新着順:54/10526 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

日本の右派に都合の良い韓国ベストセラー「反日種族主義」

 投稿者:風太  投稿日:2019年 8月19日(月)13時38分22秒
  通報
  いま韓国で、7月15日に発売されたばかりの『反日種族主義』という本がベストセラーになっている。

同書は韓国人学者ら6人による共同著作本で、反日種族主義(反日民族主義)の検証や、その問題点を指摘した本となっている。
.

本の執筆者の一人である李宇衍氏が属するのが落星台経済研究所

この名称を聞いてあれ?と思ったのは、この研究所は韓国ニューライト派の中心の一つだったから。

韓国ニューライトとは、李明博元大統領や朴槿恵前大統領らも関係する政治体制運動。

2005年の全国組織の設立総会には両氏が参加している。

このニューライトの考え方は、日本の皇国史観とも親和性があると言われている。

早速日本の右派が小躍りして歓迎しているようだが、裏で何が動いているか要注意。
 

新着順:54/10526 《前のページ | 次のページ》
/10526