新着順:37/9868 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

沖縄県知事選 関連

 投稿者:rappp  投稿日:2018年 9月28日(金)00時48分17秒
  通報
  小選挙区制    1/6


自治体首長
国会議員
これらの選挙は主に小選挙区制である

多数の期待は排除される
民意は反映されにくい
金持ちが断然有利である

少数意見の反映は無い


小選挙区制は
不正選挙の形と言える


比例代表   2/6

不正なく運用されるなら
少数者の意見も反映される制度である

重鎮の落選補助の意味はあるだろう

しかし、狙いは他にあるような得票数に見える


前回衆院選
共産党議席半減
矛盾満載のJアラートは不正選挙のカモフラージュの役割しか考えられない
モリカケ等、あまたの不祥事がありながら自民党圧勝
Jアラートで共産党の議席が半減するとは思えない
これは私の確信

共産党半減は
比例代表が主
であった


期日前投票   3/6

投票日当日、都合悪く投票所に行けない場合、期日前に投票する

有権者には都合が良いので、最近増えてる

・これは、投票率を上げるため、という理由で総務省等が推奨している

・しかし、政権は、低投票率を熱望する


この2つを矛盾なく共存させるのは
良く言われるように
”期日前投票は改ざんしやすい”から
ということしかない



名護市長選の期日前投票最終日の3日は、4391人(男性1946人、女性2445人)が投票した。同日までの6日間で計2万1660人(男性1万235人、女性1万1425人)となり、市選挙管理委員会によると過去最多。

 当日有権者数は4万8781人(男性2万4025人、女性2万4756人)で、44・4%が期日前に投票したことになる。


再掲

2018年 02月 08日
異常な開票グラフ<名護市長選挙> 選挙不正確定

転載
http://www.asyura2.com/18/senkyo239/msg/530.html


問題点1

開票85.3%では 2候補同数
その後差が開き始める
結果自公候補圧勝

数学にいくらかの知識がある者ならば
差が見る見る開いていくような開票グラフになる確率は
テン9分の1
という認識に賛同できるだろう

つまり、現実には起こらない

ならば、選挙不正が行われた
ということである


問題点2

10:33をピークに 私たちの候補の得票数減になっていく
17500 17000 17000 ___ 16931
結果は 16931得票

開票が進むにつれて得票数減

このようになることは絶対ない

この数字が正しいのならば
名護市長選
100%の確度で不正選挙確定である
 

新着順:37/9868 《前のページ | 次のページ》
/9868