新着順:674/9635 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

日本の核エネルギーと「対応医学」が二つともに国際核マフィアに管理されていると考えられます。

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2017年 9月 6日(水)23時21分39秒
  通報
  https://jp.sputniknews.com/science/201709064055311/

米軍部 被爆から救う医薬品を日本人と共同開発中

(転載)

CNNの記者はイスラエルのハイファ市にある科学実験室を訪れ、米軍部がイスラエル人、日本人の専門家と共同でPLXRATという名称の医薬品を開発、試験を行う現場を取材した。取材によれば、PLXRATは「放射線被爆などの最悪の事態に遭遇した場合」、体の再生を助けるプラセンタを細胞から抽出することができる。

北朝鮮が先日、水爆弾頭実験の成功を発表したため、研究者、軍部双方のこうした作業は一層拍車がかけられた。ハイファの科学実験室のトップの話では米国防総省は現在、「被爆によるあらゆるダメージを未然に防ぐため」この医薬品を被爆する前の段階で人体に投与できるか否かを調べる実験を行っている。

(以上転載)


そうですか!日本人専門家ねえ?

福島第一原発はイスラエルの警備会社が警備を担当していました。

そして、福一爆発後にはイスラエルの医療チームが長く仙台だったかに滞在して医療支援の従事と称して、住民のデータを採取していたと考えられます。

福島県をはじめとして東北地方では福一爆発の被爆後遺症が多く出ていて、子供の癌発症の事例が多く、高齢者の突然死も多く出ています。

これらのデータは日本の医療機関に集積されている筈であり、このデータだけでなく、日本人研究者までが、核戦略に動員されていることが浮かび上がっている記事と考えられます。

福島第一事故は、人体実験の思惑もあった、やはりあった、と私は考えています。

そして、「起こされた事故」と考えています。

その事故を、日本人に忘れさせるための「東京オリンピック」なのです。

何も知らされていない、隠さされている、そして、知ろうとしない、愚か者が利口ぶってる日本人。そして無防備な日本人。

この無防備な管理された有様の下で、日本の核武装を本気で何処かが赦すなんて有り得ないではないか。

ましてや、日本に独自で核開発させるなんて有り得ない。有り得るとしたら、それを利用し収奪する為だ。

まあ、利用する為に原発を乱立させられたんだ。アホな右派の生き残りがその推進に利用されたに過ぎないと私は考えています。

戦前日本が原子爆弾の理論設計を最初に成功させたとの情報もあるくらいですから、日本人の非倫理的・非信仰的な見境無しの研究能力には恐ろしいものがあると日本人の私は考えています。

自分の名声の為には、見境が無いのであり、これについては、見境なしについては、ユダヤ人やドイツ人にも負けない、もしかして凌ぐのではないかとまで考えています。

ブレーキの壊れた出来そこないの車だな。

日本人には、「同胞愛」が見られないからねえ。無邪気すぎる孤立島民の群れだから。


ちなみに、「プラセンタ」とは、胎盤から抽出した成分を含有する処方箋医薬品またはサプリメントです。

胎盤からの抽出品は、先の大戦末期に日本軍飛行兵に提供されたとの情報を見た記憶があります。

詳しく検索している暇がありませんので、この程度なのですが。
 

新着順:674/9635 《前のページ | 次のページ》
/9635