新着順:457/9693 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

週刊文春 貴乃花 白鳳

 投稿者:rappp  投稿日:2017年12月 1日(金)09時19分25秒
  通報
  貴乃花も好きではないけれど
相撲史上、最も狡い力士・白鳳は番外だ

貴乃花が激怒した
白鳳の「暗黒面」

白鳳のエルボー、変化、ダメ押しに
貴乃花「品格非抜群」

これが言えない相撲界って何だ!!
たかが一横綱じゃあないか


私の評価

こ奴の狡さは相撲史上最悪
眼突き (嘉風は眼を手術した)
耳たたき
猫だまし
カチ上げ
スカかまし
勝敗確定後、土俵下に突き落とす
上に乗り体重をかける
・・・
ばらまいた害悪は計り知れない

どれ一つとっても良いが
例えば耳たたき
痛いし危険
対戦力士は、まずこれの防戦から始めなければならない
隙ができる
攻撃が後回しになる
相手力士はこれらができない
同じ土俵で相撲を取ってるとは言えないのだ


相撲史上最も狡い力士・白鳳
この汚物を
相撲界から追放してほしい
、と思う


白鳳のこの狡さは
政治状況の反映
体制の生命維持装置でもある



参考

対遠藤戦で感じたこと

最近常であった右手による耳たたきを用心していたようである
しかし、遠藤にとって意外にも
左手の猫だまし、が出た
これの衝撃は何も無かったけれど
意外の攻撃に、遠藤は瞬間よろめいた
猫だましですべてが決している
 

新着順:457/9693 《前のページ | 次のページ》
/9693