新着順:130/9871 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

今市事件で再び無期懲役判決

 投稿者:風太  投稿日:2018年 8月 6日(月)03時00分43秒
  通報
  この事件、一審では検察の取り調べ録画テープをもとに、物証も無く、被告が否認し続けている中、無期懲役の判決が出されました。

しかしこの事件、物証は無く、遺体からは被告のDNAも検出されず、一審では取り調べにおける自白のみで有罪が下されています。

それが今回の控訴審判決では、その取り調べも否定されたわけですから、当然無罪になるべきところ、有罪の判決だったわけです。

そもそも検察側の作ったビデオでの判断を否定したわけですから、無罪が相当と思います。

それが結果は有罪。

しかし今回裁判長は、矛盾点が出てきたビデオ内容をあえてすべて否定し、判断事由に被告の手紙内容をもってきました。

これはすでに供述内容に矛盾点がでてきたビデオを重視し続けるよりも、別の証拠で判決を出した方が被告側が上告での無罪が得られにくくなると判断したためと思います。

検察に訴因変更を即すなど、検察に肩入れする様な態度を取る裁判長の、最高裁での審理を睨んでの判決文だったのではと思います。

この内容はテレビドラマ「99.9 刑事弁護士」とそっくりです。

 

新着順:130/9871 《前のページ | 次のページ》
/9871