新着順:55/10489 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

「れいわ新選組」の政策は全部実現可能と自民議員!普通に考えられれば、そうなるでしょう。

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2019年 7月31日(水)23時11分51秒
  通報
  半歩前へ氏ブログからの転載なのですが、れいわ新選組が左翼ポピュリズムとは、全く苦笑に絶えず仰天してしまう。

アベは解からなくても当然かもしれないが、教養を持って学問に心得のある人物ならば自民党員だって解かっているはずだ。

全部が実現可能ですよ。政権の座につけば、の話ですけどねえ。

「泥船」の自民党から抜け出せない、「泥船」の公明党から抜け出せない、泥船の経団連から抜けられない、泥船の連合から抜けられない。

これが日本社会の根本「病理」なんですよ。

なんですかねえ? ヤクザに引き込まれた構成員が抜け出せないのと同じ。

村八分が今でもあるんですか?

日本はガンジガラメの「コネ社会」なんです。

集団自決のキモはこれなんです。

解かっていても抜け出せないんです。

幕藩体制は、この意味では完成スタイルだった訳です。

今も「変体幕藩体制の東京幕府」なのですよ。

江戸幕府では住民は「藩」を抜け出せなかったのですが、

これね、今では、

自民党、財界、連合、広くは業界(マスコミ・流通界・などなど)から「住民」は抜け出せないでしょう。

ですから、上に挙げた組織が現代の東京幕府の「藩」なんですよ。

それに、明らかに明治維新後の日本は「階級社会」なのですよ。

江戸幕藩体制では、指導政治階級の武士の階級上下は「家柄」によっていたのですが、これは戦国末期時点での功労によって決定されたものです。

今では、どうなの?

明らかに階級選別が行われているのです。成り上がった上層階級が不都合だから言わないだけの事です。

現代日本の政治指導階級の構成は、「功労」によってではなく、「学歴信仰」というマヤカシ共同幻想の信仰による「試験選別」によって行われるのです。

試験は、一流大学というブランドを通過してきた学生達をフルイにかけて、そのつど新たに(使えなくなった車が廃車になるので新車を購入するのと同じく)上層階級構成者を拾うためのものです。

ですから、試験に通って、高級官僚や一流会社になった新卒生は、上層階級に入ったことになるのですよ。

「功労」によらないから、質は大変に悪くなります。

しかし、これ、立派な階級社会であり、幕藩体制ではないですか。「藩」が衣替えしただけのことですよ。

利権組織が藩なのです。日本で労働組合が企業内で多くを占めてきた理由も、ここにあります。

嬉しい事に、最近では業界組合がやっと幾つも出来てきました。

企業内組合は「勤め先への御奉公」がベースになっているので、「藩」利益優先となります。

連合が大企業と二人三脚なのは当然の動きなのです。下請けや他の業界の事なんか感心外となるのです。

「藩」の「領民」だからです。

だから、幕藩体制の日本は構成員の国民が身動きが取れなくなるのです。

ですから、中からこのような自民党議員さんも出てくるのです。

で、自由になってこの体制を変えられる主力は?となると、自由人ということになります。

止む無く貧乏に転落させられた自由人? 社会から爪はじきされた扱いを受けている自由人。

藩の中で変えてやろうともがいてる自由人。

果ては、私のように若いころから日本の体制に見切りをつけて立身出世を目指す道を放棄して新時代を招こうとしてきた人達ですよ。

これを今の流行(はやり)では網野史学にならって「無縁者」と言うらしいが、これも流行語となりそうですが、

しかし、無縁者達は秩序だった職業人達だったのです。そこには業界があったのです。その中に居た人達にはそれが解かります。例えば歌舞伎界であるとか、神職であるとか、僧侶とか、それらは、遊離したものではありません。専門職業界人に過ぎません。「無縁」?どういう表現なのかな、一体?

まあ、いいでしょう。

私は独自に次の時代を招く人達を「志士達」と呼びます。

志士は幕藩体制を揺るがして解体・改変させる人達であり、社会科学用語として適切であると考えるからです。

前置きが、予定よりも長くなりましたが、ついでにもう一つ付け加えると、れいわ新選組の経済政策では間に合わない事態が到来する、と考えています。

日本経済が米国経済の敗戦的有様に至ることに同盟軍のシンガリとして付き合わされることにより、米国より酷い有様となります。これが八月十五日です。

大企業が不良債権漬けとなり、動けなくなり、財界のリーダーではなくなる可能性が大なのです。

そうなると、経済再建の為に数年間に亘って「社会主義経済政策」を採って労働力と資源と資金を管理して政治によって運転しなければならなくなる。

政府主導により労働者自主管理によらなければ、経済が回らなくなり浮上しない事態となるのではないか。

そのような政策の準備を既にしておく時期に来たと私は考えています。


https://85280384.at.webry.info/201907/article_343.html
「れいわ新選組」の政策は全部実現可能と自民議員!

(転載)

 自民党衆院議員の安藤裕は、山本太郎が「れいわ新選組」の重要政策として掲げた公約は全部実現可能だと言った。

 そしてこれまでの経済政策を総括し、大転換するために山本太郎が「触媒」になれば、と強調した。

(中略)

 この国の20年間の経済政策は大失敗だった。世界経済の成長率ランキングで日本だけが断トツのマイナス。すでに先進国ではなくなりつつある。

 これにより日本は衰退を続けているが、既存の政治家は野党も与党も含めて危機感をまったく持っていない。マスコミも同じで、こういうことをキチンと指摘したことがない。

 まだ日本は先進国だし、国防をしっかりしないとと言っている。経済こそ国防の基本だ。経済がしっかりしないと国防などできない。


 「れいわ新選組」のことを「きれいごとばかり言っている」と言うが、あれは全部実現可能だ。

 消費税ゼロも可能だし、奨学金チャラと言うのも可能だ。彼らは可能なことを全部、並べている。

 僕らは自民党の中で言ってきたが自民党の政策にならなかった。

 大きく政策を転換しなければならない。平成の時代は間違っていたと総括しなくてはいけない。

 山本太郎という存在が一つの大きな「触媒」になればいいと思う。

 彼のことを左翼だというようなジャンルに分けてしまうと、(自民党は)相当痛い目に合う。

(以上 転載)










 

新着順:55/10489 《前のページ | 次のページ》
/10489