新着順:81/11396 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

トランプ大統領に期待する金正恩委員長と文大統領

 投稿者:風太  投稿日:2020年10月 5日(月)06時30分48秒
  通報
  思っていた通り、金正恩委員長と文大統領は親密な関係であることが、先日の親書と謝罪で明らかになりました。

金委員長の妹の一連の韓国叩きも、おそらく国内の動揺を抑える為のパフォーマンスだったのでしょう。

あの時の文大統領の対応を見ても、ほとんど動じる気配が感じられませんでしたからね。

そして今度は異例の謝罪と親書の存在、これで二人の関係が非常に親密であることははっきりしました。

二人の目標は、お互いに中国とアメリカの支配から脱し、近い将来の統一国家作りへの基礎固めでしょう。

その為には、トランプ大統領のような、国家優先ではなく支持者最優先の大統領の方が都合がよいというわけです。


比してこの間日本はといえば、自立志向など皆無で、ほぼ隷属志向一直線でした。

だからこそ、安倍政権もネトウヨ達も、韓国の保守派と同じく、文大統領を攻撃し続けたわけです。

彼らは口では靖国の英霊だとか、自主憲法制定だとか御託を並べますが、実態は地位協定改定すら真剣に取り組まない、隷属志向丸出しの連中です。

従ってトランプ政権時の米国家体制のゆらぎを利用して、両国間の関係を対等な関係に持っていこうとする考え方は皆無でした。

いつものように米大統領に媚びへつらい、彼らに都合の良い日本国総理を演じ続けたわけです。

惨めなものです。

 

新着順:81/11396 《前のページ | 次のページ》
/11396