新着順:37/11222 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

明治近代幕府が亀裂崩壊確定現象に入った。山本太郎れいわ新選組(郷士集団)に熱い応援演説に入ったのは脱藩(立憲離脱)の志士の須藤元気。検察大藩が安倍将軍家を攻撃。

 投稿者:青トマト  投稿日:2020年 6月22日(月)01時23分43秒
  通報
  これを日本近代幕府の崩壊過程と見るのです。

花の東京お江戸でも女代官のスキャンダル露呈だ。

将軍とお江戸女代官の退場は近いだろう。

郷士達と脱藩者によって成る志士達の退けない揺さ振りと利権各藩の立地不安定化から幕府は維持されなくなる。

幕府倒しは一本道ではない。

最も力強い勢力が実現させる。

このことは人民農民革命のエキショウ革命の国である中国と同じ事。

軍閥と植民地侵略に支配された中国で独立を達成したのはしのぎあいの勝利者である毛沢東共産党だった。

ハンサムな英雄然とした蒋介石率いる国民党ではなかった。

ハンサムやインテリ理性では貧窮も胃袋も救えないのだ。

所詮、国会議員も地方議員も特権層であり、地位的に下々のことは感覚的に理解出来ない。

インテリは夢見る調和調停願望の夢想家だ。

西部劇の旧式拳銃の「コルト・ピース・メーカー」は実力転換の政治世界では万国共通のネーミングだ。

人民の実力が決する。

小池陣営を論ずる必要はない。

宇都宮野党連合と山本れいわ新選組のしのぎあいこそが面白いのだ。

先々の衆院選の在り方を占う事になるだろう。

安倍は果たして、秋に解散総選挙を打てるのか?

河合夫妻の違反問題の行方によっては、解散が政権の即日崩壊を招く事もあり、打って出れない事も有り得る。

私は、解散は今の時点では難しいと考える。

河合問題はどう転んでも幕府崩壊の梃となる事件と考えている。

財界藩も老舗野党藩も倒幕エネルギー不足勢力だ。
 

新着順:37/11222 《前のページ | 次のページ》
/11222