新着順:31/10489 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

CSIS(米戦略国際問題研究所)と売国奴たち

 投稿者:rappp  投稿日:2019年 8月12日(月)08時47分33秒
  通報
  以下
半歩前へ さん
植草さん
の投稿を転載しながら
青トマトさんの思考に追加しておきたい


アホでくくれる連中  同感

安倍晋三、麻生太郎、稲田朋美、小泉進次郎

共通点
CSISの“優等生”
アホ

まったく同感です
これが多くの者の印象なのですね

私が思ってきたアホの名前が出ている
例外なし
感動


転載 2019年08月09日 半歩前へ

CSIS(戦略国際問題研究所)はジョセフ・ナイをはじめアーミテージやマイケル・グリーンら「ジャパン・ハンドラー」が仕切る米国のシンクタンク。

 日本を米国の意のままに操縦するために「使い勝手がいい日本人」をエージェントに仕立て上げている。

 安倍晋三、麻生太郎、稲田朋美のほか小泉進次郎もCSISの“優等生”だ。共通しているのはオツムが弱いところ。



1%の側で積極的にうごめく売国奴たち

信用できるもの、として
植草さんから抜粋転載しておきます

ここに出てくる”極悪人”たちの名前を記憶しておきたい



麻生太郎氏は2013年4月、ワシントンの保守系シンクタンクCSIS(米戦略国際問題研究所)で、

「日本経済再生に向けた日本の取組みと将来の課題」

のタイトルでスピーチを行い、次のように発言した。

「日本の国営もしくは市営・町営水道は、すべて民営化します」

CSISでは、同じ2013年2月に、首相に返り咲いた安倍首相が第2次安倍内閣発足後、最初の訪米の際に講演している。

小泉進次郎氏も在籍していた。さらに、長島昭久氏、渡部恒雄氏などの在籍歴も確認されている。

CSISの理事長をデイビッド・ロックフェラーが務めていた。

ジョセフ・ナイ、リチャード・アーミテージ、マイケル・グリーン、カート・キャンベルなどの日本操縦者たちの巣窟である。

日本では笹川財団=日本財団=東京財団と直結し、日本経済新聞をも支配下に置いている。日経CSISバーチャルシンクタンクには前原誠司氏も名を連ねている。

第2次安倍内閣が実行してきたことのほぼすべてが、アーミテージ=ナイレポートによって指令されたものである。
 

新着順:31/10489 《前のページ | 次のページ》
/10489