新着順:18/9904 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

片山さつき の追いかけ

 投稿者:rappp  投稿日:2018年11月 3日(土)17時25分34秒
  通報
  以下は、片山の発言の非論理性、不自然なありかた
が、その都度気になり、追跡した感想です


片山さつき氏、現金授受否定 企業は「口利き依頼した」
朝日  2018/10/18 18:51

何が本当なのか?

嘘ごまかしが氾濫する中で
どのように分析したらよいのか
真実を知る力量が求められる時代です

以下の記事で、気になるところをチェックします

 片山さつき・地方創生相をめぐり、18日発売の週刊文春が、国税庁への口利き疑惑を報じた。片山氏は同日、「口利きしたことはない」と否定。口利きの謝礼として100万円の授受があったとの記事中の指摘についても「まったくない」と話した。
 週刊文春の記事では、税務調査を受けた企業の経営者が2015年6~7月、片山氏側に国税庁への働きかけを依頼し、見返りとして片山氏の私設秘書の税理士に100万円を支払った、としている。企業経営者との面会時、企業を管轄する、国税局の局長に片山氏が電話をかけた、とも報じた。
 片山氏は記事の内容について「特定の企業への税務調査について口利きしたことはないし、100万円を受け取ったこともない。事実誤認かつ不正確」と反論。「政治家としての社会的評価がおとしめられた」として、週刊文春側を名誉毀損(きそん)で訴える準備を進めていると話した。
 記事では、私設秘書と書かれていた税理士の経歴について、片山氏の事務所は「15年5月に私設秘書を退職しています」と答えている。片山氏は、その部分は事実と認めた。
 一方、企業経営者は朝日新聞の取材に「税制上の優遇がある青色申告の承認の取り消しを免れるため、片山氏の事務所に口利きを依頼し、私設秘書にもその説明をしたうえで100万円を支払ったことに間違いはない」と話している。税理士は朝日新聞の取材に「100万円は受け取ったが、国税局への口利きが目的だとは知らなかった」と説明した。


片山さつき・地方創生相の否定には具体性がない!
「口利きしたことはない」と否定してるだけ

疑問点
・閣僚の不祥事連発、100万人いても
これほど、いろんな問題が発生することはないのでは?
閣僚、普通の人間の集団ではない!
政治屋の、嘘見え見えの独特のごまかしが流行している
こんなことが許される集団とは何なのか
こんなことを許してしまう国民とは何なのか

不思議な現象である
・”国税局の局長に片山氏が電話をかけた”
金銭、ポスト関与の状況がある、と考える
自民党政治屋は、こんな事ばかりだ
・”税理士は朝日新聞の取材に「100万円は受け取った
これは否定できない、だろう


200万円政治献金を不記載 片山さつき大臣に新疑惑
「週刊文春」編集部 2018/10/31 16:00

「国税100万円口利き疑惑」に続き、片山さつき地方創生担当大臣(59)に、政治資金にまつわる新たな疑惑が浮上した。
「週刊文春」の取材によれば、片山氏側に献金された200万円が政治資金収支報告書に記載されておらず、政治資金規正法違反の疑いがあることがわかった。


だから言ったじゃあないか
・政務活動費の虚偽の収支報告は、多くの自民党議員は日常茶飯である、と
政治資金規正法違反の疑い、は同類だ

今井絵理子の場合より片山さつきのほうが、ずっと悪質だ

今井絵里子が交際宣言した橋本元神戸市議に有罪判決 政治資金を”交際費”に私的流用?自民党幹部が激怒
AERA 2018/10/29 15:08

あの、正義の味方・自民党幹部が片山さつきに激怒した、という話は聞こえてこないのだが、、、
クズめ

問題は
自民党議員の不正が頻発してるけれど
不正をやって当たり前、みんなやってる、やっても罪になることはない
みたいな雰囲気があって、不正頻発が起きてるのではないか?

そして、安倍を筆頭に、”自民党幹部が激怒した”みたいなごまかしが蔓延してる?


片山さつき氏「事実と異なる」 口利き疑惑、衆院予算委
共同通信社 2018/11/01 19:33

「徹底的な確認作業を行っているが、随所で事実と異なる。司法の場で記事が事実でないと明らかにする」

「お騒がせして大変申し訳ない。説明責任を誠実に果たしたい」

過去分

「週刊文春」の取材によれば、片山氏側に献金された200万円が政治資金収支報告書に記載されておらず、政治資金規正法違反の疑いがあることがわかった。

私設秘書だった税理士も19日、「税理士業務の着手金として100万円を受け取った」と説明した。
共同通信社 2018/10/19 14:19


具体的な金額が出ている
”お騒がせして大変申し訳ない”、はわかる
思わず出たのかな

”徹底的な確認作業”
こんなに強調するのは、往々にして嘘の時が多いのだが・・・

”司法の場で”
司法は子飼いばかり、がみんなの了解事項、というのが他面ではある

”説明責任を誠実に”
誠実な対応ではなかった印象がある
誠実と言われても、かえって疑ってしまう

”事実と異なる”
にもかかわらず、それを書いた文春への怒りはどこにもない
はて?

徹底的、誠実、説明責任
これって安倍語なんだけれど・・・



そもそも、”記載漏れ”というマスコミの表現は
片山に忖度した表現である


11/2 朝日

片山氏 325万円分訂正
収支報告書 寄付「記載漏れた」

1.多めに記載されたことは、過去一度もない!
常に、記載すべき収入が記載されてなかった

「記載漏れた」は、狡い、政権に流行の言いわけである
確信犯、と考えてよい!!

2.万引きして、返品しても、万引きしたという”犯罪”は消えない
店側が許さなかったら、犯罪になる
訂正しても、意図的にやったのなら”犯罪”扱いがスジだろう
 

新着順:18/9904 《前のページ | 次のページ》
/9904