新着順:50/11431 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

新型コロナウイルス危機の裏で進む金融危機

 投稿者:風太  投稿日:2020年11月25日(水)09時59分51秒
  通報
  禁じ手「財政ファイナンス」踏み込んだ日銀「黒田総裁」に財政規律は効くか
https://www.jiji.com/jc/v4?id=foresight_00308_202005150001

この記事は金子勝教授がツィッターで紹介してくれたものです。

以下教授のツィッターを引用します。


【アベノミクスの病が深刻化】今年初めにアベノミクスのツケで573兆円に膨らんでいたクロダ日銀は、4月に禁じ手の貸付金の大量供給に公然と踏み込み、菅政権下で120兆円以上ブヨブヨ膨らんでいる。第二地銀信金の危機を救うためのバブルで地銀危機は続く。

東証は連日の大幅高で賑わいを見せていますが、投資家たちはすでにバブルの領域に踏み込んでしまっているとみている人が多いです。

この日銀が主導している株価バブルの裏では、恐ろしいまでの金融危機が始まっています。

特に地方の第ニ地銀や信金信組は厳しい状態に追いやられています。

新型コロナウイルス下でも進む、政府のキャンペーン政策は、実は地方の金融機関の救済策でもあるのですね。

今はもう絶望的なまでのなりふり構わぬ日銀のバブル演出で保っているようですが、いずれ破綻します。

この株価高騰は、その時までの夢の世界です。

但し無関係の一般国民にとっては、この夢は悪夢なのですが。

全く気が付いていない人たちばかりのようなので、一応ここに載せておきます。

興味がある方は各自で調べてみてください。

このままだと新型コロナと同じくすべて自己責任で国民に負担が転嫁されてしまうと思います。

主犯安倍総理はうまいところ菅総理に殿(しんがり)の役割を押し付けたつもりのようですが、別の件で追い詰められ始めています。

安倍・菅政権下で何が起きていたのか、そして何がこれから起こるのか。

これから冬の季節に入りますが、今年の冬は厳しい冬になりそうです。
 

新着順:50/11431 《前のページ | 次のページ》
/11431