新着順:35/9685 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

日本の財界と官僚は、基本が考えられない馬鹿だから利用されて分からないのです。自分を食い潰す結果になる。国債売れなくなって

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2018年 7月 5日(木)01時25分3秒
  通報
  どうなる!日本<SOS政府発行の国債が売れない!>

本澤二郎の「日本の風景」
2018年06月30日「ジャーナリスト同盟」通信

https://blogs.yahoo.co.jp/panaponnniwa/16373296.html

経済情勢評論で解りやすいものを書いてもらえました。

(転載)

国債は日銀から大手の都市銀行に発売されてきたのだが、いま買い手がつかない。ゼロ金利下の大異変に対して、国民はどうしたらよいのか。

<ハゲタカ・ファンドも逃げる>
金利がゼロの日本で、海外のハゲタカ・ファンドが暴れまくって、株価を維持しているのだが、政府発行の国債が売れなくなったことに、海外の投資家は衝撃を受け、逃亡の機会を狙っている。

獰猛な狼のような投資家は、利息なしの円を大量に借りて、それを為替と株式に投入して、暴利を得てきた。いうなれば日本政府・日本銀行によって、彼らオオカミのような投資家は、懐を膨らませて、お腹ははち切れそうなのだが、国債が売れなくなってきた現時点で、軌道修正を迫られている。

<米国債を売り払うとアメリカ危機>
背に腹は代えられない。大量の米国債を売り払う場面が近付いてきている事でもあろう。米国債は、日本と中国が買い支えているため、トランプもいい加減に貿易戦争を楽しんでいると、ワシントンも沈没することになる。

なすべきことがなくなると、死の商人が戦争を仕掛ける可能性が出てくるかもしれない。その時は地球が亡ぶことになりかねない。いまこそ人類は、知恵を働かせる時である。半島の和平を地球レベルに拡大すればいいのだが、その知恵がワシントンには不足している。

(以上転載)

転載の最後の部分では「半島の和平を地球レベルに拡大すればいいのだが、その知恵がワシントンには不足している。」と書かれているが、これは違うだろう。

以前の投稿でも書いた事ですが、トランプ政権の朝鮮半島戦争状態解消と経済拠点化は、

米国経済の縮小と負債圧縮が避けられない事への「備え」なのであり、極東経済の大発展に国際金融資本が投資先として狙いを定めているものと考えられる。

米国経済が過上消費により行き詰まって、軍事大国の地位を放棄しても米国内をはじめとしての金融資本にとっては、次の経済発展有力地域があれば困らないように設計がなされている筈だ。

そこにおいては、日本の存在が小癪な邪魔なものと見なされている筈であり、

ため込んでいる国富を吐き出させて、近隣の中・朝・露と半永久的に対立させて軍事的にも緊張関係を持たせれば、この地域から上がるであろう利益と利権の支配についてトップの地位を獲得出来ることになる。

その為には、なにも理解できないアベに首相をやらせて喜んでいる自民公明の政党を使うことは打って付けなのだ。

また、日本の財界のトップ達や金融に疎い日本投資家達には、海外の実は不良債権と化す予定のジャンク・フードを腹に詰め込ませて、満足させて、国富海外移転への協力者に仕立て上げておけば、冷淡な隣人愛皆無の餓鬼道なこいつらは騙されて喜んで付いてくる。

「貴方達が儲ける為には、使用人の大多数国民から消費税で自動的に収奪しなさい。そして、収奪した分を溜めこんで日本株や外国株や外国債券に投資しなさい。国を維持する為の費用は国民からの消費税から主に充てればよいのです。」

なんて誘導されて、そもそも何にでも食いつく雑魚だから簡単に釣りあげられているのです。

しかし、腹に貯めこんだジャンクフード・不良債権は吹き飛んで、政界も敗戦処理を押し付けられて、自公支配も永久に消滅するでしょう。

昭和20年からの軍隊解体・財閥解体・農地解放・新円切り替え。

まあ、これに似た激変を迎えるでしょうな。

文化政治的に進歩しない島だね、この国は。

政治を考えない大多数にそのまま任せているから駄目なままなんだよ。

崩れ封建制意識のままなんだから、停滞して進歩しないのは当たり前なんだ。

食って寝るだけ。明日に備えようなんて考えないんだから、進歩も歴史も期待出来ないだろう。

国民の扱い方、国の運営の仕方を根本的に変えなきゃ駄目。

流石に、外国人はよく観察して悪い方にその観察成果を使ってくれている。

精神的に強固な奴らが勝利するのは自然の流れだ。


 

新着順:35/9685 《前のページ | 次のページ》
/9685