新着順:71/10489 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

改憲勢力3分の2割る=与党 と言う見出しの意味

 投稿者:rappp  投稿日:2019年 7月26日(金)10時24分37秒
  通報
  私の投稿が多くなって申し訳ないです


そんな見方もあるか
ぐらいに気にして頂ければ有り難いです

改憲勢力3分の2割る
良かった
と言う反体制の意見が多い

私も最初はそう思ったけれど
引っかかるものがあった


違うと思う
これはシナリオ上のもの、と思うようになった

選挙結果にはいたるところに違和感がある

公明党躍進
事前予想は急減であり
何故に増加したのか納得できない


北海道、自民2名、と言うのもおかしい


山本太郎落選 、山田太郎の絡み
政党要件は満たされた、は不正をカモフラージュする餌になる


自民57、単独過半数失う
添付された安倍の表情が面白い
極端なしかめ面
政治屋は表情でも語る
しかめ面は、実は喜びの裏表情だったりして
不正のカモフラージュにはなる



考えてみよう

ファシズム教育が
子どもや教師に行き渡りつつある
そんな時期に18歳選挙権付与
安倍支持が若年層に多くなってる

随分と綿密緻密であり
遅々とした時間進行ではないか
道半ば!

秘密法
共謀罪
は成立させている

その指向は
辺野古、デモ警備、等に実践されている

この後、過剰生産恐慌
を経過しなければならない


完璧な状況で
改憲を仕掛け
緊急事態条項を明文化する

これが体制のメインシナリオ!

そう考えると
今、改憲勢力3分の2越えにする意味はない
色んな状況において時期尚早!


改憲勢力3分の2未達
は不正選挙隠しのカモフラージュ
になりえる


今回の参院選、不正選挙手法は大々的に活躍した
不正選挙手法は確立されている
不正選挙は世界の常識
不正選挙は支配の根幹

不正選挙を意識の彼方に埋もれさすことは、体制の至上命題
 

新着順:71/10489 《前のページ | 次のページ》
/10489