新着順:58/11396 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

東京五輪(頭狂誤倫)。日本らしい究極の先送り案(実は責任逃れの逃亡案)浮上。2032年開催に名乗り!の報道。これで、今回の失敗の責任者達は追及をかわせるウハウハだ!

 投稿者:青トマト  投稿日:2020年10月25日(日)22時50分13秒
  通報
  まあ、先送り。永遠の先送りも可能。来世紀とかあの世まで。死んだと同じだ。

でも、そんなに遠くなくオリンピック廃止も有り得るよ。ノーベル賞は金が続く限りは無くならないだろうが、五輪は腐敗が甚だしいから参加拒否を公言する国が出だしたら衰退に向かって見直しとか廃止も有り得るのではないかな。そんな時代に来ていると思う。

あの東京五輪中止問題。不気味にマスコミは沈黙。

あのマスコミではない阿修羅ですら主な注目には至っていない。読者の質なのか管理によるものなのか、どうでもよいけど日刊現代の2032年開催名乗り説には奇妙に納得。

スガ政府筋が「2032年に延期と報じてよ」とでも、もしかしてウインクしたか?

はて、数日前に、解散総選挙の後で延期を発表するのではないか?との観測も出ていたが、

私は、それは無いと考える。

もう、ここまで広がると、国民にはテレビと新聞しか見ない善男善女のあいだにすら疑心暗鬼が拡がってゆく。

不信感を持たれていながら選挙に入ると、完全に敗北する。

であるから、選挙後の発表は有り得ない。

で、バッハ氏が来日して何を言うか知らないが、それについては敢えて無視して、

仰天の東京五輪救済策を冗談っぽく語りたいと思う。

勿論、私は完全中止と責任者達の処罰を望んでいる立場ではあるが。

かつてモスクワ五輪が多数の国のボイコットにもかかわらず一応は開催されたのだった。

で、今回のコロナ騒動の中で、既に危機を脱したお隣りの中国が情けない阿呆の我が日本に有り難く救済の協力を申し出てきて、

「この際、アジア主要国中心の善隣五輪と致しましょう。世界各国からは感染していない実力選手の参加を認めて一応の開催をして極東の日本と中国の面子を保ちましょう」とでも言い出すかも?

中国、もう余裕ですからね。

そうなると、反中国ネトウヨも、香港問題で頭に血が上ってるリベラル左翼も錯乱して発狂気味になるだろうが、

本質日本破壊の白蟻自民党と官僚機構と財界は、「助かりましたよシュウキンペイ様」と感激しウハウハとなり中国様様で擦り寄って行くだろう。

バッハさん、もしかして? 「極東内で良きに計らえ」と有り難く仰るとか? そんなことは私の妄想か?


でも、中国は日本に貸しを造れる絶好の機会であるし、台湾だって韓国だって北朝鮮だってインドネシアだってフィリピンだってシンガポールだってどこだって、ドジ踏んだ阿呆日本に助け舟を出してやれば多いに得じゃないか。

どうだい? 間抜けが皆にたかられる。
 

新着順:58/11396 《前のページ | 次のページ》
/11396