新着順:30/11260 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

大西氏の命の選別発言の重さ

 投稿者:風太  投稿日:2020年 7月15日(水)01時49分38秒
  通報
  問題の動画(YouTubeにある抜粋)ですが拝見させていただきました。

前後関係で何を語っているのかはわかりませんが、あの最後の部分、

「順番として、その選択するんであれば、もちろん、高齢の方から逝ってもらうしかないです。」の後、大西氏は植草さんの指摘通りにドヤ顔をします。

私はあの顔を見て、なんて恐ろしい顔をするのだろうと、心が凍り付くような感じを受けました。

実に嫌らしい彼の本性が、そこに現れていました。

恐ろしい、実に恐ろしい顔ですが、あれが彼の誤魔化しようのない本質なのでしょう。

彼にとっては邪魔な高齢者、つまり社会の助けがなければ生きていけない人たち(難病患者や障碍者も同様ということです)は、若い世代の足手まといになるから、死んでくれといっているわけです。


自分も高齢で必死に生きてくれている母親を介護している身です、そして難病患者でもあります。

そういう立場の人間にとり、大西氏の発言は死刑宣告に等しいものになります。

この発言があった後、友人とのこの大西氏の発言について話す電話のなかで、それでも友人は私に彼は大好きだと強弁しました、

私はそのとき、友人はいざとなったら簡単に私も切り捨てるのだろうなと受け止めました。

私は友人との電話を自分から切りました、このまま話していたらとても嫌な展開になることが想像できたからです。


今とても悲しい気持ちです。

友人は私の立場も何も考えずに、大西氏をこの発言を含めて大好きだと強弁して評価したわけですからね。

それは同時に私の否定にもなることを、友人は何も感じていなかったのでしょう。


大西氏はまた「生命選別しないと駄目だと思いますよ。はっきり言いますけど、なんでかって言うとそれが政治なのですよ」とも述べたようです。

これこそがナチスのやったことです。

ナチスは生命の選別をして、彼らの考え方でゲルマンの血を汚すとされたユダヤ人を大量殺害したわけですからね。

根っこは同じことなのですよ、それがわからない人たちが、一見小気味よくみえる大西氏の発言を持ち上げているわけです。


植草さんは自身のブログにおいて、党の価値観の根源に抵触する問題に対して毅然とした対応を示せぬなら、党そのものが信頼を失うことになると述べています。

この大西氏の発言は、人の生き方の価値観の根源を問う問題を含んでいます。

大西氏の発言は、幾ら動画を削除して撤回しても、それで済まない問題を含んでいるのです。

あれだけの発言をドヤ顔で決めて見せたのですから、もう撤回しようがどうしようが、それは無意味です。
 

新着順:30/11260 《前のページ | 次のページ》
/11260