新着順:250/9632 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

山口敬之は詩織さんが初犯相手ではないだろう。手慣れてる。常習犯の「タダ乗行」だろう。キセル乗車の常習犯だろう。

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2018年 3月 1日(木)01時47分1秒
  通報
  こいつの名前、敬之はおかしいだろう。こんな奴に似合わない。

アベ政権のお似合いの奴に違いないので、

タダ「乗行」または「糊行」が相応しい。

詩織さんの前に、何度も無賃乗車のタダ乗りを繰り返していて味をしめていたに違いない。

多くの女性が泣き寝入りをしているに違いないのだ。

手口の鮮やかさがそれを物語ってるように思える。

他人の留守宅にドアをけ破って忍び込み、冷蔵庫から食品を出して飲み食いし、金品衣類を奪い取って、部屋に糞尿をまき散らして、挙句の果てに、

「この家が気に入った。好きになった」と嘯いた。

そういった犯罪と同類なのだ。こいつのやったことは。

所有者の詩織さんの体に無断で闖入して荒らしまわって乱暴狼藉を働き、挙句の果てに、

「貴方が好きになった。パンティーを土産に持ってゆきたい」なんて、まともじゃないだろう。

それをアベ政府の要人たちは、事件の抹殺を図って、官邸のアイヒマンだの警視庁幹部だのが奔走したんだから、笑える。

こいつら(アベ達)、日本の政権の資格無しだ。

消えてなくなれ。

https://ameblo.jp/tiger-mask-fighter/entry-12356308382.html
これは凄い?第7回自由報道協会賞大賞9割超の票で、伊藤詩織『Black Box』決定?

(転載)

次の作品が大賞に決定しました。
?
伊藤詩織『Black Box』(文藝春秋)
?
【選考理由】
 世界的な流れとなった#Me Too運動の日本での先駆けとなった。被害体験や犯罪告発ではなく、性犯罪を取り巻く司法の問題などをジャーナリズムの手法で掘り下げ、提言している点で社会的広がりと意味のある作品に仕上がっている。一般投票において伊藤氏の作品に対する票が9割を超えていたことが、なによりそれを物語っている。
?平成30年2月26日公益社団法人自由報道協会 アワード選考委員会

(以上 転載)
 

新着順:250/9632 《前のページ | 次のページ》
/9632