新着順:21/10526 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

日韓の疲弊は米の益  A

 投稿者:rappp  投稿日:2019年 9月 3日(火)09時50分46秒
  通報
  作られた嫌韓の流れを考える


日韓修復訴える集会 岩波書店社長「想像力欠けている」
朝日新聞社 2019/08/31 19:25

悪化する日韓関係について、対話による関係修復を求める集会が31日、東京都千代田区で開かれ、約400人が参加した。

7月末、研究者や弁護士らが「韓国は『敵』なのか」と題する声明を発表。日本の韓国向け輸出規制の撤回を求め「両国関係がこじれるだけで、日本が得るものはまったくない。・・・」

声明の呼びかけ人の岡本厚・岩波書店社長が「日韓関係は報復の泥沼に入り、収拾がつかなくなっている。圧力で相手が屈するとの考え方には、相手への想像力が著しく欠けている」と指摘した。


彼らが言えないことを補足しておこう
「両国関係がこじれるだけで、日本が得るものはまったくない。・・・」
そうだろう
ならば、誰が、いかなる理由で、日韓関係をこじれさすのか?

韓国は米が主導した朝鮮戦争で大きな被害を被った
朝鮮半島は分断され、家族ちりじりの者も出た
民主的な部分は、朝鮮のスパイ、とされ、徹底的な弾圧を受けた
この米主導の体制に批判的な流れが出てきている
米は、これをつぶしたい
米の小間使い・安倍政権は、組織主導ネトウヨ後援で
支配に都合が良い嫌韓を煽っている状況

米が仕掛けさせた日韓の軋轢、という視点がわかりやすい
日韓の疲弊は
米の覇権拡大に好都合である
 

新着順:21/10526 《前のページ | 次のページ》
/10526