新着順:7677/10292 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

サンフランシスコ講和条約

 投稿者:マッドマン  投稿日:2010年 9月26日(日)18時08分11秒
  通報
  JAXVNさん、サンフランシスコ講和条約では第二条で明白に、台湾など南沙諸島、千島列島、樺太などの放棄が書かれています。微妙なのは竹島で、この条約時点では何も書かれていませんが、経緯としては初版から紆余曲折して最終版では竹島が削除されていますから、わざと限定しなかったのでしょう。当時の朝鮮戦争などの国際状況からして米国が取った戦略でしょう。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9B%BD%E3%81%A8%E3%81%AE%E5%B9%B3%E5%92%8C%E6%9D%A1%E7%B4%84

問題なのはこのサンフランシスコ講和条約とセットの日米安保条約です。最近ではようやく
正確な翻訳で「日本国と合衆国間の安全保障条約」といわれますが、これは国と国の条約でなくて、吉田茂と米大統領が個人同士で署名したものですよ。米軍の日本駐留を永久に認め、米軍の日本への防衛義務を明記していない。不平等条約です。これが1960年の新日米
安保条約になり2005年の日米同盟にそのまま継承されているのです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9B%BD%E3%81%A8%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E5%90%88%E8%A1%86%E5%9B%BD%E3%81%A8%E3%81%AE%E9%96%93%E3%81%AE%E5%AE%89%E5%85%A8%E4%BF%9D%E9%9A%9C%E6%9D%A1%E7%B4%84

サンフランシスコでこの条約が契約された時の話が凄い。吉田茂はヘリコプターで一人
シスコの港から拘留されて連れていかれて、島の端の薄汚い校舎の一室の暗闇で署名させられたのですよ。

吉田茂は帰りの飛行機の中で「困ったことになったなあ。これで日本の将来は真っ暗だ。」
と思っていたのですが、羽田空港に到着するや記者クラブのマスゴミや熱狂する日本人
が「平和条約の立役者、名首相の吉田」などと絶賛されたので、本当のことが言えないまま
ずっと嘘をつき続けてきました。1951年9月8日のこの署名の瞬間からずっと今日まで
60年間、日本国民は真実を知らされないままに時が過ぎました。

在留米軍は日本を守る義務は一切ない。米国の世界戦略のために日本に軍を永久的に駐留
できる。

安保条約は新旧版どちらも1ページの紙切れメモ程度で、5分もあれば誰でも読めます。
(ほとんどの人が読んだこともないでしょう)

これを読めば、官政権や外務省、国内悪徳ペンタゴンの「隷米派」が言っていることが
ちゃんちゃら「大嘘」であることが一目瞭然です。

日米同盟など60年前も今も最初からないんです。幻想であり、単なる不平等条約、
押し付けにすぎません。
 

新着順:7677/10292 《前のページ | 次のページ》
/10292