新着順:473/9693 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

そもそも総研 突然の中止

 投稿者:風太  投稿日:2017年11月23日(木)12時12分21秒
  通報
  昨日のモーニングショーの番組内で、玉川さんが明日放送するそもそも総研の予告をしていたプログラムが、突然中止になってしまいました。

しかし番組は大相撲の話を放送し、あれあれ?と言う間に終わってしまいました。

終了時に内容変更しましたという旨のテロップが流されただけです。


昨日の放送段階で明日の放送を予告していたのに、調べると番組公式ツィッターで昨晩には番組予告内容からそもそも総研が消えています。

つまり昨日の番組放送後のいずれかの段階で何らかの事態が生じ、放送がストップしたことになります。


想像するケースとしてはに

ビデオ出演してコメントを出していた専門家が、急に出演を拒否した→圧力?

玉川さんの予告を見た局上層部が、官邸サイド?に忖度して番組放送を止めた。

出演予定の専門家が、番組生放送の出演を躊躇し、辞退した。



いずれにしても、単なるミス(ビデオ編集でミス)でならば、その旨を番組内で触れればよいだけです。

その場合は後日改めて放送することになるわけです。

しかしそれが出来ない何かが発生した事だけは間違いのないところだと思います。


今日放送予定だったプログラムは、実際にアメリカと北朝鮮が戦争になった場合、日本が現実にどんな被害を受けるかのシュミレーションでした。

この事は地上波のテレビ放送では、まだどこも取り組んでいないテーマです。

安倍総理は万一の場合の国民被害には触れずに、盛んに北朝鮮制裁を叫び続け、その姿勢はトランプ大統領よりも強硬です。

その結果起きる現実については、総理は何も触れようとしません。

それはアメリカの専門家が指摘するように、あまりにも甚大で深刻な被害が引き起こされるからです。

おそらく北朝鮮のミサイル攻撃やテロ攻撃で、日本のインフラは深刻な被害を受け、人命の被害は数十万人規模になると思います。

原発、貯水池、空港、ターミナル駅、新幹線、高速道路、東京や大阪などの主要都市、そして何よりも米軍基地とその周辺。

これらは北の攻撃で甚大な被害を受ける事になります。


ミサイル防衛網など、全く無力に過ぎない事は、攻撃を受けた時にわかるでしょう、その時には後の祭りです。


つまり今日の放送は休日という事もあり、家庭でくつろぐ多くの人たちに最重要な情報を拡散できるチャンスだったわけです。

そして中止になりました。

皆さん、このことを記憶に留めておきましょう。

日本は仕方が無く危険な道に踏み出したのではなく、何らかの力の為に必然的に危険な道へ進んだのだという事を。
 

新着順:473/9693 《前のページ | 次のページ》
/9693