泰氏も天皇は元首だなんて言っているようです。

そうです。明治近代は徳川幕藩体制がベースになっていて幕藩体制が造りだしたものなのです。

古代律令体制とは、これによって日本が国として形を初めて整えた、という見方は間違っていると考えています。

律令体制のベースは古代豪族連合体制でしょう。その体制の天皇が「律令体制的天皇」に変えられたのでしよう。

支配イデオロギーに仏教が居座る事になり、豪族と天皇の古代神道は表面を退き、

国家歴史書の体裁を成すものとして、日本書紀やその前の古事記などが造りだされた。神道もこの時代から徐々に変わり、江戸時代から現在まで古事記と日本書紀が神道の聖書のような扱いになり、この二つの書物は古代律令体制下での一時代的な性格のものとして評価すべきでしょう。

この時代からはじまって後に整った日本の神道を出発点から考えて「律令神道」と呼んでよいと考えています。

古代豪族連合体制の実態が明らかにされてきてはいないきらいがありますが、それは律令体制賛美によるものでしょう。疑問がないから探究しない訳だ。明治維新賛美と同じですよ。

前律令体制の経済政治文化が仏教大建築も奈良の大仏をはじめとする仏像も可能としたのです。

その前は、ユダヤ教やイスラムのように偶像を崇拝はしなかったから仏像もそれをおさめる寺院大建築も必要としていなかったのです。

古代律令体制が造りだしたものよりよりも遥かに大きな土木工事が古墳や灌漑事業で行われており、精神文化も健全で高水準であったと考えられます。
 

植草先生「接種証明は感染リスクを低減させない」。接種証明を出そうとするのは接種促進の為でしょう。

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2021年12月19日(日)23時01分11秒
  新型コロナ感染者について、私の知る狭い範囲での事ですが、幸いにして近親者と親戚には感染者は出ていません。

しかし、仕事関係とか友人・知人の間では出ていて、その感染者の傾向として自堕落な生活を送る人(私の目から見てそうなのであり、ご本人たちは慎重に生きていると思っています)が多く感染しているようです。感染も意識せず医者にもかからず、治ってしまい、他人から感染していた可能性を指摘されてから、「そうだったのかも」と思ったりしていたりします。

そのような人達は接種している人もそうでない人もいるでしょう。

そもそも国際的に接種が効いているのか否か、判別できていないでしょう。宣伝だけが先走っているのではないのか?

接種者からオミクロン株を発症、いや、デルタ株すら発症、と言っても、有効期間を過ぎてていたと言われてしまえばそれで御終いでして、「もう一本打ってはどうですか」と言われる動きになるのです。

私も身の回りも慎重に感染を避けるための用心をしていますよ。質素に出歩かない、と言っても外出は必要なので、用事を終えたら直ぐに退出してきます。

だらだらと外で飲み食いはぜず、短時間で済ませます。

接種証明は健康保険証でも運転免許証でもマイナンバーカードでもパスポートでもありません。

「安全者」ということではないのであって、ただ「ワクチンを打った人」ということであり、その人が感染者ではないということではなく、感染防御力を持った人ということでもないのです。


http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2021/12/post-352313.html
2021年12月17日 (金)
接種証明は感染リスクを低減させない

何らかの要因で2021年の死者が急増している。

考えられる要因の一つがワクチン接種。

2021年に観察される例年との大きな差はワクチン接種にある。

因果関係の立証は容易でないので断定はできないが、ワクチン接種が原因で死者が急増している可能性を安易に否定できない。

そもそも、新型コロナワクチンの安全性が十分に確立されていない。

日本でも「特例承認」で使用されているのであり、副反応等の健康被害について懸念を抱く国民は多数存在する。

(中略)

接種をするかしないかの判断に関して埼玉県弁護士会会長声明は次のように指摘する。

「そもそも,人体に大小様々な作用を及ぼす医薬品について,それを自己の体内に取り入れるか否か,取り入れる場合に何をどのような方法によって取り入れるかといった問題は,個人の生命・身体にかかる極めて重要な事項であり,したがってまた,これを自らの意思と責任に基づいて決定することは,個人の自己決定権の中核をなすものといえる。」



 

神田沙也加さんが亡くなった。思い出すのは三浦春馬さんと竹内結子さんの事等だ。

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2021年12月19日(日)22時22分38秒
  なぜ、彼女・彼達は人生絶頂の時に死を選ぶのだろうか、いや、向かうのだろうかと問うべきか?

選ぶのではなく向かうのだろう。

絶頂であることは有能であるからだ。芸術家として有能であるからだ。

芸術的有能において絶頂であるということは、孤独であり、芸術の特性により現実利害からは遊離している。

しかし、有能により現実への感性は研ぎ澄まされており、現実の混乱と錯綜への認識は重いものとなっている。

彼女・彼達の有能による絶頂は、金融力とか政治社会権力の絶頂のように支配力を満たすものではない。

後者の二つにおいては、現実社会の混乱と錯綜そして停滞につて無視・無関心を排除するものではなく、むしろ同居するケースが多いだろう。他人を踏み倒しても自分が居座るからだ。

神田さんの一件がまだはっきりとはしてはいないが、私の目には三浦さんや竹内さんや他の事例と共通しているのではないかと思えるのだ。

過去の作家の事例である三島由紀夫や芥川龍之介と同類であろう。

これは、思い切った突っ込み的見方ではあるが、

つい先日の大阪での医療機関での放火大量殺人事件の結果に彼女が触発されたのではないだろうか?

犯人と疑われている人物が悪い評判ばかりではなく、超優秀な職人であったとのことであり、彼自身が自分の人生を終わらせる事を願った事件の側面もあったのではないかと考えるのです。

ではなぜ多くの彼自身と似た精神状態にある人達を巻き添えにしたのか?との疑いが生ずるのですが、それについては、一つの見方を持ってはいますが、断定は出来ないのでここで詳しく書くことは遠慮しましょう。

さわりだけ書いておくと、攻撃的動機ではなく、周りへの主観的な救いへの誘いを行ったのでは?と考えています。勿論、一つの見方に過ぎないのですが。

心中とはそのような側面を持っていると思います。変種の仲間意識です。

放火犯を疑われている人物は芸術家ではありません。

しかし、職人的技能の達人であることから、何かについて先鋭に問い詰める精神傾向を持っていたのではないか?

その彼が抱いていたであろうところの精神錯乱と憂鬱は、多かれ少なかれ、新型コロナ下とバイデン米国が率先誘導する世界軍事緊張から導き出されて、そして、日本の長期にわたる政治と経済の停滞から発するもがいても脱出口が見当たらないものであり、大多数の日本国民が抱いているものです。

その傷口が破裂したような大阪医療機関大量死事件が神田さんに触発作用したのかもしれない。

ちなみに、米グループと中グループにおける意図的に世界にまき散らされた軍事的緊張とやらは、軍事産業を潤し、全く迷惑な話であり、空疎なバカ騒ぎに過ぎない。

この緊張の熱帰郷に送る熱風として民主主義弾圧が語られ、それへの制裁を自称右派(安倍や桜井・ヒゲ佐藤など)とか自称左派(志位や玉木)とかが喚き散らすの寒々とした光景である。

考えても見よ、

戦争になったとして、新型コロナ下で兵士達はマスクをかけて銃の引き金を引くのかい?

マスクをかけて戦闘機に乗り込むのか? 潜水艦に乗り込むのか? 戦車の室内でマスクをかけるのか?

そう考えれば、数年は続かせるのこ戦争緊張バカ騒ぎは新型コロナとワクチン騒動とのワンセットの国際イベントに過ぎないと解るだろう。

命をかけるなんて馬鹿バカしい茶番であり、漫才落語も顔負けでありバイデンの脳内程度レベルの事でしかない。


 

悲惨な大阪での医療機関放火火災。被害者の方々にお悔やみ申し上げます。 が、市長と知事のお二人は何処に? 吉村さんと松井さん?

 投稿者:青トマト  投稿日:2021年12月19日(日)02時08分44秒
  お姿も見えず。

コメントすら出ていません。

何処にいらっしゃりますのやら?

被害者の方々も加害者と疑われている人も心の悩みを持たれていたようです。それとお医者様とスタッフの方々。

労働環境が悪化する一方なので心の悩みを持つ方々が増えていると思います。

このような事件が起これば、普通であれば自治体の長は少なくともコメントを発し、さらには現場を見に行くと思います。遠くではないのだから。

何処で何をやってるんですかねえ?
 

生活保護訴訟の請求棄却判決文にコピペ疑惑

 投稿者:風太  投稿日:2021年12月18日(土)14時26分22秒
  以下東京新聞WEBより引用

>生活保護費の基準額を引き下げた国の処分取り消しを求めた集団訴訟で、原告の請求を退けた金沢、京都、福岡地裁の判決文に同じ誤字があることが16日、分かった。
>原告側弁護団は、判決文をそのまま引き写す「コピペ」をした疑いがあると指摘している。
>最高裁は判決理由の書き方に関し「一般的な取り扱いを定めたものはない」としている。

>弁護団は大阪高裁で係争中の訴訟で、各地の判決文の類似表現を指摘する準備書面を11月に提出。
>3地裁以外で請求を退けた札幌地裁、名古屋地裁でもコピペが疑われる箇所が複数あると主張している。

https://www.tokyo-np.co.jp/article/149213


この報道を見て、やはりなあというのが実感です。

以前からこの手の裁判では、最高裁事務総局が中心になり、地裁の裁判官に勉強会と称して色々な指導をしているという話が漏れ伝わっていました。

今回のこの横並びの判決文から、実際に国民の目に触れないところで、言われていたようなことが行われていたのだなというのが感想です。

面倒だから判決文自体もコピペしていたように思えます。

ちなみにこの問題が指摘された後に出された神戸地裁の判決では、コピペは無かったようで、わかりやすい構図ですね。

でもこれは日本の司法が、最高裁事務総局に巣くう司法官僚に牛耳られているという話を裏付ける事にもなり、裁判官の独立性を疑わせるものにもなります。

つまり司法官僚が霞が関や政治と裏でつながれば、国民は表向きの統治システムとは別の、非公式のシステムに知らず知らずに支配されていることにもなるわけです。

この重要な問題に、国民のどれだけが気が付いたことか、おそらく99.9%の国民は、事の重要性に気が付いていないと思われます。

これがこの国が衰退していく原因の根底にあるものです。
 

平和指向の日本国民と岸田日本政府にとって大迷惑な奴ら。安倍晋三と追随ネトウヨ・維新の松井・共産党の志位。

 投稿者:青トマト  投稿日:2021年12月16日(木)01時13分17秒
  断っておきますが、私は立憲君主党と共産党の協力関係を解消せよとの主張をする者ではありません。

こいつらは中国冬季の外向的ボイコットなんてバイデン追随の宣伝マンをやるよりも、

競技参加ボイコットまで言うならば、まあ筋は通ってるだろう。

しかし、先の日本の新型コロナ蔓延下での東京五輪開催が蔓延被害を拡大させて、自宅でのコロナ死者をも何人も出してしまった有様と今の中国とは異なるのだよ。

東京と日本は五輪を辞退すべきだった。

戦争と同じで今回の五輪で国民犠牲のうえで焼け太りをした奴らが沢山いる。

そのせいで、菅前総理は継続の望みなんか断たれて下りてしまった。安倍は、自分が悪事を国会で暴かれて辞任する事を恐れて逃亡して首相を辞めて菅に引き継がせた。

安倍が五輪まで続けていたら衆院選で惨敗して辞任していただろう。

今の中国では、新型コロナ騒ぎは収束していると言える。ボイコットなんて嫌がらせであり、アスリート達にとっても大迷惑なんだ。

中国との意図的緊張を高める目的のバイデンの思惑であって軍事緊張と同類なのだ。

共産党が安倍や維新と同類の軍事緊張に迎合する奴らであり、場合によったら戦争による問題解決を厭わない奴らであることが露呈している。

私が共産党と社民党が嫌いなのは、昔からそうなのだが、あいつらの頭はいつも硬直していて柔軟性がまるでなくて上に行くほどそうなのだ。

明治政府御用の官僚養成学校卒の奴らが上に立つ官僚組織的体質で成り立っているのでトンチンカンな選択をして学級落第頭の安倍がやることに単脳秀才が追随する結果となっている。

植草先生のように干されなければ優秀本物とは言えない。

バイデン戦争政策に参加してるんだよ、あんた達。あきれてしまうわ。

安倍なんて奴はいつも先に逃げて、遠くからヤジって弱犬の遠吠えをする奴なのだ。

維新なんかは只のゴロツキ集団で知性の欠片もないのであって、松井は共産党に外交ボイコット主張の先を越されたとミットモナイ発言をして知性の無さを露呈した。

ただ共産党に続きますなんて言って共闘すればよいだろうに。知性が無いから共産党より先に言い出せなかったんだよ。

台湾はバイデン米国や豪州や有象無象の奴らに対中国の最前線に押し出されて迷惑なんだよ。

軍事援助を押し付けられなければ中国からの軍事圧力なんか無かったんだよ。

で、どうなんだ? 有り得ないがもしもだよ台湾と中国で戦争に入ったら戦争回避とか反対とか言うのかい?

それとも義勇兵として介入するのか? 自衛隊も参戦せよとでも言うのか?

安倍や維新なら言うかも知れんな。売りだしのチャンスだから。共産党も言いますか? 民主主義守る正義の戦争だ! とか固い頭で考えて言い出すかもね?
 

赤穂浪士達の討ち入りは、1703年1年30日でした。旧暦の12月でした。示唆するところの多い事件なのですが…。

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2021年12月15日(水)02時47分17秒
  先に、松の廊下事件が宮中での蘇我入鹿暗殺事件を参考にしたものではないか?と書きましたが、

この事件について解り易く書いているブログを参考にして考えてみます。

https://colorfl.net/soganoiruka-isshinohen/
2018.07.23
蘇我入鹿暗殺「乙巳の変」とはどんな事件?

中大兄皇子と中臣鎌足は唐(現在の中国)から帰国した留学生たちに学び、
倭(現在の日本)を唐のような、律令に基づく天皇中心の中央集権国家に
したいと考えていました。

天皇中心の中央集権国家を目指すにあたり
天皇以上の権力を持つ蘇我入鹿は最大の障害でした。

そこで、中臣鎌足と中大兄皇子は蘇我入鹿の殺害を計画します。

(中略)

「蘇我入鹿は皇族を滅ぼして、自らが皇位を狙いました。」

と中大兄皇子が答えました。

それを聞いた天皇は宮殿に戻ってしまいました。

蘇我入鹿は息絶えます。


以上の転載から、浅野匠守が吉良殺害に成功したならば、罪状なるものを将軍に訴えて、将軍は座に戻って知らぬ顔(認める)の動きとなり、蘇我氏が滅んだように、吉良家お取り潰しの動きになったかもしれません。

まあ浪士達の討ち入りにより結果として蘇我氏のように衰退消滅となったのですけれども。


それにしても、別の話題に飛びますが、

これを切っ掛けとしての「大化の改新」というやつは「明治維新と呼ばれている出来事」にそっくりですねえ。

明治維新は大化の改新を参考に考えたとの説もあったような気がしますが調べなおしている時間が今はないので。

まあ、明治近代は古代律令制という悪い例の禍が貢献して出来てしまっていて、中国の科挙制度にならった事により近代官僚隠然独裁も登場してそれを支える学制と共に日本社会を硬直した身動きのとれないものにしてしまいました。

本居宣長が「もののあわれ」により漢心を捨て去れと叫ぶ対象は、彼の傾倒した古事記を造りだした律令体制(漢心そのもの)そのものではなかったのかと彼・宣長に語りかけたいものです。

当然ながら漢心の体制が世に出した古事記にも漢心が入っていると考えるべきです。

明治維新に戻ると、例えは悪いが蘇我一族に徳川将軍家が宛てられたということになります。

豪族による地域支配を取り上げて、唐帝国にならっての天皇による全体主義直接支配を求めたものですから、

藩による地方支配を取り上げて、欧米風国民国家を天皇を元首の地位に据えての体制に変えるものとなったからです。

やがて、大化の改新によりもたらされた体制は唐が滅びたと同様に無理が祟って崩れ去り、武家による幕府政治が登場しました。

大化の改新がもたらしたものの実情は、明治近代国家体制のその後の展開と現在の姿を見れば、推測できるのではないでしょうか。

要は、国外の変化に対応した秩序造りが実は特定の権力者達とそれにぶら下がる者達の利権の謳歌となり、無理と綻びが止まらず、無理のない体制へと導かれ転換に至ったということであり、明治体制は今まさに律令体制の崩壊過程にあたるという事です。

私の目には、唐の体制にならって当時の日本が強くなりえたとは思えないのです。

なぜ無茶に走ったのですかねえ? 奇妙に浮ついていると思えるのです。

それはやはり、唐の影響による極東動乱が日本に押し寄せて、それまでのそれなりに安定していた政治社会秩序が揺れて崩れたのではないのか。

私は明治近代を非理性的な根本的に無理な出来事と考えており、大化の改新について同様ではないか、また、それまでの秩序は安定的で優れたものであったのではないかと考えています。

もみくちゃにされた、また、自分からももみくちゃにしたのであろうと考えています。

日本人は落ち着きが無くて腰が軽いですねえ。

中国冬季五輪についても安倍と高市だけでなく維新の松井幹部や共産党までもが、岸田政権に外交ボイコットをせよと叫んでいますね。

これって、バイデン戦争緊張政権に加担するだけの緊張激化加担に過ぎない事ではないですか。

思考に全く独自性が見当たりませんねえ。バイデンの米国なんて民主国家を名乗れませんよ。
 

ワクチンと超過死亡激増(植草先生が注目すべき疑惑を提出されておられる)

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2021年12月15日(水)01時33分10秒
  重要な御指摘と考える。経済分析に鋭い先生ならではのお気づきではないだろうか。

コロナ感染が拡大した昨年と今年も感染が拡大した事に変わりはないが、違うのはワクチン接種が進んだ事であるのだが、感染症状を抑えるとのフレコミで推進されて、国民の多くが水を求めるように馳せ参じたのだが…。

新型コロナウイルスはワクチンを透過して体内に侵入?

それとも、

ワクチンそのものがきつ過ぎて?(又は毒性?が強くて)生体が負けて死に至ったのか?

専門家の意見も様々ですから、私は一つの見方だけを採用しようとはしませんが、データ的にも不自然性は感じざるを得ませんねえ。

この問題はデリケートでして、薬も医療も「信仰」に似たところがあって、医者に通ったから安心して病気が治ったというケースも実際にはあるのです。

ワクチンが効くと思えば安心して効く。信心は人に勇気を与えます。

又は、そんのものインチキ宗教と同じだ、と拒否して自力での感染予防に励んでいれば、それはそれで強い精神力でウイルスを受け付けないということもあるでしょうね。

ただ私は、自分が観察して感じている事は、新型コロナウイルスと対応ワクチンとの間には「親和性」が感じられるのです。データ比較を出来る立場ではありませんが、伝わってくる情報からだけでも、親戚関係の性質であり、互いに呼応しあうのではないだろうか。

そうであれば、相乗作用が起こることもあり得ると考えられる訳であり、それが前年比較で超過死亡数値が出た事に加担している可能性はあるのではないか。

呼び水となる可能性もあるのではないのか?

次に植草先生の御指摘の部分部分を転載いたしておきます。


http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2021/12/post-ea945b.html
2021年12月12日 (日)
ワクチンと超過死亡激増の因果関係

2021年の日本の死者数は9月まで時点で前年同期比6万人増

逆に2020年の9月までの死亡者数は前年同期比1万8000人減

2021年の特殊事情はワクチン接種した人が多いこと。

多数の国民がワクチン接種を受けた。

詳細な分析が必要だが、ワクチンが超過死亡激増の要因になっている可能性を否定できない。

「副反応疑い」として報告されていない接種後急死者が多数存在すると考えられる。

極めて多数の国民が新型コロナワクチン接種後に急死している。

公表されている数値は「副反応疑い」で報告されたものだけだから、氷山の一角である可能性もある。

 

ワクチンと超過死亡激増(

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2021年12月15日(水)01時03分34秒
  http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2021/12/post-ea945b.html
2021年12月12日 (日)
ワクチンと超過死亡激増の因果関係

2021年の日本の死者数は9月まで時点で前年同期比6万人増

逆に2020年の9月までの死亡者数は前年同期比1万8000人減

2021年の特殊事情はワクチン接種した人が多いこと。

多数の国民がワクチン接種を受けた。

詳細な分析が必要だが、ワクチンが超過死亡激増の要因になっている可能性を否定できない。

厚労省審議会報告によると、11月26日時点までに報告された新型コロナワクチン接種後急死者数は1387人。

接種後重篤化者数は11月14日時点までで5949人。

副反応報告事例数は同じく11月14日時点までで2万9453人。

しかし、これらの数値は「副反応疑い」として報告されたものだけで、ワクチン接種後に急死した人のすべてが計上されているのではない。

「副反応疑い」として報告されていない接種後急死者が多数存在すると考えられる。


 

また一つ妄想論?を提出いたします。浅野匠守(アサノタクミノカミ)は松の廊下で殿中と知りつつも、どうして吉良上野助に切りかかったか? その理由についてです。

 投稿者:青トマト  投稿日:2021年12月10日(金)03時47分5秒
  この事件の背景については今ではかなりの掘り下げがなされて成功しているように見えます。

吉良お取り潰しが結果として出ていますから、元々が足利幕府の名門だった吉良家と新田(ニッタ)の流れである松平・徳川とは南北朝動乱から戦国時代に続き徳川幕府にいたるまで南朝方と北朝方に分かれての「仇同士」の関係の間柄だったわけです。

なにかと不都合であり、幕府の対朝廷との関係を仇同士の関係であるものが並行して持たなければならない事はスムーズに事が運ばなかったと言えましょう。

徳川幕府にとって悩みの一つであったのではないか。

そこで吉良と共に接待役を任された浅野は尊皇の意思が盛んな人物であり、この問題の解決に向けて恐らく単独ではなく同士は居たと考えられますが、

殿中での「蘇我入鹿の誅殺」に倣って実行に走ったのではないか?

しかし、邪魔が入りしくじった。

成功しておれば、中大兄皇子と中臣鎌足の蘇我入鹿誅殺と同様の扱いがされた可能性がある。朝廷の勅使をお迎えしての出来事であるから決定的な出来事となる。

朝廷からも認められるた事も考え得る。随分と冒険的な行いだが蘇我入鹿誅殺も随分と冒険的なテロ行為だ。

大化の改新が問題多い出来事だったから、これに先立つ蘇我入鹿誅殺も問題多い事件であり、それに倣えば上手く行かない事も不自然ではなかったと考えられる。

しかし、熱血漢の浅野は中大兄皇子と中臣鎌足を英雄視していた可能性はあるのではないか。古代動乱の始まりの一事件を英雄的な事件と見做しては成功出来なかったのではないだろうか。

いずれにせよ、問題の多い吉良家の断絶は、この古代のクーデター的テロ事件の形にならっては成功せず、浅野の失敗の敵討ちという単純明快な話の看板で成功したと言える。

浅野がしくじった時。

どうするか? と浅野の同士達は考えただろう。

計画は浅野一人の計画ではない。

あくまで幕府の関与は伏せるとすれば、浅野の家臣達に浅野のしくじった行いを成功させてやればよいのである。

主君の敵討ちという名目でやらせればよいのだ。

そのためには浅野家を存続させてはならない。家臣達が安泰であれば吉良を滅ぼす実行者達に好都合な人物達を失う事になるからだ。

ということであれば、松の廊下で浅野が吉良の殺害に成功しておれば、それで終った事件。後は何らかの理由によって吉良家お取り潰しに終ったのではないだろうか。
 

日清戦争を再びやりたい安倍晋三。歴史の歯車逆回転。そんな事出来るはずないのだ。

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2021年12月10日(金)01時39分24秒
  安倍晋三陸海軍大臣?

「台湾有事は日本の有事」 「北京五輪には外交的ボイコットせよ」

勇ましいねえ。カラ元気。

そのうちに「朝鮮半島に日本は介入せよ」とか言うのか?

近代日本の「戦争中毒」は日清戦争から始まった。

勝海舟は日清戦争を「シナ(清国)を懲らしめたのは間違いであった」と語りました。

朝鮮半島に介入して清国と戦争に入ったのです。

この後、再び朝鮮半島を巡って帝政ロシアと朝鮮への影響を巡って争い、戦争に入りました。

これら二つは言うまでもなく、当時の英米をはじめとする列強の肩代わりをすることであったのです。

二つの勝利で味をしめて日本は有頂天になり、結果、朝鮮と中国を小馬鹿にするようになりました。

さて、中国と台湾の緊張は米国の利益のために米国が勝手に造りだしているものであり、北京五輪への外交的ボイコットも同様です。

日清戦争の前に明治日本は台湾出兵をやっています。

ということであり、安倍晋三は明治日本の軍閥と同様です。

今の中国は清国とは違います。老いていた清国ではなく極めて強力な昇り龍なのです。

安倍に乗せられて日本がさらに傾いたら安倍達は何処かに逃げ去るでしょう。アフガンの前首相のように。

極めて危険な悪魔と言えます。
 

昨日は、真珠湾攻撃の日米開戦の日。前日の7日に何故か99人の国会議員が靖国参拝? どうして8日にしなかった? さて、山本五十六司令官の死に疑問持ってます。不都合で暗殺だったのかも?

 投稿者:青トマト  投稿日:2021年12月 9日(木)02時15分39秒
  前線視察の飛行機上で撃墜死だったのですが、随行した宇垣纏氏が後で語った事に「あの地域が米軍戦闘機が飛んで来る程の危険地域とは思っていなかった」というものがあります。

護衛の零戦6機では少なすぎるとは私も思って来ていましたが、この宇垣発言によって疑問が解けた記憶があります。

一般的には山本機の飛行経路の暗号が解読されて米軍機の待ち伏せを受けたとの解説が通っているのですが、

これ、本当だろうか?

何故、暗殺を疑うのかと言えば、山本五十六は海外事情通であっただけでなく、対米戦争の早期終結を画策していた人物だったのではないか? と疑い続けているからです。

真珠湾攻撃で戦艦撃沈に終わらせて占領は見送ったのは、占領すると米軍の反撃が本格化(ガダルカナル戦まで延びた)して対米戦争が長引くと考えたからではないか?

それに、米国による日本の暗号解読なのですが、米国の解読力は「神話」なのではないかと疑って来ています。

解読法は盗まれていた、または日本の関係者から提供されていた事により作戦や動きが筒抜けになったのではないかと考えているのです。

さて、山本五十六が米国側と水面下で交渉が可能か? ですが、可能でしょう。

物質交流すら戦時中でも日米間で不可能ではありません。潜水艦を使って海上で受け渡しをすればよいのです。遠い日独間ですら潜水艦で物質交流を続けていたのですから、日米間はもっと容易です。

通信機による相互通信も可能でしょう。

山本五十六が独自(と言うより海軍の和平勢力が背景かも?)のパイプにより米国政府を相手に和平を模索していたとするならば、

彼の存在を不都合とする勢力は、米国側にも日本側にも大きかった筈であり、暗号が先に上げた理由で筒抜けで米日合同で暗殺に至ったのではないか?

早く終結しては困るのです。

米国側は小癪な近代日本は軍国化していて厄介だから幕末の規模にまで押し込めてしまいたい。その為の日華事変であり日米開戦なのだから。

日本の軍国側は行き詰まりを知りつつも神刻思想に指導者達が溺れてしまっていて冷静な判断が出来ない有様に居た。これは明治憲法を掲げた明治国家の神国思想が文明近代化を本質的に拒否する事から導き出される結論だった。既に自滅に走っていた。

ともあれ、二者にとっては、日米戦争(連合軍相手ではあるが)は完全敗北まで行き着く事が望まれるものであった。

もしかして、山本五十六の軍人の実像ではない隠された実像が在ったのではないのか?

安倍晋三がいまだに東条英機のように操られた人物として米国側により日本人に与えられているのではないのか? 改憲勢力は戦前の軍閥と同じ位置づけと考えてよい。

岸信介の本来は受けるべき運命を孫の晋三が受けるのではないだろうか。第二の東条英機の運命として。

何も知らないピエロ(道化師)の彼だ。
 

「でしゃばりお米」は出るな! 愛ちゃんに自分勝手に「都合の良い太郎」を押し付けるなよ!

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2021年12月 8日(水)02時42分52秒
  昔、こんな歌がはやった事がありました。私が子供の頃でした。
「でしやばりお米」のような仲人を専門のようにする人が当時はおりまして、子供ながらにも歌詞に納得したりしていました。

でしゃばっては、現代においては御本人の人権を侵害することにもなります。

「お米」は出て来て欲しくはありません。


歌詞 ? 鈴木三重子
愛ちゃんはお嫁に ? 鈴木三重子

さようなら さようなら 今日限り
愛ちゃんは太郎の 嫁になる
俺らのこころを 知りながら
でしゃばりお米に 手を引かれ
愛ちゃんは太郎の 嫁になる
 

奇妙な靖国参拝。一日ずらした?わざと? 7日でなくて8日ではないの?本当は。

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2021年12月 8日(水)02時31分36秒
  変ですねえ。

中国から突っ込まれてますよ。

https://www.excite.co.jp/news/article/Recordchina_886213/
日本の国会議員99人が靖国神社参拝、「真珠湾攻撃の日だ」と中国メディア

また、「注意すべき点」として「1941年12月7日(ハワイ時間)は真珠湾攻撃があった日であり、日本においても太平洋戦争開戦の日であるとされている。99人の国会議員が靖国神社を参拝したのはまさに、真珠湾攻撃80周年の記念日である」と強調した。


と中国記事は書いていますねえ。でも、中国さん、うがち過ぎかも?
攻撃開始は日本時間では8日未明であったのですから、対米開戦の日に参拝したいのならば8日でなければならない筈です。

しかし、中国は匂いを嗅ぎつけたのかも。煙を見たのかな? 火のないところに煙は立たない、とね。

それにしても、どうして前日の7日にやったんですかねえ? 紛らわしい。

中国の反応がバイデン米国の代弁ではないか?と疑われる程であり興味深いですねえ。

米中緊張が軍事的に激しい(開戦はしていない)けれども、対日的には連合国同士ですからねえ。

7日ではなく8日にしなかったのは弛んでるんじゃあないですかねえ?

米国に及び腰でありながら米国に反発したいのか?

そして憲法を明治憲法風に改悪して天皇の元首化をして大元帥陛下の指揮される日本軍を復活させて、現代の戦艦大和としての核ミサイルを装備したいのか?

そうであれば、8日に参拝して戦犯の名誉回復をマスコミに報じてもらうべきでしょう。

そうであれば、7日参拝は「気合が入っとらん」ではないですか。そうであれば、「まことに弛んどる」。旧軍隊ならば往復ビンタものですよ。

私はねえ、こういった気合の入らん奴は大嫌いなんだ。

そうでないならば、中国に突っ込まれるような(米国も突っ込みたいかもね?)7日に参拝すべきではなく、お正月中であるとか全く別の日に行うべきでしょう。

ようわからんのですよ、参拝する連中のやることは。

はっきりしとらんのです。女々しいのです。女の人のほうが本当は度胸がありますね。男は女々しいのです。高市早苗さんを見よ、とか。

真珠湾攻撃の名誉回復したいのならば、堂々と8日にやりなさいよ。

もしもですよ、米中軍事緊張に参戦?したいような安倍司令官気取りと同様の思惑ならば、7月7日の盧溝橋事件の起きた日に参拝しなさいよ。

そうしたら中国は烈火の如くに怒るでしょう。そうしたらバイデン政権は喜んでくれるかな?

いや、反対に危険視するかもしれませんよ。

7日とは「不思議な」参拝日でした。

先々には女帝に参拝してもらいたい?

今も次期も次次期も無理だから、その方々には降りてもらいたい? いや、下ろしてやりたい? 不敬千万な!

その上で女帝が実現出来なければ明治憲法精神の人物を養子縁組の上で男帝にすげ替えたい?

これって、平清盛や鎌倉幕府や逆賊足利尊氏の室町幕府のやり口と同じですよ。

いや、もしかして明治維新とやらもそうだった可能性が高いのです。

そうか、もしかして「お里が知れた」という事かもね。逆賊のお里が、だ。

 

先のワクチンとオミクロン株についての投稿の補完投稿です。

 投稿者:青トマト  投稿日:2021年12月 7日(火)14時07分37秒
  新型コロナウイルスとそれへのワクチンとは相互補完作用のもの、詰まり、「ワンセット」の関係にあるもの、として登場してきているのではないか。単に似たものとしてではなく。

そう考えて来ています。
 

邪魔者は消せ! 好都合者を据えろ。こういったことを可能にする。

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2021年12月 7日(火)02時41分1秒
  皇室有識者会議、月内にも答申 皇族数確保、2案を軸に
毎日新聞 2021/12/06 20:47

今後の皇室のあり方を議論する政府の有識者会議(座長・清家篤元慶応義塾長)は6日、首相官邸で第12回会合を開いた。皇族数の確保策として、女性皇族が結婚後も皇室に残る案と、戦後に皇籍を離脱した旧宮家の男系男子が養子縁組して皇籍に復帰する案の2案を軸とした最終答申骨子案を了承した。

要するに、国民の側が、「この人を家族に入れろと押し付ける」事が可能とされるようにするということです。

権力者が都合の良い人物を送り込める事が可能となるのです。

国民が何も判らないうちに勝手に政府権力が決める事は許されない。
 

女帝候補が多くて困りますねえ。高市さんだけでなく上川さんとか小渕さんとか。

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2021年12月 7日(火)02時31分14秒
  石原ノブテルさん、早速、岸田さんの起用に応えて仕事をしてくれましたねえ。

テレビ番組で、将来に女性総理誕生の可能性を言って、上川さんと小渕さんの名を挙げたのです。

先に突然に高市早苗さんが、岸田さんの後には私が総理になりたいんです、と安倍さんの代弁をしたのです。安倍さんに操られるのですと宣言したようなものです。

それを打消したいのでは? ノブテルさんと岸田さんは。

何しろ女帝は道鏡が後ろに控えるのですから魂胆は見え見えです。

使い勝手のよい女帝を造りだす為にセッセと権力者共は励んでいるのです。

既に二世代が決まっているのに失礼ですよ。

女帝だけではなく、傀儡の男帝まで用意しようとまで考えているようですよ。

これは犯してはならない無礼を犯しているという事なのです。


愛子さま結婚相手に『多少の身体検査…』 高橋真麻が私見 「やはり先日のようなことがあったので」
2021/12/06 16:41

“皇位継承”2案軸に了承…有識者会議で全会一致
テレ朝news 2021/12/07 00:02


他人の家の事に口出しする権利は君達には無い。図々しい。
 

「ワクチン検査パッケージ」が意味のない「新型コロナパッケージ」に過ぎなくなってしまいかねない。笑えない話。

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2021年12月 7日(火)02時15分47秒
  植草先生が昨日と一昨日に書いておられます。

現状を踏まえればワクチン大合唱は奇異であること、ワクチン検査パッケージがさらに意味をなくすこと、を。

オミクロン株が突然に登場しましたが、日本では年末年始は帰省ラッシュが起きざるを得ないので脅威と言えましょう。欧米ではお正月はクリスマス程には重要ではありませんから、日本のほうが脅威と言えるのではないでしょうか。

ワクチンを打った人に感染者が多い事には困りますねえ。効かない薬を提供してくれているのであれば詐欺?ではないでしょうか?言い過ぎですか?

打っても感染、症状軽減も比較はできない、打って死ぬ人も多い。どうなってるんですかねえ?

見出しに書いたように、「ワクパス」が「新型コロナパス」とも言えるなんて実態では馬鹿げていますよねえ。お笑いではありませんよ。

何しろワクチン提供の製薬業者には儲かって堪らないのでしょうから効く薬を提供してほしいものです。本当に効くワクチンでは困るか?その後でワクチンが売れなくなるから。

まあ新型コロナを抑える飲み薬は既に幾つもあるのですから、それを使った方が適切では?

私は薬剤師ではありませんから詳しくはありませんけど。

でも、思うのですよね。ワクチンと新型コロナって、勝負のつかないシーソーゲームをやってるようではないですか。私の目にはそう見えるのです。

まあ、新型コロナと現況ワクチンは兄弟というか双子のようなものですからねえ。

新型コロナにとって現況ワクチンは毒とか敵といえる刺客ではないわけですよ。

共に遺伝子組み換えのものですからねえ。

親和性があると言えるのではないかな。似てるんでしょう。似ていれば協力関係だって持ち合うかもしれません。

それが、現況ワクチンが効かない理由をなしているのかもしれませんねえ。

双子というか親戚というか?似た者同士というか?

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2021/12/post-4fac7d.html
はるかに弱くなるワクチン有効性

これから世界の感染の中心はオミクロン株に置き換わる。

しかし、そのウイルスに対して既存のワクチンが有効でないということ。

莫大な費用を投下したワクチンの意味がなくなる。

そこまでいかなくとも、既存ワクチンの効力は著しく低下する可能性が高い。

現状を踏まえればワクチン大合唱は奇異でしかない。

もちろん、ワクチン検査パッケージがさらに意味をなくすことは間違いない。

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2021/12/post-7a88c0.html
日本経済に景気後退の兆候

コロナ問題はワクチン利権を軸に動いていると考えられる。

デルタ株収束でコロナ騒動が沈静化するとワクチンビジネスも縮小することが懸念される。

そのことを回避するために新たな変異株騒動を盛り上げる必要が生じている側面が強いと感じられる。
 

自民党の内紛も維新の内紛も面白い。バブル勝利の故だろう。

 投稿者:青トマト  投稿日:2021年12月 6日(月)00時11分38秒
  維新は橋下氏と幹部連中が食いつき合ってる。とても紳士とは思えない。自民党にも出来ない芸当だ。勝てた故なのか馬脚が表れたのか判らないけどお似合いではある。

自民党は、お友達の浪人ノブテルさんを起用した岸田さんも常識的には問題だが、安倍の繰り出す刃を防ぐ防波堤に使う目的でもあるでしょう。

面白い笑える行いは高市早苗さんであって安倍お人形を必死で努めている。岸田さんの後の女帝を目指すのだそうです。

どうかしてるのか? おめでたいのか? まともな国民は眉を潜めますよ。詰まり、貴女の人気は落ちる一方だと言うことです。

早苗さんの後ろには安倍道鏡さんが居ることは見え見えです。

どうして安倍さんはこんなに焦ってるんですか? この人、自分の姿が見えない人だからこうなるのでしょうね。

二人は滑稽だ。笑える。
 

「そうだ! ケンタがいるじゃないか。」が立憲代表選挙で泉氏を押したグループの呼び掛け言葉だったようです。

 投稿者:青トマト  投稿日:2021年12月 5日(日)23時31分47秒
  ケンタって、ケンタッキーフライドチキンか? と知らない人が聞いたら思ったのかも?

まあ、衆院選で議席を減らしても、何故かマスコミからも連合からも熱い?視線を受けている立憲です。

気になって仕方ないようです。

連合なんて立憲が何を言おうが自分は自由投票を呼びかければ良いではありませんか。

組合員が自民党に投票しても維新に投票しても構いませんよ。

連合が立憲に命令できる訳ではありません。

互いに意見を言い合えば良いだけではありませんか。連合が立憲を食わせてくれる訳ではないでしょう。

「そうだ! Kがいた」は若い有能な人材を見つけたとの思いだったかもしれませんねえ。

植草先生が心配されるようになる事態が起こるかもしれませんが、

どうでしょうか? 自民党も維新も内紛気味であり、これは不安定な勝利に因るものではないでしょうか。

ケンタ氏が若い馬力で後がない環境のうえで頑張れば党内の良いエネルギーが表面に出てきて生まれ変わるかもしれませんよ。
 

立憲について

 投稿者:風太  投稿日:2021年12月 5日(日)15時36分34秒
  立憲の新代表に泉議員が選ばれました。

彼のテレビインタビューやネットでのインタビューなどを見ていて感じたのは、年齢は4人の中で一番若いようですが、とてもしたたかな政治家の様に見えました。

かなり突っ込まれても、決して言質を取られるような事はせずに、うまく切り返して質問に対応していました。

共産党などとの共闘に関しても、非常に慎重に是々非々の様な対応していたのが印象的でした。


選挙区にもよりますが、共産党との共闘なしには勝利が無理な選挙区がかなりありますからね、それを連合のいいなりになっていたら、参議院選挙敗北は確定的です。

かといって、共産党との共闘を重視すると、必ずアメリカ様とのご関係からもありえないと、御用メディアや霞が関などからの非難の集中砲火を浴びるでしょう。


そもそも前提条件として勘違いしてはいけないのは、日本は他の先進国とは異なるという事です。

安倍晋三などという、どう見ても能力の足りない人物が総理になれるのは、彼が米賛美派の直系だからですからね。

したがって今の日本では、少しでもアメリカから自立を目指すようなそぶりを見せれば、途端に連合や御用マスコミからバッシングを受けること必至なのです。

だから小沢一郎議員は、泉議員を推したのだろうと思います。

泉議員ならば、アメリカに対しては保守色を前面に立て、しかし右から左までウイングを広げて、したたかに政権取りに向かう事が出来るでしょうからね。


大事な事は、ただ政権を取るのではなく、その後は日本を普通の独立国にしていくことなのです。

でないと日本は米中の狭間で、どんどん沈没していくだけです。

そして一日も早く隷属国から脱していかないと、独自の国家戦略も立てられず、そして自国企業も守れないままです。


かつて日本は世界最先端のハイテク技術を持っていたのに、中曽根総理時代にアメリカから出る杭は打たれる系の圧を受けて、保守政権はアメリカに全面降伏し、ハイテク企業の首を差し出したために、その頃世界のトップを走っていた企業は、今では見る影もありません。

日本の保守→拝米賛美派には、この国は守れませんからね。

今の日本は、自民では守れません、立憲の新代表は面従腹背の精神で政権を取り、日本の非公式な統治システムをぶち壊し、日本を自主独立のまともな民主国家に作り替えなければなりません。

この国は普通の先進国ではなく、今もアメリカの顔色をうかがうような三流の似非先進国に過ぎないのですから。

よもやまともな自由民主国などと、勘違いをしてはいけません。

与党の政治家などがそこいらのぼんくらでも務まるのは、ただの自ら戦略を考える必要のない米傀儡国家だからなのですからね。


ちなみに私はアメリカは嫌いではありませんよ、ただ今の日米関係では双方ともにダメだという事です。

アメリカが対ベトナムや対イラクで失敗したのは、対日でうまくやれ過ぎたからです。

しかしベトナムやイラクの人たちは、日本の今の保守指導者らと異なり、魂を売り渡すようなプライドを捨てるような屑はいなかったという事です。

日本の保守政治家でプライドを持ち合わせていた田中角栄は、だから失脚してマスコミの総攻撃を受けたのです。

小沢一郎や鳩山由紀夫も同様です。

 

泉新代表は立憲を政権担当能力のある政党にしていくべき

 投稿者:れいわ応援隊  投稿日:2021年12月 3日(金)06時01分39秒
  植草氏や日刊ゲンダイは泉健太氏の立憲代表就任に対して批判的な論調であるが、泉氏以外にふさわしい代表候補が立憲にいるかといえばいないと言った方がいい。

立憲が共産との共闘路線や閣外協力を重視する純粋な「左派路線」を敷くならば山本太郎氏を立憲に招いて代表に据えた方がいい。

事実上、泉新体制は泉・逢坂・西村・小川の4人が主体の体制になったといっていい。
民主党政権の「負」イメージも一新されて今後どのような党運営をしていき、来夏の参院選挙を戦っていくのか注目したい。

安倍晋三政権は「コロナ」という最強の野党第一党によって終焉させられ、「コロナ」がなければ誕生することがなかった菅政権がその無能さから短命に終わった。

今の立憲には政権担当能力どころか自公政権を倒閣する力さえ持ち合わせていない弱小野党であるという状態が2012年末の下野から続いてきた。

泉代表に求められるのは立憲を倒閣能力と政権担当能力を持つ政党にしていくことだろう。2000年代後半にそれを見事に成し遂げたのが小沢民主であり、当面の間はうるさ型の共産や国民とは距離を置いて独自路線を歩んでいくべきだ。
第二自民党の維新に対しては自公と同じ「敵勢力」として対峙していくべきである。

立憲は地方組織を強化して、国民の意見を真摯に聞いていってそれを政策として実行していく政党にしていかなくてはいけない。枝野体制は独善的で謙虚な姿勢に欠けていた。
泉氏にはそのような面を持ち合わせているのではないだろうか。

来夏の参院選挙で結果が出ないからといってすぐに代表が変わるべきではない。
今の野党の力量では来夏の参院選挙でねじれ国会になるような大躍進をすることは難しい。
5年、10年先に政権を担えるような政党を目指していくべきだ。

安易な消費税減税や分配政策に頼ることなく、成長産業を明確に提示して、公務員の天下り禁止や企業団体献金の廃止、16社体制と揶揄されている日本記者クラブの解体等小沢民主時代にあった改革色を全面的に打ち出していくことで離れていった無党派層の支持を再び得ていく必要性がある。それが共産票頼みの立憲から脱却することにもなる。


泉氏は信念が強く、近未来へのビジョンを持っているような気がするから前原誠司氏代表時代のようなスタンプレーには走らないだろう。

反自民の野党支持者は泉氏の批判ばかりしているのではなく、泉氏を将来の総理大臣候補にするべく支持・応援をしていくべきである。
野党陣営のリーダーが40代の泉氏と山本太郎氏となって世代交代が進んだのは望ましいことであり、この2人が中心となって野党陣営を牽引していくべきである。


 

/233