新着順:53/9633 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

要するに、トランプ米国が正恩北鮮に翻弄されてきたように見えるが、今度はトランプ米国が翻弄し返しているのではないか。「俺にもっと儲けのチャンスをよこせ!」と。

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2018年 5月25日(金)23時54分20秒
  通報
  まあ、いつ何処で二人が「デート」しようともこちらは蚊帳の外の立場だからどうでもいいのだが(アベが居座ってる間はそうなる)、

朝鮮半島はクリミヤ半島のように重要な戦略的位置にあり、ここから極東の戦争は始まった歴史があるのであって、

この地域でトランプが儲けのチャンスを中国やロシアや韓国だけに旨い思いをさせたくないと考えるのは当然だ。

「鍵は俺なんだよ。俺がイエスと言わなければ、君達の儲けのチャンスは開かないんだ。俺という鍵をもっと高く買えよ!」と鍵の値を吊り上げようとしてもおかしくはない。むしろ、当然だ。

ここで、アベ政権日本が、儲けの機会を失うように誘導されてきていることが御理解いただけるだろう。

反中国、反北朝鮮によって、儲け商売の機会を逸して、一方で他の皆が御馳走にありつこうとしているのです。

トランプ米国にすがっても、中国と韓国にすがっても、御馳走のテーブルの端にすわれそうもないので、

アベはロシアのプーチンにすがりに行ったのかもしれないが…アベよりも御人好しの人物は世界の政治家の中にはいないだろう。

商売上手の中国と交渉上手の北鮮は、トランプの鍵を満足の行く値段で買ってくれるのではないか。

トランプも商売上手の不動産屋だから上手だよ。

日本は振り込め詐欺に引っ掛かるヨレヨレ政治だ。
 

新着順:53/9633 《前のページ | 次のページ》
/9633