新着順:22/10526 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

嫌韓ムードで、国民の目を現実から逸らそうとする安倍政権とマスコミ

 投稿者:風太  投稿日:2019年 9月 3日(火)04時43分19秒
  通報 編集済
  週刊ポストが露骨な嫌韓記事で紙面を埋め尽くしたことで、良識ある作家などから強い批判を受けています。

私の身近なところでも、最近はこの様なマスコミ報道のせいで、文大統領は反日のとんでもない人物という見方をする人が多くなりました。


しかし私は、文大統領の発言や立ち位置は、反日というよりも、韓国を米軍から自立させようとしている様にしかみえません。

むしろ今の文大統領は、かつての民主党政権前期の鳩山総理や、小沢代表のように映ります

つまりこの両者の共通点は、しっかりとした歴史観にもとずき、自国の独立への道に舵を切ろうとしているという点です。

日本では小沢さんらの挑戦は、親米右派の後押しを受けたマスコミの猛攻撃の前に潰されました。

果たして韓国の文大統領は、ニューライト派の攻撃の前に潰されていくのか。


それにしても日本のマスコミ報道の程度の低さ、志の無さにはどうしょうもないものを感じます。

これはもう絶望的ともいえる酷さです。

そしてそのために情報を遮断された多くの国民は、今起きていることの重大性に気が付いていないのです。


最悪です。このままでは日本はつぶれます。

むしろ日本は文大統領の韓国と手を結ぶことが未来への道だと思うのですが。

まだまだ民主化には程遠い大国中国と付き合うためにも、日本と韓国の連携は重要です。

そのためには韓国を否定した明治維新体制=大日本帝国の幻想にしがみつく安倍政権では日本の政治を任せるのは不適です。

日本国民は、安倍政権の嘘とアメリカの威光に惑わされ、現実を見失っています。


アメリカがすでに変わりつつあるのに、意識が追い付いていないのです。

http://

 

新着順:22/10526 《前のページ | 次のページ》
/10526