新着順:84/11396 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

杉田議員の暴言は、許されるものではありません、そして・・・。

 投稿者:風太  投稿日:2020年10月 4日(日)14時28分30秒
  通報
  杉田議員の暴言は許されるものではありません。

女性議員でありながら、女性全体を蔑視するその発言、明らかにこの人は女性という立場を利用して、自民党の親父族に、彼らの期待する女性像を演じ、それで比例区名簿1位の座を得ているだけの存在です。

自民党の親父族、特に古い価値観に固執する連中が、この議員の支持者であり、後援者なのです。

そしてまた、この人を支援するのはネトウヨとか呼ばれる右派の親父たちです。

杉田議員は議員の地位を得るために、一部の親父議員やネトウヨ系の期待する女性議員像を演じているわけです。

それはまた、杉田議員が国民全体の公僕のはずの議員でありながら、常にこれらの支持者や後援者しか見ていないことになります。


そこで思い浮かぶのはアメリカのトランプ大統領の存在です。

この大統領も、目線の先には常に支持者があり、アメリカ全体の大統領という意識は殆どありません。

先日の討論会でも、常に意識しているのは自分の支持者のみであり、だから支持者にだけ理解できるパフォーマンスを演じていたわけです。

トランプ大統領には国民の約4割の支持者しか眼中にありません。

従って属国以下の日本国民のことなど、全く考えていません。


一部にはトランプに少なからぬシンパシーを感じている方もおられるようですが、残念ながら彼にとって日本は単なる金の生る木のようなものでしかないでしょう。


さてそんな自民党親父族やネトウヨに支持されている杉田議員のような輩を、政治の舞台から追放するためにも、次の選挙では政権交代が必須の課題です。

国民を見ていない自民党の多くの議員は、いまや害悪でしかありません。

トランプ、もしくはトランプ後に備えて、真剣に政権交代を実現させましょう。

菅総理の衣の下からは、すでに真っ黒な鎧が覗いています。

人事で官僚を恫喝した菅総理は、今度は学術会議委員の選考で学者をコントロールしようと狙っています。

国民全体をみない政治家は、絶対に期待すべきではなく信用するのもアウトです。
 

新着順:84/11396 《前のページ | 次のページ》
/11396