新着順:44/10526 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

NHKも使い捨て解体のシナリオが米国筋によって準備されてるかもしれませんねえ。

 投稿者:青トマトメール  投稿日:2019年 8月21日(水)23時47分23秒
  通報
  http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2019/08/post-484dd2.html
永田町の上から目線議席でないことに意味がある

(転載)

れいわ新選組やNHKから国民を守る党が議席と政党要件を確保したことにさまざまな論議がある。

N国の立花孝志党首のアグレッシブな行動についても賛否両論がある。

(中略)

政治権力がNHKを実効支配し、NHKが公共放送の役割を果たさずに、ただひたすら御用放送を実施する機関になり果てることを否定できない。

安倍内閣下のNHKはまさにこの状態にあると言える。

この状況が是正されない現状においては、NHK放送をスクランブル化し、NHKと受信契約を締結した者だけがNHKを受信できる「スクランブル化」=「受信契約の任意制への移行」が正当性を有することになる。

NHK放送のスクランブル化を求めるとの主張には合理的根拠があり、この公約を掲げたN国が政党要件を獲得したことについて、これを一方的に批判することは正当な論評とは言い難い。

(以上 転載)

植草先生の御指摘から考えましたねえ。

確かに、狂犬のような、あらゆるものに噛みつくN国の振る舞いは見るに堪えないものであり、まつこでらっくす様はまともな方で御座います。

はて、N国の鮮やかな戦術には優れた戦略が提供されていると思われます。

そもそもNHKはシマゲジと呼ばれたやり手の人物が追放(ではないかと疑っています)された時点から、米国筋の御用達化が推進されてきたもの考えております。

アベ政権は御用達としてアベノミクスを実行してきており、アベ閣下の報道機関化としてのNHKの変貌も同様に米国御用達の姿であると考えるべきでしょう。

そのNHKがいつまでも強権的報道機関として残ったならば、アベ政権を御役御免にして追放した暁には、民主化?日本?をまがりなりにも演出しなければなりません。

その時には、NHKを民主化された新政権にとって使い勝手が良いものとして残っていてくれては米国の置き土産となってしまうので、解体処分してしまっておきたい、と考えられても不思議ではないのではないでしょうか?

その為の準備が既に整っていて、N国はその為のツールの一つとして活躍を開始させられているのではないのか?

そもそも、NHKには私は他の民放と同じく、良い印象を抱いていない。

権威主義的であり、入社においてもコネとか名士の縁故とかが考えられないか?

貧乏人の子供はNHKに入れるのでしょうか? 被差別者の子供はどうか?

職員達が妙に上から目線であって、番組においてのアナウンサーやコメンテーターに威張った語り方を感ずることが多いというか、民放は横柄であり、これも不愉快だが、NHKは官僚の威張り方に似ているのです。

小奇麗にお利口さんぶった印象を受けるのも不愉快だ。報道には薄汚れた汗臭さが付き物だが、NHKは石鹸臭いのだ。

「なんだお前ら」と思わされることが多いので、国民のNHKへの反発も意外に多くてN国が意外にも伸びたのではないのか。

驕る平家は久しからず、の運命が、意外にも、NHKにも待っているのでしょうか?
 

新着順:44/10526 《前のページ | 次のページ》
/10526