新着順:41/10526 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

小売りの売り上げ落ち込みが尋常ではない

 投稿者:風太  投稿日:2019年 8月23日(金)04時08分54秒
  通報
  7月のスーパー売上大幅な落ち込み
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190821/k10012043381000.html


>先月の全国の主なスーパーの売り上げは、4か月連続で去年の同じ月を下回りました。

>減少幅は7.1%で、消費増税に伴う駆け込み需要の反動で大きく落ち込んだ、平成27年3月以来の大きさとなりました。

>特に衣料品の減少幅は16.2%と、およそ18年ぶりの大幅な落ち込みとなったほか、食料品やエアコンなどの家電製品も去年の同じ月を下回りました。



いよいよ日本経済は奈落の底に一直線状態の様です。

まだ増税前だというのに、今から小売りの売り上げが、とんでもないくらい大幅に落ち込んでいます。

安倍総理らは、たかが2%の引き上げじゃねえか(麻生大臣風)とでも思っているのでしょうが、そんなものではないということです。

しかも安倍政権による韓国叩きの反動で、韓国からの観光客も大幅減で、韓国からの観光客の多かった地域は、閑古鳥が鳴いています。

そして化学材料メーカーへの影響もかなり厳しいものになるでしょう。

また対中輸出も、米中貿易戦争の影響で、厳しい状態になってきています。

さらに、対米貿易交渉は、一方的に安倍政権が譲歩することになるのでしょうから、特に農畜産物への影響は、半端ないものになるでしょう。


テレビなどマスコミは、いまだに韓国非難で御用コメンテーターが大合唱のようですが、

予想通り韓国側は、軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を破棄しました。

まさかというわけか、永田町も霞が関も大騒ぎの様です。

何もわかっていないという事です。



?
 

新着順:41/10526 《前のページ | 次のページ》
/10526