新着順:51/11222 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

新型コロナは嘘の大騒ぎでっち上げ。幽霊の正体は暗闇の柳の枝の如しとの内外の指摘。

 投稿者:青トマト  投稿日:2020年 6月13日(土)00時57分53秒
  通報
  https://www.jimakudaio.com/post-7367
コロナウイルス遺伝子配列はツギハギのでっちあげ
?2020年6月12日

興味深い内外からの指摘です。

PCR検査なんかでは掴めないとの御指摘。

なるへそ!

長い転載はしないことにします。熱心な読者の方々のみが訪れて、各自が元から読んでください。

私も他人様の文章を長々と転載したくはないのですが、サービスとして要点のみを拾い上げ、それに私の見解評論を追加すれば、読む手間が省けるだろうとの親切心でしたが、長くなる欠点があり、今後はやめましょう。

コロナ騒動! これ、おかしいですよね。何故に日本で感染者が少ない?

この理由の一つ、正体が暴露されつつあるんじゃないかな。

私もこの新型コロナとやら、大して脅威な病気ではないと考えてきていますねえ。

日本の政府や医療関係者は、本気で取り上げる程の脅威ではないと知識だけは持ってるかもね?

で、金がかかるから日本の吝嗇政府は金を出したくないから検査しないのかも?

私だったら、脅威を煽る為にむしろ大々的に検査するけどねえ。日本人は吝嗇だから性分が私とは合いませんねえ。

私、吝嗇、嫌いだからねえ。

しかし、ダイヤモンド・プリンセス号からはじまって集団院内感染を多数発生させたのは、このコロナの威力ではなくて、

日本の医療行政の削減による医療崩壊現象による対応無能でしかないのではないか、と考えていますね。

これも吝嗇の自滅行為だ。吝嗇は健康すら失う。

この正体が暗闇の柳の幻影であれば、対応薬品のワクチンとやらも特効薬とやらも簡単に開発出来るし製造もできるのです。

で、収束させたい時に世界的に出して来ればよいのです。新型コロナとやらの登場時に既に対応薬は開発されていただろうと考えて来ていたことはそんなに外れてはいない、簡単な事だから、と今、考えますねえ。いい加減なウイルスを出してきて、簡単な対応薬を造りだすのではないか、と考えてきているのです。

アクセルとブレーキに過ぎないんです。

トランプ大統領の「奇跡のように消えて行く」と現実的になるだろうと考えてますねえ。

だって、幻影の幽霊ならば蜃気楼が消えるだけだからねえ。

田中宇氏はなにやら必死で「集団免疫」が達成されれば自然収束に至ると考えて必死で考えを展開してきていますが、無駄な思考と努力と考えてきていますねえ。

人口的に造られた不細工ウイルス(田中氏も人工物と考えているのにねえ)であれば、性能は不備であるから、集団免疫を発生させる威力すらなくて、途中で下降すると思いますねえ。

日本では「積極感染」が実行されていない、言い換えれば、米国や欧州では、何度もこのウイルスが散布されてきていることを疑っていますねえ。

その上での意図的誇張でしょう。どうしたって米国や欧州は経済低迷から恐慌に向かいつつあるんだからねえ。何だって脅威として誇張できますよ。

混乱を発生させる手段でしかないのですから。

新型コロナウイルスの収束が数年先に(一年半から二年ほど先でしょうが)起きる姿としては、

ワクチンや特効薬の世界的な大々的投与なんか全く必要とせず、

「特効薬が出たよ! 投与したら完治した! もう、安全だよ、みんな安心してくれてよい!
いつでも買って飲めるよ!」なんてマスコミからニュースを流して、

それで終わりに出来るのではないのか。

だって、騒ぎ自体が実態が無い幻影なんだもの。ニュース(明るい軽いノリで)流せば御終いさ。そんなものでしょう。

勿論、集団免疫なんて、実現なんかしていないだろう。その前に終わりだ。
 

新着順:51/11222 《前のページ | 次のページ》
/11222